« 傘をさしてお散歩 ~金時山~ | トップページ | 世附川西沢 »

2011/05/14

カサギ大滝

2011年5月8日

Tizu

M-Kさん達がカサギ沢へ行くというので、またまたちゃっかりご一緒させていただく事に。

カサギ沢というと、早戸川の奥の原小屋沢のまた奥の沢です。訪れる人も少ない丹沢の秘境部の一つに入るでしょう。あの、仙人マシラさんが熊と格闘した、伝説の沢でもあります。

去年、ちょこっとだけ歩いた事があるのですが、時間切れでF2までしか行っていないので、その先の大滝はまだ見た事がないんです。しかも、その時、帰途の榛ノ木丸でルート判断をミスり、危ない枝沢をおバカ下降するという痛恨の失敗をやらかした、いわく付きの山域でもあります。

さてさて。今度は幻の大滝を拝めるのか? 巻きが厳しいと噂の、大滝前衛ゴルジュを越えられるのか?

ところで

この沢の名称の事ですが。原小屋沢から分けるのがカサギ沢。標高1200m付近の二又で左に分けるのがカヤノ沢にしています。が、二又の左がカサギ沢で右がカヤノ沢としている記述も見た事があります。また、原小屋沢から分かれるところからがカヤノ沢としている記述も見た事があります。正直、どれが正解なのかはわかりません。もしかしたら正解は無いのかもしれません。おそらく、呼び名もはっきりしていないのかもしれません。それだけ、人にあまり知られていない丹沢の奥深い沢なのだろうと思います。

1158_012

今日のメンバー紹介。前からハッピーさん、M-Kさん、AYさん。そしてshiroの4名です。

魚止橋を出発したのが8時50分。通い慣れた早戸川沿いの登山道を、いつものペースでユルユルと進みます。今日は雷平から原小屋沢へと進みます。

1158_017

大岩の滝を越えて雷滝の手前で沢靴に履き替えます。

1158_174

ご存知! 雷滝。

やっぱり好きだなァ、この滝。今日は水量少な目ですが、少なきゃ少ないなりに絵になる滝です。

AYさんとハッピーさんは左岸から巻きます。私は中段から写真を撮りたかったので、M-Kさんと右岸を巻きます。

1158_020

で、中段からの雷滝です。

1158_029

雷滝を巻き上がって、さらに上流へと進みます。水流を歩く者、沢辺を歩く者、それぞれが自分でルートを考えながら、勝手に歩いていきます。M-K隊はいつもこんな調子です。

1158_043

原小屋沢は良い沢です。途中までしか行った事が無いのですが、気持ち良く歩ける綺麗な沢です。

1158_057

11時。ようやくカサギ沢の出合に到着しました。一休みした後、いよいよカサギ沢の遡行をはじめます。

まずは出合のナメ滝をよじ登る。ここへ来るのは2度目ですが、前回に比べてかなり水量が少ないようです。

1158_067

F2のナメ滝。前回はここで時間切れとなり、尾根に上がりました。さあ、いよいよここからだ。カサギ沢の核心へ突入します。

滝の左岸際をよじ登った所から小尾根に上がり、F3の滝を巻きます。

1158_086

巻き上がった尾根から沢へ戻り、少し進むとゴルジュ。このゴルジュの向こうに大滝が有るという。人の侵入を阻むこのゴルジュがあるから、カサギ沢大滝が幻の滝なのだ。

もしかしたら沢屋の中には、このゴルジュを中央突破する奴もいるかもしれない。でも、普通は無理。巻こうにも、両岸とも絶壁で、とても巻けそうな気がしない。

1158_094

でも、こんな険悪な場所でも、ちゃんとルートを作る先人がいるんだねェ。

右岸の絶壁の中段にわずかなバンド。そしてそこに細いロープが張ってある。と言っても、危険なトラバースである事は間違いない。かなりの緊張した。

それにしても、このルートを開拓してロープを張った先輩には、ホント敬意を表する。こんな絶壁に何とか歩けそうなかすかなバンドを見つけた事がすごい。そして頼りないロープだけれど、有るのと無いのじゃ大違いだ。もしロープが無かったら、恐怖心で身体が固まってしまったかもしれない。

