« 大山沢右又 | トップページ | 謹賀新年 »

2010/12/30

今年最後の山歩き ~鍋割周回~

12月30日

もう残すとこ後2日。あわただしい年末に、のんびりと山歩きなどしてられないのだよ。

いや・・・したいんだ。オイラ的にはね。でもアイカタ(奥様)が許しちゃくれない。掃除だの買出しだのナンだのと、家の事をしなきゃいけない。

やっとこさだよ。半日だけ山歩きのお許しを貰えたのは、寒風の中真面目に窓掃除をした成果さ。

2時までに必ず帰宅する事を約束させられて、今年最後の山歩きを楽しんできました。

101223

さて・・・どこへ行こうか。半日だけだから、奥地までは行けない。かと言って仏果山あたりでお茶を濁すのもねぇ・・・。

鍋割にでも行くか。今年はまだ鍋焼きウドン喰ってないものなあ。

というわけで、寄大橋へ車を止めて歩きだす。どのルートで登ろうかなァ・・・なんてあれこれ考えながら、寄沢沿いの登山道を歩く。普通に雨山峠や鍋割峠に登っても面白くないしなァ。地獄崩でも登るか? 何てこともチラとよぎったが、あそこは危険なルートって話だ。いくらおバカなオイラだって、未知の危険ルートに突入するには、それなりの心構えが必要なのさ。思いつきで行くようなルートじゃないだろ。

そんなこんなで水棚沢出合いを過ぎ、山ノ神渡ノ沢出合の手前で、ふと目に入ったこんな木橋。

101223_006

左手の斜面の鹿柵を乗り越えるための木橋だ。ここを通る度、いつも気になっていたんだ。この仕事道はどこまで続いているのだろう・・・と。

地形図を見て、雨山まで続いてるんじゃないかと思う。イヤァ・・・途中で途切れてる可能性も。ここから雨山まで、地形図を見る限り、まともな尾根じゃないもんナァ。

まあ、とにかく行ってみよ。

で、今日はここから雨山へ登ることに決定です。

101223_011

尾根の取り付きは・・・いや、尾根じゃないな。全く尾根の形状をしていない。ただの急斜面だ。急斜面だけれど、仕事道がジグザグに付いているから、苦も無く歩ける。

そのうち、窪地が現れ、左右に尾根が分かれる。さあ、どっちだ。右か?左か?傾斜は右の方が緩そう。と、右へ進む。

101223_015

が、これが間違いだった。右はとんでもない岩尾根だった。岩をよじ登っていたが、だんだん岩が立ってきて危険度が増してくる。左手の尾根を眺めると、なんと! 仕事道が付いている。傾斜はきついけれど、ジグザグ道がはっきりと見える。

またもや直感が外れた・・・。もぉ~!!

左手の尾根に向かってトラバースを試みる。これが今日一番の核心だった。日頃「トラバ上等」などと言っているが、冷や汗をかいた・・・。

101223_018

尾根を乗り換えた後は、仕事道を楽々登り。

と言いたいけど、かなりきつい登りだぜ。

101223_023

標高1000m付近で、倒れた鹿柵の脇に出る。

見覚えあるぞ・・・。

そうだ。去年の丁度今頃。M-Kさん、ミックスナッツさん、KATさんと4人で雨山から下降した時に見たんだ。そしてこの場所で、右の尾根を降りるか左の尾根を降りるかで少し迷った地点だ。あの時は、M-Kさんの判断で右の尾根を降りたけれど、左の尾根にくっきりと付いている仕事道にも未練が有ったんだ。その左の(上から見て)尾根から登ってきたと言うわけだ。

そうか・・・ここへ出たかァ。

あの時のM-Kさんの判断は正しかった。この登ってきた尾根を下降するのはかなりしんどそう。しかも、あの岩尾根に入り込んでしまったら、ロープ下降は必至だ。

101223_027

寄沢から約1時間半かかって雨山山頂。

きつかったァ・・・。気がつけば、着ていたダウンジャケットが汗でビショビショだ。かなりきつい登りだった。

さて。

この後は良い子の登山道を歩いて鍋割山へ向かいます。そう。鍋焼きウドンのために。今さら誰でも知っているだろうけど、鍋割山荘の鍋焼きウドンは本当に美味いんだ。

101223_038

それにしても、この登山道を歩くのは何年振りだろう。今では一般登山道はあまり歩かなくなっちゃったから。

昔は恐々だった茅ノ木棚ノ頭の鎖場も、なんだか可愛いものじゃん。「あれぇ? こんなものだったかな? もっと危険な鎖場だってイメージだったけど・・・」なんて思う。これって、スキルアップしたって事だろうか? それともおバカになってって事?

101223_047

でもって、鍋割山到着。時間11時。丁度良い時間だ。最近TVで紹介されて、人気の鍋焼きウドン。お昼時は待ち時間が相当らしい。

ところが・・・

山荘に入ってビックリだ。団体さんでギュウギュウ詰め。

なんだよぉ・・・。

一応、草野さんに聞いてみる。「鍋焼き、相当待ちますか?」  汗だくで調理中の草野さんは、小さく首を振りながら「だいぶ待ってもらうようになっちゃうよ。」「そうですか・・・」

11時半には下山を開始しないと、2時に帰宅できないものな・・・。

また今日も鍋焼きを食べれませんでした・・・。

というのが今日のオチです。

 

 

いつも当blogを読んでくださる皆様。

今年も本当にありがとうございました。

はやいもので、このblogをはじめてから丸6年が経ちました。

よく続いているもんだ・・・

最近では山歩きの記事ばっかりになってしまいましたが、また猫の事、変な看板の事、雑草の事などなども、相変わらずチェックはしているんです。

そんな事やらも、またボツボツと・・・。

来年もよろしくお願いします。

良いお年を!!!

|

« 大山沢右又 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

shiroさんこんばんは

世間は暮れの忙しい時期に、
お互い、岩場の急斜面、はいつくばって登って、
でもこれが楽しいから止められませんね!!

今年は有難うございました、
良いお年を!!

投稿: MASAHIKO | 2010/12/30 22:53

ahiroさん

これから宮ヶ瀬のお散歩です。
この記録よみました。
帰ってから、又かきますね~。
あの急登、フフッ・・、楽しかったでしょう。

投稿: M-K | 2010/12/31 07:23

MASAHIKOさん、こんにちは。
ホント! お互い何やってるんでしょうね・・・。
四つん這いの山登りって・・・。
 
来年は、一緒にいろんな所を歩きましょうネ!!
良いお年を!

投稿: shiro | 2010/12/31 12:18

M-Kさん、こんにちは。
ええ!? 大晦日の今日も山歩きですか!?
本当に、M-Kさん山バカにはかないません・・・。
 
今年は色々とありがとうございました。
おかげで、本当に山の楽しさを知る事ができました。
来年もよろしくお願いいたします!

投稿: shiro | 2010/12/31 12:21

shiroさん

今年一年、何回も何回もお付き合いいただきました。
本当にありがとうございました。心強く楽しかったです。藪コギやハラハラの沢もありましたね。

来年もよろしくお願いしたいです。
ありがとうございました。

大晦日に他の人に「山、行きましょう!」とは私は云えなかったのです。今日の人は番外の人たちなので問題ないのです。(^^)v

投稿: M-K | 2010/12/31 21:03

M-Kさん
こちらこそ、いろいろな所へ連れていっていただいて・・・というか付いていかせてもらって、ありがとうございました。
一人ではとても行けないような場所にも行けたので、とても嬉しかったです。
来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

投稿: shiro | 2010/12/31 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/50442055

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の山歩き ~鍋割周回~:

« 大山沢右又 | トップページ | 謹賀新年 »