« 蛭ヶ岳 ~玄倉から周回~ | トップページ | オバケ沢林道 »

2012/05/21

第9回ニカニカ集会

2012年5月13日

12513_064

師匠M-K氏が主催するニカニカ集会に参加してきました。

半年に1度、春と秋に開催されるこの集会に参加する事は、とても楽しみにしているんです。
丹沢Vルートの先輩方にお会いできるのですから。

今年の参加者はM-Kさんを筆頭に、AYさん、はっぴーさん、ミックスナッツさん、まーちゃん、yamajinnさん、EAさん、キリヤマ隊長、MASAHIKOさん、レガーさん、Tさん。僕を入れて総勢12名でした。

尊敬しているイガイガさんをはじめ、ニカニカ古参の数名の先輩方が所用で欠席なされたのは残念でしたが・・・。
それでも、今年も楽しいひと時を過ごす事ができました。

 

今年は一軒家避難小屋の北西、鬼石沢とステタロー沢の界尾根上のP1064が会場でした。

それで未だ見た事が無い、地獄棚を見物してから会場に向かおうという事で、はっぴーさんとまーちゃんをお誘いして大滝橋から出発します。
のんびりと歩いていると、後から見覚えのある顔が・・・。AYさん、MASAHIKOさん、yamajinnさんです。聞けば考えている事は一緒で、ここから6名のパーティになって地獄棚へ向かいます。

で・・・地獄棚。

12513_099

初めて目にした地獄棚は圧巻だった。
いやあ・・・良い滝だ。4~50mはあるかな。
まーちゃんやはっぴーさんの話では、今日は水量が多いという話だ。
オイラ的には、初めて早戸大滝を見た時よりも感動したかも。
いいもん見させてもらったワ・・・。

滝下の左岸から急尾根を這い上がり、一軒家避難小屋へ。
そこから会場のP1064へ向かって尾根を登り始める。

途中で山椒の若芽を摘んだりしていると、後からミックスナッツさんが追いついてきた。おってレガーさんとキリヤマ隊長も。さらに後を見るとM-KさんとTさん(この方は初めてお目にかかりました)。
結局、皆、地獄棚経由の同じコースだったようです。

11時過ぎ、P1064へ到着。ほどなくEAさんも到着して集会がはじまります。

12513_067

とりとめも無くおしゃべり。
楽しい時間はあっというまに過ぎ、13時半。下山の時間です。

M-Kさんが地獄棚沢上流部の仕事道を辿って帰ると言うので、もちろん付いて行く。そこは『探索しなけりゃいけないリスト』に入っているルートだったんだ。
皆も同じ考えだったのか、EAさん以外の11名でワイワイと下ります。(EAさんは、そのルートで登ってきたそうですから、下山は別ルートを取るのが当然ですよね)

12513_089

一軒家避難小屋の少し上流から地獄棚沢の上流部を辿りながら地獄棚下へ降りるその旧経路。
こんな場面があったり。

12513_092

こんな場面があったり。

一般にはオススメできないルートだけれど、みんなバリ馴れしている面々だから、ほどよい緊張感のあるコースをワイワイと楽しく歩いてきました。

 

そんなこんなで。

今年も春のニカニカ集会を楽しんできました。
次は秋の集会。
またよろしくお願いします。

 

オマケ

12513_049

ウヘヘ!
シュンランを見つけたゼ!
実はAYさんが見つけて教えてくれた。

咲いていた詳しい場所は・・・内緒だよ~ん。

|

« 蛭ヶ岳 ~玄倉から周回~ | トップページ | オバケ沢林道 »

コメント

shiroさん

いつもありがとうございます。
今回は大シート、お世話になりました。(感謝)

シュンラン・・。憎い、憎い。見たかったな~。
庭先や鉢植えのシュンランではダメなんス。
山で咲いていなくっちゃ~。

あの楽しいコースに安全策つけちゃ~ダメなんすよね~!
(危なくなくっちゃいけないんだから困ったもんだ!)

投稿: M-K | 2012/05/22 02:59

shiroさん
ありがとうございました。
楽しい下山コース。
これからも密かに行かないとなりませんね。
私も本を買って、花の勉強することを決めました。
もちろん丹沢に限ってですが。
また宜しくお願いします。
ヒデ沢もお願いします(^^)

投稿: レガー | 2012/05/22 19:17

M-Kさん、こんばんは。
今回も主催のご心労、お疲れ様です。そして、ありがとうございました!
 
シュンラン!
丹沢で野生の物は初めて目にしたんです。
嬉しかったァ~~
実は、AYさんが見つけて、教えてくれたんです。
遠目でしか見れない場所に咲いていたのにです。
本当に、改めて、AYさんの観察力に頭が下がりました。
 
地獄棚上流の仕事道。
面白かったです。
あそこも、崩壊しながら消えつつある経路なんですねェ。
歩けて良かったです♪

投稿: shiro | 2012/05/22 21:07

レガーさん、こんばんは。
こちらこそ、ありがとうございました。
下山コースの経路。面白かったですネ!
あの経路から福井沢へ入って、屏風岩山へ詰めあがる・・・なんて事も密かに考えています。
 
>花の勉強
一番は、山に咲いている花をたくさん見る事です。
季節、色、大きさ、花びらの枚数、匂い、葉の形、エトセトラ・・・。
名前なんかわからなくたっていいんです。花の名は、何かの拍子にわかるものですから。
名前くらいでしたら、いつでもお教えしますヨ。

ヒデ沢!?
あそこは危険ですよぉ・・・。
あのキレットに詰上げてみたいとは、思わなくも無いですが・・・。
まずはヒデ沢の右岸尾根を歩きながら様子を見に行きましょうか。

投稿: shiro | 2012/05/22 21:19

shiroさん

当日の同乗&いろいろな縁の下、ありがとうございました。

シュンラン、きれいに撮れていますね!
またAYさんと花さがしに行きましょう♪

ところでスワミベルトは買いましたか?

投稿: はっぴー | 2012/05/23 07:35

はっぴーさん、こんばんは。
こちらこそありがとうございました。
 
野生のシュンランは初めて見ました。
また、花探しの山歩きをしたいですね。
夏は蛭の北側。原小屋沢とかあそこら辺が狙い目だと思うんですよね。ただのカンですけど・・・。
 
スワミベルト、まだ買ってません。
必要ですよね・・・。
MNさんの事が有って、マジで思ってます。

投稿: shiro | 2012/05/23 22:39

shiroさん

夏の原小屋沢いいですね~♪
カンが外れてもいいですから(笑)よろしくお願いします。

私の場合、スワミベルト+環付カラビナは
V歩きにはちょうど良い必携アイテムです。
自分の身は自分で守るという気持ち、大事です。

投稿: はっぴー | 2012/05/24 00:57

はっぴーさん
 
>原小屋沢
それでは暑くなりましたら♪
 
>自分の身は自分で守る
その通りですね。
そのためにはどうするべきか・・・
考えているつもりですが。
『つい油断』って事にならないように気をつけます。

投稿: shiro | 2012/05/24 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/54767810

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回ニカニカ集会:

« 蛭ヶ岳 ~玄倉から周回~ | トップページ | オバケ沢林道 »