« 弁天沢 | トップページ | ヤビキ沢 »

2018/06/19

檜洞丸

オイラの中には『困った時のモロクボ沢』というのがある。
計画もなく突然フラっと山へ行きたくなった時には、モロクボ沢へ行っとけば間違いない。という意味だ。
モロクボ大滝はいつ見たって心打たれるし、美しい渓相で癒されるし、あの辺の地形はほとんど把握しているので、仮に地図が無くたってウロウロできる。ヒルもいないしね。
急に休みが取れた時や、モチベーションが上がらずどこへ行くか決めかねてる時なんかには、とっても便利。

この日も突然、日曜日が休みになったのだ。
土曜日の夕方まで仕事やる気満々だったのに・・・だ。
取引先の担当者に「土曜日中にGOを出してくれないと間に合わないよ。」と言っておいたはずなのに、土曜の午後になっても何の連絡もない。夕方になってしびれを切らして、取引先に電話してみた。
「今日は土曜日なので、彼は休みです。」だって・・・。
ハァ?   だよね。

まあ、そういう時代さ。
土日は休んで当り前。
じゃないとすぐに、『過労死』だの『働き方改革』だのと言われちまう。

そういう事なら、オイラも日曜日は休んで山へでも行ってくるさ。
もう間に合わなくたって、知ったこっちゃない。オイラのせいじゃないからね。

というわけで、この日もモロクボ沢へでも行ってくっか・・・と西丹沢VCまでやってきたのでした。
水晶沢の右又がまだ未踏だったので、その辺りを歩いてみようと。

支度を済ませ、出発前にVCのトイレを借りて・・・というところで、AYさんにバッタリ。
「どこへ行くんですか?」と聞くと、「花を探しながら檜洞丸をぐるっと」というので、「一緒に付いて行っていいですか」と。

急遽、行先変更でAYさんと散歩山行をしてきました。

2018年6月17日 

Tizu18617

最近は日曜日も休めないときが多く、誰からもお誘いがかからなくなってしまった。
今日も寂しく単独行かと思っていたのに、ラッキー、ラッキー♪

P6170001

さあ、まずは用木沢へ向かって出発だ。時刻は8:50。
詳しいルートも聞かぬまま、おしゃべりに夢中になって歩く。
小笄・大笄経由で檜洞丸へ上がるとは聞いたが、まあ、いいや。どんなルートでも。

P6170022

登山道が犬越路沢へさしかかった所で、登山道から離れ犬越路トンネルの真上のピークへ向かう尾根に取り付く。

この尾根はだいぶ以前に下降したことがあるけど、あまり記憶に残っていない。なかなかワイルドな尾根だ。

P6170027

以前は、稜線に出る直前が激ヤブで、猛烈なヤブ漕ぎをした記憶が蘇ったが、今はご覧の通り。かつての激ヤブの名残、枯れた笹が立ち並ぶ。

P6170028

犬越路トンネルの真上で稜線登山道に飛び出す。
ここからは登山道歩きだ。
ガスガスの稜線もそれなりに良い雰囲気。

P6170039

この登山道を歩くのも久しぶりだ。
というか、考えてみたら、檜洞丸へ向かって登りでこの登山道を歩くのは初めてかも。
下りでは何度も歩いた事があるけれど。
そう考えれば、けっこう新鮮な気持ちで歩ける。
初心者の頃は「ヒエ~」とか思いながら降りた鎖場も、登りだと全然違う印象だ。こんなに緩い岩場だったっけ?

P6170071

途中で矢駄尾根に寄り道をして、AYさんお気に入りのブナの木に挨拶をする。

P6170077

道々、花の写真を撮ったり、昼食をとったりとのんびりのんびりと歩き、檜洞丸山頂に到着。13:50。

本当に久しぶりだ。何年ぶりになるだろう。
山頂には、他に2組だけ。もう、みんなとっくに下山している時間だもの。

P6170080

山頂で15分ほど休憩してから、下山にかかります。

テシロノ頭の先から石棚沢右岸尾根で降りるか、板小屋沢ノ頭から祠尾根で降りるか、歩きながら考えましょう…という事で、石棚山稜の登山道を下山します。

P6170083

桂の大木。
AYさんと一緒に歩いていると、樹々の事もいろいろと教えてもらえる。

P6170085

結局、板小屋沢ノ頭から祠尾根で降りることにしました。

P6170086

ここは下りで使う時はRFがとても難しい尾根。
といっても、オイラは地形図を持っていないし、AYさん任せ。
AYさんは例によって、猛スピードでずんずん降りていきます。
付いて行くのに必死だぜ。

P6170093

西丹沢VCの緑の屋根が見えました。
AYさんの見事なRFで山神様の祠の上にピッタリ下降です。
16:30。 お疲れさまでした~。

出発前に偶然にもAYさんと出会ったおかげで、楽しい1日となりました。
久しぶりの登山道歩きも檜洞丸も新鮮な感じで気持ち良かった。
やっぱり山はさ、のんびりゆったりと歩くのが楽しいや・・・ね。

「今の時期は花が少ないですねぇ」なんて会話しながら歩いてた気もするが、終わってみればたくさんの花の写真を撮っていました。
中には滅多に会えない珍しい花も。
これもまた嬉しかった。

P6170011

ウメガサソウ

P6170030

コアジサイ

P6170034

ハコネラン

P6170046

オノエラン

P6170051

ミヤマカラマツ

P6170054

トウゴクヒメシャラ

P6170061

ツルアジサイ

P6170069

ヤマオダマキ

P6170082

オオバイケイソウ

P6170091

ヒトツバイチヤクソウ

|

« 弁天沢 | トップページ | ヤビキ沢 »

コメント

のんびり歩きにお付き合いいただきありがとうございました。
またの花探しコラボ、楽しみにしてます(^^)

投稿: AY | 2018/06/21 13:42

AYさん
こちらこそありがとうございました。
いろんな花が見れて楽しい一日でした。
“のんびり歩き”って言ったって、V尾根からめての長距離でしたからね。
最後はけっこうヘロヘロになっていました。coldsweats01
またよろしくお願いします!

投稿: shiro | 2018/06/21 16:02

仰るように、この「のんびり歩き」はお二人だから言えることではないでしょうか(^^;)
何とも素晴らしい距離の周回です。

そして「困った時のモロクボ沢」!
これは間違いありません♪
モロクボ沢を歩いて「素敵な休日」とならない日はありませんから。

私も事情があり、土日の予定が難しくなっていますが、また声を掛けさせていただけたらと思っております。

投稿: レガー | 2018/06/23 10:43

レガーさん
今回は『丸い円を描く』というAYさんの計画で、このような長距離になりました。・・・バテました。happy01
 
レガーさんもモロクボ沢好きでしたか!
あの沢は何度行っても飽きることがありません。支沢・枝沢も多いので、まだまだ歩きつくせてませんし。
 
レガーさんもお忙し方ですから、なかなか予定があいませんね。それでも、近いうちに、是非とも一緒に歩きましょう!

投稿: shiro | 2018/06/23 15:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/66847171

この記事へのトラックバック一覧です: 檜洞丸:

« 弁天沢 | トップページ | ヤビキ沢 »