« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/27

大山北尾根で崖登り

10月24日

前回の記事からのつづきです。

Tizu1010242

さて、大ミミズ救出作戦を成功させて、意気揚々と唐沢林道を歩くAYさんと私。

気分は上々ですが、体調のあまり良くない私と、前日のロング山行の疲れが残るAYさん。唐沢を少し歩いて、適当な支尾根で大山北尾根に登って・・・。と、軽い山歩きをして戻りましょう。というつもりです。

101024_047

10時20分 小唐沢橋に到着です。

どうでもいい事ですが・・・。橋の名前から、この沢は小唐沢だとずっと思っていました。でもここはまだ唐沢で、小唐沢はこの上流500mくらいのところで枝分かれしています。何故『小唐沢橋』と名付けたのでしょう?

橋の右岸側に上流へ向かう径路があります。ここを入るのは初めてです。

101024_049

径路はすぐに、沢へと飲み込まれます。国土地理院の地形図には、唐沢沿いに唐沢峠を経て大山までの登山道が表記されていますが、この径路はとっくに廃道になっています。径路跡を探しながら歩くのも楽しいものですが、今日は沢を眺めながら水流沿いを歩きます。

101024_051

『牛頭観世音』の石柱です。馬頭観音はよく見るけど、牛頭観音ってのは初めて見た。

石柱には『大正12年9月13日』と記されています。何か引っかかって、家へ帰ってから調べてみたら大正12年9月1日は関東大震災でした。つまり震災の12日後に建立されたってわけだ。なんか意味深だなあ。T.I.さんあたり、何か知ってんじゃないかなァ・・・。

101024_061

穏やかで良い沢です。

101024_062

緑色の沢。

こんなに苔が綺麗な沢は滅多に無い。夏にジャブジャブと水流の中を遡ったら、気持ちが良さそう!  ・・・でも、夏場はヒルだらけなんだろうな・・・この辺は。

101024_066

炭焼き小屋の跡が何箇所も出てきます。昔この辺では、炭焼きが盛んだったらしいです。 

さて。

沢を45分ほど遡ったところで、ミズヒの頭(正確に言うとミズヒの頭の隣のピーク)へ向かう尾根に取り付く事にします。

AYさん曰く。「この尾根、昔降りた事が有る気がする。下の方が切り立っているけどたいした事ないよ。」

地形図を見ても、それほど難しそうな気がしなかったので、ここを登る事にします。

ところがどっこい!

これが大変な尾根だった。おバカルートが大好きな僕らですから、必然的に選んでしまったのかもしれません。

にしても、危険な尾根でした。もし単独だったら・・・きっとビビってたろうなァ。

101024_072

登り始めは岩肌の切り立ったヤセ尾根。四肢をフルに使ってよじ登ります。

101024_073

前の写真と同じに見えるでしょう? ところが10分後の写真です。つまり、ずっとこんな調子で崖のような尾根をよじ登っているんです。いや、崖だね。まさしく崖登りだ。

途中で、両側切り立ったヤセ尾根上にデーンと大岩。岩の側面をへつる時はさすがにビビッた。「落ちたら死ぬかも」というくらい切り立っていたからね。

沢から標高差にして150mくらい、ずっと危険含みの崖登りでした。幸い樹がしっかりしていて、木や根をホールドする事ができたので、それほど恐怖は無かったのですが。もし、下降だったら心臓バクバクだったかも。こういう崖は、登りに比べて下降の方が数倍怖いからね。

それにしても大山北尾根にこんな危ない支尾根が有るとはねぇ・・・。まだ未踏の北尾根の支尾根はたくさん有るけれど、正直言ってナメてました。「北尾根なんてたいした事ねぇ」と。ゴメンナサイ。本当にゴメンナサイ。

