« 能ノ爪か熊ノ爪か | トップページ | 秋の花ハイク~箱根~ »

2012/10/17

原小屋沢~又兵衛沢から蛭ヶ岳

2012年10月14日

Tizu18

朝7時15分 早戸川林道の魚止橋に車を停め歩き出す。

蛭ヶ岳へ登ろうと思った。とにかく丹沢で一番高い所へ。

この2週間。いろんな事があった。最大の出来事は、友が死んだことだ。
23年来の仕事仲間でもあり、友人でもあった。まだ駆け出しの若造だった頃、同じ親方の下で修行をしていた仲間だ。3つ年下の彼は、まだ50にも届かない若さだった。若すぎるよ・・・。

2年前からガンと闘っていた。でも、経過は順調だと聞いていたんだ。病院の外出許可が出るたびに、顔を出しに来てくれていた。この春には「秋には退院できそうだ」と言っていたんだ。2年前と比べてとても顔色も良かった。退院した後の仕事の心配をしていた彼。「しばらくshiroのとこで働かせてくれないか」と言われ「もちろん歓迎するよ」と言っていたんだ。同情や義侠心からではない。ある部分では僕よりも良い腕を持っていたのだから、本心で楽しみにしていた。彼と共に働くことを。
10日ほど前に彼の奥さんから「あと数日かもしれない」という連絡をもらうまでは・・・。

病院へ訪れた時には、もう彼の意識は朦朧としていた。でも、僕の呼びかけに、かすかに手を上げてくれた。涙が溢れた・・・。

彼の故郷の長野での葬儀も終わり、弔辞の大役も何とかこなし・・・。
この呆然とした気持ちの整理をつけるために、とにかく思いっきり歩こうと思った。
何かあると蛭ヶ岳を目指す・・・。いつからか、そんな事が僕の中の決まりになっているんだ。

早戸川沿いの経路を歩き、雷平から原小屋沢に入る。

121014_034

8時25分 雷滝に到着。 大好きな滝だ。今日は水量も多くて迫力もある。
丹沢で一番好きな滝と言ってもいいかもしれない。好きな理由をダラダラ書くのも野暮だから書かないけど、とにかく大好きな滝なんだ。

121014_060

9時15分 バケモノ滝に到着。 前回は右岸から巻いたけれど、左岸からも巻けると聞いていたので、今日は左岸を登ってみる。が・・・巻き上がった後、沢へ降りるのがちょっとヤバそう。ロープは持っているけれど、今日は絶対に怪我をしたくない。安全第一。一旦滝壺に降りて、右岸から巻直す。

121014_075

次々と現れる滝を巻き上がって行く。滝の姿を、渓相を、楽しみながら。
沢に限らずバリエーションルートは2回来ないと楽しめない。僕に限った事かもしれないが、そう思う。初見のバリルートは地図読みとRFとで気持ちがイッパイイッパイになってしまうから。それはそれで楽しいのだけれど、景色を堪能できるのは、余裕を持って歩ける2回目からだ。
前回この沢に来た時はAYさんが一緒だったから、それほどRFに神経をすり減らしたわけでもないが、それでも今日は前回以上に景色を楽しみながら歩いた。

121014_090

10時5分 ガータゴヤの滝。 8月に来た時よりも、だいぶ水量が多い。
前回は正直なとこ、「噂で聞いていたよりも、ちょっとショボいな」と思っていた。
が、今日の姿は大迫力だ。いい滝だねぇ・・・噂どおりだ。

121014_097

10時20分 又兵衛沢出合に到着。右岸の涸れ沢が又兵衛沢だ。前回AYさんに教えてもらったから間違い無い。
今日はこの又兵衛沢を詰めて蛭ヶ岳に登ろうと思う。ここからは未知のルートだけれど、地形図を読む限り険しそうなルートではない。

121014_101

苔むす岩がゴロゴロと転がる涸れ沢をひたすら上る。出合直後に5mほどの涸れ滝があった以外は滝場もなく、急傾斜もなく、ただただ緩いゴーロを歩く。
標高1450m付近で右手10mほど上に稜線の登山道が見えたので這い上がった。
ヤブ漕ぎももがきもなく、あっさりと登山道に上がる。

121014_119

11時40分 蛭ヶ岳山頂に到着。
登山道に出てからの200mの階段登りがとてもきつかった。いつもはなんてこと無い、むしろ歩きやすいとさえ思っているここの階段登山道。1か月ぶりの山歩きの足では、こんなにもキツイのかと思った。
最近、筋力が落ちるスピードが早くなってきている気がする。ひと月山から離れると、ガクガクっと足の筋力が落ちる。思いたくないけど・・・確実に年取ってきてるのかなァ・・・。

ガスガスの蛭ヶ岳山頂はハイカーもまばらで、富士山どころか臼ヶ岳すら見えない。
それでも心は満足感で満たされていた。
気持ちがダウンしている時には、思いっきり身体を使うにかぎる。僕の場合はがむしゃらに山を歩く。するとホラ、不思議なくらい心が晴れてくるから。

20分ほど休憩して、山を降りる。ここはおとなしく、一番楽な市原新道を下山ルートに選ぶ。
気持ち的にはもう満足している。それに1ヶ月以上開いていたのにほとんど休みなしで飛ばしてきた足は、悲鳴を上げ始めていたんだ。山頂直前では、太ももが攣りはじめていたし。

121014_129

丹沢で一番高い所では、もう紅葉が始まっていたよ。白ヤシオの樹が鮮やかに色づいていた。

今の職に就いたのと、彼と出会ったのはほぼ同時期だから、もう23年もこの仕事をしているんだ・・・。
まだまだ頑張らなきゃな・・・。あと20年はやらなきゃ。
そんな事を考えながら山を駆け下りました。

山頂から約2時間。午後2時には魚止橋に帰着。
時間的には短めだけれど、体力はえらく使った。ヘトヘトでした。
でも、満足です。

それでは恒例の今日の花

121014_071
ヤマトリカブト

121014_079
今日のお目当てだった大好きなイワシャジン。
残念ながら原小屋沢では生息数が少ないみたい。やっと見つけた一株。

121014_096
リュウノウギクは今が盛り。
野菊の中でもしんがりを務めるこの菊。野草の季節が終わりつつある事を告げる花でもあります。
また山も寂しくなっちゃうねぇ・・・

121014_113
センブリも今が花盛り。

121014_124
リンドウもまた

121014_126
かと思えば、晩夏の花キオンがまだ咲いていました。
葉っぱももう変色してしまっているけれど。

121014_111
そしてフジアザミもまだ残っていました。
名残の花だね。今年の9月は全く山歩きができなかったから、この日フジアザミが見れた事が少しだけ嬉しかった。

 

最後に
『余計なお世話』の話を。

市原新道では尾根のど真ん中に、新たな保護柵が設置されていました。資材が積んでありましたから、これからどんどん保護柵が増えていくでしょう。保護柵は踏み跡を分断するように設置されています。ここは登山道ではないのだから、お構いなしなのでしょう。
柵を回り込めばいいだけの話ですから別に困ることもありませんが、正しい尾根筋を見失わないようにご注意を。
こんな事はバリ慣れしている方々には釈迦に説法でしょうけど、踏み跡やマーキングだけを追いかけている人はお気をつけて。特にP1352を過ぎて進路を東に変えなきゃいけない所は要注意かも。

それから、早戸川。伝道から雷平までの間にあった木橋は、全て流されたままです。ちょうど今は、一番水量が多い季節ですから、渡渉に苦労するかもしれません。
この日も、橋が流されていたと引き返してきた人達2組、靴を脱いでの渡渉に苦労していたパーティが2組いました。
1本目の木橋があった地点は、ひざ上の深さです。流れが速いから要注意です。
少しだけ上流に登るとくるぶしくらいの深さで渡渉できる地点がありましたので、僕はそこを渡りました。でも、その地点まで、大岩をヘツる場所があるので、沢靴でないと難しいかも。

以上、おせっかい情報でした。

|

« 能ノ爪か熊ノ爪か | トップページ | 秋の花ハイク~箱根~ »

コメント

shiroさん
私も山でとことん追い込んで発散させています。

ガータゴヤはやはり葉っぱが落ちる前が絵になりますね。またヤシオツツジの見事な紅葉。
これは見に行かなくてはなりませんね。
丹沢稜線上の秋は短いです。
見逃さないよう毎週通ってしまうかなと企んでおりますよ(^^)

投稿: レガー | 2012/10/18 12:39

レガーさん、こんばんは。
気持ちが落ち込んだ時には、山を歩くのが一番ですね!
汗をかくことは、精神衛生上とっても有効なのだそうですよ。
 
シロヤシオの紅葉は、色が鮮やかで本当に綺麗です。
>丹沢稜線上の秋は短い
僕もそう思います。
でも、毎週蛭の稜線へ上がるのはしんどいなア・・・。
そこは若いレガーさんにお任せします♪

投稿: shiro | 2012/10/18 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/55907031

この記事へのトラックバック一覧です: 原小屋沢~又兵衛沢から蛭ヶ岳:

« 能ノ爪か熊ノ爪か | トップページ | 秋の花ハイク~箱根~ »