« 大室山周辺の尾根散歩 | トップページ | 境沢を新大日へ詰める »

2016/10/18

ヌタ小屋沢

5年前に、西丹沢の白石沢の支流ヌタ小屋沢の滝場で滑落して、骨折しました。
今日は、そのヌタ小屋沢に行ってきました。
「性懲りもなく」と言われそうですが、あの日以来ずっと思っていました。いつかはこの沢を踏破しなければならないと。
負けず嫌いなもんで・・・

Tizu_20161016

2016年10月16日

Dscf0004

先週と同じく、8時に西丹沢自然教室を出発。

先週、ヌタ小屋沢左岸尾根を登ったのは、実は沢の様子を下見する意味もあったんです。
いつもと違い、やや緊張気味です。マイナーな短い沢ではありますが、険悪な沢であることはわかっていますから。
絶対に無理はしない。と、自分自身と言い聞かせます。嫌な気がしたら、即、撤退するんだと。

50分ほどてくてくと歩いて、ヌタ小屋沢出合に到着。

Dscf0008

出合からすぐのF1。3段で15mほどだろうか。
滝を眺めながら沢支度をする。
ザックからロープとスリングを取り出し、腰にぶら下げる。ヘルメットをかぶったら、いざ!

でも、このF1は登らないよ。先週もじっくりと観察したが、とても無理と思う。
下段は登れるかもしれないが、中段・上段はとても登れる気がしない。

F1の巻ルートは、先週調査済みだ。一旦、左岸尾根に乗って、落ち口の真上あたりから沢へ向かって下降していく。
やや危うさはあるが、慎重にいけば、ロープなしでも降りられる。

Dscf0011

沢に降りたら、すぐにF2。10mってとこか。
寝ている滝だけど、これまた登れる気がしない。
ルートがあるとしたら、水流の中か? でも、水の勢いはかなり強い。途中で1歩が出せなくなったらアウトだ。

少し戻って、降りてきた斜面を再び登り返す。
実はF2の巻道も、先週調査済みなのだ。左岸尾根の背に乗ってから、獣道をトラバース気味に下降していく。

Dscf0015

F2の落口の少し上流で沢に復帰。
小滝が連なる良い渓相だ。

Dscf0017

3mの滝。たかが3mだが、少し苦労する。
右岸の岩をよじ登りにかかるが、なんか嫌な気がしてやめる。他のルートを探った末、左岸の岩壁をへつって越える。

Dscf0019

小滝をいくつか越えながら進んで行くと、ゴルジュとなり前方に10mクラスの滝が見えてきた。

Dscf0021

近づいてみたが・・・絶対無理。
写真では岩陰に隠れてしまっているが、さらに上にも10mクラスの滝が見える。
2段合わせて20~25mの大滝だ。

巻ルートを探す。右岸のガレルンゼを登るか・・・左岸の岩壁を登るか・・・
少し考えたが、左岸の苔むした岩壁を選ぶ。
が、登ってる途中で危険を感じる。苔むして丸みを帯びた岩は、意外としっかりホールドできないし、ステップも心もとない。
一旦下に降りる。
気持ちを落ち着けて、今度は岩壁の横の泥斜面にチャレンジする。斜度はきついが、樹が生えてる。樹さえ生えてりゃ・・・
泥の中から木の根を探り探り掴みながら、なんとかかんとか這い上がる。

今度は尾根の背までは登らない。上がりすぎたら、沢へ戻れなくなってしまう。
斜度が緩んで、トラバースできそうな場所を見つけ、そろそろと上流へ向かってトラバース。
トラバースに行き詰った所は沢床まで10mの地点。ここでロープを出して、沢床へ降りた。

Dscf0024

前半のゴルジュ地帯とは一変。穏やかな渓相だ。

Dscf0025

2mクラスの小滝が連なる。

Dscf0026

なんて大きな岩なんだ。これもチョックストーン?
大岩の左横をよじ登れるが、一歩目と2歩目が高いから小柄な人はしんどいかも。

Dscf0028

1000m付近の二又。本流の右へ進む。

Dscf0034

まだまだ小滝が続く。
歩いていて飽きが無い。

Dscf0035

1050m辺りで左岸に湧水帯。あちこちから結構な量の水が湧き出していた。
手ですくって飲んでみる。大滝の巻で相当汗かいたから美味しい。

Dscf0036

5m樋状の滝。水流右手から登って、途中で水流をまたいで左に移る。

Dscf0038

源頭に近づくにつれヌメリがひどくなってきて、水際は歩きづらい。

Dscf0039

1140m付近の二又。
ここまでくると、水は枯れている。
このまま沢を詰めても、ガレガレの急傾斜になるような気がしたので、ここで界尾根に上がることにする。

Dscf0040

上がった尾根はそれなりの急斜面ではありますが、二足歩行ができる範囲。
沢の詰めとしては楽な方かも。

11:45 P1307のやや南で甲相国境尾根の登山道に飛び出す。
沢に入ってから2時間45分。短い沢だが時間がかかってしまった。
結局、前半の滝場とゴルジュはほとんどが巻だった。それもかなりきつくて危険な巻だった。
それでも一応、ヌタ小屋沢を踏破したんだ。
満足・・・

のんびりとハイキング気分で帰ろうと、畦ガ丸方面に登山道を進む。

Dscf0047

途中で休憩をとりながらのんびり歩いて1:30頃に畦ガ丸山頂を通過。

畦ガ丸山頂を過ぎて、1250m地点から下棚沢・本棚沢界尾根に入る。

Dscf0048

ここは丹沢Vルートの入門編ともいえるクラシックルート。自然林のいい尾根です。
久しぶりにこの尾根を歩く。

が、残念なことに紫のヒモがヒラヒラと目障りったらありゃしない。

オイラもバリエーション駆け出しの頃、地図読みしながら歩いた尾根だ。
きっと今でもバリエーション愛好家の人たちが、地図とコンパスを握って(今はスマホ片手にか・・・)歩いているだろうと思う。
地図読みの練習にはもってこいの尾根なんだ。

何、この見苦しいマーキングは! 
何のためか知らないけど、山を汚すな!!

Dscf0061

15:05 下棚沢出合に降り立ちました。

そして15時半には西丹沢自然教室に無事帰還です。
朝、教室のKさんにヌタ小屋沢に入ることを伝えていたので、帰ってきたオイラを見てKさんが出てきてくれました。
「無事の生還、良かったですね。」
そう言われて、自分でも思った。無事帰れてヨカッタ・・・
慎重に無理をせずに歩いたつもりだが、単独で入るにはリスクが高い沢だったかもしれない。

でも、いい沢だった。
滝も見ごたえがあったし、渓相も良かった。

本当に満足です。

|

« 大室山周辺の尾根散歩 | トップページ | 境沢を新大日へ詰める »

コメント

shiroさん

悪い子やってますね。
イケナインダ‥!

私はそういう事はしませんよ。(ホントか?)

ハラドキ・喉カラカラ‥。
もうやりたくありません。(__);

投稿: M-K | 2016/10/23 01:15

M-Kさん
久しぶりに喉カラカラになりました。
危ない事はやらない事にしていますが、多少のハラドキは・・・仕方ないですよね・・・

投稿: shiro | 2016/10/23 21:08

shiloさん
ご無事で何より!

下降尾根、8月に降った時は綺麗だったんですが、丹沢を汚しまくって、ったく困ったもんですね!回収するってことを知らないようです。

投稿: AY | 2016/10/28 21:29

AYさん
あの尾根、数か月前には綺麗だったんですか!?
あちこちの尾根筋で紫テープがヒラヒラとしていて、目障りったらありゃしません。
何を考えて付けて回ってるんでしょうか・・・
あきれたものです。

投稿: shiro | 2016/10/29 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/64363545

この記事へのトラックバック一覧です: ヌタ小屋沢:

« 大室山周辺の尾根散歩 | トップページ | 境沢を新大日へ詰める »