« 地獄崩沢から鍋割山へ | トップページ | 遺言棚 »

2015/09/08

サガミジョウロウホトトギス

Rimg1219

もう、何度も見ているのだから、別に見なくたっていいのだ。
なのにこの季節になると「見に行かなきゃ」という義務感のような気持ちに包まれる。
それが相模上臈不如帰(サガミジョウロウホトトギス)だ。
8月末から9月上旬の短い期間だけ咲く、丹沢の固有種。花の見ごろは1~2週間と短い。
丹沢を愛する者ならば、見ておかなきゃ・・・という決まりは無い。
それでも、そう思わせてしまう不思議な魅力を持った美しい花だ。
・・・と思う。

今年は『9月6日はサガミジョウロウの日。何が何でも仕事は休む。』と、だいぶ前から決めていた。
ところが雨予報。この花が咲くのはたいてい厳しい谷間だ。雨の中でも気軽に歩けるような場所ではない。
決行するかどうかさんざん迷った末、オバケ沢を遡行するというM-K隊に便乗させてもらう事にした。

2015年9月6日

メンバー : M-Kさん AYさん EAさん nenetaさん
        shiro

7時半に塩水橋を出発。
本谷林道を延々と歩く。午後から雨の予報だが、この時点では薄日も射している。

Rimg1154

8時55分 大日沢へ降り立つ。
目の前が第一関門の大堰堤だ。
ここは左岸の岩をよじ登る。ここは何度も上り下りしているし、適度にスタンス・ホールドが有るからそれほど危険ではないはず・・・なのだが、なぜか苦手意識が有って緊張度がmaxになる。最初に登った時に、足を滑らせて怖い思いをしたせいだろうと思う。

Rimg1161

大日沢は良い沢だ。

Rimg1163

河原が広く明るい渓相だから、気持ち良く歩ける。

Rimg1169

標高910mの二又からオバケ沢へ入って、最初のナメ滝。
もちろんオイラは滝を登ったりはしない。左岸から巻く。
それがオイラのスタイルだから。

Rimg1173

オバケ沢堰堤。
丹沢の中では、一番美しい堰堤だと思う。

Rimg1181

10mの滝。
ここは左岸の岩壁をよじ登る。
今日はこの沢、なんだかヌメリがひどい。ヌメヌメした岩は、オイラのラバーソールの靴とは相性が悪くて、ちょっと怖い。
やっぱり、沢ではフェルトが一番いいんだろうな…とは思う。
でも、巻道や尾根歩きの事を考えると、万能選手のスニーカーを選んでしまう。
替え靴を担いで歩くのは重たいし、巻の度に靴を履きかえるなんてやってられないもの。

Rimg1185

続いてまた10mの滝。

Rimg1186

滝の巻きは左岸だが、ちょっと悪い。

Rimg1189

続いて小滝が連なる。

Rimg1191

オバケ沢は何度も来ているけど、大好きな沢だ。
オイラ、滝を登ったりする趣味は無いし、水濡れは大嫌い。
そんなオイラでも気持ち良く歩ける沢だ。
安全に・・・とは言わないけどね。

Rimg1202

滝場が終わると、オバケ沢は複雑に分岐をし始める。
どのルートを遡行したのかは、ここでは書かない。
それがサガミジョウロウホトトギスの生息地を守るための、暗黙のルールになっているからだ。
「オバケ沢にも生息している」という事だけは書いておく。
だけど、この沢の源流域は複雑だ。多くの支沢、枝沢に分かれ、詰めはどこも危険を伴う。
花が生息しているのは、そのほんの一部だけだ。
それでもこの花を探したい人は、探検すればよいと思う。
オイラもそうやって、何年も探索している。空振りの方が多いんだ。

Rimg1208

今日は、こんな枝沢を詰めていく。何度か来ている場所だ。
雨予報が出ているこの日は、冒険はしない。確実に咲いている場所をパトロールして下山するつもりだ。

Rimg1230

そして今年も会えた。丹沢の貴婦人。

Rimg1237

絶滅危惧種の花ではあるけれど、オイラの印象では年々確実に株数は増えている。
生息地を公にしないという暗黙のルールで、盗掘者が減っているのかもしれない。
でも、盗掘よりも鹿の食害の方が大きな原因だと思っている。
ここ数年の管理捕獲で、鹿も減ってきているのかもしれない。

という事で。
今年も丹沢の貴婦人のお姿を拝見する事ができて満足です。
新たな生息地を発見する事はできませんでしたが、これはこの先何年もかけて調べていくつもり。枝沢の一つ一つを覗きまわってね。

 

この日出会った花達

Rimg1195

フジアザミが咲き始めました。

Rimg1225

シラヒゲソウも

Rimg1199

そしてビランジ。
この花に出会えたのは嬉しかった。
丹沢では、サガミジョウロウよりも数少ないんじゃないかと思ってる。

|

« 地獄崩沢から鍋割山へ | トップページ | 遺言棚 »

コメント

shiroさん
お花、見られて良かったですね。
来年は予定のコース、チャンスがあるといいですね。

投稿: はっぴー | 2015/09/11 09:23

はっぴーさん
今年も貴婦人に会えて良かったです。
やっぱり、年に1度はお会いしないと寂しいですからね。
来年は、一緒に新たな生息地を探しに行きましょう!

投稿: shiro | 2015/09/11 21:31

はじめまして。
wagamamaと申します。
いつも可愛い花の写真やネコの写真、楽しみにしています。
ところで、私のブログに、野に咲く花の図鑑、リンクを貼らさせていただきました。
ご迷惑なら削除します。
よろしくお願いします。

投稿: wagamama | 2015/09/25 17:58

wagamamaさんはじめまして。
いつも見てくださってありがとうございます。
リンクしていただけるなんて、嬉しいかぎりです。
これからもよろしくお願いします!

投稿: shiro | 2015/09/25 23:29

おはようございます♪
リンクの承認、ありがとうございました。
ブログ等の更新、お身体に気を付けて、頑張ってください。
応援していますので、こちらこそよろしくお願いします。

投稿: wagamama | 2015/09/26 07:05

wagamamaさん
お気遣いありがとうございます。
最近はblogの更新も滞りがちですが、励みにして頑張ります!!

投稿: shiro | 2015/09/26 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/62242733

この記事へのトラックバック一覧です: サガミジョウロウホトトギス:

« 地獄崩沢から鍋割山へ | トップページ | 遺言棚 »