« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/25

白滝沢から滝ヶ谷戸右岸尾根

前日、前々日と連チャンで忘年会だった。
まあ、それはそれで楽しいのだけれど、日頃あまりお酒を飲まないオイラとしては、なんとなく身体がダルい。
体調悪いのに山へ行ってもなァ・・・と思ったが、この後年末のスケジュールを考えてみたら、今日行かなくてはもう行けないかも・・・。

短いコースで、それほど体力的にも厳しくなく、なのにそれなりに刺激的なコースで・・・なんてムシの良い山域っていったら・・・
やっぱ、白滝周辺でしょ!

ってなわけで行ってきました。

今年最後の山歩きかなァ。

Tizu18

2013年12月23日

朝、家を出るのがかなり遅かったが、8時半過ぎには広沢寺の駐車場に着いた。この近さもこの山域の魅力だ。
支度をして、8:45に出発。二の足林道をテクテク歩く。
普段は長い林道歩きも厭わないのだが、今日はやっぱり身体が重い。「ゲートまで車で来ちゃえばよかったなぁ」などと弱音を思ったりする。でも、ここのゲート前とか谷太郎林道の終点とか、車上荒らしが出るから嫌なんだよねぇ・・・。

Pc230056

長い林道歩きの後、沢へ入ってまもなく。
1時間かかって不動滝に到着。

Pc230057

不動滝を巻き上がったら、さあ。ここから気を引き締めなければいけない沢歩きが始まる。

Pc230059

大ナメ滝。
人によっては巻くより水流を登った方が簡単とも言うが、巻き専門のオイラは当然巻く。
左岸の巻きルートには虎ロープが張られているが、緊張を強いられるトラバースルートである。

Pc230061

白滝前衛の2段の滝。
以前来た時には、下段の滝の水流際を登った記憶がある。それも真冬に来たはずだから、濡れずに登ったはずだ。
でも、どう見ても無理だ。水流の中ならホールド・スタンスを探れるかもしれないが、びしょ濡れは避けられない。流れが変わったのかなぁ。

濡れずに登りたいなら左の泥崖をよじ登るしかない。よく見りゃ落ち葉に埋もれた残置ロープがある。
前からこんなのあったかなぁ・・・と引っ張って確認するが、どうも心もとない。
ここは、四つん這いでホールド・スタンスを探り、残置ロープは万一の時のセーフティーとしてありがたく使わせてもらう。残置にテンションをかけないようにして登った。
何種類かのロープを繋ぎ繋ぎで、滝場で風雨にさらされている残置はあまり信用しない方がいい。何人もがテンションをかけながら登っているうちに、ブチッ!なんて事もあるだろうからね。

Pc230067

来た~! 白滝!! 時刻10:20

やっぱりいい滝だねぇ~。

Pc230063

そして白滝の横の赤茶滝。
今日は赤茶じゃなくて黒に見える。そういや、白滝も白じゃなくて薄茶色をしている。

滝つぼでしばし休憩。この秘境感をたっぷりと堪能する。

さてこの後、今日は白滝を巻き上がるのではなく、滝つぼから左岸の尾根によじ登る。
体調イマイチであまり無理をしたくないってこともあるけど、白滝見物をして楽にエスケープできるルートを探ろうって目的もある。

Pc230072

地形図を眺めていて、白滝の滝つぼからそれほど苦労せずに登山道に上がれるんじゃないかと思っていたんだ。

取り付いた斜面はかなり急ではあるけれど、根っこをしっかり張った木がたくさん生えているから、危険を感じる事無く登れた。決して楽ではないけれど。

斜面の途中で滝の落ち口へトラバースする踏み跡(獣のかもしれないけれど)があった。
白滝の巻きルートは、右岸側だとM-K師匠から教わったし、前回はそっちから巻いた。
でも、左岸にも巻きルートがあるのか?観察しただけだけれど、こっちからも巻ける気がする。

7~80m木を頼り根を掴みの登りを続けたら、植林地帯となり二足歩行ができるようになる。

Pc230073

植林地をトラバース気味に登って登山道に飛び出した。
沢を歩かずに白滝見物をするってケースでは使えるルートかも・・・と飛び出した場所の光景を記憶の中に叩き込む。

Pc230074

登山道を三峰方面へ歩く。
稜線に出たら、数日前に降った雪が4~5cm積もっていた。
雪を歩くのはあまり好きではにけれど(疲れちゃうから)、これくらいの積雪なら気持ちが良い。

Pc230076

なんか可愛らしいもの見っけ!
2cmくらいの足跡。誰のだろう?

