« ジジィになる | トップページ | 世附の散歩 ~明神歩道と林道~ »

2024/04/03

ザ・ミュンヒ

3月末で白浜の仕事も無事に完了し、戻ってきました。
休む間もなく、出張している間に溜まりに溜まった事務仕事の処理に追われています。

帰る前に、大阪のとある店に行ってきました。ずっと行きたいと思っていた店で、今回、関西にいる間に絶対に行こうと決めていました。

 

240324112642259

大阪は八尾の住宅地の中にあるザ・ミュンヒという喫茶店。
コーヒー好きの間では有名な、名店中の名店です。
以前にも書きましたが、オイラ自他ともに認めるコーヒー好き。この噂の店にはぜひとも行ってみたかった。
が・・・、こんな・・・さびれたつぶれかけの店のような佇まい。びっくりしました。
ここが、世界中からコーヒー好きが訪れてくるという名店なのか。

240324122227137

おそるおそる店内に入ってみます。
店内には常連らしき一組の客。雑然とした店内。昭和の香りがプンプンとする古い什器と古いバイク。オイラ、バイクの知識は全くないけど、店名の由来になっているドイツ製のバイクらしい。
マスターは私の顔を見ると「初めての方かな。どちらからいらっしゃった?」と言い、「神奈川の川崎です」と答えると「そうかそうか」と笑顔で迎え入れてくれました。
「うちのコーヒーは特殊だからね」とコーヒーの豆と淹れ方の講釈を聞き「どんなコーヒーにする?」
もちろん、有名な特別抽出のやつを!

240324122910931

それが、これ。
ネルドリッッパーに、150gの粉をギュウギュウに詰め、1時間かけて30㏄のコーヒーを抽出する。つまり、通常の10杯分の粉からデミタスカップ半分の量しか抽出しない。超濃厚なコーヒーだ。
豆はマスターに勧められるままに、モカとゲイシャのブレンドで頼んだ。1杯7500円。

240324134924595

マスターや常連さんといろんなおしゃべりをしながら待つこと1時間強。出来上がってきたのがこれ。
いや、本当にビックリします。想像をはるかに超える味。
こんなコーヒーは飲んだことがない。いや、コーヒーの味ではない。甘酸っぱいフルーティーな味。奥に感じるかすかな苦みが、かろうじてコーヒーらしい味。
1時間以上かけて抽出しているから、もちろんぬるい。だけど、熱いとかぬるいとかはどうでもよい。「コーヒーは熱くなきゃ」という概念でさえ吹っ飛んでしまう。
一口の量をちびちびとなめるように飲む。至福のひと時でした。

240324135709916

そして、もう一つ頼んだのがこれ。
これまたこの店を有名にしている28年物のコーヒーです。抽出したコーヒーを木樽で28年間熟成させたもの。
信じられます?28年前に淹れたコーヒーが、なぜ酸化もせず腐りもしない?
スプーン1杯で2500円。ちなみにデミタスで頼むと11万円だそうだ。

240324135810675

さらに想像を絶する味だった。まるでワインのようだった。甘く高貴な味。
これは実際に飲んだ人しか信じられないだろうと思う。

この貴重な28年物も、もう残りはわずかだそうです。樽を振りながら、あと何杯いれられるかな、と言っていました。
28年物がなくなったら、グッと年代が新しくなって10年物になるそうです。
無くならないうちに来れて良かった!

マスターも、もうすぐ80歳になるそうです。まだまだお元気な様子でした。
「こんな高いコーヒーを飲みに来る奴はもの好きだけだから、全然儲からないよ。でも、遠方や外国からわざわざ飲みに来てくれるんで、やめられないんだよ。」

いい経験をさせてもらった。
コーヒー好きな方は、ぜひ一度味わってほしい。
オイラもまた行こうと思う。マスターが元気なうちに。

|

« ジジィになる | トップページ | 世附の散歩 ~明神歩道と林道~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジジィになる | トップページ | 世附の散歩 ~明神歩道と林道~ »