« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/23

菜の花

07123_002_1

菜の花や 月は東に 日は西に     (与謝蕪村)

俳句をたしなむような教養はありませんが。なんか好きなんです、この句。深い意味はよく判りませんが、フワーっとした雰囲気に包まれるような感じがするんですよね。

とにかく菜の花が大好きなんです。あらゆる花の中でも、間違いなくベスト3には入ります。だから、初春の菜の花は欠かせません。

さて、そんな菜の花、我が家でも開花しました。まずは3輪の花。

いくらなんでも早すぎる?

いえいえ、これは寒咲き種なんです。我が家では毎年、この寒咲き菜の花の種を蒔くんです。毎年今頃に開花して、2月の立春の頃満開を迎え、大きくなりながら次々と花を増やし、3月いっぱいくらいは咲いているんですよ。

07123_001

とにかく大好きな菜の花。

これから毎日、花が増えるのを眺めながら、春が1日1日と近づくのを楽しむというわけです。

菜の花を見ると、とたんに春が恋しくなってきます。もうこれは理屈じゃなく、本能的なものですね。

そこで1句

菜の花や 春の香りを 待ちきれず

・・・お粗末でした

| | コメント (2)

2007/01/20

ネメシア

07118_001

寒さ本番の真っ只中です。

こんな寒さの中、ネメシアが咲いています。ワサワサと咲いています。

ネメシアは四季咲きだ(と思う)。普通四季咲きと呼ばれている花でも、春夏秋の三季しか咲かなかったりする。でもネメシアは正真正銘の四季咲きだ。1年中咲いている。むしろ冬の方が、花付がよかったりする。

本当は四季咲きの花は、私の趣旨に反するのだ。花を見て、季節を感じたいのだ。水仙を見て「ああ・・もう春なんだ」とか、桔梗を見て「いよいよ夏が来るぞ」とか、ホトトギスを見て「もうじき冬か・・寒くなるなぁ」とかとか・・・。季節感をたっぷり味わえるのが、花が好きな理由の一つでもあるのだ。

だから四季咲きの花は買わない・・・かと思うと、そうでもない。このネメシアをはじめ、ステラやらゼラニウムやら、けっこうある。

まあ・・・、これはこれでありがたい存在なんだ。この花たちのおかげで、1年中ベランダに花が絶える事がないんだ。その中でも、真冬に元気に花を咲かせてくれるネメシア。可愛い花です。

07118_007

このネメシア、“メロウ・マイ・ハニー”という品種です。

なんとも乙女チックな名前を付けたものだ。・・・と思うが、この色といい、容姿といい、名付けた人の気持ちが、わかるような気もする。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/01/10

シクラメン

07110_015

シクラメン・・・

この花もなんとも言えない魅力を持った花ですね。冬には欠かせない花。

我が家のシクラメンにも、ポツリポツリと花が上がってきました。

このシクラメン、我が家に来て2年が経ちました。つまり、2回も夏を越しているんです。それだけに可愛さいっぱい。

売っているシクラメンのように、花も綺麗に揃いません。花の大きさもなんだか小さくなってしまいました。

それでもなんだか可愛いんです。2年も育てているからね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/01/02

謹賀新年

0711_006

明けましておめでとうございます

このダラダラblogも、開設以来いつの間にか丸2年が経ってしまいました。月日の流れは早いものです。

第1回目の記事に写真をUPした、ピンクのモミジ葉ゼラニウムも相変わらず元気です。真冬に花盛りとなる、この不思議なゼラニウム。2年前と同じ鉢で、相変わらず同じように花を咲かせて・・・。

月日の流れと共に変わっていく物が多い中、ベランダの花達も2年前とはすっかり変わりました。枯れていった者たち。新たに加わった者たち。そんな中で『相変わらず』というのもなんだかホッとしていいものです。

 

さて・・・

最近ではすっかり更新も絶えがちになり、『ダラダラ』を通り越して『息も絶え絶え』になってしまっているこのblogですが・・・。

もうしばらくすると春ですから・・・。花の季節になれば、書く事も多くなってくるはず・・きっと。

こんなblogをいつも見てくださる方々に感謝しつつ・・・。

私にとっても皆様にとっても、花の多い(いろんな意味でね)1年になりますように・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »