« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/01/18

大タギリ

仕事が立て込んでいたので、「山へ行くのはしばらく無理かな」とは思っていた。
だから、M-K師匠の『大タギリを越えて大タル丸へ行く』という計画を知った時も「ふ~ん」と言う感じだったのだが・・・計画ルート図をよくよく見れば下山は裸山丸南西尾根でモチコシ沢を横断して日向山へ登りかえすというルートだ。これはイガイガさんが開拓したスペシャルルートだ。オイラも行かなきゃ行かなきゃと常々思っていたルートだ。

ムズムズとした気持ちが抑えられなくなってしまった。
こいつは一緒に行かなきゃならねぇだろ。
たとえ仕事が押して、後で苦しむ羽目になってもね。

Tizu1513

2015年1月11日

メンバー:M-Kさん EAさん YAMさん ミックスナッツさん
      そしてshiro

Rimg0491

8:00 玄倉林道のゲート前に集合して出発です。

Rimg0492

女郎小屋沢出合で玄倉川へ降りる。
今日の玄倉川には水が一滴も流れていない。
いくら冬の水枯れの季節とはいえ・・・こんなの初めて見た。

Rimg0494

女郎小屋沢を少し遡ったら、左手の尾根に取りつく。
薄らと経路痕あり。
植林の尾根。鹿柵が縦横に張り巡らされている。

Rimg0496

なかなかの急登だ。
でも、植林尾根だから危険地帯は無い。

Rimg0500

植林地帯を抜けるといい雰囲気の自然林。
ブナの巨木が立ち並ぶ、良い尾根だった。

Rimg0507

10:10 ドーカク尾根の稜線に飛び出す。

ワナバノ頭を越えて・・・

Rimg0510

やってきました、白ザレノピーク。ひさしぶりだなァ。
さあ。この先はいよいよ丹沢一のキレット。大タギリだ。

数年ぶりの大タギリ。
危険な場所である事は間違いないが、過去ここの通過にそれほど苦労した記憶が無い。残置ロープが有るはずだしね。(もし残置ロープが無くなっていたとしても、自前のロープは各自持っている)

でも・・・数年前とはちょっと様子が違っていた。
古い残置の虎ロープに加えて、比較的新しいザイルが垂れている。

まず先陣きってオイラが降りる。
垂直の壁だがスタンスには苦労しないから、ゴボウで楽勝のはず・・・
だったのだが・・・
え~~! こんなにスタンスが少なかったっけ!?
ロープにぶら下がりながら、足先でザレを払いスタンスを探る。
足元不安定のままぶら下がっている時間が長くなる。ゴボウで時間をかけたらヤバイ。腕力が切れたらジ・エンドだ。

と、ヒヤヒヤの思いで鞍部に降り立った。

Rimg0513

2~3人立つのがやっとの狭い鞍部に長居は無用だ。
反対側の壁に10mほど登りかえして、後続が降りるのを見物する。
もちろん後続には、エイト環を使った方が良い事は伝えた。

そうか。新しいザイルをコブ無しで垂らしてあったわけがわかった。
エイト環とかATCとかで降りろって事だったのね。

Rimg0515

数年前までは滅多に人が入らなかったドーカク尾根も、ここ数年のバリエーションブームで歩く人も増えたのだろう。
もともとモロイ地質の大タギリ。人が通過するたびにボロボロと崩れていくのだろうと思う。

このルートを計画している人たちへ。
以前のように残置虎ロープを使ってのゴボウ降りは、そうとう危険になってきてます。
懸垂下降の用意が無い人は、止めといた方がいいかも。

言っとくけど、逆コースの方がもっと危険だよ。
オイラは今後、逆コースでの大タギリの通過はしないと思う。たぶん。
アセンダーぶら下げて山歩きなんて、オイラの趣味じゃないからね。

Rimg0522

11:50 大タル丸

大タギリの通過を無事終えて、満足感一杯の面々。

Rimg0525

女郎小屋乗越。
やっぱりここも恐ろしげなキレットだが、大タギリに比べりゃへでも無い。

Rimg0526

12:40 女郎小屋ノ頭
リハビリ中のミックスナッツさんは、ここで別ルートをとる。単独で南尾根を降り、日向山へ向かう事となる。
日向山下での再会を約束して、残りの4人は北東の稜線へ進む。

Rimg0530

このドーカク尾根。
ピークとピークの間のコルは、必ずと言っていいほどキレットになっている。
ホント、丹沢で一番危険な稜線だと思う。
でも、この緊張感が程よくて心地いいんだなァ。
おっと、大タギリは別だよ。あんな本気の冷汗をかく場所は、オイラはあまり好きじゃないんだ。

Rimg0532


モチコシ沢ノ頭を通過。

Rimg0535

13:30 裸山丸
さあ、ここからオイラの未踏ルート。あこがれの南西尾根に入る。
もちろんトップを歩かせてもらう。

Rimg0537

人が歩いた形跡がない、ワイルドな尾根だった。

いくつか尾根の分岐はあるが、比較的わかりやすい。
慎重にRFすれば、ルートをミスる事もないだろう。

それでもやっぱり安易に下降していい尾根ではないだろうとは思う。
尾根筋を間違えれば、モチコシ沢の悪場へ降りてしまう可能性が高い。
登り返しの決断が鈍ってくる、体力・気力の低下時には下降路として使うべきではないな・・・と思った。

Rimg0540

尾根の先端は崖になっている事はM-Kさんが知っていたので、早めに右手のルンゼへ下降。
そしてモチコシ沢へ降り立つ。
このまま沢を下降すればモチコシ大滝だ。そこで、反対側の日向山へと登りかえす。
そこが、このルートがスペシャルである所以だ。
後追いするのは簡単だけど、こういうイレギュラールートを計画して開拓したイガイガさんは本当にすごい人だと思う。

Rimg0542

日向山への登り返しも生易しいものじゃない。
小さな枝沢を登っていくのだが、沢の最後はザレ崖。
どこで沢から尾根に移るかは、各自判断が分かれるところ。
オイラとYAMさんは早めに沢から離脱。M-KさんとEAさんはギリギリまで沢を詰める。

日向山の直下で無事ミックスナッツさんとも合流。

さて、あとは降りるだけです。
M-K師匠が言うには、山頂を巻いて女郎小屋沢出合へ向かう経路が有るはずだと。それを探索したいのだと。
でも、もう時間も3時を回っているし、体力も残り少ない。「もう、普通に降りようやァ」とのみんなの意見に、M-Kさんも残念そう。

日向山山頂から西尾根を降りながら、あきらめきれないM-Kさんの「ちょっとだけあっちへ行ってみたい」との声で、尾根筋を離れて右手の斜面を下る。

Rimg0545

するとなんと! 立派な経路痕を発見したのです。
さすがはM-K師匠や。
最後はハイウェイのような経路を降りて、無事帰還しました。
はたしてこの経路痕が、M-Kさんの言うように日向山北鞍部へ続いているのか・・・
そのうち探索してみます。

と。

なんだかんだで最初から最後まで充実した楽しい山行でした。
やっぱりこの山域は痺れるねぇ・・・

 

 

今日の疑問

Rimg0533_2


私製の山名板ってのは、必ずつけて回るやつがいる。賛否両論あるんだろうが、オイラは反対だな。「何のためにつけるの」って疑問の方が大きい。
自分の痕跡を残したいのなら落書きと同じだし、後人が迷わないためっていうのなら余計なお世話だぜ。
地図と地形で自分が立っているピークを同定できない奴は、バリエーションを歩く資格無いと思うし(危なすぎるだろ)、自分で同定する前に目の前に答えを書かれていたら興醒めもいいとこだぜ。そういう事が楽しくてバリエーションを歩いているのだから。

まあ、この事はいつも議論になる事だから置いといて・・・

今日の疑問はこの写真の山名板。最近、丹沢のあちこちでチョイチョイ見かけるんだよね。この『byヤマレコ』ってやつ。
オイラ、ヤマレコ会員じゃないから知らないけどさ。こういう事を推奨してる会なの?
だとしたら問題だぜ。
それこそ「何のために??」だ。
山の会としての品位を落とすだけだぜ。
品の無いオイラが言うのもなんだけどサ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/10

七沢山

前日に続いて2日連チャンの山歩きです。
ああ・・・二日続けて山を歩ける。なんて幸せなんでしょう。

この日は、大山三峰の周辺を散歩するというM-K師匠のお供です。

2015年1月4日

Tizu1513

メンバー : M-Kさん AYさん EAさん YAMさん  shiro

谷太郎林道終点のPに車を停める。
当初M-Kさんから新年の軽いお散歩だと聞いていたが、メンバーがメンバーだもの。
行きの車中でいつの間にか鳥屋待沢を登る事になっていた。
ところがついてみたら、雪景色。(オイラは前日の山行で知っていたけどね)雪の積もった沢歩きはヤダし・・・みたいな雰囲気になって、大小屋沢の左岸の尾根に取りつく事に。
ここは620m付近で宝尾根から派生している尾根だが、メンバー全員が未踏だし、歩いた記録も見かけた事が無い。

Rimg0461
そんなこんなで、9時少し前。駐車場を出発します。
大小屋沢左岸尾根は、取り付きからいきなりの急登。
窪地を挟んで左右に尾根が有る。どっちが楽に登れるかで意見が分かれ、最初っから二手に分かれて登る。(M-K隊の場合、こんなのしょっちゅう。基本的に単独で歩く人達だからね。)
オイラは左手の尾根を登ったけど、決して楽ではなかった。まあ、右手を登っても同じようなものだとは思うけど。

途中から新しい仕事道が現れて、尾根の傾斜が緩む420m付近まで楽に登れた。
この仕事道の下端がどこへ繋がっているのかとても気になるところ。

Rimg0464

その後、尾根は痩せた岩稜になる。かなりワイルド。
こういう尾根はとっても好き。「良い尾根だなァ」と思ってしまう。

Rimg0468

標高620m付近で宝尾根と合流した。
ここは宝尾根のRFポイントの一つ。だから見覚えのある地点だ。
宝尾根下降時には、ここで尾根を直進しないで北東方向へ進路を変えなければならない。
でも、谷太郎林道のPへ戻る時には、ここを直進して登ってきた尾根を下降する事にしよう。下部には仕事道があるし、楽に降りられるはずだ。

Rimg0477

勝手知ったる宝尾根は省略して・・・
12:20 大山三峰の一角、七沢山へ到着しました。

さて下山ルート。
やっぱり、あっちへ行こう、こっち回りだと各自が好き勝手な事を言った後、梅の木尾根からV尾根で降りようという事になりました。

登山道を南へ進み、唐沢峠を越えてP893から梅の木尾根に入る。
そしてP778の少し先から北へ。不動滝へと降りるV尾根に入ります。

Rimg0484

ここは僕らの間ではかなり有名な尾根で、『シ○ミ尾根』と呼ばれていました。でも、そういう個人を特定する名前は良くないよ・・・とかで、M-Kさんは冊子KAZESAYAGEに『魅惑の短いヤブ尾根』として紹介していました。

そんな有名な尾根なのに、なんと、オイラには未踏尾根だったのです。
M-K師匠はじめ、他のメンバーさん達は、当然勝手知ったる尾根ですが、オイラは初めて。

Rimg0485_2

実は前日、大山の帰りに梅の木尾根からこの尾根を下降する予定だったのです。
が、ひと月ぶりの山歩きで足の筋肉がバテバテになってしまいやめておとなしく登山道で降りてしまっていたのです。

だから、翌日にこの尾根を下降するチャンスをもらえて、とっても幸せです。

ここもまた、噂どおりのワイルドな良い尾根でした。

Rimg0487_2

あっという間に、前日通過した不動滝へと降りてきました。

この後は谷太郎川沿いの登山道をテクテクと。
3時半には駐車場へと戻りました。

うんうん。
なかなかいいお散歩でした。 

 

 

 

新兵器紹介

Rimg0394

なぜか黄色に惹かれてしまう。
ネット通販サイトで見つけた瞬間にクリックしてしまった。
TEVAのスノーブーツ。
黄色が好きな色なんだ。
でも、箱を開けてちょっと引いた・・・
こりゃ・・・普段は履けないや・・・こんな派手な色の靴。
もちろん山用品ではない。あくまでもタウンユースの耐久しかないと思う。
でも、街での普段履きにできないとなったら、山で履くしかないだろう。

と、3日、4日と二日続けてこいつで山を歩いてみた。
思ってた以上に調子が良い。
さすが、『滑らない』を売りにしているTEVAだ。沢歩きでもいい具合にグリップしてくれる。
スノーブーツだから、雪の中を歩いても、水が浸みてこない。凍結路面でもそこそこグリップする。
尾根や登山道も普通に歩けるしね。
なによりも暖かい。寒がりのオイラとしては、足元が暖かいのはホントありがたい。

で、すっかりお気に入りです。
こりゃ、良いギアを手に入れた。
この冬は大活躍しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/05

正月恒例大山詣 ~今年は白滝経由で~

なんだろう・・・
別に信心深いわけではない。信仰している宗教も無い。
なのに、神仏の存在はわりと信じているのかもしれない。
神社仏閣へのお参りは好きだし、縁起もかつぐほうだ。
神様っていると思うよ・・・
山を歩き回っていると、特にそう思う。「ここは神々の領域なのか・・・」そう感じる場面もしばしばある。

正月は大山様へお参りをして、『家内安全』と『商売繁盛』のお札を頂戴する事が恒例行事となっているんだ。
これはちゃんとしないと気持ちが悪い。

問題は、どのルートで大山へ登るかだ。
表参道で・・・ってのも芸が無さすぎだし、できれば毎年違うルートで登りたい。
かといって、正月早々危険含みのルートってのもねぇ~
と、毎年悩む。

今年は不動尻から白滝を経由して行こうと決めた。
昨年末のM-K師匠の山行記事を読んで、ちょっと白滝を拝んで、周辺の様子も確認しておこうと思い立ったわけです。
あの辺にもしばらく行ってないし。
その後は、唐沢峠から唐沢に降りて、石尊沢左又か南大山沢右又で…と言う計画です。

2015年1月3日

Tizu1513

天気快晴。風も無く穏やかな日和だが、やたらと寒い。

Rimg0425

7:20 広沢寺温泉の駐車場に車を停めて歩き出す。
本当はこの2kmほど先の、二の足林道ゲートまで車で行きたかったのだが、路面の状況を見てやめた。スタッドレスは履いているものの、凍結した山道を登っていく自信は無い。

Rimg0429

8:35 不動滝を通過。
元旦に降った雪が思いのほか積もっている。自宅の川崎周辺では、積もる気配など全くなかっただけに、丹沢ではこれほど積もっているとは思いもしなかった。

Rimg0431

8:50 大ナメ滝
今日は水量が多くて迫力がある。

滝を見物したら、左岸の高巻ルートで巻く。
急斜面のトラバースルートは、雪が積もれば危険度が倍増する。
慎重に、慎重に・・・

Rimg0437

白滝の門番の滝。
こいつを突破しないと、幻の白滝は拝めない。

右岸から1段目の脇をよじ登り、2段目の下に立って「なるほど」と思った。
年末にM-K師匠が言ってたのはこの事か。
ここはなんとかフリーでよじ登れたはずだが、なんか様子が違う。
ホールドになっていた細木が崩れ落ちてしまったのかもしれない。
ロープが無きゃとても登れない。

Rimg0439

9:20 白滝
あ~~~! 何度見ても良い滝だ。

Rimg0441

白滝の滝つぼで、しばし休憩した後、さらに上流を目指す。

まずは右岸の赤茶滝を横断しなければならない。
普段はなんてことないルートなのだが、凍りついた岩場の横断はちょっとビビった。

Rimg0442

白滝落ち口上流の湧水地帯。
ここではちょっとした岩登りが有るのだが、見た瞬間にやめた。
岩に積もった雪が凍り付いているんだ。

沢を詰めて唐沢峠に上がる計画だったが、あきらめて左岸の急斜面を這い上がる。
ひと頑張りすれば唐沢峠へ向かう登山道へ飛び出すことは知っていた。

10時過ぎに唐沢峠に到着。
一休みしながらこの先のルートを考える。
そうだ石尊沢から裸地尾根を上がってみよう。
そこそこ雪が積もっているはずだ。裸地尾根に足跡を付けるってのも悪いアイディアじゃないだろう。
ちょっと以前、ニカニカの山仲間の間で『雪が積もった裸地尾根に1番乗りで足跡を付ける』って遊びがはやった事がある。(確かAYさん考案の遊びだ)

Rimg0443

唐沢峠から唐沢大堰堤に降り、石尊沢へと入る。
出合からしばらく進むと、南大山沢方面から尾根越えで足跡が降りてきていた。
そのまま石尊沢への上流へと足跡が続いている。2人の足跡だ。
こんな雪の積もった沢を歩く物好きな奴がいるんだねぇ。

Rimg0446

雪の積もった沢ってのは、ルート取りが難しいんだ。雪の下の様子がわからないだけに。
慎重に見定めて足を運ばなければ、ズボッだのビシャッだのズルッだのでまともに歩けない。下手すりゃ捻挫だ。
ところがこの先行者の足跡は間違いなかったね。足跡を追って歩けば、確実に安全に歩ける。
かなりの強者だな・・・と思った。そうとう熟練した人に違いない。

Rimg0447

足跡はやっぱり裸地尾根へと上がっていた。
ククっ・・・先を越されたか。足跡付けは1番乗りじゃないと意味が無い。
ならばこのまま石尊沢左又を詰めるか…とも思ったが、先ほどの白滝沢の事を思い出してやめた。凍り付いた岩場はとてもじゃないけど登れない。石尊沢左又は行ったことが無いが、岩登りなしで詰められるとは思えない。

裸地尾根の急登をヒーコラと登り・・・

Rimg0448

裸地へ辿りついて、あらビックリ。
ここだけ雪積もってねぇじゃん!

Rimg0452

12:00 大山山頂に到着。
奥の宮に参拝をして、人でごった返す山頂はさっさと後にする。

ここからはお決まりのルート。毎年表参道を下社まで30分で駆け下りるのを恒例としているが、今年はそうもいかない。
なにせ踏みしめられた登山道はところどころ凍り付いているんだ。他の登山者たちの足元もおぼつかない。
下手に追い越しをかけて、巻きこんでしまっては一大事だし、巻き込まれるのもごめんだ。
慎重に慎重に・・・

Rimg0455

それでも40分ほどで下社まで降りてきました。

去年のお札をお返しして、新たなお札を頂戴して・・・

あ~、これで今年の参拝も無事終了しました。

さてさて。帰路につきますか・・・
と、見晴台方面へ向かう。

当初の計画では、見晴台から1120mまで登りかえして、梅の木尾根経由で帰るつもりだった。が・・・ひと月ぶりの山歩きでもうヘトヘト・・・。

おとなしく日向薬師へ登山道で降りる。
九十九曲りの登山道。ああ、ここを歩くのは何年振りだろう。初めて大山へ登ったのはこの道だったなァ。

日向林道に降り立ってからが今日一番の危険地帯だった。ツルンツルンに凍ったアスファルトの道は本当に怖い・・・

日向薬師からはもうひと頑張り、日向山越えで広沢寺へ向かう。

15:30 無事、広沢寺温泉の駐車場へ辿りつきました。

 

今年もよろしくお願いします!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/01/01

謹賀新年

明けましておめでとうございます

Img_0529

今年の初日の出は何年かぶりに鐘ヶ岳から。
東の空は厚い雲に覆われていて、はっきりとしたお日様を拝む事はできませんでした。
それでも雲の切れ目がオレンジ色に輝きだした時には、引き締まる思いが身体を走りました。

新たな年が始まったんだ・・・

 

 

 

それにしても。

昨年はなにかとあわただしい年でした。
いえ、決して悪い事があったわけではないのですけど。
人生の一つの転機の年だったと思っています。

11月に新たに会社を起ち上げ、従業員の数も一気に増やしました。
思いつきでの行動ではなく、2年前から思い描き温めてきた計画を実行に移しただけですけども。
それでも想定以上に湧き上がるいろいろな事態への対処で、山へ行く時間も取れず、blogをupするヒマも無く・・・

いえいえ、時間が無いなんてのは言い訳です。
どんなに忙しくたって、休みは作れるはずだし、blogをupする時間も無いなんて事があるはずない。
そんなに働き詰めだったら過労死しちゃうよ。

ようは、精神的余裕がなくなってしまっていたんだ。
我ながら器の小せぇ奴だな・・・と思う。

少しづつ気持ち的にも落ち着いてきています。
今年はまた、暇さえあればの丹沢を歩きをつづけていこう。
blogもコマメにupしていこう。
やっぱり、山を歩き、blogにくだらない事を書き連ねるのがオイラの健康法なんだ。
身体的にも精神的にもね。

 

 

事業の方もおかげさまで、今のところ順調です。
まずはうまい事スタートできた・・・と思っています。
でも、もともと野心家でもビジネスライクな人間でもないんです。
元来、職人ですし、「飯さえ食えれば高望みはしない」と思っていたし、自分が納得いく仕事をする事を最優先で考えていました。
それが数年前から少し考えが変わってきました。
自分の仕事に対する姿勢が「攻め」から「守り」に変わってしまっている事に気づいた時、思いました。
「このままでは萎んでいくだけだ。自分が築いてきた技術も実績も自然消滅していくだけだ。」
「このまま終わりたくない」そう思った時、もう一歩、二歩、上へ上がるしかないんだと思いました。

山と同じさ。
とにかく進むしかないんだ。方向とルートを考えて定めて、先へ進むんだ。
道の無いバリエーションルートを歩く楽しさ。それと同じような事なのかもしれない。

 

 

まあ、そんなわけです。
そんなわけですが、今年もよろしくお願いいたします。 

 

Img_0533

正月早々嬉しかった事。

鐘ヶ岳でイガイガさん、kazさん、massyさんにお会いしました。
こうして山のお仲間にお会いして、とりとめもないお喋りをする事が、今はなによりも嬉しく楽しい。

どうぞ、今年一年、良い年になりますように!

皆様にとって・・・
そして僕にとって・・・

2015年元旦

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »