« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012/09/24

能ノ爪か熊ノ爪か

Img_0093

先週も山へ行かなかったぜェ。
日曜日には久しぶりに山へ行くつもりだったんだぜェ。
土曜日の予報で傘マークがついた途端に気持ちが折れたぜェ。
ワイルドじゃ無いだろゥ。
珍しく入念にルート計画を練っていたのに、あっさり中止してやったぜェ。

計画ルートにはヒルの巣窟の通過が含まれていたんだぜェ。
9月の雨の日にそんな所を歩くほどワイルドじゃ無いんだぜェ。
オイラ、ヒルは大っ嫌い。
ヒルだけじゃないぜェ。蛇や虫も大っ嫌い。
自然派を広言しているのに、聞いて呆れるだろゥ。

それじゃあ、ルートを変更して・・・なんて事は全く思わなかったぜェ。
雨に濡れながら歩くなんて、まっぴらごめんなんだぜェ。
ワイルドじゃ無いだろゥ。
「こいつ、言うほど山好きじゃねぇな。」って事は、自分でもちょっと思ったぜェ。

Img_0081

ってことで、今日も山行の話しじゃないんだぜェ。
本を読んで、スッキリ大発見した。って話をするぜェ。

吉田喜久治の『丹澤記』って本を読んでるんだぜェ。
入手困難なこの貴重な本は、堰堤博士のT.I氏から借りたんだぜェ。
去年借りた本を、ようやく今、読んでるんだぜェ。
ワイルドだろゥ。

もう、打ち込み辛いんで、スギちゃんの真似はやめるぜェ。
いいかげん飽きてきたしな・・・。

実際、この本は面白い。
昭和初期から中期の丹沢の様子がわかって、驚く事、感心する事、目からウロコな事、そんな文のオンパレードだ。

そんな中、1961年の記録に『境川、817㍍』という一文がある。
行程が『あつぎ=土山峠-境川-720㍍-817㍍-カラ沢-宮ヶ瀬=あつぎ』となっている。
ここでハテと考えてしまった。土山峠の周辺に境川なんてあったかな?
地図を見てみたが、やはり無い。
土山峠からカラ沢方面に向かっているなら、境川とは堤川の事かもしれない。
とすれば、817㍍とは鍋嵐の事だろう。720㍍とは鍋嵐の東のP719の事か、あるいは能ノ爪と呼ばれているピーク(740m)の事か。堤川を遡行したなら、能ノ爪に上がった可能性が高い。
などと考えていたわけです。

ちょっと『能ノ爪』について説明します。
宮ヶ瀬尾根と辺室~鍋嵐尾根のぶつかるピークを『能ノ爪(ノウノツメ)』と呼んでいます。
意味不明な名前ですが、丹沢Vルートのバイブル、S-OKさんのHPにそう紹介されていた事で知りました。僕がここを初めて訪れた3~4年前には赤帽白杭にマジックで『能ノ爪』と書かれていました。昔の昭文社のエアリア(山と高原地図)にも『能ノ爪』と記されていたそうです。(この事はFu社のO氏から教えていただきました)
ずっと「能ノ爪ってどういう意味なんだろう?」と思っていたんです。

ところが近頃、誰かが「能ノ爪とは、熊ノ爪の間違いである」と言い出したんでしょう。
ピークの杭は『熊ノ爪』と書き直されています。最近ここを歩いた人達の記録を読むと、「熊ノ爪」と呼んでる人の方が多くなってきたように思います。
この辺は熊の多い山域でありますし、「この山の木に熊の爪痕が残っている」などと説明されれば、納得しやすいですしね。
でも僕は、なにか釈然としないものがあって「能ノ爪」と呼び続けていました。
だって昔のエアリアに「能ノ爪」とかいてあったんだぜ。それが誤植であった可能性があるにしてもさぁ。

さて。丹澤記の話に戻りますね。
行程に続いて、境川(堤川?)の短い説明文があります。
“境川、出合附近はゴルジュ。ただし左岸高みにみちがある。あとはツメまでのうのう。”

読んだ瞬間に頭の中がピカーンと光りました。
“ツメまでのうのう”
そうか~! そうだったのかぁ~!!
堤川を詰めていけば能ノ爪に上がります。“ツメまでのうのう”のピークの事だったんだ。

丹澤記を丹沢歩きのバイブルにしていた人は多いはず。吉田ファンの一人が「のうのツメ」と言い出したとしても、何の不思議も無い。

長年の疑問が晴れた瞬間。
いやはや、気分爽快だったワ。

もっとも、この能ノ爪。清川村地名抄には堤川山と記されていますから、これが正しい山名なのでしょう。
丹澤記ではこの事にも言及しています。
“720㍍は境川山(風土記稿)とはいわないから、もしその名があるとすれば地域称だろう”
ちょっと意味が判りづらいが、清川では堤川山と呼んでいたんだろうね。

さてさて
ここで新たな疑問が・・・。
何故、吉田さんは堤川を境川と書いたのでしょう?

1. かつては堤川は境川と呼ばれていた。
2. 単たる吉田さんの書き間違い。
3. 吉田さんの原稿の字が汚くて、印刷屋が堤を境と読んでしまった。つまり誤植。

僕は3の可能性が強いと踏んでいるのですが・・・どうでしょうねぇ・・・。

そして大事な疑問。
“ツメまでのうのう”の意味は?

こんな表現は聞いたことが無いしねぇ。
語感から察するに“楽勝”って事なのかな?
これは一度歩いてみないとね。
宮ヶ瀬尾根から堤川の方を覗いた感じ、とても詰が楽な気はしないんだけど・・・。

確か・・・。AYさんとkazさんが堤川から能ノ爪へ詰上がった事があったような・・・。
今度会ったら様子を聞いてみよう。

最後に。この場を借りてT.I博士へ。
貴重な本を、長々と借りっぱなしですみません。
もうちょっと貸しておいてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/09/18

丹沢一回お休み

1285_018

タイトルを『丹沢一回お休み』としてみたが、深い意味は無い。
ただただ、はっぴー姐さんのこの名文句を真似してみたかっただけです。

適切なタイトルををつけるならば、『丹沢、何回休んどるつもりや』となるだろうか。
そのくらい、ここのところ丹沢へ行っていない。
山の花達が一番綺麗な季節なのにである。
貴婦人サガミジョウロウが咲く、短くも最高の季節なのにである。

確かに仕事は忙しかった。
でも、日曜日に休めないほど追われていたわけでもない。

気持ちが萎えてしまっていたのだ。精神的に、とても山へ行く気分になれなかったのだ。

事の発端は8月の末頃。
ガン検診というのを受けてみた。
別にそんな心配があったわけでも、体調が変だったわけでもない。
ただ役所からそんな案内が来ていたので、行ってみただけだ。国保の加入者には、毎年そんな案内が来るのだ。今までは受けた事もなかったが、フと気まぐれに受けてみただけだ。

受けたのは、近所の行きつけのクリニック。(行きつけというほど行っているわけでもないのだが・・・。)
検査結果が出るのに1週間ほどかかるというので、翌週になって結果を聞きに行った。

すると・・・

いつものんびりしている先生が、少しあわてている感じ。
「あ~・・・。精密検査を受けてください。○○病院へ紹介状を書きますんで。肺にね。すこ~し影がね。」
と、レントゲン写真を見せられる。が・・・。先生が指す場所を見ても、よくわからない。
「それが影なんですか?」「う~ん。薄いんですけどね・・・。すこ~しね・・・。」
なんだかさっぱり要領を得ない。
「どういうことなんですか先生。肺ガンって事ですか?」
「いや、わからないんですよ。ただガンの可能性も否定できないという事でね。とにかく、精密検査を受けた方がいいでしょう。○○病院の予約はこちらで取っておきましょう。」

待合室で待っていると、受付嬢から一週間後に○○病院の予約が取れたと告げられる。

12816_005

それからの一週間。呆然とした心持で過ごした。
まさか・・・いやいや、そんな訳は無い。別に胸が苦しくなった事も無い。山の急斜面を登っている時だって、息が上がる事も滅多に無い。心肺には自信があるんだ。
なにかの間違いに決まっているさ・・・。と思いながらも、釈然としない。
週末は山へ貴婦人探しを計画していたのだが、なんだか気分が乗らず中止してしまった。

そして精密検査。CTスキャンだとか、なんだとか。
検査の終了を告げられたので、聞いてみる。
「で、どうなんですか?」
医師の答えは、「これからデータの解析をいたしますんで」
そりゃそうだろうさ。で、いつその結果が?
「結果は△△クリニックさんの方へ送っておきますので、そちらで聞いてください。およそ一週間くらいでしょうか。」

また一週間かよ! きょうび、行政サービスだって即日交付が当たり前だ。一週間も待たせるサービスなど滅多にないぞ。

そして、長い長い一週間が始まった。

グダグダといろんな事を考えてしまう。
ネットで調べてみたりもする。そうか・・・。初期の肺ガンは、自覚症状が全く無いのか・・・。
今は止めたとは言え、高校生の時から煙草を吸っていた。毎日20本も。
日が経つにつれ、どんどんとマイナス思考に傾いていく。

