« 伊勢沢周辺の尾根探索 | トップページ | カワゴノ沢 »

2016/05/19

シキリ尾根と菰釣沢

5/3の山行記録ですから、もう2週間以上経ってしまいました。
面倒だからまたUPを飛ばしてしまう事も、チラリとかすめましたが・・・
いや。この菰釣(こもつるし)沢の事は記録に残しておかなければ・・・と思い直す。
それくらい素敵な沢でした。オイラの独断と贔屓目が多分に入っての評価ではありますが。
もちろん丹沢に素敵な沢はたくさんあります。が、この菰釣沢はほとんど知られていない。遡行記録の少ない沢です。
丹沢でもまだまだ一般に知られていない素敵な場所はたくさんあるのだなぁ。と、改めて思った。という話です。

Tizu1653

2016年5月3日

メンバー : マイナールート探検隊(キリヤマ隊長 アンヌさん)
        AYさん  shiro

久しぶりにマイナールート探検隊との合同探検です。
確か2年前の秋に、マイナールート探検隊とAYさんとで『上品に山を歩く会』を結成してカモオキ沢を探検して以来です。
今日も上品に歩いてきました。

P5030138

道志西沢林道のゲートに車を停めて9:00スタート。
9時って・・・いくらなんでも遅すぎだよね。
実はオイラが集合場所に大遅刻をしてしまった・・・トホホ 
申し訳ない・・・

P5030140

菰釣山を目指して、登山道ではなく、大西沢を遡行していく。
去年歩いて様子はわかっている。滝場もゴルジュも無いただの穏やかなゴーロ沢。

P5030145

登山道よりこっちの方が早いと思ったんだが・・・。
詰めはそれなりに厳しい。
やっぱり登山道の方が早いかなぁ。歩きやすい分。
でも、登山道に飽きた人にはお勧めルート。

P5030150

菰釣山山頂で休憩後、シキリ尾根の下降にかかります。
ここらの山域では一番有名なV尾根。
ところが、いまだ歩いたことがない。
行こう行こうと思いながらも、そのアクセスの悪さから行きそびれていたのだ。

実は、このシキリ尾根を絡めた探検は去年の夏からマイナールート探検隊、AYさんと計画していた。
それが計画するたびに雨で流れを3度繰り返し、ようやくこの日実現したのだ。

P5030151

待望のシキリ尾根。噂通りの美尾根だった。
ブナの大木が立ち並ぶ。
傾斜もなだらかで、歩いていて気持ちが良い。

なんて、上機嫌で歩いていたのだが、RFミス。
事前の地図読みで気を付けなければいけないことがわかっていた1100mで、違う尾根に誘い込まれてしまった。
3~40m下った所で気が付いたので、たいした登り返しも無く済んだが・・・。
この程度の事はいつもの事なので、別に気にする事も無いのだが・・・。
(オイラの持論:V尾根下降にミスは付き物。下ってみなきゃわからない事だってあるさ。)
だけど、踏み跡ついている尾根でミスるってどういうことよ。
普段踏み跡とかマーキングとか、あまり気にしないで歩いているから、踏み跡が消えたことに対して鈍感になっているんだ。

P5030155

このシキリ尾根。結構分岐が複雑。読図力は試される尾根かも。

その後は慎重にRFしたおかげでミスる事も無く下降していく。
尾根の下部は植林帯。
目指す忍橋が近い事は感じていたが、安全に林道へ降りられる場所を探りながら下降する。

P5030158

ちょっと急だけどこの斜面なら・・・という場所を見つけてズリズリと降りる。と、林道より10mほど上の斜面で、AYさんが横穴を発見。
覗いてみると奥が深い。何かを採掘した跡である事は間違いない。
なんだろうねぇ。隠し金山とかねぇ。まさかねぇ・・・

P5030160

12:30 富士見林道の忍橋に到着。

P5030162

ランチ休憩の後、菰釣沢へ入渓します。

P5030166

地形図から推測して、穏やかな沢であろうことはわかっていた。
記録が少ない沢だから、たいした滝場も無いんだろうし、のんびりと歩くにはいいかもね。くらいの気持ち。

P5030169

新緑がきれいで気持ちが良いです!

P5030178

860~70m付近で滝が出現。2~3mの小滝。

P5030183

おっ!また滝だ。

P5030194

小滝が続く。

P5030198

1~2m。滝とは言えないか・・・

P5030201

3~4m。これは立派な滝だ。

P5030207

滝場が終わると、再び穏やかな渓流。

P5030210

左岸の洞窟からジョボジョボと水が湧き出していた。

P5030213

ナメもあるよ。

大栂へ向かう支流を左に見送り、菰釣山へ突き上げる本流へと進む。

P5030223

標高1080m付近から再び滝場の様相になった。
まずは7~8m。水流を登る。

P5030228

傾斜も厳しくなり、3mクラスの岩棚が次々と現れる。

P5030230

10mクラスの滝も。

P5030235

細いながら水流もあり、ステップがヌルっとするのが少し怖い。

P5030241

滝が次から次へと現れるが、どれも登れるので楽しい。

P5030244

これは20m級。階段状なので登れるが、水流があるのでスリップ注意。

P5030246

もういくつの滝を越えてきたのかわからない。

P5030248

標高1200m付近で水も消えた。

P5030254

10mクラスの涸棚は続く。
実際、簡単に登れる滝ばかりではあるが、10mクラスになると途中で1か所や2ヵ所はいやらしい場所がある。次のステップが微妙に高いとか、ステップはあるがホールドが無いとか、ハングした岩に身体が押されるとか・・・。

P5030258

ここは20mくらいあったかな。
いい加減に疲れてきた。簡単とはいえ、クライミングはそれなりに緊張感もあるし、筋肉への負担も大きい。

もう、岩棚は十分。このまま詰めたいなあ・・・と思っていたが、この上で30mの棚。一番上にはチョックストーン。(写真がピンボケで・・・無しなのが残念)
一目見てギブアップを決めた。
AYさんは登りたそうだったが・・・実際取り付きを確認したりしていたが・・・
もういいよ。お腹一杯。
という事で尾根に逃げる。標高1250m地点。

P5030263

急斜面をひと踏ん張りして・・・
15:50 菰釣山山頂へ到着。

いい沢でした。
変化に富んでいて楽しい沢でした。
この沢にはまた来たいと思います。
940m付近で別れる支流の方も気になるし、今度はそっちへ行ってみようか。

|

« 伊勢沢周辺の尾根探索 | トップページ | カワゴノ沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/63649160

この記事へのトラックバック一覧です: シキリ尾根と菰釣沢:

« 伊勢沢周辺の尾根探索 | トップページ | カワゴノ沢 »