« 新春恒例 大山参り ~北から南へ大山縦走~ | トップページ | 梅 »

2013/01/30

谷太郎川源流の秘境を歩く

白滝とか湧水滝とか、谷太郎川の源流地帯。諸先輩方の山行記録を読んだり聞いたりして魅力は感じていたけれど、何故だか今まで足が向かなかったんですよねぇ。
理由の一つは大っ嫌いなヤマビルの巣窟地帯である事。5月から10月の間は、とてもこんな場所に踏み込めない。かといって冬の沢歩きも気が乗らない。
三峰の稜線や梅ノ木尾根からこの谷間を覗き見ると、恐ろしいほど急峻であるうえに地形も複雑。気楽に踏み込める場所で無い事は一目瞭然。

つまり早い話が、ビビってたんだよ。単独でこの地帯に踏み込むのがさ。

今回、師匠のM-Kさんがここら辺のパトロールに行くって聞いたんで、「こりゃチャンス」とくっついていく事にしました。

Tizu17

2013年1月27日

メンバー : M-Kさん 山猫さん ミックスナッツさん ardbegさん shiro

P1270002

8時10分 二の足林道のゲート前から出発。
しばらくは林道をテクテクと。

P1270007

林道の終点から沢沿いをしばらく歩くと不動滝です。
5~6mの滝ですが、水量が多いので見栄えがします。

右岸から滝を巻いて、またしばらく沢沿いに進みます。

P1270016

すると見事なナメ滝が現れる。
大ナメ滝っていうんだって。

この大ナメ滝の下で沢は1:1の二又になっている。
今日の目的の白滝は右又の大ナメ滝の上流だけれど、左又の上流にある湧水滝の様子を観に行ってみようと・・・急遽決まりました。M-Kさんの粋な計らいです。この辺をはじめて歩くオイラとしては、とても嬉しい。

P1270021

湧水滝の前衛の滝。
ミックスナッツさんが滝の左壁を登り始めるが、岩に氷が付いていて危ないって事で降りてきた。
ここは左手に50mほど進んでから泥斜面を巻き上がる。

P1270025

そして秘境、湧水滝。
崖に囲まれた、広場上に開けた場所。そして崖のあちこちから水が湧きだし流れ落ちてきている。
諸先輩の写真で何度も見ていた風景だけれど、この場所の神秘さは実際にこの場所に立ってみなければわからない。
これでも今の季節は水が少な目なのだそうだ。水量が多い時はもっと見事なんだとか。

さて。

先ほどの大ナメ滝まで引き返して。
左岸を高巻で大ナメ滝を巻いて上がります。うっすら経路と虎ロープ有。

大ナメ滝落ち口で沢に戻って、再び沢沿いに進みます。

P1270039

すると2段の滝。白滝の門番の滝なのだとか。
ここは滝の左壁をよじ登る。
ミックスナッツさんのルートどりをじっくり見てから登るから楽勝です。
が、シビアなRFが必要な危険地帯である事は間違い無い。

P1270044

そして白滝。
いや~来たかった。この目で見たかった。
うんうん。いい滝だ。
20m・・・それ以上あるかもしれない。
 

水量が多い季節はもっと美しいそうだよ。
というと初夏の頃とか秋とかかな。
またその時季に来てみたいけど、この辺はヒルがねぇ・・・。

P1270054

こちらは白滝の左手にある赤茶滝(仮称)。

この赤茶滝の右岸を登って、滝の中段で横断して・・・

P1270058

白滝と赤茶滝の中間尾根(これを尾根と呼べるのかという疑問はあるが)をよじ登ります。ここもまた危険含み。

P1270061

そして白滝の落ち口上に降り立つ。
そこでは岩壁から石清水が湧きだしていた。
ここもまた神秘的な場所だなぁ。

P1270064

さて今度は、右岸の急斜面を這い上がります。
標高が700mを越えたくらいから、雪が深くなってきました。

今度の目的地はシチミ岩。
そこへ行くためには尾根を乗り換えなくてはなりません。
その、尾根を乗り換えるためのトラバースがちょっとヤバかったりとか、雪の付いた急斜面の這い上がりがキツかったりとか、いろいろあった末・・・。

P1270076

ついにたどり着きました。
これまた秘境のシチミ岩。(逆光で上手く撮れなかった・・・)

P1270078

ところが、シチミ岩によじ登るための唯一のルート上に倒木。そして雪がべったり付いていて、「オイオイ、ここ登れんのかよ」って感じで、一同呆然としてしまった。

ここはardbegさんが先頭で雪を払いながらルート工作をしてくれました。

P1270085

全員無事登りきって、岩の上で一休み。

P1270080_2

シチミ岩からの眺めは絶景でした。

P1270086

さて、ここから稜線まで100m(標高差)。雪は深さ30cm。
ここは先頭切らせてもらったが、ヤセ尾根急登のツボ足はキツかったゎ。太ももがピクピクと痺れてしまった。

稜線の登山道脇でランチ休憩をした後、帰路につきます。

P893から梅ノ木尾根に入り、大沢分岐から鐘ヶ岳方面へ。
実はこの旧ハイキングコースを歩くのも初めてなんです。

P1270092

そしてP674の手前で旧ハイキングコースと別れ、北へ伸びる尾根を下降する。

この尾根も自然林の良い尾根でした。

P1270093

最後のオマケ。ardbegさんとミックスナッツさんは尾根の先端からロープ下降。
他の三人は、この手前で沢床へ降りて、堰堤の右岸から楽々下降しました。

15時半には無事に二の足林道へ降り立ちました。

 

距離的には短い周回でしたが、内容の濃い充実した山行でした。

M-Kさんやミックスナッツさんがルートを熟知していたからそれほど苦も無く歩けましたが、いきなり単独で入っていたらかなり苦労しただろうな・・・と思われる山域でした。
実際に急峻で複雑な地形の山域で、RFミスが命取りになりかねない場所である事は実感しました。

でも、今回の山行でおぼろげながら地形がつかめてきたし、次は単独でも挑戦できるかも。
この山域には、まだまだ見所がいっぱい有るって話だしね。

とにかく魅力的な山域です。
もっともヒルさえいなけりゃね・・・。

|

« 新春恒例 大山参り ~北から南へ大山縦走~ | トップページ | 梅 »

コメント

shiroさん

お疲れ様でした~!
スッゴク楽しいとこでしょう・・!

私は初めてここに入った時「ここは俺の庭にするんだー」と思ったのでした。ぞっこん惚れ込んでしまったのです。

転がったら絶望の緊張感とあのロケーション。
たまりませんよね。 

また清掃にも行きますよ~。

投稿: M-K | 2013/02/01 11:42

M-Kさん、こんばんは。
あんな山域を庭として自在に歩き回ってるM-Kさん達は、やっぱりスゴイです。
噂通りの、地形図では読み取れない複雑で険しい地形の山域でした。
今回、連れていっていただいて、少しは様子がわかってきました。ヒルのいない季節を狙って、少しずつ探索していこうと思っています。
 
清掃にも参加しますので、是非お声をかけてください。

投稿: shiro | 2013/02/01 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/56655108

この記事へのトラックバック一覧です: 谷太郎川源流の秘境を歩く:

« 新春恒例 大山参り ~北から南へ大山縦走~ | トップページ | 梅 »