« 雪梅 | トップページ | 大山周回 ~スノーハイクの夢よ再び~ »

2011/02/17

大山三峰で雪山気分

何故雪が降ったといって喜ぶのだろう? 意味がわからない。雪山の経験は皆無ではないが、ほとんど無い。わざわざ装備を揃えて行きたいとも思わない。

先週は丹沢にも相当雪が積もったらしい。スノーハイクを楽しみに出かける人も多いらしいが、全くそんな気にはなれない。ましてや先週末は、回復しつつあるとはいえヘコミ期の真っ只中。山へ行く気力など全く無かった。

山の空気を吸う事が、精神衛生的に良い事はわかってはいるが、どこへ行くかと考える事もメンドクサイ。M-KさんのHPを覗くと、13日は大山三峰へスノーハイクへ行くと書いてあるが・・・。スノーハイクかァ・・・雪の中を歩くのはなんだかなァ・・・。という感じだった。

一緒に連れて行ってもらおうと決めたのは当日の朝。目覚めた時に、久しぶりに気分が爽快だったから。

そしてこのスノーハイクが・・・。

思いの外楽しかった。クセになりそうなくらい。

いやァ~。雪山って楽しいワ!

110213

2月13日

朝、大急ぎで支度をする。といったって、スノーハイクの装備など持ってはいない。6本爪アイゼンとロングスパッツ。そして年に1回バカ尾根を駆け下りる時くらいしか使わないダブルストック。いつもと違う装備はこれくらいだ。

本厚木8時40分発の宮ヶ瀬行きにギリギリで乗る。バスにはM-Kさんとハッピーさん、kazさん、まーちゃんが乗っていた。

11213_002

煤ヶ谷のバス停から谷太郎林道を歩きだす。時刻すでに9時20分。最近、スタートが遅いよなァ。

11213_006

鳥屋待沢に入り、沢沿いを遡る。

獲物待ちをしているハンターに出会う。今日は鳥屋待沢の左岸(惣久尾根)で猟をしているとの事。我々の予定は右岸の宝尾根だから少し安心。Vルート歩きでは、熊も怖いけどハンターだって怖いんだ。

11213_008

M-Kさんは、今日は長靴だ。わざと水の中を歩いたりしてはしゃいでいる。

11213_014

1kmほど沢を遡った所で、P512に向かって急斜面を登り始める。

この辺の山域はM-Kさんとkazさんのお庭だ。けど、自分はほとんど歩いた事が無い。大山三峰って何故かあまり足が向かない山なんだよなァ・・・。夏はヒルの巣窟。冬はハンターがいっぱい。オマケに熊も多い山域だ。

11213_019

尾根に乗るとけっこう雪が深い。深い所では30cmくらいか。kazさんが先頭でラッセルをしてくれる。

11213_033

雪の中を歩いた経験があまり無いから、なんだか新鮮な気分だ。新雪を踏みしめながら歩くのが、こんなに気持ちが良いとは思わなかった。

11213_035

この辺にこんなに雪が積もるのは珍しいと、kazさんが言う。確かに1000mにも満たない三峰がこんなに雪深いとは思わなかった。けど、なんだか楽しいよ。

11213_046

P777から先は険しいヤセ尾根が続く。kazさんに代わってトップを歩かせてもらうが、厳しい馬の背に50cmくらい雪がついている場所があって、足が止まってしまった。足の置き所を間違えると踏み抜きそうで、ちょっとビビる。kazさんがさっとトップに入って、ルートを作ってくれる。

サスガだ・・・。

11213_047

三峰の稜線までもうひとふん張りの地点。ヤセ尾根急登の上から、こちらを見物している人がいる。手足総動員でフ~フ~言いながら這い上がると、なんとミックスナッツさんだった。唐沢林道から樋嵐沢右岸尾根を一人でラッセルしてきたらしい。いつもながら呆れる脚力だ。

ここからはミックスナッツさんも合流。三峰の稜線を南下する。もういい時間だし、普通に登山道を不動尻へ降りようって事になった。

11213_056

ところが・・・やっぱり普通の道を歩けないおバカな面々。不動尻分岐に着いた時点で、この先のV尾根を降りようと、M-Kさんが言い出す。誰も反対しないし、むしろ大賛成。

kazさんがラッセルしながらザックザックと降りていく。途中からは凄い急斜面だ。逆に雪が積もっているから簡単に降りられる尾根かもしれない。雪の下がザレザレの急斜面なのが靴底に感じる。雪が無い時の方が滑りそうだ。

11213_066

無事、不動尻に降りて、二の足林道を帰路につく。

楽しいスノーハイクでした。

雪の山を歩くのって、意外と面白いかも。

などと、寒さが大ッ嫌いな私も思うのでした。

ポカポカ陽気の冬晴れの日でしたからね・・・。

|

« 雪梅 | トップページ | 大山周回 ~スノーハイクの夢よ再び~ »

コメント

shiroさん

トップでのラッセル、ありがとうございました。
万年、後方部隊で体力温存させていただきました(感謝!)
雪の魔力ってスゴイ!
だって男性全員、“ヤンチャ坊主”になってましたよ(笑)

私も今、やっと記事UPして、解放感にひたっていまーす♪

投稿: はっぴー | 2011/02/18 00:09

はっぴーさん、こんばんは。
はっぴーさんだって、じゅうぶんにはしゃいでいましたヨ!
ホントに雪の魔力ってスゴイですね。
「何が?」って言われると答えられないけれど、楽しくなってしまう不思議な力がありますね。
 
今回はずいぶんUPが早いですね!
さっそく読ませていただきます。

投稿: shiro | 2011/02/18 20:08

shiroさん

気分がすぐれなかったり、やる気が全然出なかったり、
病気?とはいえ、厄介だし辛いですね。

私のように“何も考えずに・・”、“頭の中、カラッポにして・・”といっても、そうはいきませんよね(殴;

よくお出かけくださいました!
お陰で楽しかったですよ・・。

丹沢で雪踏み・・、これ最高です。

今年はこれで終わりか、もう一回あるか・・?
またよろしくお願いいたします。

投稿: M-K | 2011/02/19 13:13

M-Kさん、こんばんは。
厄介は厄介だけど、二十歳前からずっとこんな調子ですから、もう慣れっこなんですよ。
若い頃に比べれば、症状も相当軽くなっているんです。
 
お気楽に構えているのが一番の薬ではあるんです。
そう・・・『ノーテンキ』に。これ、M-Kさんの口癖ですよね。(笑)
だから私も、M-Kさんを見習っています。
 
いつもいつも、楽しい場所へ連れて行っていただいてありがとうございます。
今回も、とっても楽しかったです。
たまには私が計画して、M-Kさん達を楽しい山行に・・・なんて思いもほんの少しは有りますが・・・。
まだまだ、これからも計画に乗っからせていただきますので、よろしくお願いします。

投稿: shiro | 2011/02/19 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/50897771

この記事へのトラックバック一覧です: 大山三峰で雪山気分:

« 雪梅 | トップページ | 大山周回 ~スノーハイクの夢よ再び~ »