そのうちに咳が出るようになってきた。下痢もしだした。頭痛までも。
もうダメかも・・・。

12816_057

そして運命の日がやってきた。

クリニックの診察室に入る。
ドキドキしながら先生の顔色をうかがう。いつもののんびりとした雰囲気だ。
「検査、お疲れ様でした。結果から話しますね。」

緊張MAX

「異常は見つかりませんでした。」

全身の力が抜けた。良かったとか嬉しいとか、そういう感じじゃない。なんか、ヘナヘナ~という感じ。

先生の検査説明をポーっと聞きながらも、ハっと思い出す。
「そういえば。レントゲン写真の影の正体はなんだったんですか?」

「わかりません。」
「・・・・・へ?」
「正直言うと、僕の所見では怪しさは無かったんですけどね。」

ハァ!? である。おいおいちょっと待て。それじゃあ何故、精密検査を受けさせた。検査代1万数千円の事はいいとしても、人の心を弄びやがって!
さすがに口の悪いオイラもお医者様に対しては乱暴な口調は使わないが、黙ってるわけにもいかない。

問いただしてよくよく聞けば、こういう事だ。
レントゲンの画像は、肺ガン検診の専門機関に送って診断してもらう。その回答書が『要精検』になっていたのだ。実際、その回答書を見せてもらったが、汚い字で肺の部所と要精検と書かれただけの走り書きのような物だった。
クリニックの先生も「?」とは思ったが、専門医の所見が『要精検』になっている以上は・・・という事だったらしい。

チっ! こんな落書きみたいな紙に振り回されていたのか・・・。
己のメンタルの弱さに腹が立つ。神経は図太い方だと思っていたけどな。こんなにクヨクヨしいのヘタレだったとはな・・・。

まあ、そんな訳でした。
萎えていた心も、一気に回復いたしました。
ようやく「週末は山歩きでもすっかァ」という気持ちになってきました。

そうそう。
咳と下痢と頭痛は、風邪だそうです。
『病は気から』とはよく言ったもので、気持ちが折れると体調もおかしくなるんですなあ。
週末までに治さないとね・・・。

 

今日の教訓
『検診なんて気まぐれで受けるものじゃないね。精神衛生にはかなり悪いワ。』

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/09/02

不動沢から丸渕へ

なんと!
あの丸渕が復活したという。
渕を埋め尽くしていた土砂が、綺麗に洗い流されているそうな。

丸渕に愛着を持ち続けていた我が師匠M-Kさんの喜びようが、目に浮かぶようだ。

そして、そのM-Kさんから『8月26日に丸渕集合』のアナウンスがあった。
丸渕再生委員の末席に名前を連ねる自分としては、なんとか行きたい。
思い起こせば、M-Kさん、AYさん、ミックスナッツさんと初めてお会いしたのも丸渕でだった。
自分は土砂で埋もれた丸渕しか知らないので、その“綺麗な渕”という姿も見てみたい。

というわけでして・・・

Tizu18

2012年8月26日

前日になってようやく仕事の都合が付けられて、山へ行ける事になった。のはいいけれど、連日の疲れからか早起きができなかった。
宮ヶ瀬行きの1番バスには間に合わず、煤ヶ谷のバス停に降りたのは8時半近くだった。
不動沢を遡行して、三峰の稜線を越えて丸渕へ向かうというM-Kさんのルートを聞いていたので、その後を追うつもりだ。

12826_003
8:45 谷太郎林道から不動沢へ入る。あらかじめ聞いていたM-Kさんの予定では8時頃不動沢へ入っているはずだから、おおよそ45分差くらいか。
飛ばせばなんとか、沢の途中で追いつけるかも。

一つ目の大堰堤を越えてから沢の中を歩く。
水流の少ないゴロゴロの沢床を歩きながら山小屋の下を通過。
左岸側に旧仕事道が有った事を思い出して、そっちを歩く方が早いかな・・・と思って左岸に上がる。

12826_005

考え事をしながらボーっと歩いていたら、いつの間にか不動ノ滝の巻き道に入っていた。気が付いたら滝の落ち口だ。
クソっ! 何やってんだか。この沢一番の滝を眺めずに巻いちまった。
が。また滝下に降りて・・・なんてのもメンドクサイし。
しかたなく、落ち口の不動様にお参りをして先を急ぐ。

12826_013

実はこの不動沢。不動ノ滝から上流部へ足を踏み入れるのは初めてだ。
不動ノ滝の下流部は、ゴロゴロ石が転がるだけのヤブ沢だが、滝の上流部もやっぱりそんな感じだ。これと言った見所も無く、石積堰堤を一つ二つ越えて歩く。

12826_017

でもね。どんな沢にだって“良いところ”はあるものさ。ほんのちょっとだけどナメ床があったりもする。

12826_020

そして滝。15mくらいか。スラブ状の滝だ。広い岩幅一杯に広がるように水が流れ落ちている。
それなりに見応えはある。(写真がひどくて伝わらないだろうけど)

左岸のルンゼを登って落ち口10m上くらいから落ち口に向かってトラバースする。

12826_028

沢に戻ると、またすぐに滝が出現。今度は10mくらいか。ゴツゴツとした岩壁を流れ落ちている。
水流が少ないので、ただの岩壁に見えるだろうけど。

右手の岩壁を這い上がる。

12826_030

二つの滝を越えた上は、水流こそ乏しくなってきたものの、ゴルジュ状の荒々しい姿になってきた。
ただのヤブ沢だと思っていたけれど、それなりのテンションを持った沢だ。
そりゃあね。三峰に突き上げる沢だもの。ぬるい沢であるはずがない。

ゴルジュの中で岩棚を這い上がったりする時。不安感が全く無いといったらウソになる。「この先で行き詰ったら、ここを降りて戻れるか?」
でも、今日は安心。だって、先程から点々と付いている足跡を追いかけているんだもの。足跡はステルスの跡、フェルトの跡、ハイパーVの跡。M-Kさん達のパーティに違いない。この先にM-K隊がいることは確実だ。

自分は今日はハイパーVを履いてきた。水陸両用のメリットはあるけれど、水流の中でのグリップ力はやはり沢靴にかなわない。最近、ステルスの驚異のグリップ力に馴れてしまった身としては、なんとも心もとない。さきほどの滝を這い上がる時も、滑りそうで少し怖かったんだ。

ハイパーVでどこでも歩いてしまうkazさんやイガイガさん達には、ホント敬服する。

12826_031

10:10 チムニーを這い上がっているM-K隊にようやく追いつく。

kazさんとMASAHIKOさんがフリーでチムニーを這い上がっているところだった。
そしてMASAHIKOさんが上からロープを下ろしてくれた。

いやァ~。ラッキーだった。ここで追いついてヨカッタァ。
もし単独だったら、とてもこのチムニーを登ろうなんて思わないもの。

12826_035

這い上がった所で、改めて皆に挨拶。
M-Kさんをはじめ、kazさん、山猫さん、T.Iさん、MASAHIKOさんだった。

上半身裸でザックを背負っているのは、堰堤博士のT.Iさん。
ウ~ン。ワイルドだぜェ。

12826_042

P616西のコルへ詰上げて、惣久尾根を登り、三峰の稜線に飛び出す。
11:30

不動沢を休憩無しですっ飛ばしてきたせいか、ヘトヘトです。いつも以上に疲労感が激しい。8月末とは思えないほどの猛烈な残暑のせいもあるかもしれないけれど。

12826_044

三峰の稜線を少し北へ辿り、樋嵐沢を下降します。

12826_049

T.Iさんによると、この沢も堰堤学(そういう学問があるのであれば・・・)的に重要な沢なのだそうだ。道々、石積堰堤の説明などを聞きながら歩くが、正直ようわからん。

それよりも先程から疲労感が強くて・・・。
山を歩いていて「ツライ・・・」と思ったのは久しぶりです。

12826_066

と。ヘトヘトになりながら丸渕に到着。

いやはや・・・。
これが丸渕の真の姿か。
堆積した土砂を押し流すべく、M-Kさん達はあの手この手で努力していたんだ。自分も何回か参加したけど。内心「こりゃ無理だよ」と思っていたね。
だって、少し水深を回復させたところで、大雨が降れば再び土砂で埋め尽くされてしまうのだもの。

それがねェ。自然の治癒力ってやつか。
やっぱり自然の力ってスゴイよね。とても人智が及ぶものじゃない。

などと改めて自然の素晴らしさを感じたのでした。

12826_058

M-K隊の前に丸渕に到着していたのはイガイガさん、AYさん、ゼフィルスさん、シチミさんとナナちゃん。

総勢で10名と1匹。
丸渕を愛して、復活を喜ぶ人間がこれだけ集ってくる。この山の奥地にさ。
これもこれでスゴイことだよ。

12826_054

水深も2mほどになった渕。ドボン大好きのM-Kさんはもちろん泳ぎます。
続いてゼフィルスさん、T.Iさんも。
もちろんナナちゃんもね。

 

というわけで。

皆で丸渕復活を祝って乾杯などをいたしまして。

帰路は何てこと無い良い子のルートで戻ったわけでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »