« 大山参り~今年は押出ノ沢から~ | トップページ | 西丹沢 ショチクボの頭~畦ヶ丸周辺 »

2017/05/01

湯船山稜から一ノ沢

ご無沙汰してました。

本当に久しぶりに・・・正月以来ですから3か月半ぶりに山を歩いてきました。

さっそくblogにupしようと思ったのですが、何せ久しぶりなもので要領よくパッパッとできず・・・1週間以上が過ぎてしまいましたが・・・

2017年4月23日 

Tizu17423

本当は3月末か4月初頭に毎年恒例のハナネコ見物に行こうと思っていた世附の山へ、遅ればせながら行ってきました。
AYさんに同行をお願いして、のんびりと歩けそうな湯船山稜へ。

P4230002

8時に世附のゲートを出発して、林道をテクテクと歩きだします。
夕滝が見える。ここへ来るのは本当に久しぶりだ。2年以上は来ていなかったかな。

P4230009

2010年の台風でスズタズタになった水ノ木林道。芦沢橋付近の大崩落個所も、ごらんのとおり綺麗に修復された。6年以上かけてようやく。

あの台風直後、世附の見回りだとイキがって、まだ落石が絶えないこの大崩落地を決死の思いで横断したっけ。今思えばずいぶんバカなことをしたものだ。

芦沢橋を渡って、林業用の仕事道を辿って湯船山稜へと上がる。

P4230025

標高1000mの湯船山稜は、新緑が芽吹いたばかり。
気持ち良い空気の中、のんびりとお散歩します。
白クラノ頭を越えて、湯船山を越えて、明神峠へ到着したのが11時45分頃。

明神峠から再び林道へと入る。
明神峠沢へ降りようと相談していたのだが、林道から源頭を覗くと倒木だらけのヤブ沢だ。
予定を変更して、一ノ沢の枝沢へと降りた。

P4230050_2

一ノ沢の本流へでて、このまま沢を下降することにする。

P4230075

なかなか良い渓相の沢です。

P4230071

イワボタンの大群落を発見。
ヨゴレネコノメと似ているけど、少し違う。丹沢でイワボタンの群落は珍しいと思う。

P4230076


小滝やミニゴルジュもある。

P4230079

まだ春の冷たい水にあまりつかりたくはないので、なるべく巻き巻きで降りていく。

P4230082

水を嫌えば、危ういヘツリの場面などもあるが、のんびり歩くにはいい沢かもしれない。

P4230090

4mほどの滝で少し詰まった。
滝をなんとかダウンしても、滝つぼの釜は胸までの深さがありそう。
両サイドとも切り立った岩壁で、登りならともかく下るのは無理。
しかたなく、右岸から大高巻で降りる。
最後は崖斜面。とてもロープ無しでは降りられない・・・とロープを準備している間に、AYさんはフリーで降りてしまった。舌を巻くが、真似しようとしては絶対にダメ。あの人は特別なんだ。

P4230096

一ノ沢が二ノ沢と合流して土沢と名前を変えたあたりから、オイラは少しへばってくる。だって久しぶりの山歩きなんだから。
入道滝の上流辺りで「この辺で林道へ上がろう」と提案する。
AYさんはもっと沢下りをしたかったみたいだけど、入道滝の下流ではもう林道へ上がるチャンスがなくなり、そのまま世附川まで下るしかない事は知っていたから。

P4230102

かといって、そのまま3時間近くの林道歩きってのもねぇ・・・
というわけで、林道を少し辿ってから、土沢左岸尾根に突入する。

ここはだいぶ昔にM-K師匠達と歩いた事がある。激ヤブの尾根だったと覚えている。
あいかわらのヤブ尾根だが、ここのヤブもだいぶ薄くなって歩きやすくはなっていた。

獣以外のトレースは無い尾根。下降するならRFは欠かせない。
AYさんのRFは相変わらず神業的だ。GPSを持っていないどころか、コンパスも持っていないし地図すらあまり見ない。
実際の地形だけを見てRFするんだ。谷筋の曲がり具合や、隣の尾根の様子・・・
この日もAYさんから地形の見方の教えを乞ったが、あまり理解できなかった。
正直、言ってる意味がわからない部分もある。
きっと、経験を積んで習得していかなければできないRF法なのだと思う。『理屈じゃないんだ』というやつだ。
そして、オイラはそういう山歩きに憧れているんだ。

P4230111

無事、尾根を下りきり、東電の巡視用吊り橋で世附川を渡る。
時刻は15:35。
あとは林道をテクテク歩いて浅瀬のゲートへ戻るだけだ。

GPSロガーでは、この日は18.9kmも歩いた事になっている。
どおりでへばったはずだ。
久しぶりの山歩きだから、アップダウンの少ない湯船山稜と思ったけれど、結構きつかったぁ・・・。

でも、また山歩きの楽しさを再確認したんだ。
やっぱり丹沢が好きなんだ。

|

« 大山参り~今年は押出ノ沢から~ | トップページ | 西丹沢 ショチクボの頭~畦ヶ丸周辺 »

コメント

shiloさん
お久しぶりの山行、お疲れさまでした~(^^)
一ノ沢、夏場にジャボジャボ歩くのに良さそうでしたね!
機会あったら、また行きましょう。

あの、ヨゴレネコノメみたいなのはイワボタンだったんですね。

投稿: AY | 2017/05/01 16:50

AYさん
お付き合いありがとうございました。
一ノ沢、想像以上に美渓でしたね!
今度は下降ではなくて遡行で楽しみたいですね。
ついでに二ノ沢、三、四とあの辺の沢すべて攻略しましょう!
丹沢でイワボタンの大群落を見たのは初めてでした。

投稿: shiro | 2017/05/01 17:19

smileやったー!shiroさん、お久しぶりの更新お疲れ様です!
 しかも世附川右岸の支沢の名前入り!全部やりた~い。わくわくします。ヨゴレネコノメとイワボタンの判別がつきません・・・crying

投稿: utayan | 2017/05/02 16:30

utayanさん
なんだか照れちゃうくらい久しぶりの更新でした。
utayanさんのマニアックな山歩きの記録は、いつも楽しみに拝見しています。きっとutayanさんなら世附川の支沢を全部制覇しちゃうんでしょうねcoldsweats01
ヨゴレとイワボタン。違いを簡単に言うと、葯の色です。赤ならヨゴレ。黄色ならイワボタン。

投稿: shiro | 2017/05/02 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/65220689

この記事へのトラックバック一覧です: 湯船山稜から一ノ沢:

« 大山参り~今年は押出ノ沢から~ | トップページ | 西丹沢 ショチクボの頭~畦ヶ丸周辺 »