標高750m付近でようやく危険から開放される。急斜面は続くけれど、岩が無くなり普通の尾根になる。

ホッとしたところで・・・やっぱり出たァ。

足を攣ってしまった。攣り癖を持っている私の足。今日当たり出そうな気がしていたんだよね。急に気温が下がっていたし、体調悪かったし。

まあ、いつもの事ですから。慌てずにザックに常備している痙攣止めの薬(芍薬甘草湯)を・・・。アレ? 切らしている。

なんてこった・・・・・。

足の攣りを直す時間、しばらくAYさんを待たせてしまう・・・ゴメンナサイ・・・。

ここでAYさんの衝撃発言。「やっぱり、こんな尾根歩いた事が無いや。」この辺りではAYさんの未踏尾根の方が少ないくらいだから、自分でも歩いたのか歩いてないのかわからなくなっちゃってるんでしょうね。そして「こりゃ、(未知尾根をゲットして)儲けた。」とホクホクしています。

ウン。私も儲けた。こんな骨のある尾根を登れたんだから・・・。

 

さて、とにかくミズヒノ頭(の隣のピーク)を目指します。山頂の50m下で、足の調子が良くない私は、北尾根に向かってトラバース。AYさんはピークを踏んでから北尾根を降りてきます。

101024_079

北尾根を少し下ると16号鉄塔です。久しぶりだなあ・・・ここへ来るのは。

S-OKさんの『大山北尾根・支尾根』を読んで、バリエーション歩きを始めた私。この北尾根は最初に歩いたVルートです。あの頃は、こんなしっかり踏み跡の付いている尾根でさえ、ドキドキしながら歩いたっけ。

懐かしいなァ・・・。

101024_080

いつも見晴らしの良いこの場所も、今日はガスガス。少し雨もパラついています。時刻は13時45分。夕方から雨予報ですから、引き上げの頃合です。

そのまま北尾根を下り、一ノ沢峠の手前、630m付近で北西の尾根へ乗ります。この県道方面へのショートカット支尾根も、私にとっては初尾根。やっぱり未知尾根を下るのは好きだなあ。こんな短い尾根だけど、ワクワクしながら歩きます。

101024_084

今日も充実した山歩きでした。だけど、足の調子は最悪。最後の県道へ登る、こんな良い階段なのに足を引きずりながら登る。ナサケねぇ・・・。

15時少し前。無事駐車スペースへ到着です。AYさん、本当にありがとうございました。

 

後日譚

あの支尾根。あんな尾根を歩いた奴は、滅多にいないだろう。なんて思いながらググってみると・・・。

やっぱりいるもんだねぇ。検索にひっかかったのは、ミックスナッツさん。「やっぱり・・・」と言うべきか。

それも単独で下降していらっしゃる。「恐れ入ります」と言う他ない。

本当に、未知尾根下降中に、あんな尾根にぶつかっちまったら・・・と思うと恐ろしくなるような尾根だったんだから。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/10/25

大ミミズ救出作戦

10月24日

Tizu101024

『大ミミズ』なんて言っても仲間内でしかわからないでしょうけど・・・。丸渕に仮置きしていたビニールパイプの事なんですが、9月の大雨で流されて行方不明になっていました。

我が師M-Kさんをリーダーとする『丸渕再生委員会』にとっては大切なパイプです。それに流されてしまえば、ただのゴミ。丹沢好きとしては、山中に自分達のゴミを放置しておくのは不本意なんです。

前日の夜、AYさんとのメールのやりとりで「大ミミズでも探しに行きますかァ」と。詳しい事は何も決めずに、ただ“ノリ”だけで行って来ました。

101024_004

メンバー : AYさん shiro

7時40分頃。県道70号の物見峠入口の道標脇に車を止めて出発です。

登山道を歩き一ノ沢峠を越えて唐沢林道へ降りる。唐沢林道からは崩壊で通行止になっている旧登山道を辿り、黒岩方面へ。

101024_011

黒岩のちょい下流で唐沢川に降り立つ。ここからは旧登山道ではなく、大ミミズを探しながら沢沿いを歩きます。

101024_013

でっかい堰堤だ。ここは何度も歩いている場所だけれど、いつも旧経路を歩くから間近で堰堤を見るのは初めてだ。

ここでは私は左岸側を、AYさんは右岸側を巻く。こういう時、どちらを巻くかは地形を眺めながら直感で決めるのだが、やはり経験の差がものを言う。AYさんが選んだ右岸の方が巻きやすかったようだ。

101024_015

またもや巨大堰堤だ。ここは左岸から簡単に巻ける。

101024_017

唐沢川から物見沢へと入る。が、大ミミズは見つからない。

101024_019

発見!!

大ミミズ2号と3号だ。場所は物見沢ゴルジュの少し下流の水流が2本に分かれている場所。水流が少ない方の沢筋で、2本の大ミミズが流木と絡み合っている。

101024_021

2本の大ミミズをそれぞれ輪にして、担ぎやすくする。

さあ。この大荷物を担いで、どのルートで丸渕へ行くか・・・。が、AYさんは事も無げに「ゴルジュを行きましょう。」と。一瞬「え~?」と思ったが・・・よし、行っちゃおう。最短ルートはゴルジュ突破だ。

101024_024

さあ、いよいよゴルジュに突入だ。重くはないけど、バランスがそうとう崩れる。水流の中、岩から岩へと渡り歩くのは緊張する。

101024_025

ゴルジュの途中、水流を突破するのは危険と判断し、いったん崖斜面を上がる事にする。

大ミミズを崖の上にロープで引き上げる。

101024_026

見えてきたぞ。あの小滝の上が丸渕だ。

101024_032

9時55分頃。丸渕に到着。大ミミズを再び流されぬよう、ザイルで縛り付けて任務完了です。

なんだか心地よい達成感に酔いしれる。

それにしても丸渕、すっかり土砂で埋まってしまっている。いやはや・・・丸渕再生への道は遠い。

さてさて。

時間はまだ10時。まだ山遊びの時間はたっぷり残っている。「この後、どうしましょう」などと話している間にも、足元にヒルが取り付いてくる。

クっ、こいつら! こんな寒くなってきたのにまだうごめいてやがるか!!

「とにかく林道へ上がりましょう。」

101024_037

101024_035

唐沢林道をセキヤノアキチョウジやヤクシソウを眺めながら歩く。

私はまだ唐沢川を遡った事が無いので、AYさんにお願いして小唐沢橋から唐沢川を登る事にする。「そして、適当な所で大山北尾根に登りましょう。」と。

私はほぼ1ヶ月ぶりの山歩きだし、ここのところ仕事疲れで体調も芳しくない。AYさんも前日にまーちゃんとロング山行(西丹沢から宮ヶ瀬までの驚異の長距離)をしており、疲れが残っているという。

「それじゃあ、あまり上流まで行かないで、簡単そうな尾根を登りましょうか。」などと話しながら歩く。

ところがどっこいだ! えらんだ尾根は、とんでもないおバカルートだ。

「やっぱりネ」だよ。

さあ、おたちあい!

どんなおバカ尾根だったのか。

つづく・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/10/21

プンプンする

081124_068

数日前の話

夜遅く、お袋から電話があった。親父の電話が数日前からつながらないという。「なにかあったんじゃないかねぇ。」

両親は、私が高校生の時に離婚している。のに、今でも時々連絡を取り合ったり、会ったりしているらしい。二人とも一人暮らしで、自己中の頑固者で、息子にしてみれば、けっこうメンドクサイ連中なのだ。

親父の家へ電話してみる。「お客様の都合により通話できません」というアナウンス。これって、電話代を滞納して止められた時に流れるアナウンスじゃないか。何故・・・?

その時は夜も遅かったので、気にしながらもそのまま寝た。

次の日、何度電話しても「お客様の都合により」だ。実家へは車でも電車でも、2時間かかる。その日の私は、仕事が重なり、おまけに1本は翌朝収めでアップアップしていた。とても往復4時間もかけて実家へ行く余裕は無い。

こんな時どうしたらいい?

