« 第7回 ニカニカ集会に参加する | トップページ | 鍵掛沢と石尊沢 »

2011/04/27

早戸川本谷沢

4月24日

メンバー : M-Kさん AYさん shiro

Tizu2

「中ノ沢と水晶崩レノ沢の界尾根で蛭ヶ岳に登らないか」というM-Kさんのお誘いで、M-K車で早戸川林道の奥、魚止橋を目指します。

ただあの尾根は去年、踏破済みなんです。M-KさんもAYさんも当然既知の尾根のはず。そこで、「水晶崩レノ沢を詰めるって、どうなんでしょうねぇ?」などと、それとなく振ってみる。が、「あんなガレ沢、疲れて危険なだけ」とあっさり却下。ところが。そんな話をしているうちに、M-Kさんから「本谷沢を詰めてみようか」と。

ガッテンだ! 先々週、ミックスナッツさんの本谷沢遡行記録を読んで、「次はオイラも」と思っていたところさ。

なんて、テンション上げながら早戸川林道に乗り入れたら・・・。ビックリだ。トレランレースをやってるよ。狭い林道に広がって走るランナー達にヒヤヒヤしながら、ノロノロと車を走らせ・・・魚止橋に到着したのは9時10分前。運転当番だったオイラ。雪道の運転より肩凝った・・・。トレランなら山走れヨ。山を!

11424_006

9時、魚止橋を出発。トレランの連中に混じって、伝道を目指す。

11424_007

トレランは伝道の先、造林小屋から榛の木丸方面に向かったので、ようやくいつもの静かな山歩きに。

早戸川沿いでは、ミツバツツジがちょうど見頃です。芽吹いたばかりの新緑との配色がとても綺麗。

11424_023

雷平を過ぎてサクサクと進みます。

それにしても今日は水量が多い。前の晩、大雨だったらしい。

10時45分。大滝沢と本谷沢の出合に到着。

11424_036

出会いから覗いた早戸大滝の水量があまりにも凄かったので、ちょっとだけ寄り道。大滝の下段まで行ってみる。

今まで数回見た早戸大滝の中では、一番水量が多いかも。

11424_040

さて。いよいよ本谷沢の遡行を始めます。

出合から50mほど上げて、魔法のロープの取り付き地点を過ぎれば、そこは未知の世界。やっぱり、未知のルートへ踏み入れる時はワクワクします。

11424_044

なかなか良い雰囲気の沢です。

11424_051

1080m付近の二又。左又は気持ちの良い簾状の滝になっています。

ここは眺めるだけで、本流の右又へ。

11424_056

1110m付近の滝。高さ5~6mなれど、直登は無理。右岸は絶壁。左岸はツルツル岩。

11424_058

でも、ご心配無く! 左岸のツルツル岩に残置ロープ。

アリガテェ~。これが無かったら、かなり苦労を強いられていたはず。

11424_067

1160m付近。ここまで高度を上げても、まだ轟々と水が流れています。

11424_071

M-Kさんは嬉しそうに、水流の中をジャブジャブ歩きます。登山靴のAYさんと、水に濡れるのが嫌いなオイラは、なるべく濡れないルートを探しながら歩きます。

11424_075

1200m付近。なかなか楽しい沢歩きです。

11424_082

1230m付近のミニゴルジュ。

M-Kさんは水流の中を中央突破。AYさんは右岸をへつる。オイラは左岸をへつってみるが、ホールドが不安定でギブアップ。「ゴルジュを一気に越えちゃえ」と、右岸の斜面を20mほど這い上がって、高巻きにかかる。

ところが、これが判断ミスだった。(いつものことだけどネ・・・) 崖斜面で行き詰る。結局、ロープを出して、10m程の崖を下降する。

11424_084

1260m付近。危険な高巻きまでして、ズボンの水濡れを嫌っていたのに・・・。この滝のシャワーを浴びながら、滝壺を渡らなければ先へ進めず・・・。結局ズボンはビショビショになる。

11424_089

1300mの二又を右へ進む。ここまで来ると、水はだいぶ細くなってきました。が・・・ガレの下からゴーゴーと水音がします。相当量の伏流が流れていそう。

最初に書いたように、この日は中ノ沢から蛭ヶ岳に登るつもりだったので、地形図のコピーもそっちの方面のしか持ってきていなかったんです。隣の沢だから、持ってきた地図の端にかろうじて本谷沢も入っているものの、この1300m付近から上流部は切れている。つまり、かんじんな詰め上がりの部分の地図が無いんですね。

ここからは勘だけで進みます。目指すは棚沢ノ頭と鬼ヶ岩の間のコル。

11424_092

1360m付近。写真では緩い傾斜に見えるけど、実際は相当な急傾斜。

この二又は右へ。とにかく目指すは棚沢ノ頭と鬼ヶ岩のコルだ。

11424_094

急傾斜の上にガレガレです。とにかく凄いガレです。この日、一番苦しかった場面。「ラク~!」をおこさないように、慎重に登ります。

11424_096

最後まで沢を詰めたかったけど、1450m付近でギブアップ。右手の尾根に逃げます。

11424_097

這い上がったのは、気持ちの良い笹尾根。キクザキイチゲなんかも咲いています。尾根の急斜面をしばらく頑張って、緩斜面で一息入れる。ここから3~40m上に稜線が見えている。という場所で・・・あれあれ?なんか見覚えのある場所だぞ。そうだ。ここは鬼ヶ岩の直下。棚沢ノ頭方面から白馬尾根に入る時に、降りてくる場所だ。

コルを目指していたのに、いつの間にか鬼ヶ岩に向かっていたんだね。

でも、帰りは白馬尾根を下る予定だったので、結果オーライだ。

Tizu

家へ帰ってから、GPSロガーの軌跡を確認してビックリだ。なんと! 崖マークのど真ん中をよじ登っていた。

11424_100

下山は白馬尾根。のんびりと下ります。

またまた楽しい山歩きでした。

本谷沢。思った以上に楽しい沢だった。景観も美しく、雰囲気もヨカッタ。

ただ・・・。

厳しい滝とかは無いものの、最低限の沢装備は持っていった方がいいかも。登山靴で遡行しちゃったAYさんは特別な人だから。

それから・・・。1230m付近のミニゴルジュは巻いたら危険。(そんな事するアホはオイラだけかもしれないけれど) 沢靴はいて中央突破すべし!

また行ってみたい沢です。今度は不動ノ峰の水場を目指してみるのもいいかも。

|

« 第7回 ニカニカ集会に参加する | トップページ | 鍵掛沢と石尊沢 »

コメント

shiroさん
あの写真1300M~1400M付近ですか?
まさしく崖ではないですか、
あそこを崖だと思ってない人たちに
びっくり仰天デス
最近shiroさん崖ばかり歩いているから
気が付かないのかな???

投稿: MASAHIKO | 2011/04/28 20:42

MASAHIKOさん、こんばんは。
ガレガレ斜面の写真は1400m付近だと思います。
いや~・・・ひどいガレ場だと思いながら登っていましたが、まさか崖だとは・・・。
後から考えれば、怖いですね。あそこを登っている時に地震でもあったら・・・なんて考えると。
 
『崖ばかり』ですって??
そんな“崖好き”みたいに言わないでください・・・。崖は嫌いなんですから。ホント・・・。coldsweats01

投稿: shiro | 2011/04/28 22:28

ひょえ~
このガレ地、リアルに崩れますよ~
写真見てるだけで尻○がすぼまりますぅ

地震が来たときのことを考えといたほうが
いい昨今ですが、
●ガレの真ん中にいたほうがいいのか?
●それとも端がいいのか?
真ん中はガレの直撃を受けますし、端は壁が
崩れるかもしれないし、難しいところですね。

揺れたらリュック捨てて身を軽くして
ラクをできるだけ避けるしかない!?

投稿: T.I. | 2011/04/29 06:48

T.Iさん、こんばんは。
大地震が起きたら、どこが安全って事も無いですしねェ・・・。
もちろんガレ場にいれば落石の直撃を受ける可能性は高いですが、街中でビルからガラスのシャワーを浴びる確率だって高いわけで・・・。
 
ガレを歩く時はもちろん端です。真ん中に歩きやすそうなルートがあれば別ですが、端を歩くのが基本だと思います。地震が無くたって、常に落石の危険はあるわけで。上方からの落石には、常に神経を配っています。
 
でも、あそこ、写真で見るよりもガレが安定はしていたんですよ。ガラガラの崖地も、崩れてからそれなりの年月が経てば、けっこう安定しているものです。

投稿: shiro | 2011/04/29 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/51509231

この記事へのトラックバック一覧です: 早戸川本谷沢:

« 第7回 ニカニカ集会に参加する | トップページ | 鍵掛沢と石尊沢 »