« 新山沢左岸尾根~ヤブ沢右岸尾根 | トップページ | 世附ネコノメ探索 今年は戸沢 »

2014/03/30

谷太郎川源流部ネコノメ調査

“ネコノメ調査”などとエラそうなタイトルをつけてみましたが、ようするにネコノメ草を見に行こうって趣向です。
早春の沢辺に咲くネコノメ草。毎年春になると、会いたくてしかたなくなる。
なんでだろうね。不思議だよね。
とりたてて華やかってわけでもない、小さな小さな花なんだけれどね。
オイラにとって、“春の訪れ”とリンクしているんだろうと思う。
何はともあれ、心を躍らせてくれる花なんだ。

土曜日のこの日、朝起きて窓を開けた時に「やっぱり今日は山へ行こう」と決めた。
本当は仕事も少し残っていたんで、前夜までどうしようか迷っていたのだけれど。
日曜は雨だっていうし、仕事は明日へ回そう。
朝ドラ『ごちそうさん』の最終回も気になるところだけど、ネコノメの方がもっと気になる。

行先は前から決めていた。谷太郎川の源流地帯。
この山域には、ネコノメの季節には入った事が無いんだ。

Tizu20

2014年3月29日

家を出たのが遅かったので、二の足林道のゲート前に到着したのはもう9時だった。
いそいで支度を整えて出発。

林道をテクテク歩いて不動尻へ。

P3290002

P3290007

キブシやフサザクラが咲き始めていた。
春を感じながら歩くのは気分がいいやね。

P3290014

四の橋を渡った所で三峰へ向かう登山道から逸れ、不動滝の方面へ向かう。
そこはミツマタの群生地だった。
良い香りに包まれる。

P3290015

今日の不動滝。
期待していた通り、冬場に比べて水量が多い。
なにしろこの沢一帯はヤマビルの巣窟だから、冬場にしか来た事が無かったんだ。

P3290017

不動滝を巻き上がった所で第一ネコノメ発見!
まずは、ムカゴネコノメだ。

上流の大ナメ滝へ向かって、沢を登る。

P3290024

見っけた!
一番会いたかったハナネコノメ。

でも、もう赤い葯が飛んでしまっている。この辺りで数株見つけたが、どれも葯が飛んでしまっていた。
って事は、この辺りで咲き始めるのは3月半ば頃なのか・・・。

P3290032

大ナメ滝に到着。
今日は水量が多くて迫力あるなぁ。

P3290038

大ナメ滝の下あたりでも、数株のハナネコちゃんを発見。
ここでも大半は葯が飛んでいたが、わずか一株だけ赤い葯付を見つけた。

P3290035

そしてユリワサビも発見。

今日は大ナメ滝の右又ではなく、左又の方へ進む。

P3290044

水濡れが嫌いなオイラは、いつもはこの辺では水際を歩かず、左岸の斜面をトラバース気味に歩くのだが、今日はネコノメ調査だから水際を歩く。
しかし雪解けの冷たい水に足を濡らすわけにはいかず、それなりに気を使う。

P3290049

大ナメ滝から200mほど上流へ進むと、左岸に7~8mの滝が現れる。
湧水滝の前衛滝だ。

P3290051

大ナメ滝からここまでの間でもハナネコノメやムカゴネコノメをポツポツと見つける。
上流へ行くにしたがって赤い葯が綺麗なノコノメが目立ち始め、前衛滝の下では明らかに咲いたばかりの株も。

さて、ここから上流部を見通すと、沢筋は雪に覆われている。
それほど標高の高い地点ではないのに、まだ雪が残っているとは・・・。

もちろん腐れ雪の上を歩くつもりなんかない。
前衛滝を巻き上がって湧水滝へ行ってみる事にする。

P3290062

湧水滝。
訪れるのは2度目。
下手な写真じゃ伝わらないだろう事が悔しいが、ここの秘境感は半端じゃない。
10m以上はある岩壁のあちこちから、水がジャバジャバと湧き出し、流れ落ちてくる。

P3290058

湧水滝下のハナネコちゃん。
やっと咲き始めたばかりって感じだね。

さて、湧水滝の秘境感をたっぷりと味わった後は、ここから稜線へ這い上がる事にする。
右岸の尾根はパッと見た目それほど厳しそうではなく、楽勝かなとも思った。

P3290067

が、すぐに、そんな甘くは無い事を思い知る。
穏やかそうに見えた尾根は、すぐに厳しい岩尾根へと姿を変えた。

木の根や岩の角を掴みながら大きな岩盤を回り込んで上へ出た時、ここに来た事があると気が付いた。
前は右手の斜面から這い上がって、この岩盤の上に出た。
ここはM-Kさん達が『岩の庭園』と呼んでいた場所だ。
って事は、ここはシチミ岩へ続く尾根だ。

シチミ岩へ向かってヤセ尾根を登る。

P3290069

突然、尾根がキレット状になる。そしてキレットの向こうに垂直の岩盤。仲間内で『シチミ岩』と呼ばれている、大岩盤だ。

目の前にして、恐怖心が身体を走った。
こいつを這い上がるのか・・・。
以前ここを登った時は、M-Kさんや仲間達と一緒だった。それほどの恐怖心も無く登ったような気がする。
単独だとこんなにも恐ろしい場所だったのか・・・。

つっても引き返すわけにはいかない。2度目だからルートは知っている。岩盤の脇のチムニー状を這い上がるんだ。

思い切って取り付いてみりゃ、まあどうって事は無いのだが・・・。

P3290071

シチミ岩の上に立って、大展望を楽しむ。

その後再び尾根を登り、 P893の少し北側で稜線登山道に出た。

P3290078

帰りは尾根伝いに、車を停めてある二の足林道のゲートまで。

ダンコウバイの花が目を楽しませてくれる。

4時間ちょっとの短い周回だったけれど、なかなか濃い歩きができた気がする。
湧水滝からの登りは、久しぶりにシビレたゼぇ。








|

« 新山沢左岸尾根~ヤブ沢右岸尾根 | トップページ | 世附ネコノメ探索 今年は戸沢 »

コメント

shiroさん

先週、今週でスッカリVルート復帰ですね。
ぴちぴちみずみずしいハナネコちゃんにあえて
良かったです。

投稿: はっぴー | 2014/03/31 07:46

はっぴーさん、おはようございます。
先週と今週で鈍った身体を鍛えなおしておきました。
花コラボには万全の体調で臨めそうです。happy01
春先のハナネコに会うと、心がうきうきします。
ホント、良かったです。

投稿: shiro | 2014/03/31 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/59382340

この記事へのトラックバック一覧です: 谷太郎川源流部ネコノメ調査:

« 新山沢左岸尾根~ヤブ沢右岸尾根 | トップページ | 世附ネコノメ探索 今年は戸沢 »