« 松茸山 | トップページ | 謹賀新年2024 »

2023/12/19

P888と六百沢の山神様

前記事へのM氏からのコメントで、先日見つけた古道の痕跡が鳥屋鐘径路の一部である事がわかった。あの場所からどういう経路で六百沢出合まで続いていたんだろうか・・・などと思いを巡らせながら地図を眺めていた。
同時にM氏のコメントで「六百沢出合を望む早戸川左岸に山神あり」というのが気になっていた。あの辺は徒歩でも車でも何十回と通っているが、山神様など見たことが無い。そして、そうだ・・・昔M氏に教わった伝道の山神様もまだ見つけられていなかったんだ。

という事で、この日は二つの山神様を探しに行ってみることにしました。

2023年12月17日

伝道まで、早戸川林道を2時間近くかけて歩いていくのも気が進まない。何か他のルートはないかなぁ・・・と地図を眺めていて、久しぶりにP888へ行ってみようと思い立った。P888から鳥屋鐘沢へ降りて、ヌタノ丸経由で本間橋へ抜けよう。我ながら面白いルートだと思った。

Tizu1217

ところがまたまた寝坊をしてしまい、早戸川大橋へ到着したのは9時近くになってからだった。
そして松茸山登山口の駐車スペースには車が溢れていた。早戸川大橋の周囲も無理矢理路駐の車でいっぱいだ。きっと鳥見の連中だろうと思うが、年々数が増えてる気がする。そんなに野鳥が集まるスポットなのだろうか・・・。
この時点でもう、やる気が無くなりかけているが・・・、せっかくここまで来たんだし・・・。
少し戻って、道幅の広い場所に車を停めて歩き出す。

Img_2915

早戸川大橋に着いたのは9:10だ。頭の中で時間を計算して、P888経由で伝道まで行くのは、時間的に無理かもなぁ・・・などと思う。寝坊をした自分が悪いのだけれど。

Img_2917

早戸川大橋を渡って右の林道へ入っていく。

Img_2920

少し進むと林道の終点だ。そしてここが六百沢出合だ。

Img_2919

六百沢の対岸にはうっすらと径路が見える。

Img_2922

そして吊橋。いまは施錠されて通れないが、この橋も鳥屋鐘径路の一部なのだろうか?
早戸川の対岸を眺める。あの辺りのどこかに山神様がいらっしゃるのだ。帰路で探してみるつもり。

Img_2923

そして径路が続いている。これも鳥屋鐘径路なのか?
鳥屋鐘径路を辿って本間橋まで行くルートも考えはした。でも、あっさり却下した。以前、少しだけこの径路を歩いた事もあるが、もうあちこちが崩壊しているボロボロの径路なのだ。通しで歩くのは結構な体力と気力が必要だ。今のオイラにはそんな体力も気力も無い。

で、オイラはここから尾根に取り付く。

Img_2924

地形図の等高線から予想はしていたが、キツイ斜面だった。いつものことながら、斜度のキツサは写真では伝わらない。緩斜面を撮っても急斜面をとっても同じような絵面になってしまうのは何故だろう。何か良い撮り方はあるのだろうか・・・。

Img_2928

600mを越えたあたりで、ヤセ尾根に大岩が立ち塞がっていた。一瞬ドキッとしたが、右から回り込んで岩の上に上がる獣の足跡を辿ったらなんてことなかった。

Img_2929

ブカブカで歩きにくい支尾根だったが、本尾根に合流したら歩きやすくなった。

Img_2930

11:20 P888へ到着。倒木に腰掛けて休む。このP888も秘境の一つだ。訪れる人はまずいない。
さて、これからどうする?
ここまで2時間以上かかっている。標高をたった550m稼ぐためにだ。いくら急斜面のバリルートとはいえかかり過ぎ。
予定通り鳥屋鐘沢へ降りてヌタノ丸へ登り返すルートで伝道まで行くのは時間的に無理だ。暗くなる前に車まで戻れない。それに、気力がもう無くなっている。もう疲れちゃったんだ。
ここから栂立経由で下山するか?いや、それだったら、この尾根を降りてしまおう。早戸川林道のゲート下の堰堤に降りられるはずだ。それに、この尾根はまだ歩いた事が無かったし・・・。

Img_2931

こっちの尾根にもやっぱり大岩地帯があった。でも尾根が広いから大丈夫。回り込める余地は十分にある。

Img_2933

昔は、この近辺の山域を歩いていると、このP888の尾根からは盛んに銃声が聞こえていた。きっといい猟場だったのだろう。猟の季節になると、早戸川には簡易的な丸太橋などもかかっていた。早戸川林道に車が入れなくなって、猟師たちも入ってこなくなったんだろう。

Img_2936

470m付近で鳥屋鐘径路と交差した。もう消えかかっていて、パッと見には獣道くらいにしかみえないが、石積の補強が残っているから獣道や杣道では無いのがわかる。かつては立派な古道だったのだろう。

オイラは尾根の背を直進する。だいぶ前に、ここから早戸川に降りた記憶はあるのだが、あまり覚えていない。覚えていないってことは難なく降りられたのだろう。

Img_2938

ヤセ尾根を塞ぐように古い設備。はっきりとは知らないが、鳥屋鐘沢の取水塔からどこかへ水を送るための中間設備だろうと思う。
これを以前にも見たことを思い出した。と、同時に、早戸川へ降りるのに危なっかしい斜面で苦労したことも思い出した。
そうだ。尾根の突端は崖になっているのだ。

崖になっている突端まで行く手前で山腹を降りるしかない。比較的傾斜の緩そうな斜面を探りながら、ソロソロと降りてゆく。今日はロープも持っているから、それだけでもだいぶ気が楽だ。ロープさえ出せばなんてことないのだけれど、あくまでもロープは最後の手段だ。できるだけ道具に頼らずに歩く。歩けない場所は歩かない。それがAYさんから学んだ山歩きのスタイルだ。

Img_2939

ちょっと時間はかかったが、なんとか早戸川に着地した。

12:45 河原でのんびりとおにぎりを食べる。

Img_2941

早戸川林道に上がって、テクテクと帰路につく。
ゲートは固く閉ざされたままだ。もう開ける気は無いのだろうか・・・。

Img_2942

さて。六百沢の山神様を探すことは忘れてはならない。そんな事を考えながら歩いていたら、六百沢出合付近で落ち葉に埋もれた怪しげな階段を発見。
スリッピーな落ち葉が積もる急階段を登るのは、ちょっと怖いが・・・とにかく登ってみよう。

Img_2943

急斜面を20mほど登ると、そこに山神様の祠を発見。
静かに手を合わせる。

ここに祠があるという事は、ここに古道が付いていたという事か?今はそんな痕跡はない。植林の仕事道は交錯しているが、このうちのどれかが古道の名残なのだろうか?
2週間前に見つけた松茸山登山道近くの祠とも繋がるのかも知れない。松茸山の北側から山の東側を巻きながらここまで来て、六百沢出合に向かって降りてゆくのか?
いろいろと思いめぐらすが、M氏のような古道の知識があるわけでは無いのでこれ以上の事はわからない。

まあ、山神様を発見できただけでも今日は有意義であった。

 

|

« 松茸山 | トップページ | 謹賀新年2024 »

コメント

六百沢山神参拝、ご苦労様でした。
まさにその山神から鳥屋鐘径路を経て
伝道山神、更に大平山神迄を繋ぐ
伝道大平水平径路。
今では危険個所も多く通して歩くのは
困難ですが地図上で追うのは楽しいですよ。
理想的な周回径路です。

投稿: M氏 | 2023/12/20 19:36

M氏
道から離れた場所にひっそりと佇む山神様。よく見つけたものだなぁ・・・とM氏の探索力に改めて感服しました。
伝道大平の水平経路は、M氏の案内でちょろっとだけ歩いた事がありましたね。あの径路ももう相当ヤバいです。僕ももう、危険を冒して古道を探索する気力はありません。地図を眺めながら想像して楽しむことにします。
でも、地図を眺めていると、確かめに行ってみたくなってしまうんですよねェ・・・。

投稿: shiro | 2023/12/21 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松茸山 | トップページ | 謹賀新年2024 »