« 世附ネコノメ探索 今年は戸沢 | トップページ | 畦ヶ丸南西尾根(水晶沢右岸尾根) »

2014/05/01

ニカニカ集会に参加してきました

2014年4月27日

恒例のM-K師匠主催のニカニカ集会に参加してきました。
今春の集会は敷地山の北鞍部でした。

Tizu1311

新松田発西丹沢行の一番バスに乗って、8時ちょっと過ぎに玄倉へ到着。
バスを降りた所でMASAHIKOさんと会う。

当然どのルートで会場に向かうのかって話になるので、以前MASAHIKOさんが見つけた玄倉川芋ノ沢左岸の御料林経路で行くって話をすると・・・
なんと! 彼は自分の予定を変更して案内してくれるという。

P4270001

長靴スタイルのMASAHIKOさんとおしゃべりしながら玄倉林道をテクテクと。

P4270002

8:40 林道ゲートでM-Kさん達一行に追いつく。
しばらくワイワイと一緒に歩く。

カイモンヤ沢へかかった所で一行と別れ、MASAHIKOさんと共にカイモンヤ林道へ入る。

P4270005

綺麗な林道だ。途中にユンボが置いてあったから、森林整備のために改修仕立てって感じだった。
それにしても勾配のキツイ林道だ。道が良いからグングンと早足で歩いてしまうが、勾配がキツイから心臓がバクバクしてしまう。

尾根の背に乗った場所で、林道から境隧道~山神峠の登山道に乗り換え、再び玄倉川へ向かって下降する。
なんのために急坂を登って来たのか・・・などと言ってはいけない。
こういうおバカ歩きをヨシとするのが僕ら流なんだ。

境隧道の上を通過したら、西側の斜面を玄倉川へ向かって下降する。
MASAHIKOさんは薄っすらと経路痕があるだろうと言うが・・・
有るような・・・無いような・・・

P4270006

ほどなく玄倉川へ降り立つ。

P4270007

写真の正面が右岸へ流れ込む芋ノ沢。
芋ノ沢って枯れ沢だったのね・・・。

P4270009

河原で一休みしてる間に、上流へ探索へ行ったMASAHIKOさんが誰かを連れて帰ってきた。
イガイガさんとゼフィルスさんだ。

御料林経路は出合からすぐに続いているが、その前に少しだけ芋ノ沢を探索する事にする。

P4270011

壊れた石積堰堤を見つけた。
「こりゃ、T.I博士の好みのタイプだ」って事はすぐに分かった。
もう彼との付き合いも長いからね。

こんな枯れ沢に何故、こんな立派な石積を・・・という疑問も浮かぶが、その追求はT.I博士に任せよう。
堰堤にはそれほど興味がわかないからね。

P4270013

標高500mの二又まで行った所で引き返す。
この先ちょっとゴルジュっぽくなっているし、手こずれば集会に遅刻してしまう。

でも、いつか、この沢を詰めてみようと思った。

P4270015

植林地をジグザグに登っていく御料林経路は、意外とくっきりと残っていた。
途中あやふやな部分もあるが、歩く人が絶えて長年が経つわりには、経路痕がはっきりとわかる。

10時半頃には会場の敷地山北側のコルへ到着。
別ルートですでに到着していたメンバーと談笑しているうちに、M-Kさん達も到着。

今年もまた、西丹沢の山の中でニカニカ集会が開催されたのでした。

Dsc_0031boka_2

今年の参加メンバー(順不同)

M-Kさん  AYさん  イガイガさん  KAZさん  ゼフィルスさん  ミックスナッツさん  EAさん  YAMさんと柴犬フク  はっぴーさん  キリヤマ隊長  アンヌさん  T.I.博士  MASAHIKOさん  yamajinnさんと奥様  花立小僧さん  レガーさん  ardbegさん
そしてshiro

総勢19名でした。

P4270018

楽しい時間はあっという間に過ぎ・・・
13:00すぎには散会です。

来た時と同じように、各自好きなルートで下山します。
てんでんばらばらに集まり、好き勝手に散っていく。
こんなラフなスタイルが心地いいんだよなぁ。

P4270023

オイラはイガイガさん、MASAHIKOさん、ardbegさん、ゼフィルスさん、キリヤマ隊長、アンヌさん、レガーさんと共に、敷地山の南東尾根を下る。

なかなかワイルドな尾根だったよ。

 

ってなわけでして。
ニカニカの皆さん。
これからもよろしくお願いします。

 


|

« 世附ネコノメ探索 今年は戸沢 | トップページ | 畦ヶ丸南西尾根(水晶沢右岸尾根) »

コメント

shiroさん

ブルーシートありがとうございました。最近すっかり甘えておりますがすみません。感謝しておりますよ。丹沢の地図を見ないで、あそこのピークがとか、なになに沢がどうの何とか尾根をどうした・・とか、ぺらぺら話せる人達!これは怪しい集団といえるかも?ですね。下降された尾根はワイルド?な感じですね。登る候補のルートだったです。4日に畦ヶ丸西面の水晶沢・バケモノ沢界尾根辺りを荒らしに行きます。よかったらコラボ如何でしょう。もしかしたら忘路峠越えでやるかもです。以前shiroさんも一緒に戸沢へ下降しましたが、あの辺です。

投稿: M-K | 2014/05/02 01:19

M-Kさん
主催者としてのご心労、お疲れ様でした。
今年も楽しい集会でした。
天気も最高でしたね!
ブルーシートを担ぐくらいはお安いご用ですから。
下りにつかった尾根もなかなか良かったです。
上部は植林のつまらない感じですが、下部は危険含みのワイルドな尾根でした。
  
これからもニカニカ集会は楽しみにしています。
またよろしくお願いします!!

投稿: shiro | 2014/05/02 11:19

先日も楽しいひと時をありがとうございました。
仰るとおり自由ルートで参加をして、勝手気ままなルートで「また次回!」とのスタイルが素敵ですね。
今回も楽しませていただきました。

明日はまた戸沢界隈に行かれるのですね。
ぜひ見つけてきて下さい。
時期的にはドンピシャですね。
ああ、私も行きたかったです・・・。

投稿: レガー | 2014/05/03 08:47

レガーさん、こんばんは。
用アリで参加できないとおっしゃってたレガーさんが、用事を済ませて駆けつけてくれた時は、とても嬉しかったです。
短い時間でしたが、とても楽しいひと時でした。
帰りも車で送っていただいて、ありがとうございます。
 
明日はまたバケモノ沢界隈へ行ってきます。
簡単に見つかるとは思っていませんが・・・
探す事が『楽しい』のですから。
定例の花コラボも、ルートを考えておきますね♪

投稿: shiro | 2014/05/03 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/59560853

この記事へのトラックバック一覧です: ニカニカ集会に参加してきました:

« 世附ネコノメ探索 今年は戸沢 | トップページ | 畦ヶ丸南西尾根(水晶沢右岸尾根) »