« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/10

南大山沢から大山参り

新年の歩き初めは、先日M-Kさん達とカバの原へ行ったわけですが、やはり年初めには大山様へのお参りを欠かすわけにはいきませんから。今年はどのルートで大山へ登ろうか・・・などと考えていたわけです。けっこういろんなルートで大山へは登っているからなァ。

そんな時に、マシラさんが南大山沢から大山へ登られた記事をアップされました。それを読んで「おおッ・・・南大山沢って手があったか!」

という訳で、レガーさんをお誘いして行ってきました。

Tizu18

2012年1月8日

メンバー : レガーさん  shiro

日向キャンプ場の駐車場でレガーさんと落ち合いました。朝9時。今日も遅めの出発です。

南大山沢へ入るには、唐沢峠を越えなければなりません。ここからだと最短コースは鍵掛尾根かなァ。

1218_003

という訳で、鍵掛尾根に取り付きます。踏み跡バッチリの尾根なんだけど、なんせ急尾根。いきなり汗びっしょり。

1218_006

45分ほど頑張って、P778で梅ノ木尾根に合流しました。ここから梅ノ木尾根を辿ってP893へ向かいます。

事件があったのはP893の少し手前。単独の男性と挨拶を交わしてすれ違いました。その数十秒後、後でザザッと音がしたので振り返りました。

なんと! 先程の男性が、北側の谷へ滑り落ちていきます。

そりゃァ、驚いた。人が滑落していく光景を、初めて見たのですから。自分が滑落した事はあるけどサ。

現場は60度超はあるような急峻なルンゼだ。レガーさんと尾根を少し下った場所で、男性の姿が見えた。自力で立ち上がった。レガーさんがさらに降りようとするのを止める。無理無理。とても降りられる斜面じゃない。ロープを出そうと言うと、レガーさんがザックの底から9mm20mのザイルを出した。立木にザイルを結んで下へ投げると、ギリギリ男性の場所へ届いた。「自力で上がれるか?」と呼びかけると、「大丈夫」と答えが返ってきて、腰にロープを縛り付けながら、なんとか這い上がってきた。

イヤァ、よかった、よかった。おでこに擦り傷が有るが、骨は大丈夫そうだ。厚く積もった落ち葉がクッション代わりになったのだろう。しばらく一緒に居て様子を見守っていたが、足も大丈夫そう。自力で下山できるというので、別れを告げて先へ進む。

それにしてもレガーさん、お手柄だ。よくぞ9mm20mなんてザイルを担いでいたものだ。重かっただろうに。この日オイラが持っていたのは、6mm15mのパワーロープだから、届かなかっただろうし、切り立った斜面を這い上がるには心もとなかっただろう。

この男性。蓑毛から大山経由でネクタイ尾根を降りてきたという。そのコース設定や、この時間(10時頃)にここまで歩いてきている健脚ぶりから考えて、かなり山馴れしているベテランだと思える。そんな人でも一瞬の油断から滑落してしまうんだ。

あらためて山の怖さを思い知った出来事でした。梅ノ木尾根だってバカにできないゼ・・・。

 

さて。

その後、快調にP893、唐沢峠と越えて・・・。

1218_012

10時55分。ニカニカの聖地、唐沢大堰堤の上の河原に降り立ちました。

ここで小休止をとった後、いよいよ南大山沢へと入ります。

1218_015

水は一滴も流れていない。ただ、ゴロゴロと大岩が転がるだけの沢です。そんな事はM-Kさんやマシラさんの記録を読んで承知済み。こういうゴーロ歩きだって嫌いじゃないんだ。いや、むしろ好きな方だよ。人が嫌がるような場所を歩くのが好きなのさ。緑色の大岩の間を歩くのだって、そんなに悪くは無いぜ。

