« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/05/07

原小屋沢~ボッチ沢から蛭ヶ岳

「やっぱり蛭ヶ岳だな」

世間はGWだと浮かれているのに仕事に追われ、ようやく休みが取れそうな5日の日。
どこへ行こうかと考えて悩んだ末、丹沢最高峰の蛭ヶ岳に登っておこうと思った。蛭にはもう半年以上行っていないしね。
早戸川から蛭へ登るのは今しかない。もうすぐヤマビルがうごめきだす。

さて、どのルートで登ろうか。
これはあっさりと決まった。前々から気になっていたルートがあるんだ。

原小屋沢のガータゴヤ滝の下、右岸から流れ込む沢。地形図を見ると蛭ヶ岳に直接突き上げている。等高線の間隔も、それほど厳しそうには思えない。

どうやらボッチ沢というらしい。
いや、違うのかもしれない。
「ボッチ」というのは、津久井地方の方言で「窪地」の事だという話も聞いた事がある。だから「ボッチ沢」というのは固有名ではない。名も無き窪状の沢をこの土地では「ボッチ」と呼ぶのだと。

でもあの沢には水が流れていた。窪ではない。決してチョロチョロではない水量の沢だった。

まあいいや。
ボッチ沢かもしれないし、名も無き沢なのかもしれない。
とにかくあの沢へ行ってみよう。

ネットで遡行記録を調べてみるが、不思議とヒットしない。
う~ん、誰も歩いていないのか。いやいや丹沢で誰も歩いていない沢なんてないはず。しかも蛭に突き上げている沢だ。誰もが興味を持つはず。

危険で遡行不能な沢なのか、あるいは記録を残すほども無いつまらんヤブ沢なのか・・・。

とにかく行ってみよう。少しでも危険を感じたら、尾根に逃げればいい。右岸の尾根は市原新道。左岸の尾根は先日もM-K師匠が探索してきたばかり。両尾根とも危険な尾根でない事はわかっている。

という事で、行ってきました。

(帰宅後、ネットを徘徊していて遡行記録を見つけました。丹沢の仙人マシラさんが2000年の記録で「又兵衛沢」としてアップされているのが、どうやらこのボッチ沢のようです)

Tizu17

2013年5月5日

7時7分 早戸川林道魚止橋の少し手前に車を停めて出発。

林道の終点、伝道から登山道に入る。もう何度歩いた事だろう。勝手知ったる道だ。

P5050003

早戸川の最初の渡渉地点には丸太が1本渡してあった。思わず笑ってしまった。いやいや、誰かが渡してくれたんだ。感謝しなければ。
2つ目の渡渉地点には太い流木と大きな石が置いてある。

いずれもバランス感覚に自信の無い人でなければ足を濡らさずに渡れる。
ありがたい事です。

雷平から原小屋沢の左岸に入る。ここもまた何度も歩いた経路。

P5050010

8時10分 雷滝。

何度も書いているが、丹沢で1番好きな滝。
今日もいいねぇ~。
水量、ちょっと少な目だけれど・・・。

雷滝、今日は左岸から巻き、原小屋沢を遡る。

P5050019

カサギ沢出合を越えるとすぐにバケモノ滝。

P5050026

そして3段の滝。
この滝、前々回は右岸のスラブをへつり気味に登った。前回は右岸を高巻きした。
その経験から言うと、高巻きよりもスラブを登る方が安全で楽。
高巻きは沢へ戻る時にロープを使った。
右岸のスラブは一見滑りそうに見えるが、取り付いてみるとバンドがはっきりと有るから、慎重に登れば問題無い。

P5050035

みんなが『ニセガータゴヤ』とか『ミニガータゴヤ』とか呼んでいる滝。

そんな卑下した名前は可哀そうに思う。
なかなかの美滝だよ。水流の美しさは、ガータゴヤにだって負けてないぜ。

ここは水流の中を登るのが楽。

P5050042

9時30分 ガータゴヤ滝に到着しました。

さあ、ここからは未知の沢に入るんだ。
休憩しながら再び地形図をじっくりと眺めます。等高線から感じるイメージは「わりと穏やか」。でも、地形図と実際の地形が「違うじゃん」なんて経験はいくらでも有るからなぁ。

P5050043

原小屋沢からボッチ沢に入った場所の風景。水量は少なそうに見えるが、岩の下を結構な水が流れている。
大きな岩がゴロゴロと転がっている沢なんだ。

P5050044

すぐに3mくらいの小滝が現れた。

P5050047

続いて6mの斜瀑。
右岸は無理。左岸から巻けそうな気がして10mほど登ったがやはり無理。
再び滝つぼに降りて、水流左手の岩に取り付いてみる。
落ち葉を掻き分けると、スラブ岩に手がかりが結構有り、なんとか登れた。

P5050048

今度は5m。
ハング気味だが、水流右手の岩をなんとか登る。

P5050051

ゴルジュだ。
奥の2mは楽勝そうだが、手前の釜が深い。腰の深さはある。
左右の斜面を眺めてみるが、巻きは巻きで危険そう。
しばし考えたが、右手の岩をへつってみる。
まあ滑ったところで、釜に落ちてパンツまで濡らすだけで大怪我はすまい。

で、なんとかへつり成功。

P5050053

それにしても、次から次へと小滝が現れる。

P5050073

いずれも簡単に巻き上がれるが、それぞれの滝の釜は結構深い。
足を滑らせたらズブ濡れは必至。

P5050075

2m、2m、2mみたいなミニ連瀑も。

P5050087

そして5m。標高1300mを越えても、この水量。
ここもまた釜が深いので右手から巻く。

P5050089

標高1380mくらいで水流が消えた。
この後、しばらく穏やかなゴーロが続く。
ユルイ傾斜の涸れ沢を歩く。

P5050092

標高1430mで5mの涸棚。
手がかりは豊富そうだが、ほぼ垂直。

これはちょっと無理かな・・・。

P5050094

右手を見上げたら、尾根の背が見えている。斜面の傾斜もそれほどきつくはない。

ここが上がり時だな。
そう思って、沢から離脱。

P5050095

詰上がったのはP1470の南のコル。
地形図を見れば、一番楽な所で上がったかも。

穏やかな歩きやすい尾根をしばらく上ると、標高1550mで登山道と合流。

P5050105

11時25分。 蛭ヶ岳山頂。
さすがGWだ。50人くらいはいるだろうか。
ベンチから離れた隅っこで昼食をとりながら、歩いてきた沢を思い返す。

良い沢だった。なかなか面白い沢だった。
原小屋沢も、ガータゴヤの上は小さな滝が1つあるだけだもの。又兵衛沢は楽だけど、水流も無いしね。それを考えると、このボッチ沢を上がった方が面白いんじゃない?

早戸川から蛭ヶ岳へのルートとして、かなりおススメです。

さて。11時50分、下山開始。
もう十分楽しんだので、最短ルートの市原新道を下ります。

P5050107_3

この市原新道、来るたびにマーキングが増えている。
東丹沢登山詳細図とやらに載ってから、歩く人も増えたんだろう。
にしても、マーキング多過ぎ。ピンクのリボンは山仕事のそれとわかるからいいとしても、黄色だの赤だののテープや蛍光色の紐やらにぎやかな事この上ない。

よくネット上の山行記で、「マーキングが豊富なので迷う事ないでしょう」なんて文をよく見るが、「なんか違うんじゃね」と思ったりする。
迷いたくってこういうとこ歩いてるんだぜ。迷いたくなかったらおとなしく整備登山道を歩くわ。迷って、考えて、地図を凝視して、地形を観察してが楽しいんじゃん。

だいたい、東丹沢登山詳細図にだって『熟達者向』って書いてあるだろう。熟達者ならマーキングなんてするなよな。

P5050110

なんて事をグダグダ思いながら尾根を1時間で降りて、12時45分、雷滝の横を通過。

そして、1時50分。魚止橋に無事帰還しました。

最後は今日の花

P5050012

ヤマウツボ
こいつが出てきたら「もう春もおわりだなぁ」と思います。

P5050031

今の時季、丹沢の主役はこの子達ですね。シロカネソウ。

P5050064

ミツバコンロンソウの撮影をしていたら、見なれぬ蜂(虻か?)が割り込んできました。
マクロ撮影をしていたから、レンズと花の距離5cmほど。お構いなしなんだねぇ。

P5050099

早春の花、キクザキイチゲも今は標高1500m以上の場所で盛りです。

P5050078

コチャルメルの群生を見つけたよ。
丹沢ではちょっと珍しい花なんだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/05/04

狩川源流部から金時山へ

やっぱり春は箱根だよねぇ~

などと野草好きは言うのだ。
オイラと同じく野草好きのAYさんとはっぴーさんにそう言ってみたら、「そんじゃあ箱根へ行くか」という事になったのだ。

コース計画を任されたオイラは考えたね。本当はコース計画を練るのはあまり好きじゃないのだ。めんどくさいからね。でも、今回は考えたよ。

やっぱり金時山は外せない。花が豊富だからね。金時~明神の稜線も花が多いよ。Vルートも織り交ぜないと、登山道歩きばっかじゃつまらないよね。

という事で、狩川源流部を遡って、金時山へ行ってきました。

思った以上に面白いコースだったよ。

Photo

2013年4月27日

メンバー : AYさん  はっぴーさん  shiro

P4270008

7時45分 足柄の地蔵堂に車を停めて歩き出す。
朝日に輝く菜の花にテンションも上げ上げで、黒白林道そして明神林道へ入る。

国土地理院の地形図を見ると、ここから明神ヶ岳へ黒破線が付いている。
この黒破線は狩川に沿って付けられ、標高700m付近から尾根に乗って明神ヶ岳へ向かっている。
今日はこのルートを使って明神~金時の稜線へ登ろうって計画だ。

もちろんこの黒破線が、まともなルートでない事は承知の上だ。どのガイドブックにだって載っていないし、さんざん調べてみたがネット上にも歩いた記録は上がっていない。(と思う・・・もしupしている人がいらっしゃたたらゴメンナサイ)
おそらく数十年前には廃道になってしまっているルートなのだろう。
地形図の黒破線なんてそんなものだ。大昔に廃道になってまともに歩けないルートに、平気で経路を示す黒破線を記す。
それが国土地理院のやり方だ。

もっともそれを承知の上で、面白がって歩きたがるバカがいるのも事実だけどね。

P4270023

さあ、おバカさん達は林道から黒破線ルートへ入る。
なんとな~く道型が残っている。・・・ような、いないような・・・。

P4270025

微かな道の痕跡を探りながら、ヤブをかき分けかき分け。

と、突然くっきりとした踏み跡にぶつかる。林道から沢へ向かっている。
どうやら釣り人の道だろうと想像できる。

とりあえず、その踏み跡を追って沢へ降りてみた。

P4270033

沢へ降りてみたものの、結構水量が多い。この日は沢装備をしていないので、ジャブジャブ遡行するのはちょっと辛い。
沢から20mほど上に、ヤブに消えかかった経路の痕跡を見つけはしたが、AYさんの判断でいったん林道へ上がろうと。このままヤブをかき分けても、この先の枝沢を横断する所でどうなっているかわからない。ということになった。

で、いったん林道に上がって、560m付近の沢が二又に分かれている地点を目指して下降しようという事になった。
そこから先なら水量も減って、最悪沢沿いでも歩けるだろうと。

P4270057

ヤブの薄そうな斜面を探して、右又に降りてから二又地点に向かって沢沿いに下降する。

別に危険な沢ではないが、濡れずに歩こうと思うと少し苦労する。

二又地点からは左又へ入る。

P4270069

すると、経路痕を発見。水流際ではないけれど、沢から離れずに上流へ向かって経路は続いている。

踏み跡はわりとくっきりとしている。
土地の人達が、山菜取りなどで今でも使っているのかもしれない。

P4270074

この狩川源流部。なかなかの癒し空間です。

P4270076

新緑と緑の苔生す水の流れに、気持ちよく歩けます。

P4270077

標高700m付近で、地形図の黒破線に従って、沢から尾根へと上がります。

すると、ここにも薄らと踏み跡が。

P4270083

と思ったら、猛烈なヤブ漕ぎ。覚悟はしていたけどね。
でも、ヤブの中にも薄らと経路痕があるんです。

P4270084

標高810m付近で、突然林道に飛び出してビックリ。
どんなに地図を眺めてみても、この林道は記されていません。

どうやら最乗寺から伸びてきている林道の延伸工事をしているようです。

相談の結果、明神へ向かうのをやめてこの新しい林道を辿ってみることにします。
金時方面へ難なくトラバースできるのですから、もしかしたら楽に稜線へ上がれるかも。

しばらく歩くと、林道の工事現場へでました。
昼休み中の職人さん達にビックリした顔をされましたが、にこやかに挨拶を返して先へ進みます。

そして、林道工事の終点地点。
地形図を検討した結果、そこは火打石山の真北辺り。200mも上がれば稜線登山道に出られるはず。

予想通りです。

P4270092

そこにも薄らとした踏み跡がありました。山仕事の人達が使う経路かもしれません。

が、薄い経路痕は消えたり現れたり。
でもAYさんの超人的な嗅覚が、確実に経路の痕跡を捉えていきます。

P4270097

ヤブ漕ぎも急斜面のもがきも無く、楽勝で稜線直下まで上がってしまいました。

飛び出したのは、火打石山の直下の鞍部。

なんだか新しいルートを発見したようで、すごく嬉しい。
そして楽しかった~

P4270107

後は登山道を辿るだけ。

この稜線登山道は雄大な眺めが大好きなんだ。
ここから見る金時山もいいよねぇ~。

そして矢倉沢峠~金時山~地蔵堂と、登山道をのんびりと。
野に咲く花を眺めながら歩いたのでした。

野草好きのAYさん、はっぴーさんと一緒に歩くと、花談義がまた楽しいんだよね。
花を見つけるたびに撮影しながら、あ~でもないこ~でもないと。

とっても楽しい春の花探しの山歩きでした。

 

それではこの日見つけた花達。

P4270017

アケビ

P4270063

ヒロハコンロンソウ

P4270095

トウゴクサバノオ

P4270113

ジロボウエンゴサク

P4270122

ツルキンバイ
ミツバツチグリやキジムシロに似ているけど、標高1000mを超えるとツルキンバイの花盛りでした。

P4270123

そしてちょっと珍しい。ツルキンバイの6弁花。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »