« プンプンする | トップページ | 大山北尾根で崖登り »

2010/10/25

大ミミズ救出作戦

10月24日

Tizu101024

『大ミミズ』なんて言っても仲間内でしかわからないでしょうけど・・・。丸渕に仮置きしていたビニールパイプの事なんですが、9月の大雨で流されて行方不明になっていました。

我が師M-Kさんをリーダーとする『丸渕再生委員会』にとっては大切なパイプです。それに流されてしまえば、ただのゴミ。丹沢好きとしては、山中に自分達のゴミを放置しておくのは不本意なんです。

前日の夜、AYさんとのメールのやりとりで「大ミミズでも探しに行きますかァ」と。詳しい事は何も決めずに、ただ“ノリ”だけで行って来ました。

101024_004

メンバー : AYさん shiro

7時40分頃。県道70号の物見峠入口の道標脇に車を止めて出発です。

登山道を歩き一ノ沢峠を越えて唐沢林道へ降りる。唐沢林道からは崩壊で通行止になっている旧登山道を辿り、黒岩方面へ。

101024_011

黒岩のちょい下流で唐沢川に降り立つ。ここからは旧登山道ではなく、大ミミズを探しながら沢沿いを歩きます。

101024_013

でっかい堰堤だ。ここは何度も歩いている場所だけれど、いつも旧経路を歩くから間近で堰堤を見るのは初めてだ。

ここでは私は左岸側を、AYさんは右岸側を巻く。こういう時、どちらを巻くかは地形を眺めながら直感で決めるのだが、やはり経験の差がものを言う。AYさんが選んだ右岸の方が巻きやすかったようだ。

101024_015

またもや巨大堰堤だ。ここは左岸から簡単に巻ける。

101024_017

唐沢川から物見沢へと入る。が、大ミミズは見つからない。

101024_019

発見!!

大ミミズ2号と3号だ。場所は物見沢ゴルジュの少し下流の水流が2本に分かれている場所。水流が少ない方の沢筋で、2本の大ミミズが流木と絡み合っている。

101024_021

2本の大ミミズをそれぞれ輪にして、担ぎやすくする。

さあ。この大荷物を担いで、どのルートで丸渕へ行くか・・・。が、AYさんは事も無げに「ゴルジュを行きましょう。」と。一瞬「え~?」と思ったが・・・よし、行っちゃおう。最短ルートはゴルジュ突破だ。

101024_024

さあ、いよいよゴルジュに突入だ。重くはないけど、バランスがそうとう崩れる。水流の中、岩から岩へと渡り歩くのは緊張する。

101024_025

ゴルジュの途中、水流を突破するのは危険と判断し、いったん崖斜面を上がる事にする。

大ミミズを崖の上にロープで引き上げる。

101024_026

見えてきたぞ。あの小滝の上が丸渕だ。

101024_032

9時55分頃。丸渕に到着。大ミミズを再び流されぬよう、ザイルで縛り付けて任務完了です。

なんだか心地よい達成感に酔いしれる。

それにしても丸渕、すっかり土砂で埋まってしまっている。いやはや・・・丸渕再生への道は遠い。

さてさて。

時間はまだ10時。まだ山遊びの時間はたっぷり残っている。「この後、どうしましょう」などと話している間にも、足元にヒルが取り付いてくる。

クっ、こいつら! こんな寒くなってきたのにまだうごめいてやがるか!!

「とにかく林道へ上がりましょう。」

101024_037

101024_035

唐沢林道をセキヤノアキチョウジやヤクシソウを眺めながら歩く。

私はまだ唐沢川を遡った事が無いので、AYさんにお願いして小唐沢橋から唐沢川を登る事にする。「そして、適当な所で大山北尾根に登りましょう。」と。

私はほぼ1ヶ月ぶりの山歩きだし、ここのところ仕事疲れで体調も芳しくない。AYさんも前日にまーちゃんとロング山行(西丹沢から宮ヶ瀬までの驚異の長距離)をしており、疲れが残っているという。

「それじゃあ、あまり上流まで行かないで、簡単そうな尾根を登りましょうか。」などと話しながら歩く。

ところがどっこいだ! えらんだ尾根は、とんでもないおバカルートだ。

「やっぱりネ」だよ。

さあ、おたちあい!

どんなおバカ尾根だったのか。

つづく・・・。

|

« プンプンする | トップページ | 大山北尾根で崖登り »

コメント

大発見ありがとうございました。
無事回収おつかれさまでした。

煮込みうどんの美味しい季節となりました。
硬めに打って諸先輩のコメントをお待ちしておりましたが
そろそろ伸びてしまいます。
僭越ながらハナを頂きまして一言申し上げます。

「つづけ」

失礼しました<(_ _)>

投稿: T.I. | 2010/10/26 23:36

shiroさん 

ハナを取るつもりだったのですが、出勤時間が迫っており取れなかったのです。(__);

OM2・3号救出誠にありがとうございました。(^^)v

肩に担いでの運搬、足元悪く、左岸に引っ張り上げるところといい、ご苦労なさったと思います。

いずれコラボの帰りにラーメン反省会を開きご馳走させていただきます。

すっかり埋まっている「丸渕」・・。
これでは任務完了、万歳三唱、解散!・・には到底なりませんね。楽しみが先へと長引き、うれしいやら、絶望やら・・?!。

セキヤノアキチョウジのおちょぼ口が可愛いです。

TIさん
先にウドンをこねて仕込むのは待ってくださいよ~!
お天気、場所、何人など決まってから頼みます~!

弁天岩でまーちゃん先生によるロープワーク復習会の予定がこの先にあるのです。出来ればその時にお願いしたいです。(^^)v 
まーちゃん先生に都合を聞き、11月半ば~12月の頭頃で
開催できれば・・と思っています。

まーちゃん。
もしこれを読まれたらお考えをここにコメント下さい。
いずれメールする積りですが・・。

投稿: M-K | 2010/10/27 01:56

T.I.さん、こんばんは。
やっぱりうどんは硬めにかぎりますねぇ~。
ふにゃふにゃしたうどんは、どうもいけません。
煮込んでも煮崩れないような、カッタイやつをお願いします。
ああ・・・うどん食いたくなってきた・・・。
鍋割にでも行ってくるか・・・。

投稿: shiro | 2010/10/27 20:30

M-Kさん、こんばんは。
『ご苦労』なんて全くしてませんから。coldsweats01
逆に楽しかったです。OMを発見して無事丸渕へたどり着いた時の、達成感と満足感といったら!
 
それにしても、土砂で埋もれた丸渕を見た時には、ポカンとしてしまいました。
全く自然の力の前では、人間は無力ですねぇ。
でもいつも山を歩きながら、その自然の力にささやかに対抗している事が実に楽しくってしょうがないんです。
 
>弁天岩
そーいえば、ニカニカでまーちゃんがしきりに言っていましたねぇ。「弁天岩に行こう」と。ベロベロに酔っていたから、本人覚えているかな?
クライミングなんてやった事が無いから・・・。「岩登りなんか面白いのかなあ?」なんて思いながらも、興味はあります。

投稿: shiro | 2010/10/27 20:41

shiroさん

大ミミズの探索とV尾根歩きお疲れ様でした。
この日は、疲れて家で過ごしました。AYさんはタフですねぇ!!

そうそう、弁天岩ちゃんと覚えてますよ~
基本、土日祝は休みですが、仕事柄そーもいかない場合があります。今のところ11月は6日と27日は休める確率が低いです。12月は15日頃まで長期出張(静岡県)の予定です。
M-Kさん、詳しく事はメールにて…
岩登りってハマると人生がそれ中心に回るようになる程の危険な遊びです。くれぐれも気をつけてくださいね~登山の究極を追求していくとどーしてもそこに至ってしまいますから…

投稿: まーちゃん | 2010/10/28 07:17

まーちゃん、こんばんは。
まーちゃんこそ、北丹沢横断お疲れ様でした。
本当にAYさんのタフさには舌を巻きます。この日も、『翌日の筋肉のダメージ』の話をしていたのですが、AYさんには縁の無い事のようでした。 
 
岩登りってそんなに面白いものなのですか? 『登山の究極』と言われれば、そんな気もしますが。
自分も『仕事柄そーもいかない場合』が多いので、日程がうまく合えばよいのですが・・・。

投稿: shiro | 2010/10/28 20:25

shiroさん まーちゃん TIさん みなさん
ついでですのでここに軽く書かせて下さい。

11月14日(雨天順延は次週の21日)に弁天岩いかがでしょうか? 勿論まーちゃん氏による「岩と軽く遊ぶ会」です。フリークライミングの難しいものや人工登攀をやろうというのでもありません。我らの日常のお遊びの中で必要に迫られてロープを使用する場面の事は無縁ではありません。必要最小限の範囲でまーちゃんがコーチして下さるのです。(まーちゃんはかっては岩場に通ったホンマモンの岩屋さんなのですから!)
ロープに確保されながらとは云え、岩に張り付き、登ったり降りたりするのは「あ~快感!」なのです。
どうでしょう・・。参加者募ります!。
ここに書き込みなり、私にメールなり下さい。
(いずれは私の方に正式に書くつもりですが)
shiroさん、ちょっとお願いしますね。(^^)

投稿: M-K | 2010/10/29 02:40

M-Kさん
14日は仕事を休めるかどうか微妙な状況ですが・・・。
「岩と軽く遊ぶ会」というのは興味アリアリです。本格的なクライミングとなると、「今さら・・・」という思いもあって億劫ですが。
ちゃんとしたロープの使い方も覚えておきたいし。
なんとか都合をつけたいと思っています。

投稿: shiro | 2010/10/29 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/49845569

この記事へのトラックバック一覧です: 大ミミズ救出作戦:

« プンプンする | トップページ | 大山北尾根で崖登り »