1218_017

想像以上に緩やかで穏やかな沢だった。所々に水が溜まった浅い渕が有るものの、ほとんど水流が無いから、沢歩きと呼べないかもしれない。だから歩く人も少ないのだ。

左手の尾根の上は登山道になっている。高度差もそれほど無いのだろう。時々ハイカーの声が聞こえてくる。

何箇所か二又が有るが、本流と思われる方へと進んでいく。

1218_023

何故、こんな所に堰堤が? と思ったら、垂直に切り立った岩盤だった。一見、「越すのに苦労するかな?」と思ったが、足がかりが豊富で簡単だった。

この南大山沢。名前の疑問は前々から持っていた。何故“南”なんだろう。大山から見て、北東の沢だし、大山沢から見ても北西だ。どうして“南”なんでしょうねェ・・・。

1218_024

標高1000m地点の二又。そろそろ詰を考えなくてはいけません。右又はちょっと無理そう。左又は険しいながらも何とか行けそうか? いやいや、でもでも、ボロボロ岩の雰囲気もある。今年は危険な事はしないって決めたんだ。

と、比較的登りやすそうな右手の尾根へ詰め上がる事にする。

1218_027

これまた厳しい斜面には違いないが、靴を蹴り込みながら登れる土斜面だったので、なんとかかんとか。

小さな尾根の背に乗って、そのまま登ると、本尾根と合流した。見覚えのある尾根だった。そう、石尊沢右岸尾根だ。

1218_030

見晴らしの良い送電塔の下でランチ休憩。大山から風に乗って登山者の喧騒が聞こえてくるが、この尾根は静かな物だ。向こう側に裸地尾根の不思議な姿を見ながら、のんびりとします。

そして、今日もレガーさんがストーブでお湯を沸かして、コーヒーをいれてくれる。ありがたい・・・。ご馳走様です。

1218_032

13時5分。大山山頂に到着。すんごい賑わいだね。

奥の院に参拝をして、おみくじを引く。

1218_033

大吉!!

ウヒャヒャヒャヒャ! こいつぁ、春から縁起がいいぜ。

と、気分が良くなったところで、大混雑の山頂にはもう用が無い。表参道を駆け下りる。何人抜かした事だろう。登山道を駆け下りるのってたまにやるけど、気持ちが良いよね。

1218_035

山頂から30分弱で下社へ降りる。ここもやはり大混雑です。

去年のお札を返納して、新しいお札を買う。

さあ、これでオイラの用事は終わった。

この後は、レガーさんの企画。『雷神社を探し出して参拝をする』です。

1218_038

まずは、下社から水平登山道で見晴台へ向かう。

おおぅ・・・二重滝が涸れている。よくみりゃチョロチョロと流れているけど・・・。

1218_040

見晴台のちょい手前で、登山道から離れて南へ向かう尾根に乗ります。

ここからはRFをレガーさんに任せて、お気楽モードで後をついて行く。

レガーさんの下調べでは、見晴台から南の尾根を下った途中にその雷神社があるらしい。何年か前のイガイガさんのblogに書いてあったなァ、と思い出す。簡単には見つからない場所にあるらしい。

1218_043

この斜面、尾根形状が見分けづらい上に、古い仕事道や獣道が縦横に走っている。どうやら、古い仕事道に引っぱられて、予定のルートよりだいぶ西に下りてしまっているようだ。その事を高度と沢音の関係から、レガーさんが気が付いた。それに気が付くなんてグッドジョブだ。

オイラは無責任に「面倒だからこのルンゼで沢まで降りちゃうかい?」なんて言っているが、レガーさんは高度計を睨みながら、もう少し東へトラバースさせてくださいと言う。

もちろんさ。オイラはお気楽に付いて行くだけだよ。

1218_049

そして・・・。ついに見つけた。幻の神社。尾根上の小さなピークに木々の間に隠れるように、ひっそりと鎮座していました。そしてここでもご参拝。

金色の額には『大雷神』(オオイカズチノカミと読むのだと思う・・たぶん)と彫ってある。滅多に人が訪れないようなこの場所だけれど、手入れをなさっている地元の方がいらっしゃるのだろうね。立派なお社でした。

