« 北丹沢進出作戦 ~地蔵尾根からミカゲ沢ノ頭北西尾根~ | トップページ | 沈丁花 »

2011/03/10

本権現東尾根と笹子沢の大滝

今週もまたM-Kさんの山行に便乗です。

本権現の東にあるP755は、最近ハッピーさんやイガイガさんが話題にしていた場所だ。先週イガイガさんのblogにupされたのを読んで、「そのうちに行ってみるか」と思っていたら、M-Kさんがもう行くという。こういう行動力がM-Kさんのスゴイところだよなァ。ちゃっかり乗っかって、一緒に行ってこよう。

事前にM-Kさんから聞いたルートは、上ノ原からP755を通って本権現に。登山道で屏風岩山まで行って、笹子沢左岸尾根を下るという。歩いた事は無いけど、笹子沢左岸尾根は穏やかな尾根だって話だ。決して『良い子ルート』では無いけれど、危険地の通過もなさそう。ロープなんかもいらないか・・・。なんて思ったけれど、悲しいかな、ロープを持っていないとなんか不安。6mm15Mだけでも持っていこうか。

不安的中「やっぱりネ!」だよ。おとなしく笹子沢左岸尾根を降りるなんてウソばっか! 降りた尾根は笹子沢と屏風岩沢の界尾根。ロープださなきゃ降りられない尾根じゃん!!

メンバーがM-Kさん、AYさん、kazさんだからね・・・。そりゃ、そうなるさ。

でもね・・・。いや、だからね。

あ~面白かった・・・。ってなるわけサ。

Tizu2

2011年3月6日

車で行くつもりだったのだが、当日の朝、帰りの東名渋滞の事を考えたらウンザリしてきたので、急遽電車&バスで行く事にする。

そしたら松田の駅でハッピーさんとバッタリ。長いバス道中、おしゃべりしながら退屈せずにすみました。この日のハッピーさんは・・・おっと・・・ネタバレしちゃうところだった。でも、最近単独が多くなったハッピーさん。この日もちょっと危ないコース。気をつけてくださいネ・・・。

11306_006

今日のメンバーはM-Kさん、AYさん、kazさんと私。上ノ原の神社からスタートです。

まずは細川沢を渡って、P755の北東尾根に取り付く。植林の尾根はとりたてて特徴が有るわけでもなく、ただ黙々と登るだけ。

11306_010

約1時間ほどで、突然視界が開けた。ここがP755らしい。

11306_019

なんて気持ちが良い場所だろう。この気持ち良さは、ここに立ってみないとわからない。「眺めがいい」だけではない。なんて言うか・・・。「ここでボーっとしていたい」と思ってしまうような気持ちの良い場所。

P755からは急登を頑張る事50分。浅瀬入口から権現山への登山道に飛び出します。

11306_031

権現山の山頂近くでは笠雲のかかった富士山。

11306_035

数人のハイカーが休憩中の権現山山頂は素通りして、屏風岩山へと向かう登山道を歩きます。

登山道歩きだって嫌いじゃないんだ。ブナの森は冬枯れでも気持ちが良いネ。

さて。二本杉峠を越えて、毛出シ峠を越えて、屏風岩山の南、950mのピーク。いつの間にか笹子沢左岸尾根を下降する話は消えて、ここから笹子沢と屏風岩沢の界尾根を下降しようって話に変わっています。「笹子沢の大滝の脇に降りようよ」なんて話を聞いちゃ、大賛成さ。

11306_041

植林の尾根は、それほど急でもなく歩きやすい。薄っすらと古い仕事道の痕跡が残っていて、それを辿りながら歩く。

650m付近で仕事道は屏風岩沢の右岸方面へと向かっていくが、こっちは大滝の脇へ降りるのが目的だから、そのまま尾根を下る。

11306_047

右手の屏風岩沢に滝だ。ヤッホーと滝壺へ降りてみる。これは大滝の上の滝らしい。(F2かF3か知らないけど) 高さ7~8mくらいか。それなりに見応えのある滝です。

さあ、ここからが核心だった。

以前この屏風岩沢を遡行した事があるAYさんは、その時右岸の斜面をよじ登って大滝を巻いたと言う。が、そのルートは崩壊斜面になっている。たぶん去年の9月の台風のせいだろう。とても降りられそうな気がしないので、再び界尾根に戻る。

11306_049

崖のような急斜面だよ。ロープの出番だ。30mほどの急斜面をロープを3回掛けて降りる。

11306_057

最後は垂直の岩壁下りだ。

11306_055

降り立った場所は、笹子沢の屏風岩沢出合。ここからは両方の沢に大滝が見える。

こっちは屏風岩沢の大滝。高さ15mくらいか。

11306_063

そして笹子沢の大滝。同じく15mくらい。

いいネ、いいネ!

両方とも素晴らしい美滝でした。

11306_065

さて、笹子沢を下ります。昨年の台風9号の爪痕でしょう。倒木がゴロゴロと転がっています。

11306_068

途中、ひざ上くらいの釜が有って、濡れた岩をへつらなければ通れない箇所あり。ハイパーVソールのkazさんは岩をへつったが、登山靴の3名は30mの大高巻きだ。これもまた急斜面。キツイ巻きでした。

11306_072

再び沢に戻って、ガラガラとした河原を歩きます。ここはM-Kさんの話では、以前は緑の苔が美しい、プロムナードのような沢辺だったそうです。

11306_077

巨大な岳山堰堤のスリットの間をくぐったら、後は林道を歩いて戻るだけ。喫茶店『一茶』でビール飲んで帰ろう、なんて相談しながら歩きます。

今日もまた、楽しい山歩きでした。

P755の素晴らしい眺め。ロープ下降。美滝。

二つの大滝は見応えあったなァ・・・。それだけでも得した気分だ。

満足、満足・・・。

|

« 北丹沢進出作戦 ~地蔵尾根からミカゲ沢ノ頭北西尾根~ | トップページ | 沈丁花 »

コメント

shiroさん

いつものオ○カコラボ、ありがとうございました。
お陰様で大変楽しかったです。(^^)v

最後のロープ下降の場面。
積極、果敢にトップを切るshiroさんに若さ、元気さを
感じました。 

都合の良い時、またよろしくお願いいたします。

投稿: M-K | 2011/03/11 01:40

M-Kさん、こんばんは。
「ありがとうございました」とお礼を言わなければいけないのは、私のほうです。
いつもいつも、面白い所へ連れていっていたいて・・・。
自分で山行計画を考えなくても、楽しい山歩きができちゃうので、本当に感謝しています。
積極、果敢なんてとんでもない! あの程度の斜面なら、それほど恐怖感も無いのでOKですが、もう少し切り立った岩壁だったら、あっさりと降参しますから。
 
こちらこそまた、よろしくお願いします。

投稿: shiro | 2011/03/12 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/51078495

この記事へのトラックバック一覧です: 本権現東尾根と笹子沢の大滝:

« 北丹沢進出作戦 ~地蔵尾根からミカゲ沢ノ頭北西尾根~ | トップページ | 沈丁花 »