« 謹賀新年 | トップページ | 七沢山 »

2015/01/05

正月恒例大山詣 ~今年は白滝経由で~

なんだろう・・・
別に信心深いわけではない。信仰している宗教も無い。
なのに、神仏の存在はわりと信じているのかもしれない。
神社仏閣へのお参りは好きだし、縁起もかつぐほうだ。
神様っていると思うよ・・・
山を歩き回っていると、特にそう思う。「ここは神々の領域なのか・・・」そう感じる場面もしばしばある。

正月は大山様へお参りをして、『家内安全』と『商売繁盛』のお札を頂戴する事が恒例行事となっているんだ。
これはちゃんとしないと気持ちが悪い。

問題は、どのルートで大山へ登るかだ。
表参道で・・・ってのも芸が無さすぎだし、できれば毎年違うルートで登りたい。
かといって、正月早々危険含みのルートってのもねぇ~
と、毎年悩む。

今年は不動尻から白滝を経由して行こうと決めた。
昨年末のM-K師匠の山行記事を読んで、ちょっと白滝を拝んで、周辺の様子も確認しておこうと思い立ったわけです。
あの辺にもしばらく行ってないし。
その後は、唐沢峠から唐沢に降りて、石尊沢左又か南大山沢右又で…と言う計画です。

2015年1月3日

Tizu1513

天気快晴。風も無く穏やかな日和だが、やたらと寒い。

Rimg0425

7:20 広沢寺温泉の駐車場に車を停めて歩き出す。
本当はこの2kmほど先の、二の足林道ゲートまで車で行きたかったのだが、路面の状況を見てやめた。スタッドレスは履いているものの、凍結した山道を登っていく自信は無い。

Rimg0429

8:35 不動滝を通過。
元旦に降った雪が思いのほか積もっている。自宅の川崎周辺では、積もる気配など全くなかっただけに、丹沢ではこれほど積もっているとは思いもしなかった。

Rimg0431

8:50 大ナメ滝
今日は水量が多くて迫力がある。

滝を見物したら、左岸の高巻ルートで巻く。
急斜面のトラバースルートは、雪が積もれば危険度が倍増する。
慎重に、慎重に・・・

Rimg0437

白滝の門番の滝。
こいつを突破しないと、幻の白滝は拝めない。

右岸から1段目の脇をよじ登り、2段目の下に立って「なるほど」と思った。
年末にM-K師匠が言ってたのはこの事か。
ここはなんとかフリーでよじ登れたはずだが、なんか様子が違う。
ホールドになっていた細木が崩れ落ちてしまったのかもしれない。
ロープが無きゃとても登れない。

Rimg0439

9:20 白滝
あ~~~! 何度見ても良い滝だ。

Rimg0441

白滝の滝つぼで、しばし休憩した後、さらに上流を目指す。

まずは右岸の赤茶滝を横断しなければならない。
普段はなんてことないルートなのだが、凍りついた岩場の横断はちょっとビビった。

Rimg0442

白滝落ち口上流の湧水地帯。
ここではちょっとした岩登りが有るのだが、見た瞬間にやめた。
岩に積もった雪が凍り付いているんだ。

沢を詰めて唐沢峠に上がる計画だったが、あきらめて左岸の急斜面を這い上がる。
ひと頑張りすれば唐沢峠へ向かう登山道へ飛び出すことは知っていた。

10時過ぎに唐沢峠に到着。
一休みしながらこの先のルートを考える。
そうだ石尊沢から裸地尾根を上がってみよう。
そこそこ雪が積もっているはずだ。裸地尾根に足跡を付けるってのも悪いアイディアじゃないだろう。
ちょっと以前、ニカニカの山仲間の間で『雪が積もった裸地尾根に1番乗りで足跡を付ける』って遊びがはやった事がある。(確かAYさん考案の遊びだ)

Rimg0443

唐沢峠から唐沢大堰堤に降り、石尊沢へと入る。
出合からしばらく進むと、南大山沢方面から尾根越えで足跡が降りてきていた。
そのまま石尊沢への上流へと足跡が続いている。2人の足跡だ。
こんな雪の積もった沢を歩く物好きな奴がいるんだねぇ。

Rimg0446

雪の積もった沢ってのは、ルート取りが難しいんだ。雪の下の様子がわからないだけに。
慎重に見定めて足を運ばなければ、ズボッだのビシャッだのズルッだのでまともに歩けない。下手すりゃ捻挫だ。
ところがこの先行者の足跡は間違いなかったね。足跡を追って歩けば、確実に安全に歩ける。
かなりの強者だな・・・と思った。そうとう熟練した人に違いない。

Rimg0447

足跡はやっぱり裸地尾根へと上がっていた。
ククっ・・・先を越されたか。足跡付けは1番乗りじゃないと意味が無い。
ならばこのまま石尊沢左又を詰めるか…とも思ったが、先ほどの白滝沢の事を思い出してやめた。凍り付いた岩場はとてもじゃないけど登れない。石尊沢左又は行ったことが無いが、岩登りなしで詰められるとは思えない。

裸地尾根の急登をヒーコラと登り・・・

Rimg0448

裸地へ辿りついて、あらビックリ。
ここだけ雪積もってねぇじゃん!

Rimg0452

12:00 大山山頂に到着。
奥の宮に参拝をして、人でごった返す山頂はさっさと後にする。

ここからはお決まりのルート。毎年表参道を下社まで30分で駆け下りるのを恒例としているが、今年はそうもいかない。
なにせ踏みしめられた登山道はところどころ凍り付いているんだ。他の登山者たちの足元もおぼつかない。
下手に追い越しをかけて、巻きこんでしまっては一大事だし、巻き込まれるのもごめんだ。
慎重に慎重に・・・

Rimg0455

それでも40分ほどで下社まで降りてきました。

去年のお札をお返しして、新たなお札を頂戴して・・・

あ~、これで今年の参拝も無事終了しました。

さてさて。帰路につきますか・・・
と、見晴台方面へ向かう。

当初の計画では、見晴台から1120mまで登りかえして、梅の木尾根経由で帰るつもりだった。が・・・ひと月ぶりの山歩きでもうヘトヘト・・・。

おとなしく日向薬師へ登山道で降りる。
九十九曲りの登山道。ああ、ここを歩くのは何年振りだろう。初めて大山へ登ったのはこの道だったなァ。

日向林道に降り立ってからが今日一番の危険地帯だった。ツルンツルンに凍ったアスファルトの道は本当に怖い・・・

日向薬師からはもうひと頑張り、日向山越えで広沢寺へ向かう。

15:30 無事、広沢寺温泉の駐車場へ辿りつきました。

 

今年もよろしくお願いします!!

|

« 謹賀新年 | トップページ | 七沢山 »

コメント

Shiroさん

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年の大日沢のコラボではお世話になりました。
裸地尾根に足跡を付けた物好きな奴
実は私です。

今年は花探しの山歩き
一緒に行きたいですね。

               H・M

投稿: H・M | 2015/01/06 21:43

H.Mさん
明けましておめでとうございます。
石尊沢から裸地尾根の足跡はH.Mさんでしたか!
なんとなく「知ってる人じゃないかなぁ」という気がしていました。
雪が積もる沢での確かなルートどりはさすがです!!
おかげで安心して歩く事ができました。
また、ご一緒しましょう♪
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: shiro | 2015/01/06 23:08

shiroさん
おめでとうございます。
この時期、大山を見上げますと、ご一緒していただいた
鍵掛~梅ノ木~南大山沢~雷神社を思い出します。
あの時も長いルートでしたね。

私も今年は裸地尾根に(一番ではなくとも)足跡を付けに行きたいところです。

今年も宜しくお願い致します。
また春の世附、ご一緒させて下さい(^^♪

投稿: レガー | 2015/01/10 21:51

レガーさん
遅ればせながら・・・
新年おめでとうございます。
一緒に南大山沢から大山へ登ったのが懐かしいですね。
しばらくご一緒していませんが、また一緒に歩きましょうネ。
春のネコノメ探索は、また行きましょう!
春になってネコノメ達がさきだすのが、待ち遠しい毎日です。
今年もよろしくお願いします。

投稿: shiro | 2015/01/10 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/60926759

この記事へのトラックバック一覧です: 正月恒例大山詣 ~今年は白滝経由で~:

« 謹賀新年 | トップページ | 七沢山 »