« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015/09/08

サガミジョウロウホトトギス

Rimg1219

もう、何度も見ているのだから、別に見なくたっていいのだ。
なのにこの季節になると「見に行かなきゃ」という義務感のような気持ちに包まれる。
それが相模上臈不如帰(サガミジョウロウホトトギス)だ。
8月末から9月上旬の短い期間だけ咲く、丹沢の固有種。花の見ごろは1~2週間と短い。
丹沢を愛する者ならば、見ておかなきゃ・・・という決まりは無い。
それでも、そう思わせてしまう不思議な魅力を持った美しい花だ。
・・・と思う。

今年は『9月6日はサガミジョウロウの日。何が何でも仕事は休む。』と、だいぶ前から決めていた。
ところが雨予報。この花が咲くのはたいてい厳しい谷間だ。雨の中でも気軽に歩けるような場所ではない。
決行するかどうかさんざん迷った末、オバケ沢を遡行するというM-K隊に便乗させてもらう事にした。

2015年9月6日

メンバー : M-Kさん AYさん EAさん nenetaさん
        shiro

7時半に塩水橋を出発。
本谷林道を延々と歩く。午後から雨の予報だが、この時点では薄日も射している。

Rimg1154

8時55分 大日沢へ降り立つ。
目の前が第一関門の大堰堤だ。
ここは左岸の岩をよじ登る。ここは何度も上り下りしているし、適度にスタンス・ホールドが有るからそれほど危険ではないはず・・・なのだが、なぜか苦手意識が有って緊張度がmaxになる。最初に登った時に、足を滑らせて怖い思いをしたせいだろうと思う。

Rimg1161

大日沢は良い沢だ。

Rimg1163

河原が広く明るい渓相だから、気持ち良く歩ける。

Rimg1169

標高910mの二又からオバケ沢へ入って、最初のナメ滝。
もちろんオイラは滝を登ったりはしない。左岸から巻く。
それがオイラのスタイルだから。

Rimg1173

オバケ沢堰堤。
丹沢の中では、一番美しい堰堤だと思う。

Rimg1181

10mの滝。
ここは左岸の岩壁をよじ登る。
今日はこの沢、なんだかヌメリがひどい。ヌメヌメした岩は、オイラのラバーソールの靴とは相性が悪くて、ちょっと怖い。
やっぱり、沢ではフェルトが一番いいんだろうな…とは思う。
でも、巻道や尾根歩きの事を考えると、万能選手のスニーカーを選んでしまう。
替え靴を担いで歩くのは重たいし、巻の度に靴を履きかえるなんてやってられないもの。

Rimg1185

続いてまた10mの滝。

Rimg1186

滝の巻きは左岸だが、ちょっと悪い。

Rimg1189

続いて小滝が連なる。

Rimg1191

オバケ沢は何度も来ているけど、大好きな沢だ。
オイラ、滝を登ったりする趣味は無いし、水濡れは大嫌い。
そんなオイラでも気持ち良く歩ける沢だ。
安全に・・・とは言わないけどね。

Rimg1202

滝場が終わると、オバケ沢は複雑に分岐をし始める。
どのルートを遡行したのかは、ここでは書かない。
それがサガミジョウロウホトトギスの生息地を守るための、暗黙のルールになっているからだ。
「オバケ沢にも生息している」という事だけは書いておく。
だけど、この沢の源流域は複雑だ。多くの支沢、枝沢に分かれ、詰めはどこも危険を伴う。
花が生息しているのは、そのほんの一部だけだ。
それでもこの花を探したい人は、探検すればよいと思う。
オイラもそうやって、何年も探索している。空振りの方が多いんだ。

Rimg1208

今日は、こんな枝沢を詰めていく。何度か来ている場所だ。
雨予報が出ているこの日は、冒険はしない。確実に咲いている場所をパトロールして下山するつもりだ。

Rimg1230

そして今年も会えた。丹沢の貴婦人。

Rimg1237

絶滅危惧種の花ではあるけれど、オイラの印象では年々確実に株数は増えている。
生息地を公にしないという暗黙のルールで、盗掘者が減っているのかもしれない。
でも、盗掘よりも鹿の食害の方が大きな原因だと思っている。
ここ数年の管理捕獲で、鹿も減ってきているのかもしれない。

という事で。
今年も丹沢の貴婦人のお姿を拝見する事ができて満足です。
新たな生息地を発見する事はできませんでしたが、これはこの先何年もかけて調べていくつもり。枝沢の一つ一つを覗きまわってね。

 

この日出会った花達

Rimg1195

フジアザミが咲き始めました。

Rimg1225

シラヒゲソウも

Rimg1199

そしてビランジ。
この花に出会えたのは嬉しかった。
丹沢では、サガミジョウロウよりも数少ないんじゃないかと思ってる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/09/01

地獄崩沢から鍋割山へ

世附の奥で沢探索の予定だったのだが、生憎の雨模様。
でも、せっかくの休日だからねぇ・・・世附奥地は難しいとしても、小雨なら近場をショートで歩くかなぁ。
同じく小雨上等のAYさんと相談した結果、寄から手軽な尾根歩きでもしましょう・・・と。寄ならヒルも少ないだろうし・・・と。

2015年8月30日

Tizu_2015830_2

メンバー : AYさん shiro

寄へ向かう車中で、どこを歩くか相談。
オイラが未踏の尾根という事で、地獄崩(ジゴクザレ)沢右岸尾根をAYさんがチョイスしてくれる。

Rimg1096

7:10 小雨の中、寄大橋を出発。
寄沢沿いの登山道を歩くのは、本当に久しぶりです。

Rimg1099

雨の中をダラダラと歩いて地獄崩沢へ到着。
対岸の梯子がかかっているのが今日の目的、地獄崩沢右岸尾根です。
ここから尾根に乗って登るのかと思いきや・・・
この辺りに精通しているAYさんによると、この少し上に通過できないキレットがあるのだとか。

Rimg1101

そこで、いったん尾根を乗越して、この小さな枝沢を登る。

Rimg1103

小滝があったり・・・

Rimg1104

よじ登ったり・・・
小さいながらも雰囲気を持った沢です。

右手の尾根にキレットを確認したら、そこを越した地点で、登りやすそうな斜面を見つけて尾根に這い上がります。

Rimg1106

そこは穏やかな植林の尾根。

ああ、今日はのんびり歩きだね・・・なんてまったりとした気分。
・・・ここまではね・・・。

少し尾根を登った所で、右手のすぐ下に地獄崩沢が見えた。
「ちょっとだけ沢へ降りてみない?」とAYさんが言い出す。
「ええ?なんで?」と答えながらも、地獄崩の中に立ってみたいという思いは確かにある。

Rimg1107

で、地獄崩沢に降りたつ。
地獄の名にふさわしい、ガラッガラの沢だ。水は一滴も流れていない。

Rimg1110

で、せっかく降りたんで、少しだけ沢を登ってみる事にする。
全てが浮石。歩きにくい事この上ない。・・・ていうか危ない。
浮石を崩さないように慎重に慎重に登っていく。
2年前にやはりAYさんと西丹沢の崩レノ沢を破風口まで詰めた時の事を思い出した。

Rimg1112

で、登ってるうちに両岸が切り立ってくる。
こりゃ、尾根に逃げるのは難しくなってきたね。
まあ、行けるとこまで行ってみるさ。

Rimg1117

やがてまた尾根が近づく。
「尾根に逃げるなら、この辺がラストチャンスかもしれないっすよ。」と言ってみるが、もはや二人とも尾根に逃げる気などない。
このまま地獄崩沢を詰めてみたい・・・という気持ちが強くなってきた。

Rimg1118

標高1070m付近まで登ってきた。
ガラガラの沢は、泥の沢に姿を変えた。
45度超の急傾斜だが、浮石ガラガラよりは登りやすいと思った。
が・・・ここで大苦戦。
さんざんバリを歩いてるオイラも、経験した事が無いようなズボズボ斜面だった。
足を蹴りこんでも蹴りこんでもグズグズと崩れて登れない・・・

Rimg1120

たった2mの泥の壁が登れず・・・

Rimg1121

しかたなく左手斜面に逃げる。
泥と岩の斜面を登る。
ここは尾根だか谷だか窪だかわからないような・・・それらが複雑に入り混じっているような不思議な地形。

Rimg1124

どこを登るのが正解なんだかわからない。
オイラは尾根っぽい所を選択したが、危険含みの岩尾根だった。

Rimg1126

AYさんはルンゼを選択。最後は壁に当たって岩尾根に這い上がってきた。

Rimg1128

標高1180m付近で登山道に飛び出す。
気が付きゃ、雨も激しくなっていた。
でも、何とも言えない充実感。
あの地獄崩沢を最後まで詰上げたゼ!

Rimg1130

10:40 鍋割山山頂の鍋割山荘へ到着。

久しぶりに鍋焼きうどんをいただく。
山荘のオーナー草野さんと少しだけお話しさせていただいたが、草野さんも地獄崩を詰め上げてきたという話は聞いた事が無いとか。

まあ、登って楽しい所ではないし、危険だから決しておすすめしないけどね。
不思議な充実感に包まれる。

さて・・・

雨も本降りになってきたし、真っ直ぐ下山しましょうか。
最短ルートなら後沢下降だけれど、ヒルが多そうだしね・・・
などと相談していると、AYさんが大崩壊地の脇を降りて、コシバ沢左岸尾根に抜けようと言い出す。

大崩壊地の脇って・・・まともに歩けるんでしょうかね?といぶかりながらも、オイラは未踏のルートだから賛成はする。

Rimg1133

山頂直下の1230m付近から登山道を離れ、西側の尾根を下降する。

Rimg1136

立派なブナの樹を発見。
見事な枝ぶりだねぇ。

Rimg1138

草原を抜けたら大崩壊地の真上に出た。
ひゃ~ここはとても這い上がれない。

この崩壊地の左手がコシバ沢左岸尾根につながっているのだが、AYさんによると途中に岩崖が有って、登りはいいけど下りは危険なんだとか。
さすがAYさんはこの辺りを歩きつくしている。

Rimg1140

で、大崩壊地右手の斜面を降りる。
ここだってまともに歩けるような斜面ではない。岩混じりでボロボロだ。
ロープが出したくなる場所が何か所かあった。
悪路に強いAYさんは、平気でとっとこ降りていたけどね。

Rimg1143

150m程下降した地点で、大崩壊地を横断する。
ここもまた全てが浮石。
緊張した・・・。
もし足を置いた岩が崩れたら、岩もろとも滑り落ちかねないからね。

Rimg1145

大崩壊地を横断したら、そこはコシバ沢左岸尾根。
仕事道を辿ってそのまま登山道へと抜ける。

Rimg1148

13:30 寄大橋脇の駐車場へ帰還しました。

「雨だからのんびり尾根散歩でもしましょう」で始まった今日の山歩き。
結局は、行も帰りも危険地帯歩きになってしまった。
AYさんと一緒だと、やっぱりこうなるよねぇ・・・

でも、充実した山行でした。

アドレナリン出したわァ・・・
楽しかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »