« 西丹沢でネコノメ探し | トップページ | 第7回 ニカニカ集会に参加する »

2011/04/11

早戸大滝と大滝沢

11410_026

4月10日

前夜、友人達と飲み会だったせいで、山行計画など全く立てていない。(飲み会が無くたって、そういう事多いけどね・・・)

それでも山歩きをしようと早起きをして、とりあえず車を丹沢方面へ走らせる。だって、天気予報によると、ピーカンの上に暖かくて初夏の陽気になるんだって。家でグタグタしてちゃ、バチが当たるってもんさ。

で、車を運転しながらどこへ行こうかと考える。久しぶりに早戸大滝でも見に行くかな・・・。そうだ。今日は伝道からの定番コースじゃなくって、丹沢三峰の稜線越えで行ってみよう。

Tizu2_3

7時30分。塩水橋に車を止めて塩水林道を歩きだす。快調に飛ばして50分ほどで雨量計小屋の前を通過して、堂平の森へ入る。

11410_008

それにしても、この天気は・・・さっきから霧雨が降ってるんだぜ・・・。車で聞いていたFMヨコハマのDJの娘だって、「今日は絶好の行楽日和になりますよ~」なんて言っていたはず。

まあ、こんな幻想的な森も嫌いじゃないけどね・・・。

大好きな堂平のブナの森。春の目覚めには、少~し早すぎたよう。芽吹きたての、あの清々しい香りを期待もしてはいたのだけれど。ここは標高1000mの森なんだもの。まだ2週間は早いか・・・。

11410_014

9時50分。瀬戸沢ノ頭に到着。休憩後、早戸大滝目指して北西の尾根に入る。

実はこのルートは初めてなんだ。鹿柵の間を抜けて、コンパスで方角を確認して、尾根を降りはじめるが・・・なんかおかしい。違和感を感じる。尾根が45°超の急斜面なんだ。オイラ、バカだからこんな急斜面でも平気で降りちゃうけどさ、普通は降りない角度。

急斜面を降りながら、違和感はますます強まる。ここはVルートとはいえ、わりと有名なルートだ。こんな斜面をルートにするはずがない。

と、思いながらふと右手を見上げると、霧の中に同じ方角へ向かうもう一本の尾根のシルエットが。

チッ! 間違えたか。隣の尾根に向かって、急斜面をトラバースする。まただよ・・・。また、こんな疲れる事を・・・。

11410_015

乗り換えた尾根には、くっきりとしたトレース。そしてうるさいくらいのマーキングテープ。登りはともかく、下降ではRFの難しそうな尾根形状だけれど、これだけマーキングが有れば間違えようが無い。

良いのか・・・悪いのか・・・。

Taki

11時。早戸大滝に到着。

やっぱ、いいなァ・・・この滝は。今日は水量が少な目だけれど、間近で見れば大迫力だ。丹沢の山奥の秘瀑。何回見ても見飽きる事は無い。

さて。

この後のルートです。ここへ来るまで、あれこれ考えていました。やっぱり歩いた事の無いコースを歩きたい。

となれば、大滝沢を詰めるってのはどうじゃろう?

11410_030

滝の落ち口まで登る。ここから左岸の尾根に取り付けば大滝新道だ。そっちは知ってるルート。今日は沢沿いに詰め上がってみよう。このくらいの水量なら登山靴でも歩けそうだ。確かM-Kさんから「大滝の上流には滝は無い」と聞いた事があったはず。

11410_033

“沢屋”じゃないオイラが歩くには、ちょうどいい沢だ。

が・・・、問題はこの濡れた岩。何個かに一つはヌルヌルしていて、登山靴ではツルっと滑る。

まだ水が冷たい春先に水ポチャも嫌だし、こんな山奥で足でも挫いたら泣くしかない。

11410_038

慎重に足元を確かめながら歩くからとても時間はかかるけれど、なかなかの清流に気分は上々です。

11410_043

標高1300mあたりから水流はチョロチョロになり、残雪が目立つようになってきました。

この雪がまた曲者。半分腐っている状態。時々ズボっと抜いてしまうと、太ももまではまる。谷底とはいえ、まだこんなに雪が残っているのか・・・。

11410_046

1400m付近まで上がると・・・雪というより氷。

こんなとこ歩けねぇよォ・・・。

11410_048

地形図を確認。この辺から右手に逃げれば、丹沢山と不動ノ峰の鞍部付近に上がれるはず。

で、一番登りやすそうな尾根を品定めして、沢から離脱。

尾根の這い上がりも楽ではなかった。けっこうな急斜面のうえに、地面が凍っていたからね。

11410_050

ぜいぜいと喘ぎながら、稜線の登山道に飛び出しました。

11410_053_2

そして13時15分。ガスガスの丹沢山山頂に到着。

今日の冒険はここまで。だいぶへばりましたが、大満足です。

後は登山道を駆け下りて、1時間半ほどで塩水橋へ戻りました。

|

« 西丹沢でネコノメ探し | トップページ | 第7回 ニカニカ集会に参加する »

コメント

凄い探検記だ。

瀬戸沢の下りと早戸大滝の上の大滝沢。

沢には、まだたくさん雪が残っていますね。

明日(4/13)、私も丹沢へ入る予定です。
箒杉沢から竜ヶ馬場か不動ノ峰へ行く予定です。
早戸大滝に写真を見て、行きたくなってきました。

投稿: yamajinn | 2011/04/12 18:57

yamajinnさん、こんばんは。
すっかり春山ハイクのつもりで登っていたのですが、思いがけずの雪と氷にビックリしました。
源頭部では、雪がカチカチに凍っていましたよ!
 
明日は箒杉沢からの詰め上がりですか!
キツそうなルートですね。
箒杉沢は南斜面の沢だから、もう雪は残っていないかもしれませんが、念のために軽アイゼンは持った方が良いかもしれません。不動ノ峰の北斜面はツルツル状態でした。
 
早戸大滝はやっぱり良いですよね!
時々無性に見たくなったりします。

投稿: shiro | 2011/04/12 20:56

shiroさん

やりましたね! あの残雪の具合ではハコネシロガネソウやキクザキイチゲはまだだったですね。(残念)
中流辺りは以前群落で見れましたよ。

腐れ雪→凍結。よく「バックー!」しませんでしたね。
お見事です。しかし三峰の稜線越えでまた沢を詰めるとは・・!。 真のお○カに成長しましたね。(^^)v

「ホントニ、ホントニ、ホントニ、ホントニ、
 ゴクロウサンッ♪」

投稿: M-K | 2011/04/13 01:42

M-Kさん、こんばんは。
大滝の上流は、シロカネソウやイチゲどころか、まだ真冬の世界でした。
そうですか。あの沢には群落がありますか!
そんな雰囲気は十分有りました。
初夏の頃に、また行かなくっちゃ。
 
雪が凍結した辺りからは、「どこで尾根に逃げるか」ばかりを考えながら登っていました。
それにしても三峰越えで大滝へ降りるのはシンドイって事が、よ~くわかりました。despair

投稿: shiro | 2011/04/13 21:31

くぅ~ 途方もねぇ。。
shiro師にはもう到底追いつけません(泣)
MN師がまた似たようなところを(嘆)

大滝から上には石積はありませんよね?
(あったとしても行けないんですが。。)

投稿: T.I. | 2011/04/15 21:01

T.Iさん、こんばんは。
そんな事ないですよォ。
MN師は特別ですから。
あの脚力には到底追いつけませんけど・・・。
 
大滝から上には、石積どころか堰堤一つありません。
そういえば、早戸川の上流域には堰堤はありませんなァ。私の記憶が間違ってなければ、伝道から上流には堰堤は一つも無いはず。
T.Iさんにとっては、つまらない山域ですねぇ・・・。

投稿: shiro | 2011/04/15 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/51362903

この記事へのトラックバック一覧です: 早戸大滝と大滝沢:

« 西丹沢でネコノメ探し | トップページ | 第7回 ニカニカ集会に参加する »