三峰の手前、七沢山から境界尾根に入る。

Pc230080

境界尾根を下り始めたら、雪が消えた。
標高は同じでも雪の残る尾根と消える尾根。何の差なんだろう・・・。

Pc230079

境界尾根の途中から見た大山。
あっちはだいぶ残雪があるみたいだ。尾根筋・沢筋がくっきりとわかって面白い。
あれがネクタイ尾根、あれが裸地尾根。石尊沢の源頭部はあんな地形か・・・なんてしばし見とれていた。

Pc230081

先週と同じ、脚立のピークでランチ休憩にする。

そう。なんで2週続けて境界尾根を下っているのかっつうと。
滝ヶ谷戸の右岸尾根を下降してみたかったのだ。
先週、滝ヶ谷戸を下りながらM-K師匠から、「ここの右岸尾根は複雑で必ず迷うんだ。迷い尾根だ。」ってな話を聞いたんだ。
で、下降してみたくなったんだ。

標高750m、脚立のピークから本尾根をそれ南の尾根に入る。

先週下降したウシプッテイを左手下に見ながら尾根を下降。
標高620m付近。まず、進路を東へ変える付近がわかりづらかった。
分岐地点は尾根のような、尾根じゃないような・・・でもあれじゃないかなァ…という斜面。

その後の要注意地点は520~30m付近。
「迷い尾根」とあらかじめ聞いていてコンパスを注意深く確認しながら歩いていたから分岐に気が付いたが、そうじゃなけりゃまず見落としがちな分岐だ。
さらに地形図をいくら見ても描かれていないような支尾根もあって、確証が持てない。
最後はカンを頼りに決めたが、半信半疑で下降する。
下った後に登り返しがあると、ホッとする。(沢に消える枝尾根は登り返しなくそのまま落ちる事が多いから。もちろん例外もあるけれど)

Pc230083_2

さらに420m付近も要注意だった。
M-Kさんが迷い尾根だと言った意味がよくわかる。各所で本尾根の分岐があやふやな感じで、沢へ落ち込む枝尾根の方が下降しやすい本尾根に見えてしまうのだ。

Pc230085

なんとか間違える事無く、谷太郎川へ無事降り立つ。
右上から流れ込む小さな沢が先週下降してきた滝ヶ谷戸だ。狙った場所にピッタリ下降できた。

面白かった。未知尾根のRF下降を堪能した。こういうのってリアルRPGって感じで大好きなんだ。
まあ、運良く間違えずに降りられたから言うんだけれどね。

Pc230087

谷太郎川を渡って、そのまま対岸の尾根に取りつく。
鐘ヶ岳へと登る尾根だ。

Pc230090

これもなかなかいい尾根だった。
ワイルドで痺れる急斜面。
好みのタイプだ・・・。

Pc230093

わざわざ鐘ヶ岳に登ってきたのは、浅間様に今年のお礼を言うため。
今年も楽しい山遊びをさせていただきありがとうございました。

さて。

皆様

これがおそらく、今年最後の山歩きです。
拙いblogにお付き合いくださっている皆々様。
本当にありがとうございました。
来年も相も変らぬご贔屓と・・・
皆々様のお幸せを祈りつつ・・・

それでは

よいお年を!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013/12/18

大小屋沢と滝ヶ谷戸

Tizu19


2013年12月15日

今日はM-K師匠の山行のお供です。
大小屋沢から大山三峰の南峰(七沢山)へ上がり、境界尾根の南側を探索しながら降りてくるっつう計画です。
三峰の沢は山ビルの大本営ですから、ヒル嫌いのオイラは滅多に近寄らない場所です。大小屋沢にも初めて入ります。

Pc150001

谷太郎林道の終点に車を停めて、9時15分のスタート。

今日のメンバーはM-Kさん、AYさん、YAMさんとフクちゃん、
そしてshiro。

大小屋沢沿いにつけられた仕事道を歩きます。
かつては炭焼きのためにつけられたのであろう旧経路は右岸から左岸、左岸から右岸と沢を渡りながら続いていますが、あちこちで崩壊。ズルズル斜面のトラバースを余儀なくされる場所も数か所。

Pc150005

沢に入って20分ほどでF1。5mほどか。水量が少ないからショボいが、水量が多い季節はそれなりに見栄えがするかも。まあ、初夏と秋の増水期はヒル地獄だろうから見に来ないけどね・・・。

Pc150006

F1を越えてしばらくすると、水が消えた。まだ標高450mほど。
あらら・・・こんな渋い沢だったのね。

Pc150008

大きな岩がゴロゴロと転がっている。
たぶん水流があれば、『小滝の連続地帯』なんて事になるんだろうけどね。

Pc150010

5~6m程もある尖がった大岩。
カクレ岩という名称があるらしい。

Pc150011

標高550m付近になると、沢床もゴーロから岩盤になる。両岸も立ってきて、だんだん厳しさを見せ始めてきたよ。
消えていた水流もチョロチョロながら復活。

Pc150012

標高580m二又。本流の奥には滝が見える。
ここから滝場が始まるらしい。

M-Kさんの今日のルート計画では、ここから目の前の界尾根に上がる。

見た目にはそれほど厳しそうに見えない斜面だったが、取り付いてみると意外に厳しかった。
岩混じりのグズグズ、ボロボロ。
でも、こういう這い上がりは嫌いじゃない。まばらに生えてる木から木へとルートを探りながら、3~40m四つん這いで這い上がった。

Pc150013

後は適度な傾斜の良い尾根だ。新緑や紅葉の頃は気持ちよさそうだな。

790mで宝尾根と合流。
この尾根も最近は歩く人が多いらしく、くっきりとした踏み跡が付いている。

Pc150018

11:30 七沢山へ到着。
それなりに厳しい登りルートだった。終始涼しい顔だったのはフクちゃんだけ。

Pc150020

小休止をしたら、隣の境界尾根の下降に入ります。

Pc150021

境界尾根、稜線直下は急斜面。その後のヤセ尾根地帯を抜けると、なだらかな太い尾根になります。
『脚立のピーク』と呼んでいる760mの穏やかなピークでランチ休憩。

Pc150023

『脚立のピーク』から東へ向かうのが本尾根ですが、南へ向かう尾根に入ります。

ウシップテイという大岩盤の見回りに行くそうです。
オイラはまだウシップテイを見た事が無いので、喜んで付いて行く。

標高630m付近で尾根筋から東側の窪地へ向かって下降する。

Pc150025

おおおお・・・これがウシップテイか。落ち葉が積もってわかりづらいけど、すんごい大岩盤だ。まっ平らな1枚岩だ。下から見ると逆三角形。『牛のヒタイ』が訛って『ウシップテイ』なんだって。
これは一見の価値ありだ。
写真が下手なせいもあるけれど、これは実物を見てもらわなくっちゃわからない。

さてこの後だ。
M-Kさんは尾根へ登り返すつもりだったらしいが、AYさんがこのまま沢を下ろうと言い出す。
なるほど、ウシップテイの下からV字の谷が続いているから、ここは沢の源頭部らしい。

でも見るからに厳しそうなV字谷だ。
大丈夫かい?なんて半信半疑で付いて行くと、ホラねって感じで滝場にぶち当たる。
ここは尾根へ逃げて巻き降りるしかないが、右岸も左岸も厳しそう。どっちが正解かわからないから二手に分かれて下りる。(結果どっちも似たような厳しさだったらしい)

Pc150031

沢へ戻ると、垂直スラブの涸れ棚だった。6~7mってとこか。

沢を少し下ると、また前方下に滝が見える。
AYさんは脇から降りられんじゃないかと言う。
マジかよぉ~と思ってると、M-Kさんは尾根に逃げるという。そういう事なら、巻き専門のオイラも当然尾根に逃げる。YAMさんもフクを連れているから尾根に逃げる。
が、結果は沢を直で下ったAYさんのカンが当たっていた。(いつもながらAYさんの感覚の鋭さには脱帽です)
尾根はすぐに切れ落ちていて、下降不能。ロープをセットするかとも思ったが、横から沢筋を観察したら、AYさんが降りたルートならなんとか降りられそう。
結局トラバースで沢に降りる。

Pc150032

上から見て滝だと思ったのは、堰堤だった。右岸側の脇をズルズルと滑るように下降した。

降りてから見たら、なかなか良い石積堰堤でっせ。(for AEK)
この手の堰堤がこの下流にも3つほどありました。

Pc150037

左岸の岩場からジャバジャバと水が湧きだしている。
これもまた不思議な光景だった。

以前、ここまではAYさんも登ってきた事があるという事だ。
この下には大滝が二つあるが、いずれも簡単に巻けるとか。

Pc150041

「簡単」は言い過ぎじゃないの? と言いたくなる巻きルートを降りたら、見事な滝だった。
10mちょいはある。水流は少ないが、見ごたえは有る滝だった。

さて、この下の滝の巻きルートは、さらに厳しかった。
Vルートを歩いていれば、しばしばぶち当たる場面ではあるが、決して「簡単」ではない。

大きく巻いて、滝の少し下流へ降りる。
滝を見るために50mほど上流へ戻る。

Pc150045

これまた見事な滝だった。
やはり10m以上は有ると思う。

それにしても、見所タップリの沢だった。
途中、ちょっとビビった場面もあったが、終わってみれば楽しい範囲・・・かな?

そうそう、沢の名前。滝ヶ谷戸というんだそうな。
ほとんど人に知られていない短い沢だけれど、もうけもんだった。

Pc150049

15時ちょうど。谷太郎林道のPへ戻ってきました。

短い周回ながら、面白さが凝縮された山行でした。

 

 

今日の靴

Pc150051

今日はTEVAのスニーカー。
沢でも尾根でも使えてとても気に入っていたが、ザレ場で滑るのが悩みだった。ザレ場のトラバースで滑ったら、命にかかわるからね。
今日はチェーンスパイクを装着してみたら、これが実にいい感じ
ザレ場でもグズグズ斜面でもなかなか快適。岩の上でもゴーロの上でも意外だけれど悪くは無い。
今日は終始スニーカー+チェーンスパイクで歩きましたが、とても気に入りました。

モンベルのチェーンスパイク、「なかなか便利よ」と教えてくれたはっぴーさんに感謝。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/12/12

慰霊山行 鍋嵐ノ沢からP677へ

モトさんが山へ帰ってから2年が経った。
M-Kさんから「今年もモトさんの慰霊をしましょう」というアナウンスがあった。
場所は遭難現場の近く。鍋嵐北尾根(通称ゴジラの背尾根)のP677。
各人好きなルートで、11:00にP677集合との事だった。

Tizu1311
今日のルート図は手抜きをしてロガーのデータそのままです。ちょっと見づらいだろうけど・・・。

2013年12月7日

どのルートでP677へ向かおうかなぁ。他の人達はどのルートをとるのかなぁ。と考えながら厚木へ向かう。
土山峠から堤川を遡って能ノ爪へ詰上げてみるか・・・という気持ちが半分。
宮ケ瀬行の1番バスには、きっとメンバーの誰かが乗っているだろうから、そいつのルート計画に乗っかるかな・・・という気持ちが半分。

