« 大栂ノ沢 | トップページ | 大山三峰周辺の名も無き沢 »

2015/12/07

善八沢~能ノ爪~P677

相変わらず働きづめの毎日です。
でも、たまには山へ行ってリフレッシュしないと死んでしまいます。
久しぶりに仕事を休んで山へ行くことにしました。
11/1にニカニカ集会でM-K師匠達と石尊沢右岸尾根に行って以来だから、1ヶ月以上開いてしまったか・・・。

どこへ行こう・・・
そうだ、この時期・・・12月の第1日曜日・・・
ここ数年、モトさんの慰霊山行で、ニカニカのメンバーでゴジラの背尾根のP677へ登っていたっけ。
今年はM-K師匠も何かと忙しいようなので、慰霊山行はしないのかなァ・・・
今年は一人で行ってみるか。

2015年12月6日 

Tizu15126_2




どのルートで行くのかはすぐに決まった。
堤川の最上流部、善八沢を能ノ爪へ詰め上げるのだ。

3年ほど前に、当blogで『能ノ爪』と呼ばれている鍋嵐尾根と宮ケ瀬尾根の分岐ピークについて言及したことがある。
この変な名前の由来は、吉田喜久治の「丹澤記」であるに違いないと。丹澤記で土山峠から境川(堤川の間違え)の記録に“ツメまでのうのう”と書かれているのだ。
清川村地名称では堤川山となっているこのピークに、吉田喜久治ファンの誰かが『のうのつめ』と名付けたに違いない。確証はないが・・・

で、自分でも堤川から能ノ爪へ詰め上げてみなけりゃなるまいと思っていたのだ。
思いながら3年もたってしまったが・・・
はたして本当にのうのうと詰め上げられるのでしょうか・・・

Rimg1452

本厚木から宮ケ瀬行の1番バスに乗って、土山峠のBSで降りる。
7:40 バスはハイカーで満席だったが、土山峠で降りたのはオイラ一人だった。

吉田喜久治もバスでここに降り立ったはずだ。
まだ宮ケ瀬湖が無かった時代。本には「出合はゴルジュ」と書かれているが、いまそのゴルジュは湖の中なのだろう。

喜久治は堤川を遡行していったのだろうが、オイラは右岸の高みにつけられた堤川林道をテクテクと歩く。
林道から覗いた堤川は穏やかな流れ。きっと喜久治ものうのうと歩いたことだろう。

Rimg1456
8:10  標高400m付近。林道の終点から沢へ降りる。
沢が二又になっている。右はカシノキ沢。2年前に歩いた事があるが、穏やかな沢だった。
左が本流。堤川はここから善八沢と名を変える。
さあ、ここからが本番だ。

すぐに大きな石積堰堤。左岸にうっすらと経路痕が有ったので、それを辿って越える。

Rimg1458

堰堤を越えたら穏やかな流れ。
こりゃ、今日は楽勝かな・・・と思った。
・・・が、大間違いだった。

Rimg1459

すぐにゴルジュっぽくなる。
正面突破できそうな気もするが、水濡れは避けられない。
こんな寒い日に水に濡れるわけにはいかない。
へつりながら行けそうな気もするが、ちょっと滑ればドボンだ。
ここは巻きだ。

と、右岸の斜面を這い上がる。結構な急斜面だ。
トラバースできそうな場所を探しながら這い上がるが、木の生えていないルンゼ状斜面が走っている。結構な斜度だ。ここを横断しなければいけないのだが、獣の踏み跡すらついていない。足を滑らせたら沢底まで止まらないだろう。怖くて踏み出せない。

結局30mくらい上まで追い上げられてしまった。
そこから降りるのも大変だった。崖のような枝尾根をそろりそろりと降りる。途中で6mの補助ロープをだした。

結局この巻きで30分も使ってしまった。

Rimg1463

また、大きな石積堰堤。
先ほどの巻きの途中でも大きな堰堤を確認しているから、善八沢に入ってから3つめだ。

Rimg1464

またまた、大きな石積堰堤。4つめ。

Rimg1468

滝だ。5~6mってとこか。そこそこ見ごたえのある滝だ。
とても直登できそうな滝ではないので巻くしかないが・・・
両岸とも急斜面。先ほどの事を思い出してげんなりする。
「またかよぉ・・・」

Rimg1469

左手真横のルンゼを目で追う。「ここ、なんとか登れんかなァ」
最上部が立ってる上にオーバーハングしているが、引っかかっている倒木につかまれば這い上がれるかも。
倒木がしっかりしている事を祈りながら、ルンゼを四つん這いで登る。
幸いにもうまくいった。

Rimg1471

大きな堰堤が多い沢だ。
それもすべて石積だから、結構古い時代の物だろう。

Rimg1472

なんとなく、堰堤博士T.I氏の好みのタイプのような気がしたので・・・
博士のためにアップで1枚。

Rimg1474

標高480m付近の二又から右又を覗いた写真。
本流は左だが涸れ沢、水は右の支沢から流れてきている。奥に滝が連なっているのも見れる。
きっと滝の上には湧水がある予感。
ちょっと行ってみたい気もするが、今日の目的は能ノ爪へ詰め上がる事だ。

Rimg1475

で、ガラガラの本流を進む。

Rimg1477

なんかゴルジュっぽくなってきたゾ。
でも、水が無けりゃ、ゴルジュも怖くない。

Rimg1479

完全にゴルジュになった。
2~3mの棚が連なるが、ステップ豊富なのでどんどん進む。

Rimg1484

両岸とも逃げられる斜面ではない。険悪な棚が現れない事を祈りながら谷底を進む。

Rimg1486

う~ん・・・。ちょっと嫌な予感。
でも、進むしかない。

Rimg1487

やっぱり・・・予感は当たった。
3mの壁で詰まった。

なんとか登れねぇかな・・・
細かいホールドを探って、グイっと身体を引き上げた。
その瞬間、ホールドがパカッと剥がれた。
冷汗かいた。

こうなったらもうダメだ。
次のホールドを探っても、怖くて身体を託せない。

ハイ! バック、バック。

左岸の崖斜面に這い上がれそうな場所を探りながら20mほどバック。

なんとか弱点っぽい場所を見つけて這い上がった。
泥斜面に一歩づつステップを切りながら慎重に、慎重に。

Rimg1489

巻き上がって、沢床に復帰。
もう、すぐ上に稜線が見える。
なんとかこのまま詰められそうだな。

Rimg1490

最後がカール状斜面。
こいつを登りきれば・・・と突入したが、登りながら後悔した。
ブカブカの泥斜面。蹴り込んだ足がズルズルと滑る。
斜面が崩れる恐怖と戦いながら、ヒーヒーと這い上がった。

詰め上げた場所は、能ノ爪のピークの直下だった。

Rimg1492

10:05 能ノ爪へ詰め上げた。

短いながら、キツイ沢だった。
吉田喜久治は、ここをのうのうと詰めてきたのか?
スキルがオイラと違うだろうとはいえ、とてものうのうと歩けるような沢ではなかった。

まあ、いいや。とにかく詰め上げたんだ。

大休止の後、P677へ向かって歩く。
何度も歩いている稜線をただ辿ってもつまらないので、P719から真北の支尾根に入る。
この尾根は、鍋嵐へ向かっている人がよく間違えて入りこんでしまう尾根だ。以前、この尾根に入って行こうとしている人を見かけて、声をかけた事もある。
能ノ爪方面からくると、鍋嵐へ向かう尾根は木の陰で見えず、こちらへスッと入ってしまうのだ。

驚いた事に、この尾根の入り口に、黄色いガムテープがべたべた貼ってあった。
何のために? 道迷いを誘発するようなマーキングだ。こいつは悪質すぎるゼ。
もちろん引っぺがしました。

近頃、丹沢のあちこちでマーキングの類が異様に増えてるように思う。
ホント、止めて欲しい。山を汚してるだけだぜ。

Rimg1495

P719から北へ伸びる尾根を歩く。
ナベアラシノ沢へ降りて、対岸の尾根を登り返そうって魂胆だ。

Rimg1498

標高550m付近でナベアラシノ沢へ降り立つ。見覚えのある滝だ。
2年前の慰霊山行の時は、この沢を登っていったっけ。

Rimg1500

沢を横断して、対岸の尾根に取りつく。
ナベアラシノ沢からいくつも派生している支尾根の一つだ。
滅多に人が入る尾根じゃないだけに、クマが怖いけど・・・。
なにせ、ここら辺はクマの密度が濃い山域だから。

Rimg1501

あァ・・・綺麗な紅葉だ。
なんて樹かわからないけど、けっこうな大木だ。

Rimg1503_2

ワイルド感たっぷりの良い尾根でした。

Rimg1505

12時ちょっと前。
今年もやって来ましたP677。

モトさんに手を合わせる。

静かなピークだ。

ここ、ゴジラの背尾根。
名付けたのは丹沢Vルートの先駆者S-OKさんだったろうか。
ちょっと前までは、よほどの物好きしか来ない秘境だった。
今は歩く人も多い。踏み跡も登山道の様にくっきりとしている。
先ほども7~8人の団体さんとすれ違った。

それは別にいい。みんなバリエーションを楽しんでいるんだ。
オイラもその一人。
だけどさ。余計なマーキングをするな!
目に余るくらいのマーキングだ。
いい加減にしろ!!

Rimg1506

尾根のゴミ掃除をしながらのんびりと下り、15号橋へ降り立ちました。
時刻は13時。ここから宮の平BSまでのんびり歩いて30分ちょっとか・・・

短いながらけっこうハードな山行でした。
太ももが攣り気味です。
1ヶ月以上山行が開くと、いっつもこうだけど。

でも、いい山歩きだった。
善八沢も、なかなか面白かったセ。

|

« 大栂ノ沢 | トップページ | 大山三峰周辺の名も無き沢 »

コメント

shiro師 のうのうの旅、おつかれさまです。

エンテイ情報ありがとうございます。
善八沢、当隊は入口のプチゴルジェで撤退したことがあります(泣)
当時は「上流にエンテイなどない」と断定しましたが、
なんと5基もありましたか!
築風はまさしく「煤ヶ谷宮ヶ瀬B型」、昭和10年前後の、
現在の「○善」施工のものと思われます。

裏煤ヶ谷の「トヨアラシ沢」も昔は仕事道だったようですから、
この善八沢も数十年前はのうのうと上り下りできた
経路だった可能性もありますね。

投稿: TI-AEK28 | 2015/12/10 22:09

TI-AEK28さん
お久しぶりです。
B型とかA型とかの違いはわかりませんが、石の積み方をみて「これは腕の良い職人の作品だな」って思いました。
あのプチゴルジュは太ももまで濡れる覚悟で突破すりゃ、わけないんでしょうがね・・・。
 
昭和10年ごろの堰堤ですか!
なるほどぉ・・・
吉田喜久治が歩いた頃には、もうすでに堰堤は有ったんですね。
だとすれば当然、仕事道も付いていたでしょう。
のうのうと歩けたのかもしれません。
そういう事だったか・・・。

投稿: shiro | 2015/12/10 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/62824193

この記事へのトラックバック一覧です: 善八沢~能ノ爪~P677:

« 大栂ノ沢 | トップページ | 大山三峰周辺の名も無き沢 »