« ニカニカ集会に参加してきました | トップページ | 早戸大滝 »

2014/05/06

畦ヶ丸南西尾根(水晶沢右岸尾根)

連休はどこへ登ろうかなぁ・・・なんて考えているところへ、M-K師匠が畦ヶ丸の南西尾根を登るって事を知ったんで、急遽参加をさせていただきました。

甲相国境尾根から畦ヶ丸を眺めると、南西方面へ向かって2本の尾根が伸びています。太くてなだらかで、「歩いてみたい」って思わざるをえない尾根。
そのうちの1本、水晶沢の左岸尾根は登ったことがあるので、もう1本の水晶沢右岸尾根を歩くチャンスをうかがっていたんだ。
世附の深部に位置するこの尾根。西丹沢のどこを基点にしてもロング、おまけに累積標高差も大きくなり、なかなか計画を立てられずにいたんだ。

今回のM-Kさんの計画は、道志の浦安峠下を基点にするという。
なるほど! 道志側からなら、楽に国境尾根を越えられるし、コンパクトに周回できる。
北丹沢には疎いから、なかなか考え付かないコース設定だ。

連休の混雑を避け北丹へ行くってのも、さすがM-K師匠だ。
後から聞いた話では、表尾根では鎖場で1時間待ちの行列だったとか。
こっちは沢で釣り師2名。畦ヶ丸周辺の登山道で4~5組に出会っただけ。(それでも、この山域では多い方かも)

静かだけれどインパクトの強烈な山歩きを楽しんできました。

Tizu20

2014年5月4日

メンバー : M-Kさん EAさん YAMさん shiro

P5040004

8:15  室久保川沿いの林道を奥へ奥へと入り、旧横浜野外活動センターのそばに 車を停めて出発です。
こんな山奥まで車で入れるなんて、知らなんだ。
本当はこの1.5kmほど先の浦安峠間近のゲートまで車で入る目論見だったが、道がえぐれていて危なそうだったので、ここから歩く事にした。

P5040008

8:50 初めてやってきた浦安峠。
ここから破線登山道で甲相国境尾根に登る。

P5040014

大界木山西方の小ピークへ登ったら、そのまま尾根を乗越して南側のヤブ尾根へ突入。

世附特有の激ヤブ尾根であったが、わりとくっきりとしたケモノ道が付いていて歩きやすい。
こういう痩せた尾根では獣達も歩ける所が限られてしまうから、ケモノ道がくっきりとできるんだ。

P5040018

奥野歩道(昔の東海自然歩道)が交差する標高960~70mを慎重に下る。
水平に伸びるケモノ道に惑わされもしたが、無事廃道跡に降り立つ。この尾根の背ではヤブに埋もれる事も無く、くっきりと残っていた。

P5040020

この奥野歩道。M-Kさん、EAさん、YAMさんは探索済みだが、オイラは大滝峠~水晶沢の間しか歩いた事が無く、ここも「近いうちに歩かなきゃ」と思っていた経路。

ボロボロの廃道だと聞いていたが、あらあら、意外としっかりとした経路痕が残っている。

P5040021

なんて思ったのは一瞬だけでした。やっぱりボロボロの廃道でした。
沢筋を横断する所は、必ずと言っていいほど危険。

P5040024

尾根筋は大丈夫かっていうと・・・そんな事は無く。
猛烈なヤブ漕ぎ。そして何ヶ所もある倒木越え。

まともに歩ける部分の方が少ない。

P5040023

でも、こんな朽ちた道標を見つけると、妙に嬉しくなってしまう。
これだから廃道探索はやめられない。

P5040025

戸沢へ降りる部分は腐った梯子が頼りの崖下り。

と、なんだかんだ苦労しながら戸沢を横断し、水晶沢右岸の尾根に乗った。

奥野歩道は、20年前まで東海自然歩道として立派なハイキングコースだったそうだ。
今ではまともじゃないどころか、危険地帯だらけだ。
軽い気持ちで立ち入れる経路じゃない事はよくわかったが、「近々、大滝峠から信玄平まで通しで歩かなきゃ」という思いが逆に強まった。
年々崩壊と薮化が進行し、この先ますます困難になるばかりだろうから、早いうちに歩いとかなきゃ・・・。

P5040031

さて。
本日のメインイベント。畦ヶ丸南西尾根を登ります。
最初は思った通りのヤブ漕ぎ。隣の水晶沢左岸尾根が激ヤブだったから、予想はしていた。
そして、こういう広い尾根ではケモノ道も付きにくい。
ヤブを掻き分け、もがきながら急斜面を登る。

P5040036

標高1020m付近でヤブから飛び出すと、びっくりするくらい真っ平。

その後も少し登っては真っ平。また少し登って真っ平を繰り返す。

P5040037

どうよ! この気持ち良い尾根。
自然林でブナの大木も目立つ。
あ~~こりゃ、良い尾根を見つけた。
本当に気持ちの良い美尾根だった。

水晶沢源頭の痩せたコルを渡って、ラスト5~60mの急登で畦ヶ丸南の登山道に飛び出した。

P5040048

13:35 畦ヶ丸避難小屋に到着。

休憩後、国境尾根の登山道を辿り、忘路峠から車を停めた野外活動センターへ続く廃登山道を降りる。
こちらも当然お初のルート。

15:10 無事、車へ辿りつきました。

今日も楽しい山行でした。
なんたって今日は盛り沢山。
下降した尾根も良かったし、奥野歩道も刺激たっぷり。
畦ヶ丸南西尾根の美尾根っぷりは感激ものだ。
オマケで未踏登山道で残っていたモロクボ沢ノ頭~大界木山もつぶせたし。(忘路峠~大界木山の中途半端に短い区間が残ってしまったけどね・・・)

さあ・・・

丹沢もいよいよ花の季節になりました。
当blog恒例の『今日の花』も半年振りに復活です。

P5040006

マルバスミレ

P5040010

ミヤマシキミ

P5040027

ツルシロカネソウ

P5040044

ツルキンバイ

P5040046

おおっと、こいつは珍しい。ツルキンバイの白花だ。

P5040055

ヤマエンゴサク
よく見るジロボウエンゴサクとの違いは、花の大きさ。そして花の下にギザギザの苞(小さな葉っぱ)が付いているんだ。


 

 

|

« ニカニカ集会に参加してきました | トップページ | 早戸大滝 »

コメント

shiroさん
近年は只のお荷物ジイサンで師匠なんてものではありません!(shiroさんにだけは永遠にこの件は不問です!)ヒッヒッヒッ・・ではありますが、このチョンボルートは最高ですね! いやはや楽しめまして大満足でございます。真っ平ら尾根?-これもベリグーでした。大滝峠~信玄平の西行奥野歩道・・。差し支えなかったら連れて行ってくれませんか?(私もああいった波乱含みの激渋は大好きなんです!前回の危険個所の検証もしてみたいし・・)
「今日の花」コーナー、素晴しいです。

投稿: M-K | 2014/05/08 13:15

M-Kさん
今回も楽しいコースに同行させていただき、ありがとうございました。
僕にとってM-Kさんは、Vルートの歩き方を教えていただいた師匠ですから。これからも『師匠』と呼ばせていただきます。
畦ヶ丸の南西尾根は、本当に“あたり”でしたね♪
あの辺一帯の尾根のブナは本当に素晴らしいです。
この分だと、大界木山の南尾根も“あたり”じゃないかと・・・近々行かなくてはと思っています。
>奥野歩道
僕はまだ通しで歩いていませんが、M-Kさんはすでに踏破済みだったのでは??
でも、再検証で行かれるなら、是非一緒にお願いします。

投稿: shiro | 2014/05/08 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/59595339

この記事へのトラックバック一覧です: 畦ヶ丸南西尾根(水晶沢右岸尾根):

« ニカニカ集会に参加してきました | トップページ | 早戸大滝 »