« 茨島(バラシマ)沢 | トップページ | 高尾山 花散歩 »

2023/08/21

西棚ノ沢

7月30日の茨島沢でプチ熱中症になってしまったオイラは、すっかり自信を無くしてしまいました。
こんなにも体力が無いとは思わなかった・・・。こんなんじゃとても山なんか歩けない・・・。
でも、こんな事で引きこもりになってしまうわけにはいきません。山歩きだけが唯一の趣味なんだ。
8月に入って6日、13日と日曜日のたびに林道を歩いていました。両日とも雨予報が出ている中、傘を片手に林道の散歩をしていました。

そして20日の日曜日。今日はまた沢でも歩いてみよう。
とは思いましたが、まだ自分の体力に自信は持てません。しかも丹沢山地では昼すぎに雷雨があるかもみたいな天気予報も出ています。
そこで思い出したのが、道志の西棚ノ沢。
あそこならアプローチがほぼゼロで沢に入れるし、最後までツメたとて4~5時間で周回できるし、ヒルはいないし、体力に自信が無い人間がボチボチと歩くにはうってつけの沢ですからね。

2023年8月20日

Tizu820

国道413号から道志の湯の標識を左折する。道志の湯を通り過ぎて、少し進むと的様だ。
的様の先の路端のスペースに車を停める。
時刻は8:40。沢支度をして出発します。

P8200002

まずは的様に手を合わせて・・・。

P8200003

的様の滝の下で室久保川に降ります。
相変わらず豪快で見ごたえのある滝です。

このまま川を少し下ると西棚ノ沢出合です。

P8200004

出合からすぐにF1 5m。
体力が余っている人はここを登っておかないと、もうこの先これ以上の滝は出てきません。
体力の無いオイラは左手から巻きます。

P8200006

ナメと小滝がずっと続く、とても気持の良い沢です。

P8200009

標高750m付近の炭焼釜も健在です。
丹沢山中で炭焼釜跡は数多く見ますが、こんなに完全な形で残っているのは珍しいんです。

P8200011

水量もほど良くてウォーターウォーキングにはちょうどいい沢です。

P8200013

770m付近でF2 4m。
左手の斜めのクラックを登れるかなぁ・・・と眺めていたが、それはちょっと無理そう。
やっぱり水流の中の斜上するバンドを登るしかないのだが、びしょ濡れ必至。
直登はあきらめて右岸の径路痕から巻きます。

P8200016_20230821160001

800m二又までやってきました。水量は1:1.5くらい。やや右の方が多い。
普通はここは右又に進んで、このすぐ先で交差する越路林道で終了とするようです。
オイラも前回は右又を進みました。越路林道を横断して平指山まで詰めましたが、林道の先は水量もぐっと減り、特に見どころも無く、詰めがザレザレで苦労した記憶だけが残り・・・。沢半ばの林道を終了点とするのもわからなくは無いです。
今日は左又を進んでみようと思います。それほど熱心にこの沢の事を調べたことは無いのですが、左又の記録は読んだことがありません。という事は、つまらないヤブ沢である可能性が高いのですが・・・どうでしょう。

P8200017_20230821161801

左又へ入ってみると、ナメが続きます。
予想に反して、なかなか良い渓相。

P8200019

こんな小滝もあります。

P8200020

気持の良い流れが続いています。
これは林道を終了点にするにしても、絶対にこっちの左又に入った方が良い。そう思いました。

P8200021

左又に入って20分ほどで越路林道と交差します。

P8200022

林道を越えると徐々に水量も減り始め、ヤブ沢っぽい雰囲気になってきました。
これは右又と同じです。

P8200024

でも、時々ナメも出てきます。

P8200026

巨岩がゴロゴロと転がっている。「あ、こんな光景、右又でも見たなぁ。」と思い出す。

P8200027_20230821163201

そろそろ飽き始めたところで900m二又。
地形図を眺めながらどっちへ進むか考えます。もう、ここで尾根に上がってしまおうかという思いもあります。以前右又を詰めた時の経験では、源頭部はザレザレで苦労したんだ。
が、右の沢を覗くと滝が見えました。滝につられて右へ進みます。

P8200028

が、滝だと思ったのは堰堤でした。
なんだかガクッとしてしまい、「もういいや。尾根に上がっちゃおう。」となってしまいました。

尾根を登りながら堰堤を眺めると、壊れかけた石積堰堤のようです。それも1基ではなく、3基ほど連なっているようだ。
こんなのも珍しいなぁ。堰堤博士が生きていたら喜んでくれたかも。もっと近くまで行ってよく観察すればよかったかなぁ。
などと、4年前に亡くなられた堰堤博士のT.Iさんの事を想い出して、感傷的になってしまいました。

P8200029_20230822104201

上った尾根は、ほとんどが植林地のこの界隈では珍しく自然林の尾根でした。巨木などもポツポツ生えていて、いい雰囲気の尾根です。

P8200031_20230822104201

平指山の東、1050m地点まで登ったら、左折して、室久保林道へ向かって下降します。

P8200033_20230822104201

途中で先程進路を迷った900m二又の左沢の源頭を観察する。
これなら苦労することなく楽に詰められたようです。
もし、またこの沢を遡行することがあったら、ここに詰め上がる事にしましょう。・・・まあ、無いと思うけど・・・。

P8200034_20230822104201

ほぼ12時ちょうど。室久保林道へ降り立ちました。
後は林道をテクテクと40分ほど歩いて的様へ戻ります。

P8200038_20230822104201

的様まで、もうわずかという地点で、林道がゲートで封鎖されていました。
びっくりです。
今日は越路林道が静かなことを不思議に思っていたのですが、謎が解けました。この界隈の林道は、いつもオフロードバイクがブンブンと走りまわっているのですが、締め出されてしまったんですね。
奴ら、林道だけではなくて、沢や尾根にまで乗り入れて走ってたからなぁ。
いや、こっちもショックだよ。また奥まで進める林道が一つ減ってしまった。
この室久保林道も、旧野外センターの先は道の荒廃が激しくて、乗用車では怖くて入って行けなかったのだけど、今度のアウトバックなら浦安峠間近のゲートまではいっていけるなぁ、と思っていたんだ。浦安峠を基点とした周回ルートの計画なども考えていたんだ。

12:40 的様近くの駐車スペースに帰着しました。
今日も蒸し暑い一日でしたが、熱中症の症状も出ず、無事歩き通すことができました。
まあ、距離は7.2km、高低差520mのゆる歩きだけどね。

 

さて。私事ですが。・・・もっとも私事しか書かないblogですけど。
今週末に入院して手術を受けることになりました。
内視鏡による大腸ポリープの手術なので、別になんてことはないらしいです。開腹するわけでもなく、入院も念のための一泊だそうで・・・。
でも、いままで怪我の入院は2回ほどあっても病気での入院は初めてで、気持ちはザワついています。「不安にさいなまれる」なんてことではないのですが、不安が全く無いと言えばウソになる。
手術後1ヶ月くらいは激しい運動は禁止だそうです。
山歩きが激しい運動にあたるのかどうかはわかりませんが・・・。

それでは・・・。

 

 

 

 

|

« 茨島(バラシマ)沢 | トップページ | 高尾山 花散歩 »

コメント

shiroさん
今週末はゆっくりと療養なさって下さい。
(大きな手術ではなくて、安心しました)
確かに山歩きは「激しい運動」に含まれるのか不明ですが、四輪駆動の斜面はそれこそ「激しい運動」に違いありませんね♪

療養明けは、穏やかな沢沿い歩きでしょうか?
どこかご一緒出来ればと思っております。

投稿: レガー | 2023/08/25 12:28

レガーさん
先程、無事退院して戻ってまいりました。
「激しい運動」について詳しく聞きましたら、腹に力を入れるような事は禁止なのだそうです。
四輪駆動の急斜面は、確かに腹にも力が入りそうです。
一週間以降は軽いハイキングくらいならOKだそうです。
穏やかな沢歩き、良いですね!是非是非!!

投稿: shiro | 2023/08/26 14:28

shiroさん
昨日、無事に退院されたんですね!
私はまだ病気とケガでの入院はないので、
入院手術なんて聞くと緊張してしまいます。

穏やかな沢歩きのリハビリ、
ぜひレガーさんと一緒に同行させてください。

投稿: はっぴー | 2023/08/27 16:55

はっぴーさん
はっぴーさんは入院経験が無いのですか!けんこうなんですねェ。
僕は最近、あちこちにガタが出始めて、病院通いも多くなりました・・・。

穏やかな沢歩き、是非行きましょう!
よろしくお願いします。

投稿: shiro | 2023/08/28 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茨島(バラシマ)沢 | トップページ | 高尾山 花散歩 »