« 原小屋沢 | トップページ | 不動沢から丸渕へ »

2012/08/24

太礼沢

12819_083


2012年8月19日

Tizu18

メンバー : M-Kさん AYさん レガーさん shiro

早戸川の三峰側の沢にはまだ入った事がないんです。
そこで、太礼沢を遡行するという、師匠M-Kさんの計画に乗っからせていただきました。

12819_008

8:20 本間橋に車を停めて、出発です。

伝道まではいつもの林道歩き。伝道からは、いつもの登山道に入らず、早戸川へ降ります。
そこから太礼沢の出合まで、今日は早戸川を遡行します。

12819_029

早戸川へ降りてすぐ。レガーさんがいきなり釜で泳ぎだす。
おい~~。そんなに水好きの人だったのかい。

12819_033

言わずと知れた、水好きのM-Kさんとレガーさんは、腰までどっぷりつかってバシャバシャと遡行します。

12819_034

水嫌いのオイラとAYさんは、岩場をへつり、大岩を乗り越えながら遡行します。

巨岩がゴロゴロと転がるこの沢。巨岩を乗り越え乗り越え歩くのは、けっこう疲れる。実際、釜をバシャバシャ歩く方が楽かもしれない。
でもオイラは、パンツまで濡らして歩くのはイヤ。
だったら沢歩きをするな。って声も聞こえてきそうですが、そういう沢歩きのスタイルがあってもいいでしょう?

12819_036

ここの左岸の山腹に付けられている登山道は何度も何度も歩いているのに、この沢を歩くのは初めてです。登山道から沢は覗けないので、ここらの風景を見るのも初めて。
「ここら辺が早戸川で一番いい所だよ」と教えてくれるAYさん。
新鮮な気持ちで歩きます。

そんなこんなで太礼沢の出合に到着。

12819_058

一服した後、太礼沢の遡行開始です。9:30

出合付近は巨石がゴロゴロと転がる水量も少なめの沢。

12819_060_3

2~3mクラスの小滝が続きます。

12819_078

やがて姿を現した連瀑帯。
上段に見えるのが、太礼沢の大滝らしい。

12819_084

上段の滝は高さ10mくらいでしょうかねぇ。

12819_099

なかなかの美滝だと思いますよぉ。

12819_110

大滝を左岸から巻き上がったら、さらに上にもう1段。5~6mくらいか。

12819_118

この後も、2・3・4m級の滝が連なります。

12819_120

傾斜はけっこう急な沢です。出合からずっと急傾斜が続いています。

12819_136

M-Kさんとレガーさんは、シャワーを浴びながら楽しそうです。
AYさんも基本的には水流を歩きますが、パンツまで濡れそうな滝は巻いています。
オイラはさらにひどい。極力濡れないように水際を歩く。滝なんてもちろん巻き巻きです。

12819_141

M-Kさん達からは、「そんなんで楽しいの?」なんていう目で見られてますが、そんなんで楽しいんです。それがオイラの沢歩きのスタイルだから。
こういう美渓を眺め、写真を撮りながら歩く事が大好き。でも、濡れるのは嫌い。

12819_149

レガーさんの勇姿をもういっちょ。

12819_152

標高も1000m付近になると、水量もだいぶ少なくなってきます。
これくらいの濡れない滝なら、オイラも直登します。

12819_154

そしてこの辺りで滝場も終わり。

12819_165

源頭に近いとは思えないほどの広いゴーロ。

さて。どこへ詰めるか。
相談の結果、太礼ノ頭と円山木ノ頭の中間コルへ詰めあがろうという事になりました。
地形図を見る限り、それほどキツくはないと判断したんです。

12819_166

この上になんとなく稜線のコルが見える。
「このまま詰め上げられるんじゃネ」なんて、先頭をきってガラガラルンゼに取りつく。

が・・・判断ミスだった・・・。

写真中央部の2m程の壁でセミ状態。
一見、ホールド・スタンスが豊富な壁に見えるけど・・・ボロボロなんだ。掴むホールドが全部剥がれる。

下の皆を、左手の尾根に誘導したのはよかったけれど、自分がセミ状態から尾根に逃げる時が怖かった・・・。このガラガラの手前で左手の尾根に逃げるべきだった。

ルンゼを登ってる時に、M-Kさんから「尾根に逃げた方がいいよ~」と声がかかったのに・・・。師匠の言う事を聞かなかった罰です。

12819_167

という失敗はあったものの。
最後の詰めはヤブ漕ぎもなく。
12:40 狙い通り、太礼ノ頭と円山木ノ頭の中間コルへ飛び出しました。

この後は三峰の登山道を無名ノ頭までテクテク歩き。

12819_177

無名ノ頭から北西尾根で、車を停めた本間橋にジャスト下降を目指します。

この尾根は、まだVルート初心者だった頃、単独でドキドキしながら降りた尾根。
「懐かしいなァ~」なんて思いに浸りながら歩きます。
こんな景色の尾根だったんだァ。あの時はRFに精一杯で、尾根の景色を眺める余裕も無かったものなァ。

12819_179

1050m付近で本尾根を外れ、観光センターへ続く仕事道へ乗ります。
こっちのルートは初めて。

仕事道は700m付近で本間沢へ降りる。
この辺りでイヤ~な予感。
やっぱりね。ヒルがゆらゆらとうごめいているのが見えます。
時々岩に飛び乗ってヒルチェック。
やっぱりね。という感じで、数匹靴に取りつかれています。

12819_180

旧丹沢観光センター(今は『魚止め森の家』という看板がかかっています。何をする所なのでしょう?)を抜けて、無事本間橋へ帰還しました。15:15

それにしても楽しい沢でした。
ナメとかは無いものの、あれほど小滝が連なる沢は滅多にありません。
登攀対象の滝が無いから沢登の人達は来ないのかもしれませんが、水と戯れながら歩きたい人にはオススメかも。
オイラのように水に濡れたくない人にもオススメ。(もちろん冬場もね) 美渓を楽しみながら巻も簡単。

今日も楽しい山の一日でした。
最後のヒルヒル地帯の下降は別としてね・・・。
ヒルの実弾を食らったのは・・・
レガーさん一発。(レガーさん、初の献血だって! オメデト)
M-Kさん二発。
でした。

 

 

それでは
恒例の今日の花

12819_010

ミツバです。 あのお吸い物に入れるミツバ。
薄暗い所に咲く小さな小さな花だから、撮るのに苦労する。
今日もちょっとピンぼけ・・・

12819_158

モミジガサ  これもまた、山菜。
やっぱり薄暗い場所に生えています。

12819_173

タテヤマギクも咲き始めていました。
暦の上ではすっかり秋ですものね。

12819_174_3

そして1300mの稜線では、早くもハンカイシオガマが。
大半はまだ蕾も堅かったのですが、数株開花していました。

12819_182

林道で見つけたクサボタン。

もう山では、秋の花に衣替えを始めたようです。

|

« 原小屋沢 | トップページ | 不動沢から丸渕へ »

コメント

shiroさん

瀬戸ノ沢も楽しい沢でしたが太礼ノ沢は更に楽しい沢でした。来年のお盆休みは間子小屋沢を加えて3本は決まりました。よろしかったらどれでもまたご一緒して下さい。

投稿: M-K | 2012/08/25 01:39

shiroさん
楽しかったですね。
いつもリードありがとうございます。
私は今回も水と遊びながら後を歩かせていただきました。
しかし水好きとしては最高のプールでしたよ(^^)
来年も浸かりに行かないと・・・今年もまだ間に合うかしら。
また宜しくお願い致します。

投稿: レガー | 2012/08/25 09:24

M-Kさん、こんばんは。
瀬戸ノ沢も楽しい沢ですか!?
まだ行った事が無いので、是非行ってみたいです。
にしても、もう来年の計画ですか??
いくらなんでも気が早すぎますよォ~。
でも、間子小屋沢も是非行ってみたいです♪

投稿: shiro | 2012/08/25 21:42

レガーさん、こんばんは。
レガーさんがあんなに水好きとは知りませんでした。
僕は水濡れ嫌いですが、ああいう美しい渓相の沢を歩くのは大好きです。
また、よろしくお願いしますネ!
小滝をグイグイ登るレガーさん、カッコ良かったですよ♪

投稿: shiro | 2012/08/25 21:46

お疲れ様でした!
太礼沢にはいってみたいと思ってましたが、どの滝も登れて楽しそうですね!
ヒルが居るのが嫌ですけど、晩秋にでも行って見たいです。
しかし、シロさん、そんなに濡れるの嫌だったんですね…w 猫みたいです。
私も泳げないからヘツリ必死にしますよ〜。

投稿: らえ | 2012/08/27 09:50

らえさん、こんばんは。
太礼沢、なかなか面白い沢でした。
“沢登り”のつもりで行くと、がっかりするかもしれませんが、“沢歩き”のつもりで行くと楽しめると思いますヨ。
でも、あの辺はヒルがウヨウヨしてますからね。それでも今回は少ない方でした。6月と9月がヒルのピークでしょうか。あの辺のヒルが消えるのは10月後半ですね。
 
>猫みたい
ハイ! ネコ科ですから。
 
あらら。らえさんは泳げないのですか!?
本当は、無理矢理ヘツリより、窯を泳いじゃった方が楽な場面はいっぱいあるんですけどねェ~。
僕も、意地でヘツリます。(笑)

投稿: shiro | 2012/08/27 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/55496088

この記事へのトラックバック一覧です: 太礼沢:

« 原小屋沢 | トップページ | 不動沢から丸渕へ »