« 世附 水晶沢 | トップページ | 土沢四ノ沢 »

2017/05/28

丹沢三峰

2017年5月27日

蓑毛からヤビツ峠へ向かう県道で、神奈中の路線バス4台とすれ違った。
という事は、『ヤビツ峠行』が3台も増発しているってことだ。
思った通り、ヤビツ峠は登山者でごったがえしていた。
オイラはそれを横目で見ながら車を先へ進める。
こんな初夏の晴天の日には、表尾根を縦走したらさぞ気持ちが良い事だろうな。
景色を楽しみながら歩くなら、表尾根は丹沢でピカ一だ。
そうは思うけど、あの人ごみを見たらとても行く気にはならない。きっと行者の鎖場では渋滞の行列ができることだろう。

で、オイラは県道を奥へ奥へと進み、塩水橋へ車を停める。

P5270001

本谷林道のゲートをくぐって出発。
時刻は9:30.
遅っ!

瀬戸橋で塩水林道へ入り、3つ目のヘアピンカーブの手前で塩水川へ降りる。

P5270003

そこは弁天沢の出合。
ここから弁天沢の左岸尾根に取り付きます。
地形図を見れば等高線が密な急登の尾根です。

P5270007

が、意外にも仕事道が付いている。写真じゃわかりづらいかもしれないけれど、細尾根にジグザグ道がくっきりと。

標高を50mほど上がった所で仕事道は二つに分かれる。尾根を上がっていく道と弁天沢の上流へトラバースする道と。
くっきりとしてるのは弁天沢方向の道。そっちの道の行方も気になるけれど、今日は尾根を上がっていく。

P5270013

標高900mを越えたら仕事道は消え、岩がゴロゴロとした尾根になる。
最初から最後まで傾斜角がほぼ一定のヤセ尾根だった。
きついけれど、なかなか面白い尾根ではあった。

P5270020

標高1020m付近で本間ノ頭南東尾根に合流。
この尾根なんどか歩いた事があるけれど、本当に美尾根だと思う。
丹沢で美尾根をいくつか挙げろと言われたら、間違いなくこの尾根も入れる。

ブナの大木が並ぶ癒し区間あり。

P5270027

ヤセ尾根のワイルド区間あり。

P5270034

やがて丹沢三峰の登山道に合流し、12:10、本間ノ頭に到着。

P5270043

この登山道も本当にひさしぶりだなぁ・・・などと思いながら、無名ノ頭を通過。

無名ノ頭山頂からちょっと降りた辺りで、西側の斜面から人の声がする。
ンン?こんな場所で?と、登山道からそれ、西側の谷を覗きに行ってみると・・・なんと見慣れた姿が!

P5270044

ardbegさんとnenetaさんでした。
円山木沢を詰め上がってきたんだって。
しばし歓談した後、登山道へ戻って先へ進みます。

P5270045

円山木ノ頭を通過。

P5270047

今日の楽しみの一つだったシロヤシオは、すっかりと散ってしまっていました。
この標高1300mの稜線では、毎年5月の最終週あたりが見頃だったと思うけど・・・。
今年は花期が早かったんだねぇ。1~2週間遅かったって感じかな。
でもほら。こんな花の絨毯を踏みしめながら歩くってのも、なかなかオツなもんだぜ。

P5270048

太礼ノ頭を通過。

ああ、久しぶりに丹沢三峰を縦走した。

太礼ノ頭を通過後、登山道から離れ東側の斜面を降りる。

P5270053

そこは堂平の森。
大好きな場所の一つだ。でも、訪れるのは数年振り。
久しぶりに来たけれど、やっぱり気持ちが良い場所だなぁ。
思わず深呼吸をしてしまう。

P5270056

地形図で標高1100mから1180mにかけて記してある崖記号。
どんな崖なのか覗きに行ってみました。
う~ん・・・ちょっとがっかり。崖じゃなくてただの裸地だよね。

ここはワサビ沢の源頭部の一つ。
裸地を横断して、向こう側の尾根も探索してみる。

P5270088

こっち側も雰囲気のある、良い森だなぇ。

このままこっちの尾根を下ると、最後がめんどくさくなることは知っているので、標高1000m付近で再び沢を横断して元の尾根に戻る。

P5270110

モノレールの鉄路はすっかり錆びついている。数年前には、丹沢山周辺の植生保護柵の資材運搬に大活躍してたはずだ。もうその事業もすっかり終わったのか。

そしてびっくりしたのが、見渡す限りに広がるテンニンソウ。
なんじゃコリャ・・・。
かつてはいろんな植生が広がっていたはずの堂平の森が、テンニンソウの森になってしまった。

14:30、塩水林道に着地して、今日の山遊びは終了です。
あとは林道をテクテクと1時間歩いて、塩水橋に戻るだけ。
ああ、楽しかった。

P5270022

今日の山歩きの第1目的はこれ。
ワォ・・・がっかりだ。花はすっかり終わって実が付いている。
こいつもシロヤシオと同じく花期が例年より1~2週間早かったようだ。
でも、まあ、群生地を確認できただけでもヨシとするか・・・

P5270061

でも、こんなうれしい出会いもあったよ。
キンランです。まだ蕾だけれどね。

P5270030

ツクバネソウもポツリポツリと。

P5270070

そしてこんな植物を数個体見つけました。
家で野草図鑑を何冊も調べてみたが、載っていない。
こりゃ、希少種発見か! と色めきだったが・・・
よく見りゃ、おしべ・めしべが付いていない。
って事は・・・花じゃなくて葉か?何かの樹の芽吹いたばかりの双葉か?こんな真っ白の?
ご教示求む。

|

« 世附 水晶沢 | トップページ | 土沢四ノ沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/65339245

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢三峰:

« 世附 水晶沢 | トップページ | 土沢四ノ沢 »