May 30, 2005

ペンステモン

05

一度間違った名前をインプットしてしまうと、それが頭にこびり付いてしまって訂正できない事ってありませんか? このペンステモンがそうなんです。どうしてもペンスモンテと言ってしまう。先日、orengeさんのblogでこの花の記事を読んだときも、『あれ?ペンスモンテじゃなかったっけ?』と、まとめて採ってある購入時のタグを引っ張り出してみました。あぁ・・・やっぱり間違って覚えていた。“ペンステモン ジェーングレース”と書いてある。

ちゃんと覚えるように、「ペンステモン、ペンステモン・・・」と何回か、小さくつぶやいてみる。でも、どうしても『しっくり』こない。しばらく経ったら、またペンスモンテに戻ってしまいそう・・・

05

この、澄んだコバルトブルーがとても気に入ってます。朝のひと時を、すがすがしい気分にさせてくれます。名前くらい、ちゃんと覚えてあげなきゃね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May 29, 2005

ベロニカ

05

05 ベロニカが咲いています。

確か『ロイヤルキャンドル』という品種だったかな。

緑色の花穂の、下の方からだんだん瑠璃色に変わってくる。よく見ると、ちっちゃな花がたくさん集まっているんですね。

ロイヤルブルーというのか、コバルトブルーというのか・・・。とにかく、いい青色だなぁ。

05

『猫じゃらし』じゃないからね。いたずらしちゃ、ダメだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May 27, 2005

マリーゴールド

05

マリーゴールドが開花しました。

種蒔きをしたのが、3月27日ですから、約2ヶ月での開花です。これは、すごいスピード開花。拍手、拍手・・・・

・・・と、素直に喜んでいいのでしょうか?こんなチビ苗に花が咲いていいの?マリーゴールドってこういうものなんでしょうか・・・種から育てるのは初めてなもので。この先、ちゃんと成長してくれるのか・・・。ちっちゃな葉っぱと茎に不釣合いな花を眺めて、ちょっと不安。

05

まあ、とりあえず、種から育てて花を咲かせたんだから、素直に喜びましょう。これからの季節に、オレンジの花は良く似合いますね。マリーゴールドは一足早い夏の香り。

05

『近所に生えてる野草シリーズ』

今日の花は、オオキンケイギク(大金鶏菊)。川の土手に群生しています。青空の下、川風に揺れるこの花は、爽やかな気分にさせてくれます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

May 23, 2005

なぜ咲かない? ~エビネ~

ebine このエビネを買ったのは、確か3年前の春。開花株を買ったのだが、確か黄色の可憐な花だった。その記憶もおぼろげ。と言うのも、それ以来1回も花が咲いていないのだ。一昨年も、昨年も、そして今年も・・・。

園芸好きの友人にTELしてみた。

「エビネ、咲いてる?」

「エビネ? もうとっくに咲き終わったよ。」

「ウチのは、今年も咲かなかった。」

「へえ~。なんで?」

「だから、なんでか聞こうと思ってさ。」

「なんでかって言われてもね・・・。エビネなんかほっとけば勝手に咲くよ。」

「でもウチのは咲かないんだよ。」

「今度、分けてあげるよ。毎年増えるから。」

「いや、いいんだ。このエビネを咲かせたいだけなんだよ。」

葉っぱだけは、今年も元気です。若草色がみずみずしい。観葉植物と思えばいいか・・・。いや、よくない。来年はきっと咲いてください。

05

『近所に生えてる野草シリーズ』

今日は、メキシコマンネン草。

もともと園芸種として、輸入されたそうですが、野生化して広がっているそうです。

05

この花が咲いている道を、通るたびにハッとします。陽射しに黄色が輝いて、とても綺麗なんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

May 21, 2005

なぜ咲かない? ~ジャーマンアイリス~

05 好きな花を問われたら、とめどなく出てくる。そんな花を全て育ててみたいけど、狭いベランダではそうもいかない。それでも、なるべく沢山の花を置きたい。一鉢でも多く置きたい。そうなってくると、大きくなる花は我慢せざるを得ない。10号鉢1つのスペースに、5号鉢なら4つも置けるのだ。

そんな事を考えても、大好きなジャーマンアイリスだけは、何が何でも育てたい。ウチでは破格の大きさの10号鉢だ。こんな特別待遇のジャーマンアイリスなのに、毎年は咲いてくれない。だいたい1年おきに咲く。なぜだかは解らない。管理が悪いのだろうけど、それが何かが解らない。

去年は花を付けなかったので、今年は期待していたのに・・・。この時期になっても花芽が無い。今年もダメか・・・。

こうなってくると、邪魔な鉢だ。大きいし、場所はとるし、他の鉢に日陰を作るし。それでもジャーマンアイリスは特別待遇だ。一番日当たりの良い場所を与えている。来年はきっと・・・と願いを込めて。大好きなんです、ジャーマンアイリス。

05

やっぱり花の写真がないとさびしいので、『近所に咲いてる野草シリーズ』。

今日の花は、イモカタバミ(芋酢漿)

05

前々から見てはいましたが、名前が解らなかった花。先日、イモカタバミと解った時は、ちょっとガクッときました。イモって・・・もっと他のネーミングは無かったのか。こんなに綺麗な花なのに・・・。いえいえ、イモが嫌いな訳ではないんですけど・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

May 19, 2005

オカタツナミ草

今日は、暑い日でした。『気持ちの良い五月晴れ』と言うにはちょっと暑すぎたけれど、これで、春の小苗達の成長も進んだことでしょう。

05

今日は自宅の近所で、今迄見たことの無い花を発見。

おぉ! なんだ? 可愛い・・・

初めての花の発見に、ちょっと心が躍る。

ほら、なんか森の小人たちが合唱しているみたいでしょ?

