« 鍵掛沢と石尊沢 | トップページ | 日高の頂を西から東へ »

2011/05/05

オバケ径路 ~大棚沢編~

5月1日

110501

この日のメンバー : M-Kさん AYさん shiro

M-Kさんの車に同乗させてもらい、塩水橋へ到着したのが8時半。GW真っ只中の日曜日だもの。駐車場所に苦労するかもなあ・・・なんて心配していたのに、意外や意外。塩水橋の駐車スペースはガラガラだ。この場所、普段の日曜日だってこんなに車が少ない事なんて無い。

そうか。天気予報のせいだな。予報は『曇り時々雨』。でも小雨だって事だぜ。せっかくの山遊びを中止するほどの雨は降らない・・・と思う。もちろん希望的観測だけれどさ。

まあ、小雨予報で山遊びを中止する方がまともな連中で、こっちがおバカな連中って事なんだろう。パラつき始めた雨の中で山椒の木を見つけて、ウヒャウヒャ言いながら芽を摘むオヤジ3人組は、はたから見ればかなりバカに見えるのかもしれない。

さて。

今日はオバケ径路探索の続きだ。1月に五町歩沢から大棚沢手前の尾根まで探索したオバケ径路。その先、大棚沢から大日沢までの間を探索しようってのが今日のミッションだ。イガイガさんの記録を読むと、大棚沢を通過する周辺が一番判りづらく、かつ危険をともなうようだ。いわばオバケ径路の核心部の探索が今日の目的。

決して山椒摘みではない。

・・・はず。

1151_036

おしゃべりしながらのんびり歩いたり、山椒を摘んだりしながら本谷林道を歩き、予定の取り付き地点に到着したのは、すでに9時45分。

危険が予想される探索を前にして、緊張感無さすぎ・・・の感は否めないが、M-K隊はいつもこんなペースだ。これが良いところ。

五町歩沢出合をしばらく過ぎてから本谷川を渡渉する。取り付くのは五町歩沢左岸尾根の820m付近から派生している支尾根。地形図を見れば、五町歩沢左岸尾根の方が歩きやすそうな事は一目瞭然。オバケ径路の手前で合流するしね。この尾根を選んだのは、単純な理由です。歩いた事が無いから・・・。

単純だけど、重要な理由です。

1151_038

取り付いた尾根は、凄まじい急登。「自然林で気持ちが良いネ」なんて言葉も出ないくらい。ヒーヒー言いながら手足フル稼働で這い上がります。

でも、満足なんです。

だって“歩いた事が無い”尾根だったのだから。達成感が残ります。

1151_045

標高850m付近。オバケ径路の痕跡を探しながら尾根を登っていくものの、なかなか見つからない。あれ、通り過ぎてしまった。この尾根を回り込む所までは、1月に歩いているはずなのに。ここら辺は、比較的はっきりとした経路跡が残っていたはずだけれど、尾根を歩いているとわからないものです。

ようやく径路跡を見つけて、トラバースにかかります。

1151_046

この辺は、まだ安全に歩ける範囲なんだぜ。それでもちょっと気を抜けば滑り落ちるけれどね。

言っとくけど、ここは“径路”ではないからね。“径路跡”だから。

1151_051

さあ。

問題の大棚沢に到着した。まずは左又。ここの横断にそれほど問題は無い。

1151_052

沢を横断した後の急斜面トラバースも、まだまだ守備範囲の内。

そして大棚沢右又に到着。

1151_054

右又の対岸は、絶望的な絶壁だった。

沢の横断はできる。が・・・横断した後のこの絶壁は無理。

イガイガさんはどうやってここを通過したのだろう・・・。

1151_057

まずはロープを出して、右岸の崖斜面を降りる。

1151_059

そして、滝の下で沢を渡る。

径路はこの滝の上を横断していたはずなんだ。

1151_060

少し下流へ降りてから、左岸の崖を這い上がる。そして、なんとか径路に復帰。

この辺は崩壊が激しすぎて、径路跡はボロボロです。

1151_062

径路の痕跡を見つけた後も気が抜けません。危険なトラバースが続きます。

1151_070

大棚沢の左岸尾根を回り込む辺りで、ようやく安全に歩けるようになりました。この辺は径路もくっきりと残っています。

ここでは、これが“くっきり”なんだって。ホント。

1151_072

12時20分。大日沢へ降り立ちました。

とりあえず・・・。

本日のミッション完了です。

これだけの距離を歩くのに、何時間かかってるんだ!

 って感じですが・・・。

1151_083

帰途は楽して大日沢を下ります。

大日沢もこの辺りは簡単に歩ける沢ですが、登山靴で濡れずに歩こうと思うとちょっと難易度が上がる。本谷林道へ上がる最後の堰堤下の難所で、巨匠二人が相次いでジャッポンをするのを見てから、じっくり渡ったオイラは一人セーフ。ウッシッシ・・・。ってスミマセン・・・。ホントはオイラがルートチャレンジしなきゃいけないのに・・・。

1151_089

本谷林道へ上がったとたんに、小雨とは言えないくらいの雨が降り出してきました。なんていう運の良さ。これも日頃から山神様にお参りを欠かしていないおかげさ。

短いながらもとて充実した山歩きでした。長い事気になっていた、オバケ径路を解明できた事が、なによりも嬉しい。

M-KさんとAYさんは、『1回目 五町歩沢~大棚沢右岸尾根』『2回目 金林(キンヘイシ)ノタル~五町歩沢』『3回目(この日) 大棚沢右岸尾根~大日沢』とオバケ径路を踏破した事になるわけです。

ところが・・・

2回目に不参加だったオイラは、まだ踏破した事にはならない。これは絶対にこのままにはしておけない。それも通しでやってやる。金林ノタルから大日沢まで、通しでね。イガイガさんや、マシラさん、S-OKさん達のようにね。

近いうちに・・・

と言いたいところだけれど・・・。ヤマビル軍の大勢力地帯のこの山域。5月も半ばを過ぎれば、奴らの攻勢が始まります。で・・・そこは様子をみながら、そのうちに・・・という事で。

今日の野草 

1151_077

シロカネソウ(白金草)

まさに咲こうとしています。この花が咲き始めたら・・・山にも暖かさがやってきます。汗をかきながら尾根を登る季節がやってきたなァ。一番気持ちが良い季節だ。

|

« 鍵掛沢と石尊沢 | トップページ | 日高の頂を西から東へ »

コメント

shiroさん

オバケ径路、お疲れ様でした~!
あそこを歩いて喜ぶ人がいるなんて・・。(異常か?)
世の中いろんな人がいてこそ面白いんですよね。
・・ということで。(^^);

今日の丸渕、チメタカッター!(泣)
大ミミズ3号だけに仕事をさせました。

M-Kだけ赤軍猛攻! 長靴に石鹸とか何も細工を
しなかったのです。10匹の攻撃、実害1。(泣)

投稿: M-K | 2011/05/05 22:09

M-Kさん、こんばんは。
オバケ径路、ありがとうございました。
あそこを歩いて喜ぶのは・・・
まあ、異常なんでしょうね。
でも、“通常”よりも“異常”の方が、面白かったりしますから。
 
まだ水が冷たい中での丸渕、お疲れ様でした。
ついに、今年の初実害ですか!
今日は寒かったので、ヒルの安心日だと思っていましたが・・・。
いよいよ、ヒルと戦う季節がやってきましたね。
私は石鹸なんて細工はしません。ディートをポケットにねじ込んで秒殺してやります。

投稿: shiro | 2011/05/05 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/51586480

この記事へのトラックバック一覧です: オバケ径路 ~大棚沢編~:

« 鍵掛沢と石尊沢 | トップページ | 日高の頂を西から東へ »