« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/28

ユリ

我が家の近所には大学が2校あるんです。駅からの通学路になっている我が家の前の道は、いつも大学生でいっぱい。狭い道に広がって歩くから、うっとおしくてしかたない・・・という話は前にも書きました。

それがですよ! ひとっりもいないんです。学生が。全く歩いていない。もとより商店一つ無い住宅地。いつもいる学生がいないと、気味悪いくらい人けがないんです。

どうしちゃったんだろう? ・・・と思ったら、ハシカですよ。ハシカの流行で2校とも閉鎖されちゃってるんです。いつもなら、夏休みだろうが日曜だろうが、学生達の姿があるものなんですが、今は全く無い。休講どころか、キャンパスへの立ち入りが禁止されちゃってるみたいなんです。

いや~、ビックリしますね。何故こんなにハシカが流行してるんでしょう?それも大学生ばかりに。ハシカなんて子供の病気だと思ってましたけど。不思議です。

本当はその事よりも、『学生の姿が全く見えない』という不思議な感覚に違和感を感じています。こんなの正月の三が日くらいのもんです。いつもはうっとおしい学生達も、いなきゃいないで寂しいもんです。

1日も早く、大学閉鎖が解けますように・・・。

07528_004

さて、今年もユリが咲きました。スカシユリの1種で、ロリーポップという品種です。

もうこの子達も、ずいぶん長い事我が家にいます。毎年毎年、忘れずに咲いてくれる可愛いヤツです。白とピンクの大輪の花は、すっかり我が家の風物詩です。

なのですが・・・。

今年はちょっと咲くのが早すぎ。毎年6月10日頃のはず。梅雨入りするか、って頃に咲く花なんです。

末とはいえ、まだ5月ですからねぇ・・・。こんなところにも暖冬の影響が出てるんでしょうかねぇ・・・。なんか不思議な感じなんです。まだニュースでも梅雨が話題にならないうちに、この花が咲き出すなんて。

大学生といい、ユリといい、なんか違和感に包まれてるんです・・・という話題でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/05/23

今頃ですが・・・桃色たんぽぽ

07522_001

桃色タンポポがようやく咲きました。

今頃? という感じでしょうが。

季節外れもはなはだしいのですが。

でもこれは仕方が無いのです。だって、2月に種蒔きをしたのですから。

去年の秋に種を蒔くのをすっかり忘れ、『ダメで元々』で蒔いた種ですから。

咲いてくれただけで嬉しいです。

001_1

さて、先週は「動物の子供って可愛いネ」という話をしましたが、植物の子供だってもちろん可愛いです。植物好きの私としては。

上の写真、朝顔も夕顔も出揃ってきました。この初々しい緑が可愛いんだよね。

002

そしてこんなのも

07520_185

はたまたこんなのも。

今、我がベランダはちょっと紹介しきれないくらい、いろんなチビ芽たちでいっぱいです。

実際この春は、ちょっといろんな種を蒔きすぎちゃったんです。13種類も蒔いてしまった・・・。

このチビたちの成長も楽しみなのだけど、今年の夏は鉢置き場の場所作りに苦労しそう・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/15

ペラルゴニウム

Kamo

用水路に鴨の親子がいたんです。

鴨の子供可愛いですね。 親鴨の後をチョコチョコ、チョロチョロと付いて泳いでいるんです。しばらく眺めていました。あきないんですよね。

動物の子供って何故こんなに可愛いんでしょうね。ウチの猫も、子供の頃は可愛かったなァ・・・。

そうそう、動物だけじゃなく、人間でもね。

ウチの高校生のムスメも、小さい時はそれはそれは可愛らしかったよ。それが今ではねェ・・・。「どこかへ出かけようか」なんて誘っても、「親と出かけてもねェ・・・」なんてつれなくされてしまう。小さい時には、どこへ行くにもチョロチョロと後を付いてきてたのにねェ・・・。

Pelarugo

今日の花はペラルゴニウムです。花が次々と開き始めました。これから夏前まで楽しませてくれます。去年の春に小さい苗を買った物が、1年経ってけっこうな大きさになりました。