ほら、ほら・・・

05

ネットでいろいろ検索して、やっと名前が解りました。

オカタツナミ草(丘立浪草) シソ科タツナミソウ属の野草

なんだか気分の良い一日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

May 16, 2005

すみれの閉鎖花

最近、自宅のPCの調子が悪い。1回で起動しない事が多い。フリーズもしばしば。なにしろ、5年前のMEのマシンに無理やりXPを入れているのだから。もうそろそろ限界か・・・。去年も、システムのクラッシュで保存していた写真を、ほとんど飛ばしてしまった苦い経験がある。そこで、写真データは外付けHDに移しているが、その作業も結構面倒だ。もう、買い替え時期か・・・と思うが、ウィンドウズの新しいOSが来年出るという噂なので、買い替えはそれまで我慢とも思う。それまで何とかがんばれ!マイPC。

05

今年初めて買って、とてもお気に入りだったスミレの花が終わり、寂しく思っていたところ、新たな蕾が現れました。ところが、なんだか今までの蕾と様子が違う。

なんだこれは・・・。

本を出して、調べてみました。閉鎖花というものらしい。花は咲かないけど、種ができるらしい。

へぇ~、そうなんだ。これから種ができるんだ。種の採り方とか、蒔き方とかも調べなきゃ。今年は2株だったスミレも、来年はプランターいっぱいに咲かせてみよう。と、思いは膨らむ。また楽しみが一つ増えました。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

May 13, 2005

季節外れのシクラメン

「今の時期に何でシクラメンの話題?」と、お思いでしょう。私もそう思いますから。でもウチのシクラメン、今になってやっと花盛りを迎えたんです。

05

このシクラメン、年末におまけで貰った物。時々思い出したかのように、1~2本しょぼしょぼと咲いては萎えて・・・という感じだったんです。鉢も貰った時のまま、安っぽい4号プラ鉢に入れっぱなし。

それが、5月になってから次々と花芽があがってきて・・・。葉っぱの下を覗くと、まだまだ蕾もいっぱいあります。

不思議ですね~。ミニシクラメンかと間違えるほどの、小さな小さな花なんですけど。どうしちゃたんでしょうかね~。

05

こうなってくると、不思議と愛情がわいてくるもので・・・なんとか夏越しさせてあげたいなと。でも、今まで一度も成功したこと無いんですよね、シクラメンの夏越し。

本やネットで調べてみても、『堀り上げした方がいい』とか、『植えたまま乾燥させる』とか、『いや、水だけはあげた方がいい』とか、どうしたらいいのやら・・・。いずれにしても、『難しいよ』って事ですよね。

どうも我が家の花たちは、一般的な花期からずれて咲く『気まぐれ』が多いようです。・・・気のせいかな・・・私に似たのかな・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

May 11, 2005

美女撫子

清少納言が枕草子の中で言っていました。『草の花は撫子・・・』と。そんなに素敵な花なら是非ウチにも一つ・・・と去年の秋に種を蒔きました。小苗の時に次々と枯れてしまい、何とか残った一株が、結構立派な株に育ってくれました。

05

ところが、清少納言が愛でていたのは、河原撫子の方だったようです。この美女撫子が日本に来たのは、明治頃だそうです。別名アメリカ撫子とも。

でも、そんなことは別にいいんです。こんなに可憐な花なんですから。淡いサクラ色が、清楚でしょ。眺めているだけで、ほんわかした気持ちになれるんです。

05

今日は久しぶりの休日で、一日のんびりしてました。五月にしては肌寒く、『べらんだ日和』と言うわけにはいきませんでしたけど。

もう、お気付きでしょうか?今日からblogのデザインを変えてみました。初夏の感じを出したくて・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

May 10, 2005

あさがお 発芽

連休返上でやっていた仕事、なんとか終わりました。やれやれ・・・ ちょっと疲れた。  厳しい納期を承知で請けた仕事だから、わかってはいたけれど、ここ4~5日はホントに忙しかった。普段、わりとマイペースで仕事しているもので。

05

忙しくなる前に種蒔きをしておいた朝顔が、無事に発芽していました。他に夕顔、バジル、しそ、ケイトウも。種蒔きの時期が、ちょっと早かったかと心配してましたが、こちらも一安心です。

私的には、朝顔は夏に絶対無くてはならない花なんです。朝顔が無くては夏じゃない!と、いうくらい。

朝は、朝顔を眺めながら、ベランダでコーヒーを1杯。仕事を終えた夕方は、夕顔を眺めながら、ビールを1杯。そんな夏のベランダライフのために、これから大事に育ててゆきます。

05

いつの間にか立夏も過ぎて、春の花たちも次々と姿を消していきます。何十本も咲き乱れていたイングリッシュデージーも、もう今はちらほらに。季節の移ろいに気付いた一瞬、センチメンタルになるのは何故でしょう。理由など無いはずなのに・・・

明日は、仕事も休みにしよう。携帯の電源も切ってしまおう。のんびりとベランダで本でも読もう。ポカポカと暖かな、ベランダ日和になるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

May 05, 2005

花の写真について考える

マンションの植え込みのツツジが満開です。

管理人さんが、丁寧に世話をしているので、今年も見事に咲きました。ほのかな香りがすがすがしい。子供たちが花を摘んでいます。そんな光景もほほえましい。

tutuji2

blogにupした、花の写真を褒められることがあります。それは、とても嬉しいのですが、そのことでちょっと考えてしまうことがあります。

写真を撮るのは大好きです。でも、自分で一番良く解っていますが、腕前はたいした事無く、下手な方。私の場合、photoshopという画像編集ソフトで、手直ししてからupしています。photoshopは仕事でも使っているので、画像の加工は『お手の物』なんです。

例えば、上のツツジの写真の場合、

①トリミングして余分な部分を切り取る。

②明るさとコントラストを調整して、一番見やすい画像に。

③花色を鮮やかにするため、ピンクの彩度を上げ、逆に葉っぱの緑の彩度を下げる。

④花以外の部分にぼかしを入れるて、花だけを際立たせる。

⑤右上に逆光っぽい光を入れ、おしゃれな感じに。

ずいぶんいろんな事をしています。ちなみに加工する前の元の写真がこれです。tutuji

う~ん。これでいいのだろうか。自分のblogを眺めていて時々思います。「ちょっと、過剰表現なんじゃないかな。お見合い写真じゃあるまいし・・・」

先日の都わすれの写真もそうです。都わすれの素朴な美しさが消えて、逆に華やかな感じになってしまっている。

花の一番綺麗な姿をupしたいと思っているのは事実。でも、花本来の姿と離れてしまっているのも事実。

カメラの腕の下手さを、編集でカバーしようとして、ついつい過剰な加工を加えてしまう。加工が悪いとは思わないけど、花の本来の美しさを損なわない様に気をつけよう。

花の写真について、色々と考えていた夜でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

May 03, 2005

フクシア

fukusia2

あ・・・咲いてる、一つだけ。いつ咲いたんだろう。

葉っぱの影に隠れて、気が付かなかった・・・

フクシア。  もう我が家に来てから4年位は経つだろうか。今年も忘れずに花を咲かせてくれました。

fukusia1

イギリスでは、“lady's  eardrops (貴婦人の耳飾)”とも呼ぶそうです。見たまんまだけど、いいネーミングですね。

これから、次々と蕾が開花して、可愛い花が鈴なりにぶら下がる姿が目に浮かびます。今年もきっと・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

May 01, 2005

都わすれ

先週、『しばらく仕事、休めそうも無い』と書いておきながら、今日は休みにしてしまいました。いえ、決してさぼったわけではないんです。仕事が順調にはかどっているので、ちょっと、休憩です。

05

今日の話題は、都わすれです。去年の秋、園芸店で小さな苗をみかけた時、即買いでした。どんな花が咲くのかも知らなかったくせに。

即買いの理由の一つは、この名前です。  『都わすれ』   こういう純和風の詩的な名前に弱いんですよね。もう、名前だけでグッときちゃうんです。他にも『忘れな草』とか、『君影草』とか、名前だけで『好きな花リスト』に入れてしまいます。

05

もう一つの理由は、日陰で育つと書いてあったからです。我が家では、初夏から早秋までの間、ベランダの半分しか日が当たらないんです。日陰でもOKの植物って少ないんですよね。まして、綺麗な花を咲かせるとなると。

05

どんな花かも知らずに買った『都わすれ』ですが、咲いた花には満足しています。なかなか可憐な花じゃないですか。赤紫もシックです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

April 28, 2005

アネモネとフリージア

05

2月の中旬に一番花が咲いたアネモネ。あれから2ヶ月以上、次々と蕾をあげて咲き続けてくれていました。もう、新たな蕾も見当たらず、この花たちが散ったら終わりでしょう・・・

05

2週間前に開花して、さわやかな香りを漂わせているフリージア。すべての蕾が開ききりました。花期の短いフリージアは、きっと後3~4日で散ってしまうでしょう・・・

今年のアネモネとフリージアの写真も、きっと今日で最後です。

そうして季節は春から初夏へ。

05

今日は暖かと言うより、暑い日でした。昨日は遅くまで仕事をしたので、今日は早めに切り上げて帰ってきました。夕方ベランダで、鉢に水をあげていると・・・  

あ、綺麗な夕焼け。夕焼けは、いつ見ても飽きないね。刻々と変わる光と色。オレンジから茜色に。そして淡い紫とともに闇へと消えていく・・・

そんな情景を、ただボーと見ている。そんなひとときが大好きです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

April 24, 2005

種蒔き 3回目

納期の厳しい仕事を請けてしまったので、この後しばらく休みがとれそうも無い。ゴールデンウィークも仕事になりそうです。GWは別にいいんです。どこに行っても人が多いし、人ごみは大嫌いなので。休みは、仕事が暇なときにいくらでも取れますから。

気がかりなのは、春の種蒔きをまだ全部済ませてない事。朝顔はまだちょっと早い気がするけど、今日全部蒔いてしまおう。

朝顔と夕顔は、毎年蒔くので手馴れたものだ。ポリポットに一粒ずつ蒔いていく。

ケイトウ・・・これは初めて。やはりポリポットに5粒ずつ。

バジルとシソ。これもポリポットでいいや・・・

ついでに先週発芽したトウガラシもポリポットに移してしまおう。いいのかどうか解らないけれど。根を傷めないように丁寧に丁寧にピート板を崩して移植していく。こういう黙々とした作業、嫌いじゃない。結構好きなんです。

05

今日の写真は、ピンクのモミジ葉ゼラニウム。

もう、5年もいるベランダのヌシです。

05

毎年、1月頃から7月頃まで、満開の状態を続けてくれるんです。本当に可愛い奴です。

さぁ!明日から仕事頑張ろう・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

April 23, 2005

ステラ

ハンギングにしているステラ“シュガー・キャンディ・フロス”が、日に日に成長しています。

好き勝手に伸びて、ボサボサに成ってきました。形の良いハンギングにするには、切り戻しをしなくてはいけません。そろそろ、切り戻しの時期か・・・

05

それでは、ハサミを入れる前の姿を写真に・・・と、ファインダーを覗いているうちに気が変わってきました。

この姿は、これで面白いんじゃないかと・・・何かこう、ワイルドな感じで。   しばらくこのままにしておこうか。このままどこまで伸びて、どんな姿になるのでしょうか。

05

『バコパ』という名で売られている花と同じような気がして、ちょっと調べてみました。やはり同じなんですね。『バコパ』と『ステラ』と2つの呼び名を持っているようです。どちらかと言うと、『バコパ』の方が一般的なんでしょうか。

最初に『ステラ』で覚えてしまったので、ウチでは『ステラ』で通す事にします。『ステラ』の方がロマンチックな感じだし。あ、これはJAZZの名曲『星影のステラ』に影響されてます・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

April 21, 2005

山吹、再び

昨日の肌寒い雨とうって変わって、今日はまた暖かい日が戻ってきました。一昨日の、思わぬ大きな山吹の木の発見に味を占めて、今日はまた別の道を走って仕事場へ行きました。

用水路の脇で、またまた山吹を発見。初めての道ではないのだけれど、花が咲いてないと何の木か解らないもので、ここに山吹があるとは知りませんでした。

yamabuki3

yamabuki2

いつもカメラを持って歩くのが習慣で、あちこちで写真を撮ってます。ちょっとした風景とか、野良猫とか。でもやはり、花の写真が多いですね。街路樹から雑草まで。

道端で花の写真を撮っていると、見知らぬ人に話しかけられることが多いんです。「綺麗な花ねぇ」とか「あっちの八重桜も綺麗だよ」とか。世の中、花好きな人が多いんだなぁ、と思います。

blogではすきなこと言ってますけど、いい年して人見知りするほうで、他人とおしゃべりするのが苦手なほうで・・・   話しかけられても「えぇ」とか「はい」とかしか答えられない自分が情けない。おしゃべりにも花を咲かせたいものです。

また今日も、ベランダとは関係の無い話題になってしまいました。でも今、町中花盛りですから・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

April 19, 2005

山吹

いつもは車で15分足らずの仕事場まで、今日は自転車で行ってみることにしました。だって春ですから・・・

道々、写真を撮ったりしながら、45分かけて行きました。普段、車では通らない路地や小道の風景も新鮮です。嬉しい発見もありました。

yamabuki

うわっ!山吹だ。こんな所に、こんな大きな山吹の木があったんだ。綺麗だなぁ。ホントに綺麗だ。

朝の光に黄金色が輝いていました。

そして、他にも・・・

hanamizuki

(左)ハナミズキ   艶やかですねぇ・・・

(右)梨   梨畑も花満開でした。

たまには自転車もいいもんですね。

05

左に写真は、発芽3日目のトウガラシ(タカノツメ)。トウガラシは、 観賞と食用を兼ねて、毎年苗を買っていたのですが、今年は初めて種蒔きからに挑戦です。なんとか、無事に発芽しました。『トウガラシは、種からは難しいよ。』と言われていたので、なんだか嬉しいです。でも、この後が問題なんだよね、いつも。とりあえず、一番日当たりの良い場所へ移動しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

April 17, 2005

ハルジョオン

ハルジョオン

決して綺麗な花ではないし、それほど可愛いわけでもない。でも、春の景色には無くてはならない花。しっかりと春の記憶に刷り込まれている。そう、春の景色として・・・

05

ハルジョオン、漢字で書くと春紫苑。紫苑(シオン)の仲間なんですね・・・

05

子供の頃は、春女王だと思っていました。ジョオウではなく、ジョオンだと知ったのは、ユーミンの歌『ハルジョオン・ヒメジョオン』で。フワ~とした雰囲気が好きな歌でした。

今日は暖かな日でした。ベランダの花たちも満足そうです。

05 種も次々と発芽しています。マリーゴールド、ホウセンカ、サルビア、コスモス、トウガラシ。例年に無く成績優秀。これは、『タッパ種蒔き作戦』が成功したのか・・・

いつまでもタッパに入れていてはいけない気がして、ポリポットに植え替えてみました。春の陽射しをいっぱい浴びて、どうぞ大きく育ってください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

April 14, 2005

フリージア

我が家のベランダが、また少し華やかになりました。

05

フリージアの球根を植えたのは、初めてではないけれど・・・何年ぶりだろう。

赤と紫の花にちょっとびっくり。フリージアは黄色か白だと思っていた。自分で植えておいて、言うのもなんですが。

そっと顔を近づけてみる。

さわやかな、いい香り・・・

これから蕾が開くにつれ、香りがベランダに広がるのだ。わくわくするね。

05

桔梗も、やっと新芽をのぞかせました。これで、我が家の春は勢ぞろいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

April 10, 2005

ネメシア

宿根ネメシア。

1月に小さな苗を買った時に、ちらっとblogに書いて以来、一度もblogに登場させてませんでした。確かに地味な花ではあるのだけれど。それでも、3ヶ月間一日たりとも休まずに、花を咲かせてくれています。このままでは不憫なので、今日は最高に綺麗な写真をupしてあげようと、気合を入れて写真を撮りました。

撮影1時間。撮影枚数50カットの中から、厳選3カットです。

nemesia1

nemesia2

nemesia3

下手な鉄砲も・・・で、結構いい写真が撮れたと、自己満足しています。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

April 08, 2005

イングリッシュデージー

05

種から育てたイングリッシュデージーが咲き乱れています。

デージーにもいろんな種類が有りますが、原種のデージーだそうです。

デージーと呼ぶより、『ひなぎく』という呼び名の方が好きかな。なんか、可愛らしくて・・・

05

いかにも『お花』って感じの花だなぁ。と、思ってます。シンプルで。

それでいて、結構可憐な花ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

April 07, 2005

ゆりの芽

やっと出てくれました。ゆりの芽。

yuri

朝起きて、いつものようにベランダへ。

出てる、出てる。四つ出てる。

「お~~!」一人、小さな歓声を上げる。

今年はずいぶん遅かったね。

ほんと、心配してたよ。まったく・・・

土を掘り返して、様子を見たい気持ちを、何回抑えたことか。

とにかく「良かった、良かった。」

    

このゆりは、5年前植えた一つの球根が、年々増えて、今では8球。

好きとか嫌いとかではなく、もう無くてはならぬ存在。

   

こんなささやかなことで、1日機嫌よく過ごせるのだから、植物を育てるのは楽しいですね。

kuroyuri

   

こちらは、数日前に芽を出した、くろゆり。

去年の秋に始めて球根を植えました。

くろゆりの花は、見たことが無いので、楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

April 03, 2005

白いアネモネ

3月13日の記事 白い花 の中で、『多色混合で植えたのに、咲くのは何故か白ばかり。』と紹介したアネモネ、その後も次から次へと花を咲かせています。
そうです。白い花ばかりを。
これはもう、明らかに多色混合ではない。
うすうす気が付いてはいましたが・・・

05.4.2 00

これはどういうことでしょう。
自分が勘違いしていたのか。
メーカーで袋を間違えたのか。
球根の袋はとっくに捨ててしまっていて、確かめようは無い。

青いアネモネも見たかったなぁ。
赤いアネモネも・・・

いまさらそんなことを言ってもしょうがないね。
精一杯咲いてる花がかわいそうだしね。
ほら、白いアネモネも綺麗です。

05.4.2 013
05.4.3

純白の花、うっすらと緑の花、ほんのりピンクのかかった花。
白いアネモネ、十分楽しんでいます。


今日は、第2回の種蒔きでした。
サルビア コスモス チャイブ とうがらし

| | コメント (4) | トラックバック (0)

April 02, 2005

木の芽

かかえていた仕事も一段落したので、春の花を探しに散歩をしてきました。
大事に育てた花もいいけれど、野に咲く花もいいですね。
今日は、沢山の花の写真が撮れたので満足です。
もう一つのblogに画像をupしたので、よろしかったら見てください。


我が家のベランダでは、春の息吹が芽生えていました。

05.4.2 003

山椒の木の芽です。
どんな木でもそうだけど、本当に新芽は綺麗ですね。
この透明感のある緑が大好きです。

山椒の木の芽が出てきたら、
近所の農家の庭先でたけのこが売られるのも、もうじきです。
何しろ、大好物なんです。たけのこが。
この可愛い木の芽も、一緒に食べてしまうのですけどね。


05.4.2 002
さて、前回の記事で紹介した『タッパ種蒔き作戦』、5日目にして、マリーゴールドが発芽しました。
う~む。あなどれないか、タッパ種蒔き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

March 29, 2005

種蒔き ~その2

前回の種蒔きの話題の続きです。

先日、ホームセンターのガーデニング用品売り場で。
種蒔き専用土というのを見つけ、「へー、こういうのもあるのか」と手にとってしげしげと見ていました。
すると、店員のお兄さんが近づいて来て、
「この土はいいですよ。発芽率がいいんです。」
「ふ~ん」
HCで、店員さんの方から商品説明をしてくれるのは珍しい。
「この土をタッパに入れて種蒔きしてみてください。」
「タッパって、台所の?」
「ええ、何故タッパが良いかと言うと、ふたが閉められるからです。」
「?? ふたを閉めるって?」

お兄さんの話をまとめるとこういう事です。
1.この『プロトリーフ さし芽・種まきの土』は、種蒔きに最適の土に発芽促進剤を配合しているので、何しろ発芽率が良い。(少し高いけど)
2.深めのタッパにこの土を入れ、種蒔きをする。水は入れすぎないように。(タッパは底に穴が無いので)
3.日中は、タッパのふたは開けておく。
4.夜と寒い日は、タッパのふたを閉める。すると、適度の温度と湿度が保たれ、発芽しやすい。

それにしても熱心な店員さんだ。
きっとこの人も花が好きなんだろうな。
わかった、お兄さんがここまで熱心に勧めるのなら、試してみるよ。

そしてこの土と、100円SHOPでタッパを買って帰ったのでした。

tuti

というわけで、只今タッパ種蒔き法の実験中です。

ところが、ここで疑問が一つ。
発芽した後はどうしたらいいの?
底に穴の無いタッパで根ぐされとかしないのか?
大事なことを聞いていなかった・・・

05.3.27 064
05.3.27 063

今日の写真は、紫花菜です。別名『諸葛菜』。野原や土手に生える野草ですが、結構気に入っていて、コンテナで育てています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

March 27, 2005

種蒔き

ガーデニングblogの皆さんの所でも、あちらこちらで種蒔きが始まっています。
今日は我が家も、春の種蒔きを始めました。

さて、買っておいた種を取り出して並べてみる。

tane

一つ、二つ・・・  10袋もある。
う~ん・・・調子に乗って買いすぎたか・・・
狭いベランダで、こんなに種を蒔いてどこに置くつもりだ。
でも、欲しかったのだからしょうがない。
工夫すれば何とかなるか・・・

種袋の説明を読みながら、思案する。
朝顔やバジルはまだまだ早すぎる。
サルビアもちょっと早いか・・・
考えた末、今日はホウセンカとマリーゴールドを蒔きました。
無事育ってくれるでしょうか・・・

05.3.27 070

今日の写真はパンジーです。
こういうシックな色も素敵でしょ。
blogのデザインも春らしくしてみました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

March 26, 2005

水仙

今朝ベランダに出てみると、少し嬉しい発見。
何日か前から蕾が膨らんでいた水仙が、開花しました。

05.3.26 003

黄色い菜の花とモッコウバラが散り始めた今、黄色い水仙が咲いてくれました。
やはり春は、黄色い花がないと寂しいですからね。
何故かって?
なにか黄色って、春らしい色だと思いませんか?
なんとなくそう思っているだけですけど。


花の楽しみかたって、色々有りますよね。
容姿を楽しむ。成長を楽しむ。香りを楽しむ。そして、色を楽しむのも一つだと思います。

05.3.26 005

この水仙も、一言で黄色と片付けられません。
淡いクリームイエローの花びらと、鮮やかなレモンイエローのカップのコントラスト。

自然の彩色美ってすごいなぁ。と、花を見ると思います。
いつも、その容姿に似合いの色を纏っている。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

March 24, 2005

赤いモミジ葉ゼラニウム

1月にピンクのモミジ葉ゼラニウムを紹介しましたが、今度は、赤のもみじ葉ゼラニウムが盛りを迎えました。

05.3.20 019

このゼラニウムの葉、紅葉している訳ではないのです。一年中赤い葉の品種です。
赤い葉っぱに赤い花・・・
せっかくの花が映えない。目立たない。
う~ん・・・これは明らかにデザインミスですね。

05.3.20 021

花だけ見ると、ほら、こんなに鮮やかな赤の綺麗な花なのに。

とは言っても、大切なベランダの一員です。
去年の春は、小さな苗で花も2~3房だったのに、今年はこんなにたくさんの花を咲かせてくれました。
これからも大事に育てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

March 20, 2005

菜の花と紫花菜

1月に開花して以来、ベランダの主役だった菜の花が、そろそろ終わろうとしています。

05.3.20 018

黄色い花火の様だったその花も、まばらで寂しくなりました。
菜の花、長い間楽しませてくれてありがとう。
もう少し、最後の花が散るまで見届けます。


そして、入れ替わるように一番花を咲かせた紫花菜。

05.3.20 010

菜の花が散り始めて、紫花菜が咲き始める。
毎年変わらぬ、我が家の春の情景です。
ただ少し違うのが、今年は大好きな桃色タンポポが無い事。
種蒔きをして、発芽までは順調だったのですが、12月頃、苗が次々と枯れてしまいました。
原因は考えても解りません。肥料もたっぷりあげていたのに。(あげすぎたのが原因か?)
種から育て上げるのは大変です。

紫花菜は手間がかからず、何もしなくてもどんどん育ってくれます。
それでも、種から育てた花を見ると、喜びもひとしおです。


今日は、ベランダも春の模様替え。
簡易温室を片付け、古い鉢土を取り替え、鉢の並びも変えて春仕様になりました。
サンダーソニアの球根も植えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

March 16, 2005

番外編 ~沈丁花

今日はベランダの話題ではない、番外編です。


気持ちよく道を歩いていると、どこからかいい香りが・・・
沈丁花だ!

05.3.13 004

あぁ・・・もう春なんだなぁ・・・

沈丁花、なんていい香りなんだろう。

人の家の庭先で、花を覗き込んだり、写真を撮ったり、変に思われたかも。
幸せな気分をくれたこの家の人に感謝。

010

通りかかったお寺で、ちらりと見えた黄色い花に誘われて、境内の中へ入ってみた。
山吹だろうか・・・?
時期もちょっと早い気がするし、葉が芽吹く前に花が咲く山吹ってあるのだろうか・・・
何の花でしょう?


blogを始めてもうすぐ2ヶ月半。今回で20回目の記事です。
自己流で楽しんでいたベランダガーデニングですが、色々な方のblogを見て感心したり、参考にしたり。コメントをいただいて教えてもらったり。自分の知らない花の世界が、見えてくるのも嬉しいです。
ガーデニングblogの方々に感謝しつつ・・・
春の到来を感じた一日でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

March 13, 2005

白い花

今日は変な天気でしたね。午前中は暖かな春の陽射し。午後からは小雪の舞う寒さ。午前中に精一杯開いていたアネモネも、午後にはその花を閉じてしまいました。
そろそろ簡易温室も片付けようと思っていましたが、もう少し置いておく事にしました。

さて、今日気が付いた事があります。
『我が家には白い花が多い』
今は、菜の花の黄色がベランダで一番存在感が有りますが、数で言うと白い花が圧倒的に多い。
もちろん今日気付いたくらいですから、意識して集めた訳ではありません。
でも、深層意識では白い花が好きなんでしょうか?
今は持ってませんが、シクラメンもクリスマスローズも買うなら白と決めているし。
ハンドルネームもshiroだしね。

05.3.13 008

ヘリクリサム「花かんざし」  独特な香りとかさかさした触感が特徴です。

05.3.13 005

スウィート・アリッサム  ピンクや紫も咲いていますが、白が一番元気よく盛り上がってます。

anemone3.13

アネモネは、多色混合で植えたはずなのですが、咲いているのは何故か白ばかり。

05.3.13 009

プリムラ・マラコイデス  この花の白は、まさしく純白と言うのにふさわしい。まじりっけの無い白です。
絵の具でいうとチタニウム・ホワイト

05.3.13 057

咲き始めたばかりのイングリッシュ・デージー。  本来もっと暖かくなってから咲く花です。
まだ、寒そうに縮こまって咲いているように見えます。

sutera3.13

ステラ シュガー・キャンディ・フロス なんか甘そうな名前ですね。まだ小株ですが、成長すると見事なハンギングになる・・・  予定です。

05.3.13 015

最後はパンジー  いくつか咲いている中に、一つだけ白がありました。


それにしても白い花の写真は難しい。
微妙な白の濃淡がなかなか撮れないのです。
photoshopでいじってみるものの、本来の花の色と違ってきてしまうし。
白い花の美しさを表現しきれなかったのが残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

March 11, 2005

すみれ ~二色あつば

今日は一日、冷たい雨が降っていました。
でも、一雨ごとに暖かくなるこの時期、春はもう間近です。

今日の写真は、スミレです。二種類持っているうちの一つ。
『二色あつば』という品種です。
“二色”は花の色を見て納得だけど、“あつば”とは何でしょう?
厚葉?   そんなに厚い葉というほどでもないし・・・
後、そんな単語は思い当たらない。
どうでもいい事が無性に気になるけど、解決する前に忘れてしまう・・・いつものくせです。

閑話休題

05.3.11 015

1週間ほど前、葉っぱの陰に隠れるように、うつむいたままひっそりと開花しました。
他のスミレと同じように、葉っぱから頭を出して、上を向いて咲くのも間近だ。と、楽しみにしていたら、花が萎れはじめてきました。
え~!!
あれが全開だったの?
こんな風に咲く花なの?
それとも、まだ寒いから?

05.3.9 002

これが2日前の姿。
葉っぱの影でうつむいています。

_008

アップで見ると、これはこれで可愛いけど。
紫のグラデーションがきれいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

March 06, 2005

プリムラ・マラコイデス

寒い日が続きますが、昨日は啓蟄でした。
また、虫との闘いの日々がやってきます。
特に、厄介なのがアブラムシと夜盗虫。
ベランダでは猫も遊ぶし、葉っぱを舐めたりもするので、薬は使いたくないのですが、アブラムシだけはきりがありません。しかたなくオルトランの土に撒くタイプの物をつかってます。何か良い方法はないでしょうか?


さて、今日はプリムラ・マラコイデスの切り戻しをしてみました。
持っている園芸書によると、
『3段目の花が開いたら、花茎を元から切り取ると、また、新しい花茎が伸びて、再び花が咲きます。』
と書いてあります。
まだ咲いている花を切り取ってしまうのには、抵抗がありますけど、切り取った花は花瓶に挿すことにして、チョキン、チョキンと。

ma3.6

これは切り戻す前の姿。


ma3.6-2

そして切り戻し後の姿。
だいぶ寂しくなりましたけど、これで、また新しい花芽が出てくるのなら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

March 05, 2005

モッコウバラ その2

先週、きれいに咲いたと思ってupしたモッコウバラ、まだ半開きでした。今週になってどんどん大きく開きだし、今日は全開です。
mokkoubara21

ミニバラの花よりもさらに小さな花だけど。
原種バラの一種だそうです。

mokkoubara22

今は、毎朝この花を見るのが楽しみです。
蕾が全部咲いたらきれいだろうなぁ。

初めての花は、『この後どう育っていくのか』という楽しみと、
『管理の仕方がよくわからない』という心配と。
でも、そんな心配も楽しみのうちなんですね。
だから、花いじりはやめられません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

March 03, 2005

すみれの花

sumire21

3月を待ちかねたように、スミレの花が咲きました。
最初に咲いたのは、このスミレ。“淡雪”という名前です。
名前だけ聞くと、白い花を思い浮かべますが、青紫のすみれ色です。

スミレは野の花だと思っていましたけど(もちろん野の花ですが)、園芸品種だけで100種以上あるそうです。知りませんでした。

先ほどから冷たい雨が降り出しました。関東地方も夜半から雪になるそうです。
春の淡雪でしょうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

February 27, 2005

モッコウバラ

陽だまりが気持ちの良い季節になってきました。
先日の植木市で買ったモッコウバラの蕾も、今日の陽射しでほころび出しました。

mokkoubara2

黄色のミニバラが欲しいと思っていました。
いいえ。ただなんとなく思っていただけで、探していたわけではないんです。
過去に、バラを2鉢、ミニバラを2鉢、次々と枯れさせてしまった苦い経験があります。
ですから、『バラは上級者向けで、自分にはまだ早い』事はわきまえていました。植木市でこのモッコウバラをみるまでは・・・

mokkoubara3

店番のおじさんに聞いてみる。
「モッコウバラってミニバラの一種なんですか?」
「あ~・・・それね、とげが無いんだよ。」
「とげの無いミニバラなんですか?」
「・・・・モッコウバラだよ。」
「・・・・」
どうやらおじさんも良く知らないらしい。
大丈夫、自分もだいぶ経験を踏んだし、管理も上手になっているはずだ。
と、購入を決断する。

mokkoubara1


家へ帰ってネットで調べてみる。
ミニバラとは別の種類で、丈夫で育て易いらしい。
クリームイエローの小さな花を見ながら、今度は枯れさせないぞと思うのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

February 20, 2005

すみれ

sumire

今日は、梅が丘の世田谷梅祭りに行って来ました。詳しくは
そこの植木市で思わずすみれを買ってしまいました。
子供の頃は、そこらに生えている野草だったのに、最近見かけなくなったなぁ・・・
と思いながら見ているうちに買っていました。
6種の品種(スミレにもこんなに色々な品種があったのか!)の中から選んだのが『二色あつば』と「『淡雪』。
スミレの品種は全く無知なのですが、株が丈夫そうだったので・・・
小さな蕾が付いています。
いつ頃咲くのでしょうか。また、小さな楽しみが増えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

February 14, 2005

アネモネ

anemone

今年の一番花は、純白の八重咲きです。
アネモネは毎年、デカンとモナークを各色混合で植えます。
次は何色が出てくるのか楽しみです。
それにしても、今年は花が咲くのが1ヶ月早い。去年は3月中旬でした。
やはり暖冬なんでしょうか。それにしては水仙の成長が遅い。毎年、水仙とアネモネは同じ頃に咲くはずなのに。
ベランダでアネモネと水仙の花を見ると、「あぁ。春が来たんだ。」と思うのですが、まだ「春が来た」と言うには、少し早いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

February 12, 2005

パンジー

pansy2

blogにもだいぶ慣れてきたので、デザインなどを変えて遊んでみました。

9月に種蒔きをしたパンジーが次々と花を咲かせ始めました。
このパンジー、一つの株から白とピンクの花が咲いてます。こんなの初めて。
種袋を捨ててしまって、品種名が解らなくなってしまいました。残念。
パンジーのことを調べていたら、切り戻しのやり方をとても解りやすく紹介しているblogを見つけました。
フローリスト シュエット
花芽を切ってしまえと書いてあります。
しかも、勇気のある人だけとも・・・
やっと咲いた花を切り戻すか・・・
迷った末に、6株のうち、2株だけ切り戻してみました。
少し勇気が足りなかったか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

February 10, 2005

ヘリクリサム咲きました

helichrysum2

ヘリクリサム“花かんざし”、ちらほらと咲き始めました。
この花も香りの強い花です。いい匂いとは言い難いのですが。でも、決していやな匂いではないし。
なんて表現したらいいのか・・・くせになる匂いというか・・・
春先は、香りの強い花が多いような気がします。(あまり自身はありませんが)
我が家のベランダも、花かんざしと菜の花とアリッサムの香りが入り乱れて、混沌としています。
でも、なんか気持ちいい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

February 06, 2005

HB101

前々から気になっていたHB101を買ってみました。
100mlで2300円
高っ!
でも、思い切って・・・
popoさんも使っていると言っていたし・・・
さっそく霧吹きに数滴落として、スプレーしてみました。
甘酸っぱい匂いがします。
どんな時に、どうゆう使い方をすればよいのでしょう?
ビンの注意書きを読んでもよく解らず・・・
どんな効果が有るのでしょうか?
皆さん、どんな使い方をしているのでしょうか?

pansy
九月に種を植えたパンジーが、ようやく咲きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

February 02, 2005

かたばみ

katabami2


山椒の木の下に、見知らぬ花が咲いているのに気が付きました。もちろん植えた覚えの無い、雑草です。
前々から、カタバミらしき草が生えてきているのには気が付いていましたが、山椒も休眠中だし、まぁいいか・・・と思っていたら、とうとう花を咲かせました。
たしか、「カタバミの生える土は酸性で良くない。」と本で読んだ記憶があります。そろそろ鉢土を変えてやらねば・・・
でも、なんか健気に咲いているし、もう少しこのままにしておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

January 30, 2005

菜の花、満開

nanohana5.1.30

abu05.1.30


先週は仕事が忙しく、朝、まだ暗いうちに家を出て、夜遅く帰る日々でした。仕事が忙しいのは良いことだけど、ゆったりとした時間を大事にしたい・・・と思いつつもやはり、仕事が入ると断れません。
・・・と、話はそれましたが、明るいベランダを見るのは一週間ぶりです。その間に、菜の花が満開になっていました。
陽の光にきらきら輝く菜の花・・・我がベランダながらお見事。
そして匂いに誘われて虫が、はち?あぶ?こんな時期にどこから?
かすかな春の兆しに、心穏やかな一日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

January 23, 2005

ヘリクリサム

helichrysum
今年もやっぱり買ってしまいました。ヘリクリサム“花かんざし”。
この花も、この時期の私の定番です。毎年夏越しできずに枯れさせてしまうのですが・・・
まだつぼみですが、もうすぐ咲きそうです。
また今年も、初夏まで楽しませてくれるでしょう。

そして、今日買ったもう一つの苗がこれ。
nemesia

ネメシア
実は今日、初めて知った花です。
どこか惹かれて手に取っていました。
タグには、宿根草で四季咲きと書いてあります。
どんな風に成長していくのでしょうか。とても楽しみです。
今からネットで育て方を調べてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

January 16, 2005

菜の花

nonohana05.1.16
今年も3日前から咲きはじめました。
菜の花が好きなんです。子供の頃から。
理由はうまく説明できないけれど。
菜の花を見ていると、何か幸せな気分になってきます。
コンテナに菜の花は窮屈そうだけど、
今年も見事に育ってくれました。例年より茎も太いし、蕾も多そう。
これからが楽しみです。
suisen05.1.16


なかなか芽がでず、心配していた水仙も、やっと土から顔を出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

January 10, 2005

マラコイデス

c5.1.9
9月にホームセンターで小さな苗を見つけた時、冬に咲く花かも・・・と期待して買いました。
初めて育てる花でしたが、期待通り咲いてくれました。
可憐な白い花も気に入ってます。
うん・・・3~4株買って、大鉢に植えても良かったな。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

January 09, 2005

スイートアリッサム

b5.1.9

ベランダに、ほのかな甘い香りがただよいます。
アリッサムとパンジーの寄せ植えを造ろうと思い立ち、9月に種を蒔きました。その後、アリッサムは順調に育ち、パンジーはいまだ成長せず。仕方が無いので、アリッサムだけを定植しました。
このまま春まで成長して、鉢からあふれるほどに咲いてくれればよいのだけれど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

January 03, 2005

ゼラニウム

はじめまして。
今日からココログに参加させていただきます。
1
今、ゼラニウムが満開です。
小さな苗を買ってきてから5年。我が家でも最古参の鉢のひとつです。
なぜこの時期に満開? どの園芸書を見ても花期は春から秋になっています。
このゼラニウムも一年を通して花をつけるのです。
が、3年程前からでしょうか。真冬のこの時期に満開に咲かすようになりました。
不思議ですが、花の少ないこの時期に、貴重な存在です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)