« 境界尾根~宝尾根 | トップページ | 春になりましたので・・活動再開です »

2012/02/13

相州アルプス縦走

最近ヘタレてきたのかな・・・

そんなふうに思ったりもする。なにしろ、単独で山へ入るモチベーションが全く上がらない。どころか、「こんなに寒いのに山を歩く意味がわからない」とすら思ってしまう。

まさか、単独行が怖くなってしまったわけではあるまいが・・・。いや、否定はできない。去年の夏の滑落以来、単独行がめっきりと減ってしまった事は事実だ。

まさかね・・・。そんな事はないさ。他人からバカ呼ばわりされるのはへっちゃらだが、ヘタレ呼ばわりされるのは我慢できない。そんな事はないさ・・・。

暖かくなれば、またバリバリ歩くようになるさ。今の季節は大好きな野草だって無いしね。山を歩く意味が見つからないだけなのさ。

だけど・・・せっかくの連休なんだ。山歩きでもしなきゃ、他に趣味が有るわけでもない。などと思いながら、AYさんにメールをしてみる。と、ミックスナッツさん、ハッピーさんと相州アルプスを歩くという。

おっとぉ。これは一緒にくっついて行こう。と、とたんにモチベーションがあがる。やはり、仲間とおしゃべりを楽しみながら山を歩くっていうのも、一つの立派な動機付けだよね。

Tizu12211

2012年2月11日

メンバー : AYさん ミックスナッツさん ハッピーさん shiro

本厚木発宮ヶ瀬行の一番バスに乗る。途中のバス停で乗り込んできた男性が「マシラさんだよ」とAYさんに教えてもらう。伝説の仙人に初めてお会いした。AYさんは親しげに会話をしていたが、こっちは恐れ多くてとてもとても。黙って頭を下げて挨拶するのが精一杯だった。ザックも背負わずに丹沢中を駆け巡り、熊と素手で格闘する猛者ぶりからイメージしていた姿とは正反対の、紳士的なお方だった。

12211_018

7:45 仏果山登山口バス停を過ぎて、向山トンネルの手前で下ろしてもらう。ここは自由乗降区間で、好きな場所で乗り降りできるのだ。と、これもまたAYさんから教えてもらう。

12211_019

このトンネルの左手横には階段が付いている。車でここを通るたびに気になっていたんだ。もしかしたらここから高取山へ経路が付いているんじゃないかとね。この階段が気になっていたのは皆同じようで、この日はここから取り付きます。

ところが、階段はすぐに終わり、その上には経路が無い。逆にビックリする。何のための階段だよ!

ともかく尾根の背に乗って、急斜面を登る。

12211_022

470mでやまびこ大橋方面からの尾根に合流すると、穏やかな気持ちの良い尾根になった。

12211_027

9:05 高取山山頂。展望台に登って景色を堪能する。空気が澄み切っていて、丹沢の山並みがクッキリと見える。東側は関東平野が一望だ。遠くには筑波山までが見える。この景色を眺めるだけでも、登ってきた甲斐があったってもんだ。

さて。ここからは一般登山道を辿りながら南へ向かう。

12211_033

9:55 仏果山

ここでも展望台へ登る。ここから眺める大山が一番カッコ良いなァ・・・・と僕は思う。

12211_038_2

10:50 革籠石山

『カワゴイシヤマ』と読むんだ。この事も初めて知った。

こんなにのんびりと歩くのは久しぶりだ。しかも一般登山道を! 言うまでも無く、AYさん、ミックスナッツさん、ハッピーさんだって、普通に登山道をのんびりと歩く事なんて無いはず。

でもね。いいものさ。こういうのもネ。

半原越から経ヶ岳の急登にかかり、山頂手前のベンチでランチタイムにする。ここでもワイワイおしゃべりしながら50分も! こんなに休憩をとるなんて、普段の山行からは信じられない事だ。本当に今日は、みんなのんびりハイキングモード。

12211_044

12:40 経ヶ岳

ここから華厳山方面は、エアリアでは登山道扱いじゃないそうだ。(近頃、エアリアなどすっかり見なくなってしまったけど) でも、立派な道が付いている。そこらの登山道よりも歩きやすい。

12211_048

13:10 華厳山

なんと! まーちゃんの傘を発見! AYさんの話だと、少し前の雪の日にまーちゃんがこの山稜のどこかで落とした傘だそうだ。

12211_050

13:30 高取山

実はこの山域には高取山が3つもあります。なんて紛らわしい・・・。最初に登ったのが半原高取山。そしてここが荻野高取山。そしてここから南西方向のP464が煤ヶ谷高取山。・・・だそうです。

さて。ここから華厳山の手前まで引き返して、その煤ヶ谷高取山の尾根を下ります。

12211_052

ここは登山道ではないバリエーションルート。一応最初と最後はV尾根って事で・・・。

12211_054

けっこうな急斜面を下降します。

12211_057

でも、なかなか気持ちの良い尾根です。

12211_061

尾根の先端で5Mほどのよう壁に行き詰まり・・・。また今日もロープ下降か。と思いましたが・・・。尾根を少し戻ったところで階段を発見。

15:15 コージーコーナーの工場の脇へ無事降り立ちました。

のんびりハイキング。ではありましたけど・・・いやいや、この山稜、けっこうアップダウンがキツイです。1000mに満たない山稜とは言え、急登・急下降の連続。

久しぶりに疲れましたワ・・・。でも、こういう疲労感って気持ちが良かったりするんだよねぇ。

|

« 境界尾根~宝尾根 | トップページ | 春になりましたので・・活動再開です »

コメント

こんばんは。一度キリヤマ隊長の掲示板ででshiroさんと
塩地窪の頭のとこでお話しさせて頂いたものです。
 相州アルプス・・3年前経ヶ岳から半原高取山まで
ヘロヘロになって行きました。(登山始めて数か月でしたので)
 その時華厳山を知り、猟が終わった後にゴルフ場を通って
荻野高取山から華厳山へ行き荻野越えから降りてきました。
(ここで初めてネコノメを見ました。shiroさんのHPを見て私が見たのは
ハナネコノメだと分かったのです。可愛い花で気に入りました。(*^。^*))
 そして煤ヶ谷高取山と秋葉山がある事を知り、春にでも
行こうと地形図を眺めていました。
 私はshiroさんと逆でコージーから入り、体力がないので(息子でなく私が)
華厳山登ってお終いにしようと思っています。

 秋葉山は祠があるのでいいとして煤ヶ谷高取山は
昔は黄色いテープがあったそうですが今は山頂を特定
出来るものはありましたか??

 初心者で気を付けるポイントなどありましたら是非
教えてください。よろしくお願いします。

投稿: maychoi | 2012/02/17 22:28

maychoiさん、こんばんは。
僕もこの山域は数年ぶりに歩きました。
それぞれのピークの上り下りがキツく、縦走するとヘロヘロになりますよね。
秋葉山とか荻野越とかをご存知とは! かなりお詳しいですね♪
丹沢では鞍部を『乗越(のっこし)』と呼ぶのが普通なのに、この山域では『越(こえ)』と呼んでいるのが不思議に思いました。
確かに秋葉山には小さな祠がありました。でも、煤ヶ谷高取山には、山頂を特定できる物は無かったように思います。細長い平らなピークで、ボーッと歩いているとピークと気付かずに通り過ぎてしまうような場所です。
煤ヶ谷高取山から華厳山への登りは相当な急斜面ですが、用木沢出合からショチクボノ頭への、あの急斜面ルートをこなしたmaychoiさん達ですから、楽勝だと思いますヨ!
 
ハナネコノメは、大好きな花の一つです。荻野越の下にも咲いていましたか!
もう1ヶ月もすると、ハナネコ達が咲き始めますね。待ち遠しいです。

投稿: shiro | 2012/02/18 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/53976124

この記事へのトラックバック一覧です: 相州アルプス縦走:

« 境界尾根~宝尾根 | トップページ | 春になりましたので・・活動再開です »