1218_053

さて、帰路につきます。ここから日向キャンプ場への最短ルート。いったん日向林道へ出て、雷ノ峰尾根の支尾根に取り付く。

1218_057

物凄いカヤトのヤブの急斜面を登りつめて、雷ノ峰尾根の登山道へ出る。

いったん登山道を東へ辿り、九十九曲分岐の手前の尾根を降りようと相談。

間違いなくその尾根に入ったはずなのに、立派な登山道がある。「あれ?間違えて九十九曲に入ってしまったか?」と思ったのだが・・・。

1218_060

降り立ったのは、狙い通りの日向キャンプ場の真上。どうやらこの尾根、地図には載っていないが、登山道が造られていたようです。知らなかった・・・。

15時45分。無事に駐車場へ戻ってきました。

 

軽いショートコースのつもりだったのだけれど、思った以上にハードコースだった。帰りの車を運転しながら、足の筋肉がヒクヒクしていた。アップダウンが激しいコース設定だったものなァ。鍵掛尾根の急登。南大山沢の詰の急斜面。そして、最後は日向林道からのカヤトの急斜面。あんだけの急斜面を何本も登れば、足が悲鳴をあげるわナ。

それだけに、充実感イッパイの楽しい山歩きでした。

大吉だったしネ♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/01/06

カバの原 ~荒沢・間子小屋沢界尾根~

ちょっと遅いですが・・・

新年おめでとうございます

昨年は自分を含め、山仲間の方々の間で事故が多い年でした。

「自分にとって山歩きとはなんだろう」と考えさせられました。自分の山歩きの原点は、自然と一体化したい。自由に歩き回りたい。大好きな野草を探し歩きたい・・・。

そう・・・

登山道だとかバリエーションだとか、尾根だとか沢だとか、そういうのはあまり関係ない事なんだ。ただ、歩いてみたいと思った所を歩きたいだけ。歩けない所は歩かない。危険だと思う事はやめよう。“挑戦”だとか“敗退”だとかそういう意識など、はなから持っていないんだ。危険な場所は歩かない。

年の初めにあらためてそう思った次第です。

 

 

さて

今年の歩き始めは、M-Kさん企画の「カバの原に行ってみよう」です。早戸川の荒沢流域の山々は、行こう行こうと思いながらも、いまだ未踏の山域。願ってもない企画に乗っからせていただきました。

M-Kさん曰く「リハビリ山行ですから」という事ですが、なんのなんの、けっこうハードなコースだったよ。

Tizu18

2012年1月3日

メンバー : M-Kさん、yamajinnさん、shiro

1213_002

本間橋の手前に車を停めて出発です。時刻はすでに9時25分。冬は朝の出発が遅いのが、M-K隊の特徴です。理由は・・・僕にもわかりません。

まずは早戸川のだだっ広い河原に降りる。この日はとても水量が少なく、飛び石で渡渉するのは容易でした。

1213_004

対岸の尾根に取り付く。のっけから物凄い急斜面です。こんな急斜面に取り付くのは、バリ好きの中でもかなりおバカな方だと思う。

1213_006

急斜面を登りきると、こんなプロムナードな尾根道。「何これ。経路かい?」と思うが、経路を付けるような尾根ではない。植林の関係で、出来てしまった花道なんだろう。

1213_008

地図読み750mのピークを越えた鞍部で、クッキリとした経路が交差する。この経路を辿りながら、北西方向へ向かう。経路は標高740mをほぼ水平にトラバースしながら間子小屋沢へ向かっている。

ここは昔の仕事道であったことは間違いない。所々に炭焼窯の跡もある。が、沢をまたぐ所では、必ずと言っていいほど崩壊している。上の写真のようにネ。まあ、なんとか守備範囲内ではあるけれど・・・慎重に歩けばね。

1213_015

標高720~30mの付近で、間子小屋沢に降り立った。

なかなか良い渓相です。ここからしばらく沢を遡行します。

1213_021

760m付近で連瀑。なかなか見応えあります。ただ・・・滝の周りにガチャガチャと転がるパイプが目障りで残念・・・。この写真の右手にはドラム缶もある。M-Kさんの話では、昔の大平キャンプ場の取水設備なんだとか。もう使わなくなったのなら、片付けて欲しいよねぇ。

1213_026

ここから尾根に取り付きます。ワイルドなヤセ尾根。好きだなァ、こういう尾根。

1213_034

880m付近で本尾根に合流する。自然林の良い尾根です。

この尾根、地形図を見ても「複雑な尾根だなァ」と思っていましたが、実際歩いてみるとやはり複雑。本尾根・支尾根の区別がつかない分岐あり、二重尾根あり。登る分にはそれほど迷いはありませんが、もし初見で下っていたらかなり戸惑っていた事でしょう。

1213_046

そして、ついにカバの原に到着です。誰も歩かないような尾根の奥地にこんな草原が・・・と唖然とするような場所です。

1213_043

いやァ~気持ちのいい場所だ。奥にピョコンと頭を出しているのは蛭ヶ岳。そして、黄金色に輝く草は、冬枯れのテンニンソウです。カバの原の名前の由縁は知りませんが、なんとなくわからないでもない。これは、実際ここに立ってみなければわからないだろうなァ。

 

さて

時刻は1時15分。帰路は黍殻山から大平への登山道を下ろうという事になりました。あくまでもM-Kさんのリハビリ登山ですから。

1213_048

カバの原の少し上辺りから、黍殻山避難小屋の辺りへ続く仕事道が有るはずだと、M-Kさんがおっしゃる。根拠は薄いが有るはずだと。

獣道のような薄っすらとした踏み跡を見つけて、「これですかねェ・・・」と半信半疑でトラバースを始める。すると、日影に残る雪にあきらかな靴跡が。間違い無い。靴跡は登山靴じゃなく、長靴っぽい。きっと、猟師か山仕事の人達が使っている道なんだろう。やはり経路は存在した。こういうM-Kさんのカンには、いつもながら敬服する。

とにかく踏み跡を辿りながらトラバースを続けていたが、途中で踏み跡を見失う。すぐ左手上には東海自然歩道の尾根が見えている。霜柱で膨らんだブカブカの斜面を歩く事に嫌気が差してしまい、「登山道に上がりマ~ス」と一足先に尾根に上がってしまった。続いてM-Kさんも。ところが、最後まで粘って経路痕を探していたyamajinnさんは、ついに避難小屋まで続く経路を発見した。

ウ~ン・・・。早まったなァ。yamajinnさんに付いて行けばよかったァ。

1213_051

さて。黍殻山の南から大平へ続く登山道に入ります。僕にとって、ここは初めての道です。 というか、この辺の山域自体が初めて。

登山道に沿って、ピカピカのモノレールが。M-Kさんの話では、前には無かったそうです。どうやら新設した物らしい。

1213_056

大平へ降り立ちました。15時20分。日没まで後1時間とちょっと。

さて。ここから車を停めた早戸川林道まで、どのコースで降りるか。最後の選択です。

当初は、おとなしく登山道を下ろうと言っていたのですが、けっきょく荒沢の左岸尾根を下ろうと、M-Kさんが決断。

リハビリだ、リハビリだからと言いながら、何故厳しいコースの方を選んでしまうのでしょうか・・・。不思議ですが、そういうものなんです。バリを歩いている連中って。

1213_061

この尾根も、最初は緩やかな楽勝尾根だったのですが・・・。

1213_064

最後が崖。M-Kさんの記憶では、荒沢側にジグザグに降りる踏み跡が有るらしいのですが・・・。もう日没も近いし、下降できそうな斜面を探してウロウロするのも面倒になって、ロープを出して10mほどの崖を降りました。

そして、ひざ下の深さの早戸川をジャブジャブと渡って、最後はルンゼ・・・いやルンゼともいえないガラガラの崖斜面を林道まで這い上がる。

16時45分。林道に這い上がると同時に辺りが暗くなってきました。ギリギリセーフ。

いやはや、お疲れ様でした。最後の最後で体力を振り絞った。

これは・・・もはやリハビリじゃねェだろ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »