« 気がつきゃいつの間にか秋風がそよぎ・・・ | トップページ | 完治しました ~大ノ沢~ »

2011/09/20

大山参り

2011年9月19日

あ~~久しぶりだなァ。この空気。

蓑毛のバス停に降りた瞬間、清々しい気分に包まれた。これから大山へ登るのだ。

おっと。誤解しないでおくれ。山登りじゃないよ。大山の阿夫利様へご参拝だ。まだ医者からもアイカタ(奥様)からも山登りの許可は降りていないんだ。滅多な事は言わないでおくれ。あくまでも山登りじゃなくて、神社へご参拝なのだから。

時刻は10時20分。もし登山なら、とっくに山頂にいるはずの時間さ。

11919_018

大山へは何度登った事だろうか。数えきれないくらいだ。それでも、蓑毛から下社へと続く、いわゆる蓑毛越えと呼ばれる道はまだ歩いた事がなかった。

右手にはまだギプスをしたままだ。足のギプスは外れているものの、医者からは「まだ完全にくっついていないから」と言われている。おっかなびっくり歩いてはいるが、なんだか嬉しくてたまらない。

たった一ヶ月なのに、ずいぶん久しぶりに山へ戻ってきた気がする。

11919_020

1時間ほどで下社へ到着。何度も言うけど、今日は参拝へ来たのだよ。

考えてみれば、この春以降、ろくな事が無かった。仕事ではゴタゴタが続き、挙句の果てにこの怪我だ。5月に大山様へ立ち寄った時に、引いたおみくじが『末吉』だったんだ。あまり良いことが書いてなくて、ちょこっとヘコんだりしたんだ。今日は、その厄を祓いに来たんだ。

まずは参拝をして、末吉のおみくじを奉納して、社務所で『開運・厄除け』のお札をいただく。そしておみくじを引く。

う~ん・・・。『吉』か・・・。悪くはないけど・・・。

 

一通りの参拝を済ませた後、山頂へ向かう。

足の調子は悪くは無さそうだ。急勾配の登りでも苦も無く歩ける。そう言えば、下社からこの表参道で山頂へ向かうのは、何年振りだろう。普段は人の多いこの道を避けて歩くから。久しぶりの風景もなんだか新鮮。

11919_030

1時間ほど、気持ちの良い汗を流して、大山山頂に到着。

奥の院に参拝をして、再びおみくじを引く。

11919_027

よっしゃ! 大吉!!

軽くガッツポーズ。

ウヒャヒャヒャ・・・こりゃ気分が良いや。

けっこう、こういう事を気にする人なんです。

さて

帰りは梅ノ木尾根経由で日向薬師へ降りるか。おとなしく雷ノ峰を降りるか・・・。などと考えながら下山を始める。

が・・・

少し降りはじめてみると、足の具合が良くない。右足首に力が入らないのだ。登りはへっちゃらだったが、急勾配を降りはじめてわかった。右足で踏ん張れないから、やたらと怖い。

こりゃダメだ。

一番楽なコースで降りよう。と、見晴台から下社へ回り込む事にする。

見晴台から下社への分岐に、『先日の台風で登山路が崩壊し・・・』とかなんとか書いた貼紙があって、ロープでとうせんぼしてあったが、いつものクセで何も気にせずロープをくぐる。

いかんよ、イカン。こういう行いが怪我の元なのだ。危険な場所があったら引き返すのだぞ。と、言い聞かせながら歩く。

が、とりたてて危険な場所も無く、下社に到着。見晴台と二重の滝の中間地点あたりの支沢で、土石流の痕跡が有り木橋が傾いていたが、あそこの事だったのだろうか・・・。

 

下社からはケーブルカーで降りる。ケーブルカーに乗るのは始めてかも・・・。これもまた楽し・・・だ。

 

最後は久しぶりに『今日の花』

11919_013

ヌスビトハギ(盗人萩)。秋も深まってきたんだねェ。

11919_008

マルバフジバカマ(丸葉藤袴)。神奈川ではチャクチャクと勢力拡大中の帰化植物。帰化植物だけれど、自然色の強い場所でしか生育しないんだ。とうとう、大山の山中にまで勢力を伸ばしてきたねェ。

野草好きの人達は、帰化植物を目の敵にする人が多いけど、オイラは別に気にしない。このマルバフジバカマだって、清楚な純白で綺麗な花だよ。

|

« 気がつきゃいつの間にか秋風がそよぎ・・・ | トップページ | 完治しました ~大ノ沢~ »

コメント

shiroさん
丹沢へおかえりなさい。
大山は不便ですね(^^)
お参りに行くのに、山頂まで行かなくてはならないので。
確かに山登りでなく、参道を歩いて上がっただけですものね(^^)言い訳でなく、大山ってそういう所です。
とにかくshiroさんが丹沢へ踏みこまれた事が嬉しく思います。
近々お会いできそうで・・・

投稿: レガー | 2011/09/21 18:07

レガーさん、こんばんは。
やっぱり、丹沢好きとしては大山様へお参りが基本です。happy01
ヒーコラと苦労して山頂まで登ってお参りしなくてはならないのが、大山様の良いところです。
本当は、そのまま北尾根に入って、唐沢あたりでも散歩したかったのですが、まだ登山の許可が出てませんので・・・。ガマン、ガマンです。
まだ足が痛むので、バリはとても歩けませんけどね。
 
完治したら、また一緒に歩きましょう!
まずはおとなしそうなヤブ山から。

投稿: shiro | 2011/09/21 21:09

shiroさん、お医者さまの言いつけはチャンと守りましょうね。

なんて、言えた柄じゃないですが、わかったでしょ、一ヶ月じゃまだまだなのが。
登りはなんとか登れても、下りが怖い。

ホネオリ・トリオの最後のひとりはリハで泣いているようです。
三人復活したら、記念に諸窪径路でも行きましょうか?☆\( ̄  ̄*)バシッ

それまで、石に蹴っつまずかないよう、気をつけてください。

投稿: | 2011/09/22 07:20

失礼しました。
上記、匿名投稿になってました。
イガイガです。

投稿: イガイガ | 2011/09/22 09:51

イガイガさん、こんばんは。
本当に・・・一ヶ月じゃまだまだです。
怪我の治りは早い方だと自負していたのですが、さすがに骨を折っちゃあ時間はかかりますよね・・・。
力が入らない足で斜面を下るのが、こんなに怖いとは思いませんでした。
 
ホネオリトリオのM師匠も、思惑よりもリハビリに時間がかかるのがご不満の様子でした。
 
あああ! 諸窪径路! 是非行きたいです。
もう、ザレ斜面のトラバはしない。と、決心したのですが、諸窪径路と聞いちゃ撤回しなくちゃなりません。
是非。是非。
 
この日の大山では、「つまずかない」事に細心の注意を払って歩きました。
ギプスの手で、受身を取るわけにはいきませんから。(笑)

投稿: shiro | 2011/09/23 02:47

shiroさん

よく蓑毛から大山! やっぱり若さかな~。
M-Kは宮ヶ瀬湖の周りをチョピット歩くだけに
しておきますよ~。happy01

何だって! モロクボ経路! 
(M-Kはひたすら耳を塞ぐのです)
そんなとこ私は知りませんし、絶対に行きません。
wobbly

投稿: M-K | 2011/09/23 19:38

M-Kさん、こんばんは。
大山の普通の登山道を普通に歩いただけですから。
宮ヶ瀬尾根を湖沿いにとらばーすしたり、ハタチガ沢周辺の尾根に登ったりの方が、よっぽどキツイと思いますヨ~。
 
諸窪径路は、いつかは歩かなくてはならない所です。
ただザレ斜面のトラバースするためには、足が万全の状態じゃなければ危険ですから。
まずは完治させて、その後筋力を回復させて・・・。
まだまだ、だいぶ先になりそうです。

投稿: shiro | 2011/09/23 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/52784294

この記事へのトラックバック一覧です: 大山参り:

« 気がつきゃいつの間にか秋風がそよぎ・・・ | トップページ | 完治しました ~大ノ沢~ »