« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013/10/11

塔ノ岳~竜ヶ馬場~大丸

なんと!
2週連続の山歩きですよ。
こりゃ、珍しい。

 

近頃めっきり足の筋力が落ちてきている事を実感させられる。
登りのスピードが明らかに遅くなっているし、バリエーションの急登で筋肉が耐え切れず痙攣をおこしたりするのだ。

最近の山歩きは月イチペースになってしまっているし、それでは筋力が維持できないんだ・・・きっと。
日課のジョギングも、忙しさにかまけてサボり気味・・・っていうか走らない日の方が多いし・・・。

これじゃあダメだ。
いつも一緒に歩いているニカニカの人達は、皆言わずと知れた健脚ばかり。テクニックがものをいう急斜面下降やゴーロ歩きのスピードはとてもかなわない。急斜面登りの強さだけで皆とタメ張っているのに、このていたらくじゃあ相手にされなくなってしまう。

ちゃっとマジで鍛えなおさないと・・・

というわけで今日はバカ尾根を登ることにしました。
年に1回はバカ尾根を登るんです。
大倉バス停から塔ノ岳まで何分で登れるかが体力のバロメータ。
2時間半ならまあまあ。2時間15分が目標。

その後は、未踏尾根の竜ヶ馬場南西尾根を下降して、箒杉沢から鍋割沢へ。そこで大丸北西尾根を登る予定のM-K師匠にサプライズ合流してやろう・・・という計画です。

Tizu18

2013年10月6日

朝、7時ジャスト。大倉バス停前の駐車場に車を停め、1番バスの到着とほぼ同時に歩き出す。

見晴茶屋を過ぎた辺りから1番バスの連中に次々と追い越される。
ホント速いんだ、このバカ尾根の1番バス組の連中は。60代70代と思われる方々が、すごいスピードで登っていく。

でも、今日は無理に付いて行こうとはしない。自分のペースを守って登るんだ。

Pa060005

花立下の階段で極端にペースダウン。
以前はトントントントンと登っていけたにになァ。

Pa060008

9時36分 塔ノ岳山頂。濃い霧でモヤっている。
大倉から2時間36分。
2時間半を切れなかった・・・
ちょっとしょげる。
やっぱり、かなり体力がおちているなぁ。

でもね、この後のルートを考えて歩き方をセーブしたのはホント。
Vルート尾根の下降と登りを予定しているからね。
特に大丸北西尾根の登りは、地形図を見てもかなりキツい事が予想される。
タイムアタックだけだったら、体力使い切るつもりのダッシュであと20分は縮められたはずだ・・・
と、未練がましい言い訳。

この日は湿度が高くて、この季節としては尋常じゃない汗をかいた。
尊仏山荘で冷たいサイダーをいただきながらシャツを着替え、気を取り直して先を急ぐ。

Pa060015

日高(ひったか)を越えると、正面に竜ヶ馬場が見えてきた。
山頂から左手に伸びているあの尾根が、これから下る竜ヶ馬場南西尾根だ。

10時15分 竜ヶ馬場の休憩所に到着。
ここで一休みしながら地形図を眺める。
これから未知のV尾根を下降するんだ。
1400m付近のRFが難しそうだなぁ・・・。
この予感は見事に当たった。

10時30分。
鹿柵の脇を抜けて、竜ヶ馬場南西尾根に突入。

Pa060018

最初は笹原を掻き分けて進む。ヒザ高の低い笹だからヤブ漕ぎのような辛さはないが、露でズボンがびしょびしょになる。

笹原を抜けたら、不思議なくらいくっきりとしたケモノ道が付いている。
「こりゃ経路か?」と思うくらいくっきりとしている。
その時!
ブ~~ンという音に振り替えると・・・ヤベっ! スズメバチだ。
2週間前にMASAHIKOさんがスズメバチにやられた話を思い出して、ちょっと血の気が引いた。
身をかがめながらのダッシュでケモノ道を駆け下りる。あまりにもくっきりしたケモノ道だったからなんの疑いも無く。

ハっと我に返って腕の高度計を見ると1370m。事前に要注意と思っていた1400mを過ぎている。コンパスをあてて見ると真西を指している。
「んん??」と思いながらもさらに少し下降。もう一度コンパスをあてて見ると、尾根の方向が少し北に傾きだした。
クソっ!やっちまったか。1本北側の尾根に入ってしまったのは明らかだ。
このままこの尾根を下ってみるのも一つの手だが、ここは初志貫徹。登り返すしかないだろう。

登り返しながら、さっきスズメバチがいた所まで行くのはやだなあ。どっかとらばーすできないかなぁ・・・。
で、1380m付近で無理矢理トラバース。

Pa060021

で、こんな尾根に乗った。コンパスをあてると方角はピッタリ。ヨシ!っと下降をはじめた。
でも、しばらく下降して、やっぱり違うと気が付いた。左隣には立派な尾根が並行している。
「もう1本向こうだ」とはわかったが、間の谷が急峻で、とてもじゃないけど乗り移れない。
谷の上流を眺めながら考える。「こりゃ、あと100m近くは登り返さないと、とてもトラバースできないぞ。この急尾根を100mかあ?」そして今度は下流を眺めながら考える「このままこの尾根を下降して沢へ降りようか。そこから隣の尾根に登れそうな斜面はきっとあるはず。」
いける確証はないが、試してみるか。ダメならそこから登り返すだけさ。

乗った支尾根は、1330m付近で沢へと消えていた。最後は崖状ではあったが、ギリ、ロープ無で下降できる程度。
そして沢へ立った地点からは、わりと楽に本尾根に登れる斜面があった。

Pa060022

竜ヶ馬場南西尾根に戻ってみると、とても気持ちの良い自然林の美尾根だった。

やがて植林の尾根になり、箒杉沢の沢音が聞こえ始めてきた。
迷走で遅れた時間を取り戻そうと早足で駆け下りる。

箒杉沢へ降り立ったのは12時ちょうどくらい。自分の中のタイムスケジュールよりも30分遅れている。

実はこの日、M-Kさんが鍋割沢から大丸北西尾根を登る事は知っていた。きっとM-Kさんの事だから、鍋割沢の河原でランチ休憩をするに違いない。そこへサプライズで登場してやろうと目論んでいたのだ。
寄から鍋割峠を越えて鍋割沢へ降りるはずのM-Kさんのコースタイムを読む。何度も一緒に歩いているから、大体のペースは読める。12時には鍋割沢へ降り立つはずだ。
ここから鍋割沢のコシバ沢出合まで30分以上はかかる。
このままじゃ会えないかも・・・。

気持ちは焦るが、箒杉沢のゴーロは浮石だらけでスピードが出せない。林道跡に入ると小走りで急ぐ。

尊仏ノ土平を駆け抜け、コシバ沢出合に12時25分到着。
人の姿は見えない。
さらに先を急ぐ。
鍋割沢の大堰堤に12時35分到着。
人の姿は見えない。
大堰堤を左岸から巻き上がる。泥の巻道に足跡がついている。期待が膨らむ。
が・・・堰堤上の河原にも・・・
人の姿は見えない。
そして目の前の尾根が登る予定の大丸北西尾根だ。

う~ん・・・やっぱり遅かったか。
とにかくこっちは休憩をとらないと身体がもたない。メシも食ってないんだ。
河原に座り込んで休憩しながら考える。
とにかくこの尾根を登ろう。途中で追いつけるかもしれないし、大丸山頂で会えるかもしれない。

12時50分。大丸北西尾根に取り付く。
のっけからもの凄い急登だ。
地形図を見て予想はしてたけどさ。
本当に厳しい急斜面の尾根だった。
追いつくために急ぎたいが、それこそ足の筋肉が持たない。しばしば立ち止まっては、筋肉に溜まった乳酸を沈めなければならない。

Pa060027

傾斜は厳しいけれど、自然林のヤセ尾根。
嫌いではない。

それよりさっきから気になるのは、人が歩いた気配が全くない事だ。
こういうヤセ尾根は歩けるルートが決まってしまうから、直前に歩いた人がいれば必ずその気配は感じる。それが全く無い。

おかしいなぁ・・・。まさかまだ下にいるって事はないだろう。予定を変えて他のルートへ行ってしまったのかなぁ。これは上へ行っても会えないなぁ。
と、半ば気落ちしながら黙々と登る。

左手上方から人の話し声が聞こえた。
「ああ・・・稜線登山道が近いんだ。もう一息だ。」と思う。が、高度計では稜線までまだ200mもある。おっかしいなあ。高度計がこんなに狂っているのか?

人の話し声がだんだん近くなってくる。あきらかに左隣の尾根からだ。
この尾根もそうだけど、隣の尾根だってバリバリのVルートだ。よっぽどおかしな人間しか歩いたりはしない。そんな所を歩いているのは・・・
まさか・・・

左の谷が見通しの利く崩壊地だったので際に寄ってみた。
隣の尾根の崩壊地際を登っている3人組。一目でわかった。
M-Kさん、YAMさん、EAさんだ。

オ~イ!!

崩壊地をトラバースして隣の尾根に移る。

会えてよかったぁ!

急尾根を登りつめてきた疲労が一気に出て、座り込んでしまった。

「なんで?なんでこっちの尾根にいるんですか?」と聞くと、鍋割沢で予定変更して、F1見物をしてから、F1脇の尾根に取り付いたのだそうだ。
臨機応変でルート変更するのも、M-Kさんらしいけどね・・・。

Pa060037

その後、大丸山頂まで4人で登る。
紅葉が始まっていたよ。
短い時間だったけど、とても楽しいひと時でした。
こんな急登も、おしゃべりしながらだと楽しい、楽しい。

Pa060040

大丸山頂でしばし歓談をした後、鍋割山経由で寄へ降りるM-Kさん、YAMさん、EAさんとはお別れです。

14時45分

オイラはおとなしくよいこ道、バカ尾根を下る事にします。
疲れ切ってしまっているんだ。ここからなら、なんだかんだ言ってもバカ尾根が一番楽。

下山はもうヘトヘトだった。楽なはずのバカ尾根下りもスピードが乗らず、大丸から1時間半もかかって・・・

16時15分。無事、大倉へ帰還しました。

今日は長距離だった。家でロガーの記録を読んだら、21kmも歩いていた。
ちょっとは体力増強にはなっただろうと思う。
でも、次の歩きまで1ヶ月近く空いてしまうと、また元に戻ってしまうんだよなぁ・・・
言いたくないけど、若い時みたいに体力を維持するのが難しくなってきているんだ。

 

さて最後は今日の花ですが・・・

Pa060012

今日目立っていたのはリンドウくらいかなぁ。
リンドウが咲きだしたら、稜線ではそろそろ花の季節が終わる。
寂しくなってしまうよねぇ・・・

 

今日の蛇足

この度、スマホをiPhonからアンドロイドに変えました。
それに伴って、地図ロイドと山旅ロガーを使い始めたのだけれど・・・。
山旅ロガーはいいね。精度がとっても良い。(これは機種内蔵GPSの性能かもしれないけど)自動で暴れたログをクリーニングしてくれるのも良い。地図ロイド上で山旅ロガーのログを見るのは全く問題が無い。見やすいし。

でもね...

ログデータをPCへ移すやり方がわからねぇんです。
いろいろ試してはいるんですが・・・
カシミールでは山旅ロガーのログをみれないんでしかねぇ。

誰か教えてくれないかなぁ。

お願い!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/10/01

お久しぶりの檜洞丸

「ヒョウソウですね」と医者に言われて、「ショウソウですか?」「ヒョウショウ?」と何度も聞き返した。
『ヒョウソウ』って知ってました?オイラ、初めて聞いた。爪の中に黴菌がはいっちゃったんだって。
数週間前から右足親指が痛み、爪の先から膿がでてくる。
「思い当たる原因はありますか?」と医者に聞かれたが、先日の木ノ又大日沢遡行以外は思い当たらない。
「沢歩きって、沢をジャブジャブと歩くんですか?ふ~ん・・・。まあ、しばらくはしない方がいいですね。」だって。
「え・・・ええっ。いつまでダメなんですか?」と聞くと、「この爪は死んじゃってるんで、爪の間に水が入ってまた菌が繁殖しちゃうんですよ。そのうち新しい爪が生えてきますんで、それが落ち着くまではね。」だって。
「水に入らなければ、山を歩くのは構わないんですね。」と聞くと、「登山って指先に相当力を入れるんでしょう?そういう事はしばらくしない方がいいですよ。」だって。
でも、オイラも食い下がる。「指先に力を入れなければいいんですね。」
医者は苦笑いしながら「しばらくは控えた方がいいですよ。」

子供じゃないんだから、これ以上はやめておこう。だけど、素直に言う事を聞くオイラじゃないぜ。子供じゃないんだ。
沢はしばらくやめておこう。丹沢の沢水はいかにも黴菌が繁殖しそうだ。それにもう寒いしね。でも、尾根歩きはかまわんさ。
指先に負担かけないように、それなりの靴も買うか。
なんて子供みたいな理屈をつけながらちょっと奮発して、ザンバランの靴を新調したりした。
なんせ長年愛用してきたテクニカの靴はもうボロボロなんだ。最近では靴なんてなんでもいいやと、スニーカーに毛が生えた程度の物を履いていたが、下りでつま先に負担がかかっている事は気になってはいた。

靴馴らしのハイキングはどこへしようか?
新しい靴でいきなり過激なコースもねぇ。靴が合わなかったら、また足を痛めちゃうし・・・。

で、思いついたのが檜洞丸。周辺はチョロチョロ歩いているが、山頂へはもう3~4年も行っていないかも。
今日はのんびりとハイキング気分で歩いてこよう。

Tizu17_1280x964_900x678


2013年9月28日

今日はのんびりハイキングのつもりだから、朝ものんびり。
西丹沢自然教室を出発したのが9時でした。

ツツジ新道をのんびりと歩き、ゴーラ沢出合を通過。
が、さすがにこのままツツジ新道でってわけにもいかない。一応これでもバリウォーカーのはしくれですから
標高820m地点で登山道からそれ、ゴーラ沢へ降りる。そして、ゴーラ沢のゴーロを遡上。

P9280006

10:00 出発から1時間でヤビキ沢出合に到着。
写真の左手がゴーラ沢。右手がヤビキ沢。そして今日登るのは中央の尾根。

ゴーラ沢・ヤビキ沢界尾根。まだ歩いた事が無かったし、地形図で見る限りのんびり歩けるんじゃないかなァ・・・と思ったので。

P9280007

が・・・。いきなり崖。
ゴーラ沢側、ヤビキ沢側と覗いてみたがどちらも厳しく、登るなら突端のこの岩尾根しかない。
そうだね・・・地蔵尾根の取り付きくらいの感じかな。でも、こっちには残置ロープの類は一切無し。
今日はのんびり歩くんじゃなかったのかい?と自問しながら崖を這い上がる。

P9280011

3~40m這い上がった所で、普通に安全に歩けるようになった。
自然林のいい尾根です。岩がゴロゴロしていて、なかなかワイルド。
マーキングの類が一切無いところもまたいいネ。

P9280015

標高1300mを超えた辺りで、左手のすぐ下に真っ白な沢床が見えたので、そちらへ降りてみた。

オオオ・・・
異様な光景に圧倒される。
これがゴーラ沢の白クドレか・・・。ツツジ新道を歩いていると、右手に見える大崩壊地だ。

確かAYさんがこの中を歩いたはずだ。そんな記録を読んだ事を思い出した。
スゴイ・・・って言うか恐ろしい人だな。とてもこんな中を歩ける気がしないし、入ってみる気もしない。

P9280025

崩壊地の縁に沿って登ってみる。
この縁は、崩れてからそれほど時間が経っている気がしない。
きっと、今歩いているココも、何かの拍子でガラガラっと崩れ落ちるんだ。

恐ろしや・・・

P9280027

12:10 石棚山稜の登山道へ飛び出した。標高1491mテシロノ頭(一説ではテシロノ頭はここの南西のピークで、ここは白クドレノ頭)

P9280028

檜洞丸へ向かって登山道を歩く。
山頂直下の木桟道の辺りは、本当に歩いていて気持ちがいい。
ああ・・・ここを歩くのは何年振りかなァ。前来た時には、桟道の周りがツルキンバイの黄色いお花畑だったっけ。(ってことは5月頃だったんだね)

P9280035

12:45 檜洞丸山頂に到着。
自然教室の周辺は車がビッシリだったから、さぞかし山頂は賑やかだろうと想像していたが・・・1組だけ。

まあ、静かな方が好きなんだけどね。

ランチ休憩をした後、犬越路へ向かって歩き出す。

P9280037

山頂から犬越路方面に少し降りた場所。

ここ、ここ! ここの眺めが最高なんだ。
丹沢で一番と言ってもいいんじゃないかな。雄大な景色が眺められる場所。
富士山が雲に隠れているのは残念だけど、頭を少し覗かせている。南アルプスや秩父の山々も。名前はあまり知らないけどさ。

景色を堪能しながら気持ちの良い稜線散歩。
熊笹ノ峰を越え、大笄、小笄を越え。
このまま犬越路までのんびり歩くのかと思いきや・・・

やっぱりそういうわけにもいかない。
心のどこかから「Vルートを降りろや」という囁きが。

さっきから地形図を眺めていて、気になっていた尾根があるんだ。
ちょうど犬越路トンネルの真上辺りから南西に伸びている尾根。
ここを降りてみるか。

P9280046

地形図上で尾根が分岐する地点についた。
が、登山道の両側はヤブ。どこが尾根なんだかわからないくらいの激ヤブ。この向こうに尾根が続いているのかどうかもわからない。

周囲を慎重に観察するも、ヤブに隠れて尾根筋は見えない。
でも、ここしかない。登山道の尾根はここで向きを北へ変えている。尾根が分岐をしているとすればここしかない。
ほんの少し勇気を出して、ヤブの中へ飛び込む。
背丈を超えるヤブだから、見通しは全くきかない。足元の地面の傾斜だけを頼りに尾根筋を探る。
でもね。ヤブの中って意外と安全なんだぜ。足を滑らせても転げ落ちる事は絶対に無いからね。

P9280047

なんとかヤブから抜け出したら、しっかり尾根に乗っていた。
ひゃっひゃっひゃっ! やったぜ。なんて一人にんまりとする。
アドベンチャーなにおいがプンプンする、なかなか素敵な尾根だ。
いやいや、素敵と思うのは、ヤブ尾根マニアのおバカな人間だけだろうけどね。

短い距離で標高差400mの尾根だから、それなりに傾斜はキツイ。が、木はたっぷり生えているから、歩いていて危険を感じるような場面は無い。
標高930m付近の尾根の分岐が少々解りづらかったが、慎重に周囲を観察すれば問題はない。

それよりも、尾根筋になんとなく踏み跡が付いている事が気になった。
獣道だろうと思っていたが、どうも獣っぽくない。薄い跡ではあるが、杣道のような気がしてならない。
犬越路トンネルができる前は、道志と中川を行き来する地元道の一つだったんじゃないか・・・なんて思ったりもしたのだが・・・気のせいだろうか。

P9280048

15:25 用木沢の太郎兵衛沢出合に降り立ちました。稜線登山道から約1時間。

かなり急斜面の部分もあったけど、新しい登山靴を試すにはちょうど良かった。
ヨシヨシ。爪先への負担は全く無いぞ。
踵がちょっと擦れて痛いのは、インソールを調整せねばなるまい。

なんてテクテクと自然教室へ向かって歩きます。

のんびりハイキング・・・とは言い難い場面もあったけれど、それなりに楽しいハイキングでした。

難点を言えば・・・
今日は花との出会いが少なめだったなァ・・・

で、今日の花

P9280044

大文字草

P9280024

センブリ

P9280032

ナギナタコウジュ

P9280043

丹沢ヒゴタイ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »