« 謹賀新年 2018 | トップページ | 大栂周辺 »

2018/01/05

新春恒例大山参り~今年はオークボ沢から

正月は大山参り。これは必ずしないといけません。
さて・・・今年はどのルートで大山へ登るかな。
必須は山頂の奥の院へお参りする事と、下社でお札をいただく事。
そこに、歩いた事のない未知の尾根か沢を加える。
毎年の事ですから、だんだん選べるルートも少なくなってくる。
悩むなぁ・・・。

あーだこーだ考えた末、今年はオークボ沢を登っていくことにしました。
って言われても知らないよねぇ、オークボ沢なんて。

2年前の大山参りでゲンクラ沢を登った時の記事で、「名前の無い沢」と書いたところ、イガイガさんからゲンクラ沢だと教わりました。その時に、「その南側の沢はオークボ沢」と一緒に教わりました。
ネクタイ尾根の北側の短い沢です。

地形図を眺めてもちっともそそられない。きっと、つまらない沢だろうなぁとは思うけれど。でも名のある沢であるならば、一度は歩いておかねばなるまい。

Tizu_201813_2

2018年1月3日

P1030001_2

伊勢原発の1番バスで日向薬師のバス停に降り立つ。
時刻は7時前。夜明け直後の空気が清々しい。

まずは日向林道jをテクテクと歩き、浄発願寺奥ノ院跡へと続く山道へ入ります。
実はこの道へ入るのは初めて。いつもはこの先の駐車場まで一気に車で上がってしまうからね。

P1030003

浄発願寺奥ノ院跡。初めて訪れた。
ここから梅ノ木尾根まで登山道が続いているらしい。
辿ってみると綺麗に整備された道だ。どうやら最近整備されたハイキングコースのようだ。

P1030007

尾根を登っていたハイキングコースは、510m付近から東側へトラバースをはじめる。
このまま登山道を辿って行けば、遠回りになってしまう気がしたので、この標識の裏から強引に尾根を直登する。

P1030008

610m付近で梅ノ木尾根に乗った。
梅ノ木尾根を西に向かって歩く。何度も歩いて勝手知ったる尾根だが、油断は禁物だ。

P1030009

大沢分岐手前の馬の背で、一瞬ザレに足を取られてずりっとなった。
ヒヤッとした。
こういうのが一番危ないんだ。歩きなれてるルートだからって慎重さを欠いていた。
危険地では慎重になるし、本当にヤバい場所ではロープを出したりするから逆に安全だ(安全は言い過ぎかもしれないが・・・)。慣れたルートだからって油断するのが事故の元。Vルートを歩く以上、常に慎重であることを肝に命じなければね。

P1030013

9:30 唐沢峠に到着。
ここで休憩を取った後、唐沢へ向かって下降する。

唐沢を下流に向かって堰堤を3つ巻き降りると・・・

P1030015

9:50 ここが今日のターゲット。オークボ沢だ。
沢は数10m先で直角に曲がっているので、先は見通せない。
さて、とにかく遡行開始だ。

P1030017

直角部を曲がると沢の様子が明らかになった。
ありゃりゃ・・・こりゃひどい。見事なヤブ沢だ。予想はしていたけれどね・・・。

P1030018

雑然とした岩ゴロと倒木。沢床にまで張り出した低木の枝。典型的なヤブ沢。

P1030020

でも上流へ行けば、涸れ棚の一つくらい・・・あるいは湧水とか・・・なんか見どころがあるだろうと遡行を続ける。

P1030021

ところが、840m付近で鹿柵に行く手を阻まれる。
なんじゃこりゃ! 沢床を鹿柵が横断しているのなんて初めてだ。
柵越しに上流を眺めると、もはや沢というより窪地。そしてその窪地にも植林してある。
・・・もう沢じゃ無いじゃん。

ここまでか。無理して鹿柵を越えて窪地を登ってもしょうがないし。

P1030023

で、鹿柵沿いに右手の尾根に上がる。
そこもまた植林地。

P1030024

手入れの行き届いた植林だと思った。
枝打ちで散らばった小枝が歩きにくいぜ。

鹿柵が張り巡らされて何度も行く手を阻まれる。そのたびに越えられる場所や残置脚立を探してウロウロする。いい加減面倒になったので、左へ左へとトラバースして、970m付近でネクタイ尾根に合流した。

P1030025

久しぶりのネクタイ尾根。

P1030026

11:15 大山北尾根に合流。

P1030030

お決まりの場所。地獄沢源頭の崩壊斜面の上で休憩する。
ここからの眺めは本当にお気に入りなんだ。
富士山もすそ野まではっきりと見えるし、丹沢の山々の眺めも最高。
写真左端が三ノ塔。中央が塔ノ岳。右端が丹沢山。

P1030031

11:45 大山山頂に到着。
いつも通り奥ノ院にお参り。

P1030034

今日は特に眺めが良い大山山頂。空気が澄み切っているんだろうね。
本当に気持ちが良い・・・のだが、人が多い山頂は、オイラにはちょっと居心地が悪い。
ここでは休憩を取らず、下山開始だ。

P1030037

いつも通り表参道を駆け降りて、いつも通り下社へ到着。
いつも通り列に並んで参拝したら、去年のお札をお返しして、新たなお札を頂戴する。

これで今年も無事、正月のミッション終了だ。

ここからの下山路は蛇足的ではあるのだけれど、今年は南尾根を秦野まで歩いてみようと思った。
大山南尾根を通しで歩くのは本当に久しぶりだったから。

P1030041

大山南尾根なんて、お散歩コースだと思っていたけれど・・・結構キツイわ・・・。
高取山への登り返しって、こんなにきつかったっけ。
ピークごとの眺めが最高だったのが救いだけれどね。

P1030046

下社から3時間以上かかってようやく弘法山。
大山から歩いてきた南尾根を眺める。
こうやって見ると、アップダウンの激しい尾根だよね・・・。
疲れた後の下山ルートで使うにはキツイ尾根だった。
今日も最後はヘロヘロです。

オークボ沢・・・
しょうもないヤブ沢だったけれど、それも歩いてみなければわからない事。
オイラ的には満足だったぜ。
久しぶりに20kmオーバーの長距離を歩いたしね。

|

« 謹賀新年 2018 | トップページ | 大栂周辺 »

コメント

shiro師 おつかれさまです。

オークボ沢。。。エンテイはなさそうですが、
そういゃどこかのブログに古い神奈川新聞の
記事があって、そこの図に「大久保峯」の
名前があったような。。
はてどこのブログだったか。。
確か、この辺りを歩いている物好きな方の
ブログだったはずです。

投稿: TI-AEK26 | 2018/01/08 09:01

TIさん
残念ながら、オークボ沢には堰堤すらありませんでした。
 
大久保峯!?
どこのことなんででしょう?
考えられるのは、ネクタイ尾根分岐のピークでしょうか。
ああ・・その記事読みたいです。

投稿: shiro | 2018/01/08 22:08

shiro師 おつかれさまです

これっすよ、有名ブログ↓
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/646/25/N000/000/025/149776107018504618179_IMG_0011.jpg

投稿: TI-AEK26 | 2018/01/09 01:33

TIさん
おっと、カンが鈍すぎました。
あの有名ブログの事でしたか。
それにしても“大久保峯”の所在が気になります。
今度詳しく聞いてみよう・・・っと。

投稿: shiro | 2018/01/09 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/66241669

この記事へのトラックバック一覧です: 新春恒例大山参り~今年はオークボ沢から:

« 謹賀新年 2018 | トップページ | 大栂周辺 »