1158_107

そして・・・ついに目にした・・・。

幻のカサギ大滝。

感激・・・。

丹沢にはもっと迫力のある、あるいは美しい滝が、他にたくさん有るかもしれない。確かに高さも20mくらいだし、水量もそれほど多いわけじゃない。

でも、簡単に来れる場所じゃない。簡単に人が入れない場所にある滝。それが感動を呼ぶんだ。

1158_111

たっぷりと滝を堪能したら、今度は大滝を巻きにかかる。

左岸側の崖をよじ登るんだ。さっきのゴルジュ巻きとは違って、恐怖心は無いものの体力的には厳しさ満点だ。

1158_123

大滝を巻いて、1200m地点から左又のカヤノ沢へと入る。

1158_150

カヤノ沢は癒しの沢でした。楽しい小滝が続く。

1158_152

が、楽しい部分もほんのちょっとだけ。標高1250m付近で水流も細くなり、時刻もすでに13時。

ここら辺が切り上げ時でしょう。という事で右岸側の尾根に上がる事になりました。

1158_158

急斜面を頑張って登ると、そこは穏やかな自然林の尾根でした。

地形図を見てもわかるとおり、なだらかな広尾根です。が、こういう尾根の方がRFが難しい。尾根の分岐もわかりづらけりゃ、尾根と斜面の区別すらわかりづらい。

でも、けっこう好きなんですよ。尾根のRFは大好物です。

1158_162

尾根の末端はうって変わって急斜面。RFピッタリで原小屋沢とカサギ沢の出合に下降しました。

後は、往路を戻って魚止橋に16時10分、無事帰着しました。

 

念願だったカサギ沢大滝、ヨカッタ~。

M-Kさん、AYさん、ハッピーさん。ありがとうございました。ご一緒させていただいて、本当に良かった。ゴルジュの巻きも大滝の巻きも、それほど難しくは無かったものの、それはM-Kさん達が巻きルートを知っていたから。あそこは、巻きルートを間違えると大変な事になってしまう。単独だったら立ち往生していたかもしれないからね。

 

オマケ情報

ヒル発見。この界隈はヤマビルの巣窟ですが、いよいよ今年も活動を始めたようです。実害無しですが、私とM-Kさんの靴に、それぞれ1匹づつ取り付いていました。もちろんディート入り殺虫剤で、秒殺してやりましたけど。

 

最後は恒例の『今日の野草』

今日はたくさんの野草を発見できて、これまた大満足です。

1158_134

コチャルメル

ハッピーさんが発見して教えてくれました。1本だけポツンと咲いていました。名前もユニークだけれど、この花もユニークすぎるでしょう!?

1158_076

イワセントウ

初めて見ました。「セントウソウに似ているけど、なんか違う」と、帰ってから調べたら、イワセントウという花でした。嬉しい・・・。

1158_171

シコクスミレ

丹沢ではそれほど数多くないスミレです。私も、丹沢では、過去1回見た事があるだけ。

その他、絶滅危惧種の花も見つけたけれど、これはちょっと公表できない。希少種の生息地を守るためです。

|

« 傘をさしてお散歩 ~金時山~ | トップページ | 世附川西沢 »

コメント

shiroさん

楽しかったですね~♪
でも、おっしゃるように、この辺の沢は遠いですね。

私はゴルジュの巻きはロープがあったので、
全然怖くなかったのですが、大滝の巻きは高度感があり、
少しイヤでした。

中段からの雷滝、カサギ大滝、それから花の写真も見事ですね。

投稿: はっぴー | 2011/05/15 00:19

はっぴーさん、こんばんは。
楽しかったですね~!
 
ゴルジュの巻きも大滝の巻きも、単独だったら、ちょっとビビッてたかもしれません。
大滝の巻きも、最後のトラバースがちょっとイヤらしかったですね。
 
花をたくさん発見できたのも収穫でした。
やっぱり野草を探しながら歩くのは楽しいです。
またよろしくお願いします。

投稿: shiro | 2011/05/15 20:47

shiroさん

花さがし、写真撮影は時間がかかりますから、
同好の方でないと申し訳ないですよね~
shiroさんは即反応ありで嬉しいです。
こたらこそ、またよろしくお願いします。

投稿: はっぴー | 2011/05/15 22:17

shiroさん

コラボありがとうございました。楽しかったです。
なんやかやであのコースへ5回目!(初回はF2の先尾根へ)2回目はゴルジュを巻けずにそのまま右岸の尾根へ。3回目はゴルジュは巻いたものの先が恐くて尾根へ・・。4回目で大滝上へ踏破!。いやはや・・今でこそ、こちらへどうぞ・・なんちゃってですが、正直M-Kはビビリまくりでした。(笑)コチャルメルソウのチャルメララッパから今にも「チャララ~ララ・・」が聞こえて来そうです。可愛い~!

投稿: M-K | 2011/05/16 00:51

はっぴーさん
 
そうなんですよねぇ・・・
野草を見つける度に、足を止めなくてはならないですからねぇ。
野草好き同士だと、気兼ねが無くて嬉しいです。
またよろしくお願いします。

投稿: shiro | 2011/05/16 21:22

M-Kさん、こんばんは。
こちらの方こそありがとうございました。
MーKさんがカサギ沢へ何回か足を運んでいる事は知っていましたが、5回目だったんですか!
ゴルジュの巻き方も大滝の巻き方も、M-Kさんが知っていたので、今回は楽しく歩く事ができましたが、何も知らずにチャレンジするには相当難易度の高い沢だと思います。それを何回もチャレンジして制覇したM-Kさんは、本当に凄い。あらためて敬服します。

投稿: shiro | 2011/05/16 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/51662406

この記事へのトラックバック一覧です: カサギ大滝:

« 傘をさしてお散歩 ~金時山~ | トップページ | 世附川西沢 »