夕方になっても「お客様の都合により」だ。

お袋に電話して、ちょっと様子を見て来いと言ってみる。客が来るので出かけられないと言う。「それに私は関係無いでしょ。離婚してるんだから」「・・・」 クソババァ! テメェで振ってきた話だろ!

妹に電話してみる。「今日は無理。電話止められてるだけでしょ? 前にもあったよ。」 クっ! どいつもこいつも!

気になって仕事に集中できない。「クソっ!」とイスを蹴飛ばして、車に飛び乗ったのが夕方5時。

運転しながら、何故か悪い事ばっかりが頭をよぎる。ぶっ倒れたか? 詐欺にでも引っかかって、財産無くしたか?

不安な気持ちに耐えられなくなって、カーステのボリュームを上げる。わざと陽気なレゲエのジミー・クリフのCDをかける。が、音楽が耳に入らないような感覚。

夜7時すぎ。実家の前に到着。灯りがついている窓を見て、ホッとする。玄関のカギは開いていたので、家の中へ入る。

親父はリビングに寝そべって、テレビを見ていた。私の顔を見てビックリしたようだ。

「なんだ・・・突然。何しに来た。」

「なんだじゃねぇ。なんで電話止められてる?」

「電話? ああ・・・電話代振り込んでないから、止められただけだ。」

「なんで払わない。金、ねぇのか。」

「金はある。銀行行くのが面倒だっただけだ。別に電話無くても、困らないからな。」

「親父が困らなくても、周りが困るんじゃ!(怒) それになんだ、今時振込みって!何故引き落としにしない!!」

「そんな事は知らん! 電話代は昔っから銀行で振り込んでるんだ!! オマエ、そんな事をわざわざ言いに来たのか!」

「ウルセェ!!!」

プンプンしながら実家を飛び出す。「いいか、明日電話代振込みに行けよ! そして二度と滞納するな!!」と捨て台詞を残して。

クソ親父め! 俺の貴重な4時間をどうしてくれるんだ!!

帰りの車でムカつきが止まらない・・・はずなのに。何故だかジミー・クリフの陽気なメロディに首を振っている。ハンドルをトントンと弾きながらリズムを取っている。

不思議と心は晴々としていた。

やっぱり様子を見に来て良かった。今年の正月に行ったきりだったものな。

そういえば、今まで親父の心配などした事が無かった。なんだろう・・・。なんで今回はこんなに心配してしまったのだろう?

きっと・・・年取ったって事か・・・親父も俺も。

そう思うと、少しだけ寂しくなったりする。

レゲエって陽気なメロディの裏に、妙な寂しさが隠れていたりするよね・・・関係無いけど。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/13

ニカニカする

Img_8566bokashi

10月10日

M-Kさん主催の丹沢Vルート愛好者のオフ会『ニカニカ集会』に行ってきました。毎年春と秋に開催されるこのオフ会、今回は第6回です。ちなみに私は第4回から参加。

今回の参加者は、主催のM-Kさんを筆頭に、イガイガさん、ミックスナッツさん、AYさん、まーちゃん、花立小僧さん、ハッピーさん、ツッチーさん、シチミさん、kazさん、KATさん、ゼフィルスさん、山猫さん、YAMさん、TIさん、massyさん、多摩のハイカーさん、キリヤマ隊長&アンヌ隊員(順不同)。私を入れて総勢20名でした。

特筆すべき事。個人的な話ですけど。

“Vルート歩きの神様”と信じて止まないイガイガさんがシキってくださった事。(これを言うと、「シキリじゃなくてMCだ。」と叱られるのですが・・・)

T.I.さんの手打ちうどんがビックリするくらい美味だった事。(見てたら、テキトーにこねているようだったのに、超ウマかった。)

丹沢一の有名探検隊、『マイナールート探険隊』のキリヤマ隊長とアンヌ隊員がついにニカニカに姿を現した事。(私は1年ぶりに再会できて、嬉しかった。)

ベロベロに酔っ払ったまーちゃんが、愉快だった事。(いじっちゃってゴメンね。)

禁煙中のシチミさんが、あっさりと禁煙をやめた事。(全く特筆すべき事じゃありませんでした。)

101010_034

ご満悦なM-Kさんとまーちゃん、肩を組んで歌います。

こう言っちゃ失礼だが、みんなおバカな連中だ。普段、道無き山中を闊歩している連中なんだから。そういう人間って、たいていは人と同じ事をするのが嫌いだし、徒党を組むのも嫌がる。でも、そういう連中がM-Kさんやイガイガさんを慕って、これだけ集まってくるのだからすごい。

かく言う私も、普段は『独り大好き』なのだけど、この集会だけは楽しくてしょうがないんだ。お酒を飲まない私が、ノンアルコールビールをがぶがぶ飲みながら、妙なハイテンションで過ごした5時間でした。

皆さん。

楽しいひと時をありがとう!

また、山中でお会いしましょう!!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010/10/03

ヘラヘラする

10103_053

今日は無理矢理仕事を休みにして、山へ行くつもりだったのである。

ところがだ・・・。

朝起きたのは9時半を回っていた。これから支度をして車を飛ばしても、丹沢へ着くのは11時半か12時か。

チッ! まあいいさ。どうせ今日は雨予報の日だ。家でのんびり過ごすさ。

・・・と、ベランダへ出てビックリだ。爽やかな秋晴れの空。こんな日に山へ行かないで、いったいいつ行くんだ、ってなくらいの天気だ。

こんな時はヘラヘラと笑うしかない。寝坊を悔やんでも、気持ちがヘコむだけ。ヘラヘラとするしかないのだ。

10103_043

もう時間的に丹沢は無理。朝飯を食ってから近所の里山へ、ヘラヘラと散歩に出かける。

10103_009

雑草と呼ぶにはあまりにも可憐なミゾソバの群生を見つけてヘラヘラと喜ぶ。

10103_003

ツリフネソウだ。相変わらずグロテスクな姿してるなあ。と、ヘラヘラ笑う。

この『ヘラヘラする』ってのはとても大事な事なんだ。このblogのサブタイトル『フワフワと生きていきたい』というのも、『ヘラヘラと生きていきたい』って事なんだ。二十歳前くらいから、若年性躁鬱病に悩まされてきた私が、自分の身を守るために身に付けた方法かもしれない。深く考え込むよりも、ヘラヘラとしていた方が精神衛生上とてもよろしい。

山を歩く時もそうだ。ヴァリエーションルートなんて歩いている人なら、必ず道迷いの経験はあるはず。道が無い所を歩いているのだから、“道迷い”というのも変だけど。私も何度となくルートを外したり、現在地を見失ったりしている。

そんな時は、まずヘラヘラと笑う。できれば「また、やっちまったヨ!」と手などを叩きながら。「blogのネタができたな」などとヘラヘラ呟くのも良い。

冗談で言ってると思うかもしれないが、わりと本気だ。ヘラヘラしているくらいの精神状態の方が、冷静に地形と地図を見比べて現在地を割り出したり、進むべき方向を定めたりできるのだ。こんな時に熱くなったり、「ロスを取り戻そう」とか思ったりする方が ミスを重ねたりするものなんだ。

現に私も、幾度となく“ヘラヘラ”とルートミスを乗り越えてきてるのだから。もっとも・・・「ヘラヘラ歩いているからルートミスをするんだ!」という意見も有るだろうが・・・。

要するに『山はヘラヘラと歩く』のが私のスタイルだ。「熊と遭遇した時にもヘラヘラと笑えるか?」が、課題ではあるが・・・。

10103_023

ハナタデも地味な花だと思っていたけど、よくよく見ればなかなかの美人だ。

などと呟きながら、ヘラヘラと歩いていたが、近所の里山など2時間も歩けば歩き尽くしてしまう。さて・・・この後どうしよう。

たまっている仕事の事が気になる。あれだけでも今日中にやっておくか・・・。なんてついつい仕事場へと足を向けてしまう。

こういうところが、ヘラヘラと生ききれていないダメなところなんだよなァ・・・。

まだまだ修行が足りんな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »