« バカ尾根チャレンジ2012~ついでに大日沢左岸尾根 | トップページ | 東沢の名も無き尾根から同角ノ頭を目指す »

2012/11/21

大山三峰から唐沢~初めての三峰縦走~

紅葉シーズンまっただ中。
西丹沢へ行くと、帰りの渋滞がうっとおしいしなぁ。
ヤマビルが消えた今、三峰周辺でも歩くか・・・。
なんて考えていたら、三峰の登山道をまともに歩いた事がない事に気が付いた。

沢や支尾根から三峰の稜線に上がったり、反対側に下りたりなんて事は何回もやっているが、稜線の縦走登山道をまともに歩いた事がなかった。

三峰の登山口に警告看板みたいなのが立っているでしょう。
正確な文面は忘れましたが、上級者だか経験者だかしか登っちゃいけませんよ的なやつ。
そして最後に(これが強烈なインパクトで記憶に残っているのだが)『引き返す勇気も必要です』と書いてある。

山歩きをはじめたばっかりの頃この立看板を見て、「三峰って恐ろしい所なんだなぁ」と思った。
そのせいなのか・・・今まで三峰縦走をする事も無く・・・。

“上級者”なんて身分ではございませんが、少しは経験も積んできたし・・・
そろそろ行っても良いでしょう?

というわけで行ってきました。大山三峰。
登山道歩きだけじゃつまらないので、帰りは唐沢を遡行しようって趣向でして。

今回も結構な距離を歩いてきました。

Tizu18_551x1024

2012年11月18日

7時5分 日向キャンプ場の駐車場に車を停めて歩き出す。
キャンプ場の上で、オレンジ服の一団に遭遇。
どこで猟をするのか聞いてみると、今日は大山沢の右岸の斜面に入るらしい。とりあえずオイラの進路とは関係がなさそうなので、笑顔で挨拶をして別れる。

今年もまた、ハンター達が山へ入る季節になったんだねぇ。
オイラ達ヤブ山愛好家は、1年中なにかしらに怯えながら歩いているんだ。
春秋の熊、夏のヤマビル、スズメバチ。そして冬はハンターだ。

それはともかく

キャンプ場の上から屏風尾根に取りつく。

Pb180008_600x800
わかっちゃいたが、キツイ尾根だ。
取り付きから稜線まで550mの標高差。ず~っと急斜面の連続だ。
この屏風尾根、日向から稜線までの最短ルートである事は間違い無いが、とにかくキツイ。体力十分の朝一だから平気で登るけど。

Pb180009_800x600
8時30分 尾根に取りついてから1時間15分でP989に上がった。

この後は三峰に向かって稜線歩き。
これは気持ちが良い。
適度なアップダウンを快調に歩く。

Pb180012_800x600
登山道歩きだから、何にも考えないで気持ちよくとばす。
P893を越えて、唐沢峠を越えて。
この唐沢峠から先、しばらくの区間は未踏ルートだ。
そして唐沢峠の次のピークでまたやっちまった・・・。

Pb180014_800x600
何も考えず、ピークで道なりに直角に折れる。道標に従って。

この後登山道は下る一方。
だいぶ下った所で「あれ?おかしい・・・」と気付く。
さすがに登山道歩きたって、事前に地図は読んで頭に入れてるからね。
唐沢峠から山頂までは、こんなに下る場面は無かったはずだ。
ここで初めて地図を取り出す。そしてコンパスを当ててみる。
あ~ぁ。不動尻に向かって下りちゃってる。
またポカした・・・。情けねぇ。
『ピーク毎に地図と方向確認』はバリ歩きの基本だぜ。(今日はバリ歩きじゃないけど)
後からロガーの軌跡を見たら、80mも下ってた。
クッソ!
体力の無駄遣い。

登り返して道標の裏から北へ向かう。

その後はトラブルも無く、10時に三峰山頂に到着。
山頂では団体さんが休憩中だったので、そのままスルー。

Pb180018_800x600
この稜線、確かに険しい。こんなヤセ尾根が続く稜線も珍しい。登山口に警告看板が立っているのもうなずける。
でも、岩場にはピカピカの鎖が設置してあるし、キレットには木桟橋がかかってる。
もし、鎖も桟橋も無かったら、かなりスリリングな上級者向けの尾根歩きになるんだろうな。なんて事を思いながら歩く。

そして、物見峠に11時ジャスト到着。
P989から2時間半。途中のコースアウトで15分のロスを差し引けば、まあまあのペースかな・・・。

Pb180027_800x600
物見峠から唐沢林道へ下りる。

ちょうど見頃の紅葉を楽しみながら林道テクテク。

11時30分。小唐沢橋へ到着。橋の両脇に車が数台停まっている。
やな予感・・・。

Pb180030_800x600
小唐沢橋の脇から唐沢に入り、堰堤を巻いて河原へ下りると、オレンジ服が座っていた。

やっぱりね。

どこで猟をしているのか聞くために、近づいていくと、向こうもオイラに気が付いて、露骨にイヤな顔をする。

奴らの気持ちもわかるさ。役場だか組合だかに金払って、許可をもらって、人が来ない山域で猟をしているのだから。登山道でもなく、人が入ってくるはずもない場所を、わざわざ歩きにくるオイラのようなバカ者が邪魔でしょうがないんだろう。こっちは入山料を払ってるわけでもないしね。

どうやら今日は小唐沢の両岸で猟をしているらしい。本流ではやっていないという事なので、先へ進ませてもらう。

それにしても・・・。
さっき、三峰の山頂で、小唐沢の右岸尾根を降りようか・・・なんて事もチラと考えたりしたんだ。
危なかった・・・。鉄砲構えた連中の中へ突っ込んで行く所だった。
奴らも、まさか三峰の山頂からヤブをかき分けて人が下りて来るなんて思いもしないだろうからな。

Pb180037_800x600
小唐沢出合を過ぎた所で、12時。ここで、今日初めての休憩。

緑の渓流に光が射す。
ハっとするような美しい光景。
こういう光景を見るたびに、山を歩いていてよかったなと思う。
こういう景色に出会いたくて山をウロウロしてるんだ。

Pb180041_800x600_3
この唐沢。滝場も無く、ゴルジュも無く、気軽に歩けるっちゃ歩ける。

ただ、水量は結構多いから、靴を濡らさずに歩こうと思えば、それなりに歩くテクニックが必要かも。

もう寒いこの季節。意地でも靴を濡らさないで歩く。

逆に夏なんかは水流をジャブジャブ歩くには楽しい沢かもしれない。
夏はハンターもいないしね。
その代り、ここはヒルの巣窟だけれど・・・。

Pb180042_800x600
大ノ沢出合を過ぎたら、極端に水量が減る。

そういえば、この沢も通しで歩くのは初めてだった。
北尾根からこの沢へ下りてきて、また登り返して・・・なんて事は何回もやっているけど、通しで歩くのは初めて。

そういう意味でも、有意義な沢歩きだった。

Pb180043_800x600_3
唐沢堰堤から唐沢峠へ上がる。

ああ・・・紅葉が綺麗だね。なんてつぶやきながら、梅ノ木尾根へ。

そしてP778から鍵掛尾根の急斜面を駆け下りて・・・

14時50分。日向キャンプ場へ無事帰還。

今日も楽しい山歩きでした。

 

 

恒例の『今日の花』も、これで最後でしょうかねぇ。来春まで。

Pb180050_800x600
ヤクシソウ
ああ・・・まだ頑張って咲いていたんだね。
と、見つけた時はちょっぴり嬉しかったんだ。

|

« バカ尾根チャレンジ2012~ついでに大日沢左岸尾根 | トップページ | 東沢の名も無き尾根から同角ノ頭を目指す »

コメント

shiroさん

この長丁場、8時間弱で踏破。驚き桃の木山椒の木です。
土日のVルートは、やはり、ハンターに出会う事が多いですね。

投稿: | 2012/11/21 19:33

今年一番に連れて行っていただいた山行を思い出しながら拝見しました。
またさらに長いルートですね(^_^;)
沢の緑がとてもきれいです。
東も普通に歩ける時期がきたのですね。

またどこかお願い致します。

投稿: レガー | 2012/11/21 20:56

yamajinnさん、こんばんは。
長丁場と言っても、半分以上が登山道と林道ですから・・・coldsweats01
 
管理猟ではない一般の狩猟は、土日のみ許可されているようですから。彼らも登山道の周辺では猟をしませんが、Vルートではかち合ってしまいますよね。
三峰の周辺は特に多いような気がします。

投稿: shiro | 2012/11/21 22:08

レガーさん、こんばんは。
唐沢は緑の苔がとても綺麗な沢なんですよ。
レガーさんもぜひ訪れてみてください。
沢靴じゃなくても歩ける沢ですから。
でも、この辺はヒルの巣窟ですから・・・
ヒル嫌いの僕は、とても夏は行けません。
 
また、一緒に歩きましょうね! 
是非!!

投稿: shiro | 2012/11/21 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/56156441

この記事へのトラックバック一覧です: 大山三峰から唐沢~初めての三峰縦走~:

« バカ尾根チャレンジ2012~ついでに大日沢左岸尾根 | トップページ | 東沢の名も無き尾根から同角ノ頭を目指す »