« 京都お散歩 | トップページ | 富士見歩道 »

2011/11/06

ニカニカ集会 ~2011年秋~

2011年11月3日

この日は、ニカニカ集会だった。丹沢のVルートを愛する者達がM-Kさんの呼びかけで年に2回集るのだ。

秋の集りは、谷太郎川の清川リバーランドだ。飲むから当然車ではなく、本厚木からバスで行く。どうせ行くなら朝の1番バスで行って、谷太郎川周辺の沢を散歩でもしようと思っていた。集会は11時からだから、3時間くらいは散歩ができる予定だった。

が・・・、前日仕事が夜中12時過ぎまで押してしまい、朝目覚めた時にはすでに7時半を回っていた。1番バスどころか2番バスにも間に合わない。それでも急げば3番バスには間に合うかもしれない。

本厚木駅前で冷たいビールを仕入れ、8時40分発の宮ヶ瀬行きのバスにギリギリで飛び乗る。煤ヶ谷のバス停に到着したのが9時20分頃。1時間くらいは散歩できそうだ。どこら辺を歩こうか・・・。不動ノ滝でも見に行くか・・・。

なんて考えながら林道を歩いていると、MASAHIKOさんにバッタリと会う。もうすでに集会前の散歩をしてきたらしい。

リバーランドに荷物をデポして、MASAHIKOさんを誘って不動沢に入る。

111103_008

不動沢に入るのは初めてだ。ここら辺の沢はあまり歩いた事が無いんだ。この辺はヤマビルの巣窟だからね。冬は沢歩きは滅多にしないし。だから、近場の沢なのに歩いた事が無い。

それにしても水量が少ない。こんな水量だと、滝もたいした事は無いだろう・・・なんて思いながら進む。ところが、不思議な事に、上流へ行くにしたがって水量が増えてくる。

111103_016

30分ほど登った所で、滝が現れた。これが不動ノ滝かァ。2段で10m程。決してショボイ滝ではない。それなりに見応えはある滝だ。

111103_017

よく見れば、落ち口の脇に祠が立っている。そこまで登ってお参りをする。不動様の祠だった。なるほど・・・。これが不動ノ滝の由来なのかな。

昔読んだイガイガさんの記録のかすかな記憶では、ここから上流が滝場が続いて面白いような事が書いてあった気がするが、10時半には会場に戻って準備の手伝いをしなければならない。名残惜しいが、ここで戻る事にする。

途中に朽ちた道標やくっきりとした道型なども残っていて、かつてはハイキングコースだったらしいことが想像できる。が、経路は完全に崩壊しているし、いやらしいトラバース箇所なども有って、あまりお気楽に歩ける場所ではない。事実、この日ジョギングシューズだった僕は、ズリズリ滑ってちょっと怖かったりもしたんだ。あの日以来、『滑る』という事に対して過敏になっているもんで・・・。

 

さて・・・

ニカニカ集会

いつものように、とりとめの無いおしゃべりをしながら、飲んだり喰ったり・・・

111103_029

参加メンバーは

M-Kさん、AYさん、イガイガさん、ゼフィルスさん、YAMさん、fu-ohさん、fu-kosuさん、EAさん、レガーさん、山猫さん、Yoko2さん、yamajinnさん、MASAHIKOさん、ardbegさん、キリヤマ隊長、アンヌ隊員さん、T.Sさん、aibouさん、はっぴーさん、つっちーさん、ZAPさん、TKさん

皆さん知った顔ばかりです。はじめましてはZAPさんだけかな。でも、話は他の方々から聞いていたので、初対面の気はしませんでしたけど。

上の集合写真には、僕とイガイガさんが写っていません。僕がアホなせいです。いつも集合写真を撮ってくれる花立小僧さんが仕事で欠席だったので、僕が撮る事になったのですが・・・。タイマー撮影などした事が無かったもので・・・。設定に失敗して撮れていませんでした。タイマー撮影の前に試し撮りした写真が1枚だけ・・・。

スミマセン皆さん・・・。

と・・・なんだかんだで、楽しい時間はあっという間に流れ・・・。

15時に散会しました。

 

さてさて。

この後に一騒動。バスまで1時間待ちと知った僕達は、鐘ヶ岳北尾根を乗越して、別所辺りまで歩こうと画策。歩き出したメンバーはおバカ揃いのニカニカ会の中でも特におバカ度が強い数人だ。誰とは言わないけれどね・・・。

111103_031

まず、谷太郎川を渡るのに一苦労。普段ならなんでもない渡渉だけれど、なにせ酔ってるんだから。

その後も酔った足で急斜面を登れないわ、座り込んじゃうわ、日は落ちてくるわ・・・。

なんとか暗くなる前に別所温泉にたどり着いたから良いものの・・・。

いくら「鐘ヶ岳北尾根なんてへでもねぇ」と言ったって、酔って歩く場所じゃないよね。ホント・・・猛反省ものだぜ・・・。

天罰はバッチリと受けましたから。なんと! ヒルに3箇所もやられていた。オマケに靴の中に2匹お持ち帰り。玄関でニョロニョロしているのを娘に見つけられて、家の中がパニックになる。もちろんアイカタ(奥様)の悲鳴と罵声を浴びせられる。「これは人を咬まないヤツだから」とかウソを言ってごまかそうとしましたが、こっちは足から血を流しているのだからすぐにばれる。

さんざん叱られちゃいました。トホホ・・・

油断してたァ! もうこの時季、ヒルはいないと思って、全く警戒していなかった。

きっと、谷太郎川から尾根に上がるジメジメした斜面でやられたに違いない・・・。

酔っ払ってあんな所歩くからだぜ・・・。

|

« 京都お散歩 | トップページ | 富士見歩道 »

コメント

お疲れ様でした。
すっかり元気になってよかったですね。
未だに引きずってる私としては・・
早すぎ!(羨ましい)
滑らないよう神経質になってる気持ちもよ~く
わかります。少しづつ慣れることでしょうかね。


投稿: ツッチー | 2011/11/06 18:34

ツッチーさん、こんばんは。
「未だにひきずってる」んですか?
最近、あんなにアチコチ歩き回っているのに!?
 
そうなんです。滑ることに神経質気味なんですよねぇ。
でも、ザレ斜面などは、よりいっそう慎重に歩くので、逆に良いのかもしれません。
 
もう無茶はしないで、純粋に山を楽しむつもりです。

投稿: shiro | 2011/11/06 20:49

shiroさん

どうもいろいろありがとうございました。不動沢ね~、あの上流で右腕骨折のドジをしたんですよ~。冬場に現場検証にご一緒お願いしたいです!

帰路の大○○組はなんですか~! 良くぞご無事で下りてくれました・・。赤軍は天罰かもです。(^^);

復帰後もよろしくお願いしますね~。

投稿: M-K | 2011/11/06 23:16

M-Kさん、こんばんは。
こちらこそ、いろいろとありがとうございました。
準備の数々、お任せっぱなしでたいしたお手伝いもせず・・・。心から楽しませていただきました。
 
あ・・・。M-Kさんが昔、腕を折ったのは不動沢でしたっけ。すっかり忘れていました。
上流部まで行かなくて、良かったァ。
 
帰りの山歩きは、本当に大バカでした。
反省します・・・。think

投稿: shiro | 2011/11/06 23:49

ニカニカ集会、とても楽しかったです。
ありがとうございます。
しかし(やはりと言いますか)集会後、バスが無かった所で「本厚木まで歩きましょうか?」とのshiroさんの言葉に驚きました(^_^;)
全くこの方達の体力はどこまでなんだ。と呆れはしないものの、再認識させていただきました。
また次回丹沢でお会い出来る事を楽しみにしております。

投稿: レガー | 2011/11/07 19:02

レガーさん、こんばんは。
こちらこそありがとうございました。
なかなかお話できませんでしたが、レガーさんとはこれから何度もお会いする事になると思いますので、またゆっくりと。
 
「本厚木まで歩く」なんて言ってました??
歩けるわけねェし・・・
バカが酔っ払うとどうしようもないですね。despair
 
エイヒレとっても美味しかったです♪

投稿: shiro | 2011/11/07 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/53178335

この記事へのトラックバック一覧です: ニカニカ集会 ~2011年秋~:

« 京都お散歩 | トップページ | 富士見歩道 »