« 善八沢~能ノ爪~P677 | トップページ | 謹賀新年 2016 »

2015/12/30

大山三峰周辺の名も無き沢

M-K師匠がコラボ山行を募集するのはこれで最後にするとか言い出した。
「また・・・何を言い出したんだ・・・」
最近は仕事が忙しくって、なかなかM-K師匠の山行にも参加できていないが・・・
オイラにとっても大切なコラボ山行なんだ。Vルート歩きの楽しさを教えてもらったんだ。
これを止めさせるわけにはいかない。
今回はなにがなんでも参加して、ちょっと意見をしてこなきゃ。

てなわけで、年末立て込んでる仕事を無理矢理休みにして・・・
いや、でも、やっぱり山はイイね!
なんだかんだ言っても、山を歩くとスッキリするワ。
人間、仕事ばっかしてちゃダメになるよ。
無理にでも山へ行ってホントに良かった。

2015年12月27日   

M-K師匠の突然の発表にみんなびっくりしたんだろう。
今回のメンバーはEAさん、YAMさん、ardbegさん、nenetaさん、H-Mさん。それにM-K師匠とshiroで総勢7名の大人数となった。

Tizu151227

M-Kさんが計画したルートは、不動尻から三峰へ向かう登山道の途中、標高500m付近から分岐する名も無き枝沢を遡って、P866へ。
その後、唐沢へ降りて、適当な尾根か沢で三峰へ登り返すという。

Rimg1511

その名も無き枝沢に入ったところ。
こりゃあ、ヤブ沢だ。
嫌いじゃないけど・・・

Rimg1515

と思ったら、なかなかのナメ床が出てきたよ。

Rimg1518

みんなこの寒い中、水流を登る。
濡れるのゴメンのオイラは右岸を高巻。

Rimg1529

水が枯れて、詰めが近づくと結構な急斜面だ。岩溝を這い上がる。

Rimg1532

最後の詰め上りはしんどかったぁ。

 

この後、唐沢へ降りて、下流へ向かう。

Rimg1538

杉ノ沢の少し下流。名も無き涸れ沢にさしかかった所で、これを登っていこうとM-Kさん。
なぜ、これに惹かれたのかわからないが、それがM-K流なんだ。

Rimg1547

滝の一つも無い、ただのヤブ沢だったが、最後はやっぱり痺れる急斜面。

杉ノ沢右岸尾根に這い上がって、三峰山頂へ。

下山は境界尾根。
脚立のピークと呼ばれている750m付近から南の尾根へ入る。
そして、最短ルートを目指して南東方向の支尾根を下る。
ここら辺は崖っぽいから近づかない尾根なんだよなぁ・・・と思いながら付いて行く。

Rimg1556

最後はホラね。
崖状の斜面を降りてきたよ。

 

 

今日の山行、いったいどう説明したらいいんだい?
blogのタイトルはどうする?
名も無き支沢を2本登って、最後は危険な支尾根を下って・・・
こんなルートはM-K師匠じゃなきゃ計画しないだろう?
この日のようなルートは、決して他人におススメできるルートではない。
沢も尾根も危険含み。リスクが高い割には見どころは少ない。
単独だったら、絶対に計画しないし、辿ってみようとも思わない。

でも、やっぱり楽しいんだなぁ。こういうルート。
単独だったら行かないだろうし、ましてや他人を連れて行くようなルートではない。
Vの悪路を歩きなれた者同士で歩くから楽しいんだ。
誰も歩かないようなルートを歩いたという充実感はたまらない。
だから。M-K師匠にはいつまでも、こういうルート計画を立てて、みんなを刺激してほしいと思うよ。

それでは・・・

拙いblogにご訪問してくださった皆々様。
今年もお世話になりました。

良いお年を!!

|

« 善八沢~能ノ爪~P677 | トップページ | 謹賀新年 2016 »

コメント

写真を使わせていただいて、ありがとうございました。
お世話になりました。
サイトの更新、楽しみです。
頑張ってください。
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: wagamama | 2015/12/30 18:22

wagamamaさん
拙い写真を使っていただいて嬉しいです。
更新の少ないblogですが、お見捨てにならずに・・・
どうぞ、来年もよろしくお願いいたします!

投稿: shiro | 2015/12/30 21:25

shiroさん
思い起こせばshiroさんが参加された難行苦行(おバカコラボ山行)の数々‥。誠に楽しいものでありました。私を取り巻く環境の変化もあり、ちょっとアクセルを緩めて楽をというか、余裕を持ちたいというところもあります。コラボ募集は終ってもコラボ山行を止める訳ではありません。私の独断と偏見でコラボをして欲しい人にはコラボ要請もいたします。今までコラボ参加をして下さった方より逆に要請があればこれも引きうけます。お仕事を工面してのお付き合い、本当に感謝いたします。

投稿: M-K | 2015/12/31 00:50

M-Kさん
本当に、思い起こせば色々な所へ連れて行っていただきました。
最近はご自身で「ヘロヘロ」などとおっしゃっていますけど、とんでもない! 今回も、こんな難所をなんなく歩かれてしまうのですから。
M-Kさんでしか思いつかないルートなど、本当に楽しみにしています。
まだまだこれからもよろしくお願いします。
来年も是非是非コラボに参加させてください。
それでは良いお年を!!

投稿: shiro | 2015/12/31 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/62967443

この記事へのトラックバック一覧です: 大山三峰周辺の名も無き沢:

« 善八沢~能ノ爪~P677 | トップページ | 謹賀新年 2016 »