« バケモノ沢 | トップページ | さかせ古道とシキリ沢 »

2016/06/24

桃ノ木沢~白水ノ沢

このところ世附の奥地、特に大又沢の源流域探索に情熱を傾けています。
久しぶりにM-K師匠とも一緒にあるきたいなぁ・・と思いつつも、やっぱり世附の奥地が気になる。
ならばM-K師匠も巻き込んで世附の奥地を探索しよう!
という事で、M-K師匠に持ち込み企画。AYさん、EAさん、はっぴーさんが賛同してくれて、ワイワイと楽しく歩いてきました。

Tizu16619

2016年6月19日

メンバー : M-Kさん AYさん EAさん はっぴーさん shiro

P6190066

8:00 水晶橋のゲートからスタートです。

今日はおとなしく登山道で城ヶ尾峠へ向かうのかと思いきや・・・
やっぱり途中で道をそれて、城ヶ尾山直登の尾根を登ります。

P6190069

出発から1時間10分ほどで城ヶ尾山山頂到着。

桃ノ木沢の源頭目指して、山頂から南側の窪斜面を下降します。

P6190072

窪地から溝状の斜面に降りた場面、ここが桃ノ木沢の源頭でしょう。
気の抜けない急斜面です。

P6190075

緩斜面になり一息ついたところ。
はっぴーさんは以前、桃ノ木沢を歩いたことがあるそうで、1020m付近に岩棚があったと言う。今回歩いている場所とは別の源頭部ではあるけれど、同じ高度に岩棚がある可能性が強いなと思った。一応、その考えは皆にも伝えたが、そんなことを気にするメンバーではないもので・・・お構いなしにずんずん下る。

が、やっぱりね。という感じで岩棚にぶつかる。20m?30m?上から覗き込んでもはっきりしないが、とても降りる気はしない。

P6190079

で、左岸から巻降りを試みる。
うっすらと獣のトレースはあるものの、傾斜角と高度感は半端じゃないよ。

P6190082

なんとか巻降りて岩棚を下から眺める。2段で20m以上はあるか。立派な棚だ。
AYさんは「登れないことはないかな」とか言ってるけど、登らねぇよ!フリーで登るにはリスクが大きい岩棚でした。

P6190087

桃ノ木沢を下降します。滝場も無くゴルジュも無く、水流も乏しくひたすら単調なゴーロの沢でした。

白石沢に合流後も沢下りを続け・・・

P6190092

11:15 荷干沢に合流。

さらに荷干沢の下降を続けます。

P6190105

荷干沢の堰堤。
良い堰堤だなぁ。と思った。
石積みの出っ張り具合がいいのかなぁ。水流を白糸状に細分して、流れが美しい。
それを計算して石積みをしているのだとしたら、尊敬に値する職人技だ。

P6190107

12:00 ようやく白水ノ沢出合に到着。
そこに単独の男性が立っていて、手を振っている。
「ええ??誰?」と思ったら、utayanさんでした。M-KさんのHPでこの山行計画を知って、待ち伏せしてくれていたんだって。
M-KさんとAYさんは周知の仲らしいが、オイラは「初めまして」です。でも、当blogにコメントを入れてくれたことも有るし、ヤマレコの記録も拝見しているし、お会いできて嬉しい気持ちになりました。
これからもちょくちょくお会いするような予感。

utayanさんを交えて、しばし楽しいランチタイムの後は、本日のメインイヴェント、白水ノ沢の遡行開始です。

P6190112

なんたって記録が少ない白水ノ沢。どんな沢なのか楽しみですが・・・
水流が乏しすぎる。こりゃヤブ沢だな。なんだか堰堤もパッとしないゼ。

P6190114

左岸の上に林道が沿っていて、皆は林道に上がってしまいました。
オイラは一人水流沿いを歩くが、堰堤を巻くために結局林道へ上がる。

P6190118

林道の終点から再び沢へ降りる。

P6190119

下が崩れた堰堤。

P6190124

なんだか沢底が青白い。この山域に多い白御影石の沢床なのだが、異様なまでに青白い。こんな色の沢床は初めて見た。
たぶん、水の中の何らかの成分が、石と化学反応をしているのだろうと思う。
これが白水ノ沢の名前の由来か・・・

P6190129

おおっ! ナメだ。
規模は小ぶりだが、青白いナメが珍しさもあって妙に綺麗。

P6190136

ミニミニながら、ゴルジュもあるよ。

P6190138

おおっ! 滝だ。
写真じゃよくわからないだろうけど、水流の下が青白くて「綺麗な滝だなぁ」と思ってしまう。

P6190139

800m二股。本流左股には堰堤と滝の2段構えが。
右股にも古い石積堰堤がある。
ずいぶん堰堤の多い沢だなぁ。

P6190147

そこを越えたらヤブっぽさが増してきて・・・

P6190150

そろそろ皆、沢歩きに飽きてきた模様。

P6190151

850m二股。本流は左だが、右へ入れば信玄平の付近へ詰められそう。
「ここは右」とのM-Kさんの号令に、全員がうなづく。

P6190154

だんだん傾斜が立ってきて、なおかつ浮石ばかりになってきた。
そろそろ尾根に逃げないとヤバいね・・・と話してると・・・。
経路らしき痕跡が沢を横切っているのを発見。

P6190158

やややっ! これは奥野歩道ですねぇ。
これを辿れば、楽々と信玄平だ。

P6190163

14:00 信玄平へ到着。

後は登山道を辿って水晶橋へ戻るだけ。本日の冒険も無事終了かと思いきや・・・

M-K師匠がこの先の奥野歩道の崩壊地点の様子を見に行くと言いだす。
見に行くのはいいですけどね。その崩壊地点の通過が一苦労だった。
なんでわざわざおバカな事をするのかねぇ・・・と思いますが、これがM-K隊の流儀だから仕方が無い。オイラも含めてね・・・。

まあ、なんやかんやで16時前には水晶橋へ無事帰還です。

白水ノ沢。地味ながらもそれなりに面白い沢でした。
青白い沢床が珍しくもあり、美しくもあり。滝ありナメあり堰堤あり。
全てが小ぶりで水流も少なく、ショボい感は否めませんけどね・・・

|

« バケモノ沢 | トップページ | さかせ古道とシキリ沢 »

コメント

shiroさん、こんばんはです。

 先日はありがとうございました。タイミングが取れずコメント遅くなりましたこと申し訳ありません。
 お逢いしたかった御一人ですが地名の間違いなど厳しく指摘されるのではとびくびくものでした。お昼ご一緒出来て光栄です。またの再会に期待します。 うたやん

投稿: utayan | 2016/07/06 22:20

utayanさん
あの時は、びっくりしましたが、お会いできて嬉しかったです。
>地名の間違い
え? 地名間違いを指摘するほど詳しいわけではありませんから・・・。当blogでも地名間違いはたくさんありますし。
それはともかく、これからもよろしくお願いします。
またお会いできることを楽しみにしています!

投稿: shiro | 2016/07/06 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/63823217

この記事へのトラックバック一覧です: 桃ノ木沢~白水ノ沢:

« バケモノ沢 | トップページ | さかせ古道とシキリ沢 »