« 伊勢沢 | トップページ | 伊勢沢周辺の尾根探索 »

2016/04/19

Eric Clapton

Dsc_0040

クラプトン来日公演のニュースを聞いた瞬間から、「絶対に行かなきゃ」と思っていた。
2年ほど前、「70歳になったからツアーを引退する」と宣言したエリック・クラプトンが、何のきまぐれか東京限定のコンサートをするという。
神様を拝めるラストチャンスかもしれない。

「この日だけは何が何でも早退するから」と何日も前から公言していたのに、結局飛び込みの仕事に押され、仕事場を飛び出したのが17:30。
九段下の階段を駆け上がり、武道館に飛び込んだのは開演数分前だった。

息が整わぬうちに会場の照明が落ちる。
気持ちが高揚する。
数十秒後、ステージ中央にスポットがあたる。
そこに立っていたのは、足元がフラフラとした、ジャージを履いたジジイだった。
「えっ?」
一瞬わからなかった。
でも、ストラトキャスターを抱えている。
これがエリック?ジャージ姿って・・・
オレが憧れていた、かっこいい男の代表だと思っていた、あのエリック・クラプトンか・・・

でもそんな不信感も、演奏が始まるとあっという間に吹っ飛ぶ。
すごいぜ!
やっぱりギターの神様だ。
ステージ衣装が3本線のジャージであることなんて、どうでもいいくらいかっこいい。

セットリストの大半はブルースかバラード。スローなナンバーが続く。
年取ったんだなぁ・・・エリック。
でも、それはこっちも同じだ。
16ビートの激しい曲よりも、ゆったりとしたブルースの方が心に響くようになっているんだ。

曲間のMCも無く、坦々とコンサートは進み・・・
名曲『コカイン』を歌い終わると「サンキュー」と片手を挙げて、よたよたとステージ奥へ戻っていく。
「ええっ、もう終わり?」
時計を見ると、まだ1時間半しか経っていない。
みじかっ!
いや、短いのはいいさ。もう年寄りなんだから。でも、まだ『レイラ』を聞いてないぜ。
そうか・・・レイラはアンコール曲か・・・
レイラ聞きたさに、アンコールの拍手を送る。

しかし、アンコール曲は「High Time We Went」だった。
1曲だけで・・・。カーテンコールも無しで・・・。
あっさりとコンサートは終わった。

やっぱりレイラは聞きたかった・・・
そう。エリック。
来年もまた来てくれ。
そして、来年こそレイラを聞かせてくれ。

でも、本当に良かった。
ギターの神様は、ジジイになってもやっぱりかっこよかった。
『I Shot The Sheriff』最高だったぜ!!

|

« 伊勢沢 | トップページ | 伊勢沢周辺の尾根探索 »

コメント

shiro師 おつかれさまです。

当隊の石積みもなかなか進歩して、
そろそろ実用化してもいいかな?という感じです。
3連もしくは4連のエンテイと同様、3wayもしくは
4wayのマルチで鳴らすとスピーカー由来の歪みが
減るようです。
左右の電源を分離するとステレオ感が抜群です!
樅ノ木沢・西沢の双耳堰堤に匹敵するかも!!
と悦に入ってます。

これでWonderful Tonightを鳴らすと最高です。
欲をいえばLet It Grow希望ですがコンサートでは
あんまりやらないようですねえ。。
(Liveを聴く機会はあるのか)

投稿: TI-AEK27 | 2016/04/23 01:34

TIさん、お久しぶりです。
いつの間にかAEKナンバーも27になっていたのですね。
石積みの話はちんぷんかんぷんですが、『樅ノ木・西の双耳堰堤に匹敵』というのなら、さぞかし立派なものであろうことは想像できます。
 
WonderfulTonightは今回のコンサートでも演奏されました。
やっぱりスローハンド時代のクラプトンは最高です。
 
レイラの後半部のギターソロが泣きまくって涙あふれる如く聞かせる石積みアンプが完成しましたら、ご連絡ください。

投稿: shiro | 2016/04/23 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/63507190

この記事へのトラックバック一覧です: Eric Clapton:

« 伊勢沢 | トップページ | 伊勢沢周辺の尾根探索 »