« 土沢四ノ沢 | トップページ | 土沢二ノ沢 »

2017/06/19

土沢三ノ沢

2017年6月18日

土沢の上流部の探索、前回は四ノ沢を歩いたので、次は三ノ沢、二ノ沢だと決めていました。
が、午後から雨の予報。
三国峠を起点としたコース設定が、体力的にも時間的にもかなり楽な事は前回経験済みなので、今回もそうすることにします。三ノ沢のみに的を絞れば、半日で周回できるはず。

Tizu17618

この西丹沢の西端の山域は、あまり歩いていないんです。
やっぱり遠すぎるので・・・
が、しかし、三国峠まで大井松田ICからの所用時間は、西丹沢自然教室へ行く時とあまり変わらないかもしれない。
6時過ぎに自宅を出て、三国峠に7:40に到着しました。

P6180001

支度を整え、7:50に出発です。標柱に『1168米』と表記されています。
こういうのありがたいよね。高度計を合わせるのに便利。
ところで5m刻みのプロトレック、この場合どちらに合わせる?1165か1170か。

P6180014

前回は一ノ沢・二ノ沢界尾根を下降したので、今日は二ノ沢・三ノ沢界尾根を下降する予定です。
三国林道を歩く事35分。尾根の下降点はすぐにわかりました。
ほら、東電の巡視路の標識が立っている。

P6180016

手入れされた巡視路を辿る。素敵な散歩道だ。

P6180021

尾根上の鉄塔の下にはサンショウバラが咲いていました。
鉄塔の下は草地になっていて、そこにサンショウバラが何本も。(自生しているのか東電が植えたのかはわからないが)
もし、『サンショウバラの下でランチを』なんて企画があったら、樹下の二人よりもこっちをお勧めするね。ハイカーがわさわさした湯船山稜よりも、秘境感を楽しめる素敵な広場だ。

P6180035

分岐の複雑な尾根ですが、なだらかで見通しが良いので、尾根分岐がわかりやすい。
前回の一ノ沢・二ノ沢界尾根もそうだったけど、地図読みの練習をしたい人にはいい山域だと思う。

P6180038

水ノ木幹線林道の三ノ沢橋の脇へピッタリと下降する。
この欄干もない小さな橋の下を流れるのが三ノ沢。
ショボ・・・これはちょっと期待薄か・・・

P6180040

9:25 橋の袂から入渓。
梅雨真っ只中とはいえ、雨が少ない今年。水量が少ないのは差し引いても細すぎる流れ。

P6180041

そしてすぐに表れる無粋なコンクリート堰堤。
これは期待外れの沢だったかも・・・とこの時点では思う。

P6180045

が、堰堤を越えたら渓相が一変。
ややっ! ナメが現れたぞ。

P6180048

橋の下よりも水量が増えている。なかなか素敵な沢じゃないか。

P6180052

1mクラスの小滝が連なる。釜は意外と深い。膝上・・もしかしたら腰くらいまであるかも。

P6180055

たいていの人はジャブジャブと釜を渡って、小滝登りを楽しむんだろう。それが沢歩きの醍醐味だからね。
だけど水濡れ嫌いのオイラは、もちろんそんな事はしない。釜が深けりゃ小滝といえど巻くのだ。
でもそんな人、他にもいるらしく、うっすらとだが巻きのトレースが付いている。

P6180056

おおっ!前方に黒光りする壁。ゴルジュだ!(小さいけれど・・・)
左岸の斜面を10mほど登れば安全に巻けそうだが、ゴルジュ奥の滝が気になったので、なるべく小さく巻く。

P6180060

ゴルジュの出口の滝。5~6mくらいか。
水流の右手を登る。ステップはあるが、ヌルヌル注意。

P6180061

またまた1mクラスの小滝が連なっている。

P6180066

直瀑・・・と言うと大げさか・・・2mくらい。釜が深くてこれ以上近づけない。と言うか近づかない。
もちろん巻く。

P6180067

標高800mふきんの二又。本流は右か・・・水量は1:2くらい。

P6180069

こっちが左又。ナメ床が続いている。

P6180070_2

で、こっちが本流右又。
左も気になるけど、やっぱり本流のこっちだろう。

P6180073

ああ・・・いい渓相だ。歩いていて本当に気持ちが良い。

P6180075

歩いていて飽きが来ない。

P6180079

おっと。またナメ床が始まった。

P6180084

ここのナメは圧巻だった。長くて広いナメ床が続いている。
くすんだ岩質のせいか腕前のせいか、写真だとそんなに綺麗に見えないかもしれないが、実際はとっても綺麗。

P6180085

ナメの出口はこんなナメ滝。
もちろん釜が深いから近寄らないけど。

P6180088

標高940m付近。この沢で一番の滝か。
・・・といっても3mくらい。そしてこの滝だけ不思議と釜が浅い。
ここは水流左手をよじ登る。1歩目2歩目がヌルヌルしていてちょっとビビったが・・・

P6180089

巨大コンクリート堰堤現る。
この堰堤を越えたら水流は無くなり、ゴーロの沢となった。

P6180091

標高955m二又。右は火燃峠へ向かう枝沢。4~5mの滝で出合っている。
地形図を確認して、本流の左へ進む。

P6180092

また堰堤だ。

P6180093

標高970m二又。
まるで林道のよう。右の枝沢には堰堤があるが、左の本流には無い。
堰堤越えにうんざりしていたので、ホッとする。

P6180096

と思ったら、本流にも堰堤があった。
しかも、こいつは巻くのが大変だった。堰堤直下左手のズルズル斜面を四つん這いで這い上がる。

P6180097

また堰堤だ・・・
堰堤の用途やら役割やらをよく知らないが、人里離れた源頭部に、こんな巨大な堰堤が必要なんだろうか。巻くのも大変なんだ。どうせ作るなら、階段も一緒に作っておいてくれ。

P6180099

この辺りの沢床はほとんど平らで、あまり標高を上げない。堰堤を越える度に10mづつ標高を上げていく感じだ。
で、またまた堰堤現る。
5つ目・・・いい加減にせいや・・・とつぶやく。

P6180113

林道まであと50mくらい・・・という地点で、傾斜が増し、V字が深くなってきた。
今までの経験からすると、こういうケースって最後の詰めが悪場だったりするんだ・・・と嫌な予感。

P6180114

が、予感は見事に外れ、パッと開けてなだらかな斜面。
おおっ、30mほど上には林道らしきラインが見える。

P6180116

11:25 最後は楽々、三国林道に詰め上がりました。

P6180133

12:15 ほぼ予定通り、三国峠に帰還しました。
空は曇天。いつ降り出してもおかしくない状態です。
ところが駐車スペースはほぼ満車(朝は1台も停まっていなかったのに)。団体さんなのか、マイクロバスも停まっている。
こんな日に山へ入る奴も意外と多いんだねぇ。オイラもそうだけどさ・・・。

 

三ノ沢は予想以上の美渓でした。
2時間ほどの短い遡行でしたが、充実感があります。
この土沢の上流部、ちょっとくまなく探索してみたくなりました。
次は二ノ沢かぁ?

P6180005

ムシカリの花が綺麗です。
山中で見かけると、ハッとするほど華やか。

P6180109

ムグラには違いないが、こんな葉っぱのムグラは初めて見た。
調べたらミヤマムグラらしいです。

P6180129

ヤマハタザオ。取り立てて珍しい花でもないが、丹沢山中ではあまり見かけたことが無いような気がする。むしろシコクハタザオの方がよく見るよね。

|

« 土沢四ノ沢 | トップページ | 土沢二ノ沢 »

コメント

shiroさん、こんばんはです。

 一ノ沢~三ノ沢は歩きましたがそれぞれナメがいい感じの印象でした。伐採されてるのが気がかりですが枝尾根はまだまだたっぷり残されてます。この辺でのばったりあるかもです!happy01

投稿: | 2017/06/21 21:26

そうですか! 二ノ沢もナメが良い感じなんですね。歩くのが楽しみです。
三国林道の修復工事が進んでいますから、あの山域で大規模な伐採事業があるのかもしれませんね。基本的には植林の山ですから。
山中でのバッタリ! 期待してます!!

投稿: shiro | 2017/06/22 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/65431565

この記事へのトラックバック一覧です: 土沢三ノ沢:

« 土沢四ノ沢 | トップページ | 土沢二ノ沢 »