このペラルゴニウムって、花の形も色もいろんな種類があるんですね。ウチのは赤と白のバイカラーです。

実を言うと、去年花が咲いた時この花色を見て、ちょっとだけガッカリしたんです。いえ別に赤と白が悪いわけじゃないんですけどね。ただ私の好みの問題だけで。どうせバイカラーなら、もっと繊細な色の組み合わせにすれば良かったなあ・・・なんて。

でもね、1年も育てていると、それだけ愛着も深まってくるんですよ。この赤と白の組合わせだって、だんだん好きになってきちゃうんですね。

まあ、紅白でおめでたい感じでいいんじゃないの、なんて。“おめでたい”人間にはピッタリだよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/08

キエビネ

0756_116

あっという間に終わっちゃいましたね、ゴールデンウィーク。

先週、風邪をひいてしまったとご報告しましたが、そのまま連休に突入しました。一時よりは良くなってはいたのですが、直りきらないまま野山を1日中ウロウロと歩き回るものですから、いつまでも風邪を引きずっていたわけです。鼻をグズグズさせながら、ウロウロと。

そんな連休の最終日、6日は雨でしたね。朝から雨がふていたのに、やぱっり散歩に出てしまった。いえね、10時頃に1回雨がやんだんですよ。このままやむんじゃないかなァ、なんて出ちゃったんですね。ところが1時間ほど歩いた所で、また降りだしてきてしまった。「しょうがない帰るか」と引き返したんですが、1時間歩いてきた所だから、当然帰るのも1時間歩かなければならない。どんどん降りは強くなる。

さっさとタクシーでも掴まえて帰ればいいのに、「春雨じゃ、濡れて行こう」なんて気取っているものだから(ところでこれ、なんのセリフでしたっけ?歌舞伎?)、もうズブ濡れです。

そう、バカなんです。バカなんだけど、これはしょうがない。持って生まれた性(サガ)ですから。

濡れるのはそれほど嫌でもないのですが、「また風邪がぶり返すなァ」なんて思っていたわけです。

ところが!

それで治ってしまったんです。はい、スッキリと!

思いましたね。「ハハァ、『バカは風邪をひかない』というのは、この事か」と。

正確に言うと『バカの風邪は悪化しない』という事です。確かに、風邪はよくひくけど、寝込んだ事とかは無いんですよね。

0756_113

今年もキエビネが咲きました!!

いいですね~、この優雅な花。

2年連続で咲きました。嬉しいですねぇ。

でも、この花だけはわからないです。咲くのか咲かないのか。どっちかというと咲かないことの方が多いのかな。気まぐれな花なんです。1株だったエビネが、だんだん大きくなって、株分けして、今では4株になったんです。そのうちの1株だけですけどね、今年咲いたのは。まあ、4株になったから、咲く確率も増えたのかも。

毎年春になると、出てきた芽を見ながら「どうなの?花芽は付いてるの?」なんて覗き込むわけです。ちょっとずつ大きくなる芽を見ながら、毎日毎日。そして「あった、あった、花芽が出てきた!」なんて時の嬉しい事、嬉しい事。

こんなのもいいですよ。咲かないことが多くても。それだけ咲いた時は嬉しいですから。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/05/01

アイスランドポピー 2番花

昨日はうだるように暑いと思っていたら、今日は肌寒くって・・・

これが春の気候なんでしょうが、体調管理にお気をつけください。

・・・なんて体調管理なんか全くしてない私が言うのもなんですが。

案の定、風邪をひいてしまいました。

『バカは風邪をひかない』なんて言葉、最近ではあまり耳にしなくなりましたから・・・最近の風邪はバカでもひくのかもしれません。

Popy1

3月に開花したアイスランドポピー、1ヶ月のブランクを置いてまた咲き出したんですよ。2番花とでも呼ぶのでしょうか。

3月末にはすっかり花も散ってしまって、もう終わりだと思っていたのです。鉢を片付けないで放っておいたら、また蕾がたくさん出てきて・・・。なんだかこういうのって、ちょっと得した気分ですね。

大振りの花なのに、紙細工のような繊細な花びらが、とても美しい花です。

Popy2

さて、皆さんはGWをどうお過ごしでしょうか。

私は、今年はカレンダー通りに休もうと決めているので・・。そうすると、明後日から4連休なわけですよ。いろいろとやりたい事があるので・・・。野草の写真も撮りに行きたいし、春の種蒔きもやってしまわなければ。

だから、明日中に風邪を治してしまわなければ・・・ね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »