« 要所小屋沢 | トップページ | 大界木山南尾根と戸沢 »

2014/07/28

かき氷を食べに秩父路へ

2014年7月27日 

唐突ですが

我が夫婦、結婚してはや25年が経ちました。
銀婚式イヤーの今年、「今まで食べた事が無い物を食べて回ろう」を合言葉に、夫婦でいろいろな所へ行っています。

で、今回のテーマは

天然氷のかき氷 

今や日本でも3か所でしか製造していないという天然氷を食べるために、はるばる秩父まで行ってきました。

Img_0395

行ってきたのはここ。
秩父は長瀞にある阿佐美冷蔵。

10時OPENなのだが、「9時前には行って並ばないと3時間待ちは当たり前」と聞いていたので、早起きして出発したのですが・・・
長瀞に着いたのは9時20分ごろ。

Img_0394

すでに大行列です。
誘導係のおじさんに聞くと、「90分以上だろう」とか・・・
普段のオイラなら「並んでまで食いたい物なんかねぇ!」と捨て台詞を残して立ち去るところですが・・・。
今日は我慢して並ぶんだ。なにしろ、かき氷を食うためにわざわざ秩父までやってきたのですから。

Img_0404

結局2時間並んでGetしたのがこれ。
秘伝の蜜の氷1000円なり。
奥はアイカタ(奥様)のみかん氷。

美味しかった。

物の味などそれほどわかるオイラではありませんが、それでも「うまい!」と思った。

もっとも「炎天下で2時間立っていた後の氷はなんだってウマいさ。」とも言えますが・・・

さて

朝早くに出てきたので、氷を食べ終わってもまだお昼前。
せっかく遠出をしてきたので、秩父路を巡ってみる事にしまた。

あっちより、こっちよりと車を走らせ・・・

Img_0423

やって来たのは秩父の最奥、三峯神社。

Img_0426

山門をくぐると幽玄な雰囲気の長い参道。
標高1100mの空気がとても気持ち良い。

Img_0428

拝殿に着きました。
数十年ぶりの訪問です。

まだオイラが二十歳前後だった頃、この神社に魅せられて何度も何度もここを訪れました。

Img_0433

オイラが魅了されていたのは、この木彫り装飾。

Img_0437

当時、美術を志していたオイラは、この精緻な彫刻に愕然としたものです。

Img_0440

あの当時はこんなにカラフルではなかった記憶があるから、近年塗りなおしたのだろうと思います。
でも、きっと創建当時はこんな極彩色が施してあったんだろうと思うと、うっとりと見とれてしまいます。

Img_0441

脇社の破風にも何気なく精緻な彫刻が。

木彫をやった事がある人ならわかるはず。
「そんな彫り方できるわけがない」という事を平気でやってのけた日本の匠たち。
手彫りの技術が廃れ、機械彫りが当たり前になってしまった今、逆にこんな彫刻はもう絶対できないだろう。

Img_0446

石垣にはイワタバコの花がびっしりと。
丹沢で見るイワタバコとは葉っぱの雰囲気が違うような気がする。

 

さあ

次回は何を食べに行きましょうか・・・。

|

« 要所小屋沢 | トップページ | 大界木山南尾根と戸沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/60056824

この記事へのトラックバック一覧です: かき氷を食べに秩父路へ:

« 要所小屋沢 | トップページ | 大界木山南尾根と戸沢 »