バスに乗り込むと、すぐにardbegさんとMASAHIKOさんの顔を見つける。思った通りだ。ardbegさんはAYさんと一緒にナベアラシノ沢を登るという。MASAHIKOさんは別に決めてないからテキトーに歩くという。
ウ~ン・・・どうしようかなぁ。今日は登山靴だから、ナベアラシノ沢はきつそうだなぁ・・・。

途中のバス停でAYさんが乗り込むのが見えた。次のバス停ではマシラさんも。

みんなで土山峠で降りる。マシラさんはそのままバスに乗って宮ケ瀬方面へ行ってしまった。今日はどこを歩くんだろう。

Pc070007

土山峠から堤川林道に入る。一緒に歩いているのはAYさん、MASAHIKOさん、ardbegさん、シュガーさん。
シュガーさんは、M-K師匠の掲示板でお名前は知っていたが、お会いするのは初めてだ。バスの中でAYさんに誘われて、一緒にナベアラシノ沢へ入るらしい。MASAHIKOさんもナベアラシノ沢へ行く事に決めたらしい。
オイラはまだ迷っている。あの沢には入った事が無いからわからないけれど、沢靴じゃなきゃキツイだろうことは容易に察しが付く。なにせあの辺は尾根だって勾配が厳しいんだ。沢が緩やかであるわけがない。

でも、おしゃべりしながら林道を歩いているうちに、『みんなと一緒に行こう』という気になってしまった。

まあ・・・なんとかなるだろう。登山靴じゃあ厳しそうだったら、途中から尾根に這い上がっちゃえばいいや。

Pc070008

林道の終点から沢へ向かって下降する。
ここから南へ向かう沢へ入ればさっきまで行こうと思っていた善八沢だが、皆と一緒に西へ向かう沢へ入る。
ここはカシノキ沢っていったかなぁ・・・。(間違ってるかもしれんけど)
AYさんが言うには、宮ケ瀬尾根に乗るのに一番早いルートだそうだ。

Pc070010

水はほとんど流れていない。石積堰堤が2つほど有った。
端がちょっと壊れた堰堤。セメントを使っていないから、かなり古い時代のものか?(for AEK)

AYさんの言うとおり、簡単に宮ケ瀬尾根に乗る。そのまま尾根を乗越して、オオコナラノ沢へ降りる仕事道に入る。

話はそれるが、オオユナラノ沢と今まで呼んでいたが(いろんな資料にもオオユナラと書いてあるし)、オオユナラは間違いでオオコナラが正しいのだとイガイガさんに説教される。この日の山行の後の飲み会の席に、わざわざ資料本を持ってきていただいて説明していただいた。確かにオオユナラは間違いで、オオコナラが正しいのだと確信した。
長くなるから理由は書かないけど、イガイガさんに説教されたのは「清川村地名抄をちゃんと読み込め!」という事です。

閑話休題
仕事道はオオコナラノ沢とナベアラシノ沢の出合で沢へと降りる。

Pc070014

あれ? ナベアラシノ沢出合に誰かが立ってこっちを見てるぞ!
と思ったらマシラさんだった。
マシラさんもやはりナベアラシノ沢を詰めるつもりで、15号橋経由でここまで来たらしい。

Pc070016

ナベアラシノ沢出合から見えるゴルジュと滝。
オイラは登山靴だから、当然巻く。
マシラさんやardbegさんも巻く体勢にはいったところをみると、小さい滝だが直登はできないらしい。

AYさん、MASAHIKOさんとオイラは左岸の尾根を大きく巻いて、次の滝の落ち口で沢に戻った。
マシラさん、ardbegさん、シュガーさんは小さく巻いて、2番目の滝を登ってきた。

Pc070020

出合の滝場が終わると穏やかな沢。

Pc070021_2

マシラさんは、「それではお先に」と言って、猛スピードで沢を駆け上って行った。

僕らの間では伝説化している仙人マシラさんと、わずかな時間でしたが山中でご一緒できた事に感激のひと時でした。

Pc070026

8~10mの滝。
右岸からでも左岸からでも巻ける。

Pc070033

しばらく進むと、再び滝。右岸から巻く。

両滝とも直登は厳しいように見えたが(もっともオイラ、滝の直登なんて滅多な事じゃしないからね)、巻くのは簡単なレベルだと思う。
四つん這いで急斜面を這い上がる事が簡単だと思う人は簡単だし、それをしんどいと思う人はしんどいだろうけど・・・。

Pc070038

標高570mの二又。炭焼き釜の跡が残っている。
滅多に人が入らないこの辺りの沢だけれど、かつてはこの辺りまで仕事道があったのだろう。道がなければ炭俵を担いで行き来できるはずはない。そのくらいの厳しさは持っている沢だ。

Pc070041

標高600mを越えた付近。
ここまで滝はあったものの、わりと緩やかに登ってきた。でも、この辺からだんだん厳しい傾斜になってくる気配が・・・。
両岸の斜面も立ってきたよ。

どこへ詰上がる予定なのかとAYさんに聞くと、鍋嵐直下の北側コルだという。
マジかぁ~・・・。あの稜線は何度も歩いて知っているけど、稜線から沢筋を覗くと恐ろしく切り立ってるはずだぜ。
その事をAYさんに言うと、「そう。あそこは絶対に落ちたらいけない斜面だよね。」と平然と答える。
その落ちたらいけない斜面を這い上がろうってか・・・。他の人が聞いたら「??」ってなる会話だぜ。

Pc070045

670m二又付近。沢の真ん中に島がある。
ここからが本当に厳しかった。

Pc070048

落ち葉の下は岩盤。かなり立っている。この岩がまた滑るんだ。わずかな岩のでっぱりや尖りを探り探り、手や靴底を引っかけながら這い上がるのだが、落ち葉と一緒にズルっと滑る。
「靴のせいにするなよ。スキルの問題だ。」って言われちゃうだろうけどさ。底が固くて曲がらない登山靴ではマジ厳しかった。
同じく登山靴のMASAHIKOさんはしっかり登ってるから、やっぱりスキルの問題なんだろうけど・・・。

Pc070049

岩盤地帯を登りきったら、最後はブカブカ腐葉土の急斜面だ。
もう正面上にコルが見えてるんだけれどね。ここからが長かった。
みんなはズルズルのルンゼを這い上がっているが、オイラはたまらず右手の斜面に逃げる。こっちの方が傾斜はキツイが、木が生えているだけ安心感がある。木の根を掴みながら這い上がった。

全員無事に稜線に到着した。時刻は11:30。集合時間から30分も過ぎている。急がねば・・・と休む間もなく稜線をP677へ向かって早足で歩く。M-Kさん達まだいるといいけど・・・と心配しながら急ぐ。

Pc070053

P677に到着したのは12:00。他のルートの人達も遅れて先ほど到着したとの事。

この日ここへ集合したのは、鍋嵐の稜線を辿ってきたM-Kさん、はっぴーさん、YAMさん、EAさん。オオコナラノ沢から上がってきたイガイガさん、シチミさん+ナナちゃん。ナベアラシノ沢組の5名を合わせて総勢11名と1匹。

Pc070050

それぞれ担いできたお花やお供物を供えて、お祈りをして。
モトさんの慰霊をしたのでした。

Pc070055

帰路はM-K隊に加わって、P677から東の尾根をハタチガ沢へ下降。沢を横断して、対岸の尾根を登る。

Pc070057

P597の南で宮ケ瀬尾根に乗ったら、今度は土山峠へ向かう尾根を下降する。

この尾根の先端は崖と擁壁で降りられない。オイラもその事は知っていた。
でもM-Kさんがちゃんと降りるルートを知っていて、M-Kさんはっぴーさん、ardbegさんとオイラは尾根先端手前の窪地を下降して林道へ降りた。

Pc070058

「先端は崖だよ」と言ってるのに、あえてそっちを選ぶYAMさんEAさんとシュガーさん。
最後はロープを出して懸垂下降をしていた。
そういうのが好きな人達なんだからしょうがないよね。

という事で。
今年もモトさんの慰霊山行に行ってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »