« 夏の遠足 ~グルっと世附~ | トップページ | 手沢右岸尾根 »

2010/07/27

暑い時は滝見物だね ~早戸大滝~

クソ暑い日がこうも続くと、山歩きのモチベーションも下がるって。

「汗ダラダラ流しながらの山登りが大好きさ」なんて言った事がある気がするが、謝ります。ゴメンナサイ・・・言い過ぎました。やっぱり猛暑の中での山登りは、ツライよね。バテバテになる事を考えると、どうしても気持ちが引いてしまう。

丹沢好きの皆さん方は、こんな暑い日は沢とかを登っているんだろうけど。こちとら、あいにく沢をサクサク登る技量など持ち合わせていませんから。先日まーちゃんと話をした時の事。彼は、土よりも岩の方が信用できると言う。さすがクライマーだと言っておこう。私に言わせりゃ、岩なんか全く信用できない。滑るし、剥がれるし、転げ落ちるし・・・。土なら急斜面でも崩壊斜面でも割とヘッチャラだけど、岩ゴロゴロの沢歩きはどうしても怖さが先にたってしまう。

かと言って汗だくでヤブ漕ぎってのも・・・ねぇ・・・。

なんて事をウダウダと考えている時にフっと思い出したのが、早戸大滝。あの有名な滝、まだ見に行った事がなかったんだ。途中の雷平までは知っているし、その先も赤破線とはいえ、一応エアリアに記載されているルートだ。問題なく歩けるはず。

という事で行って来ました。

Tizu10725

7月25日

10725_002

早戸川林道の魚止橋まで車を乗り入れる。駐車スペースの少ないこの場所。「もういっぱいかなあ」なんて心配していたが、意外や意外。車は1台も止まっていない。登山靴が1足置いてあるだけ。ははァん。ここで着替えた時、車に積み忘れたんだな。よく見りゃ、MERRELLのお高そうな靴だ。可哀想に・・なんて思いながら、靴を履き替える。今日の靴はワークマンで買った『ハイパーV 忍』だ。たぶん、このぶら下がっている靴の1/10くらいの安靴だが、沢歩きではけっこう使える。

10725_217

雷平までは、ちゃんと径路が付いているし別に苦も無く歩ける。ただ、途中1箇所、絶壁にかかるこの木桟橋。かなりきているね。そうとう朽ちてきている。歩いていて、いつグシャっときてもおかしくない感じだ。この橋が崩れたら・・・と上下を観察してみる。んん・・・、下10mくらい降りれば巻けそうか。とにかく今は、「崩れるなよ」と祈りながら渡る。

10725_020_2

雷平から先は、径路がはっきりしなくなる。が・・、とにかく沢沿いに歩いていけばいいのさ。沢辺を歩けそうも無い所もあるけど、よく見れば巻き道が見つかるはず。

そういえばこの辺り、先日マイナールート探検隊がヤマビルの猛攻を受けた場所だ。出発前に、靴にはたっぷり忌避剤を塗ってきた。『ヒル下がりのジョニー』というヤツだ。某登山用品屋で、ヤマビルファイターを求めたところ、「ディート不使用で環境に優しいから」とコチラを勧められた。つい買ってしまったが、ヒルとの戦いに環境を考慮している場合じゃなかった。ディートの環境に対しての影響はよくわからないが、ヒルに対して絶大な威力だ。そのディートを使っていないという。おまけにふざけたネーミング。心配でしょっちゅう足元を確認する。ズボンのポケットには、ディート入りの殺虫スプレーをねじ込んでいる。やつらを見つけ次第、秒殺するためだ。そう、これは仁義無き戦いなのだ。

と、戦意満々ではあったのだが、この日は1匹も見かけず。『ヒル下がりのジョニー』が効いているのか・・・連日の猛暑で土中深くもぐっているのか・・・。

10725_042

沢の右岸、左岸と数回渡渉をしながら登って行くと二又に分かれる地点に到達。ここが本谷沢と大滝沢の出会いに違いない。水量は本谷沢の方が、やや多いか。大滝沢の右岸の尾根に踏み跡が見える。ここか・・・と尾根に取り付く。

尾根を急登する踏み跡と、沢へ降りる踏み跡に分かれている。よくわからないけど、沢の方へ降りてみる。

10725_054

おお~! ワンダホ~!!

小滝が連なる上に、でっかい滝が見える。あれだ、あれが早戸大滝だ。

この横の崖のような斜面に、残置ロープがぶら下がっている。ロープにすがってよじ登ると尾根の背に乗った。尾根の背の踏み跡を辿って行くと、再び沢へと降りる踏み跡を見つける。

そこを辿ると・・・

滝壺へ降りた。

10725_078

スゲぇ・・・・

あまりにも高過ぎて、カメラのフレームに収まりきらない。

この写真が上半分。

10725_075

そして下半分。

しばし絶句する。もしかしたら、口が半開きだったかもしれない。ミストシャワーを浴びながら、ただただ見とれていました。

 

さてこの後どうしようか・・・。滝見物で涼しさを満喫したので、元気はいっぱいだ。

そうだ・・・この滝から蛭の稜線へ登る『大滝新道』というルートも、歩いてみたかったんだ。行ってみるか。

と、滝の落ち口まで登ってみる。うろ覚えだけど、確か滝の落ち口から尾根に取り付くはず。

10725_101

滝の上の左岸側の斜面に虎ロープを発見。はるか上までつながっている。これだこれだ。これが大滝新道の取り付だ。

虎ロープは少し窪んだ急斜面に垂れ下がっている。ロープが無きゃ、ズリズリと滑りそうな斜面だ。でも、ロープに掴まれば楽に登れる。コリャ楽しいや。それにしても長い。途中で2ヶ所継ぎ足してある。ロープに掴まりながら、一気に50mくらい登った。こんな長いロープ、誰が設置したんだろう。

と、ロープ登りは楽しかったのだが、その後がきつかった・・・。

ロープが終わった後もけっこうな急斜面だ。

暑い暑い!! 登ってきた事を後悔する。なんて急斜面なんだ! 風はソヨとも吹かない。ただ、ひたすら蒸し暑い。オマケに大量のハエや小虫がまとわり付く。ヒル用にポケットにねじ込んでいた殺虫スプレーを吹きまくる。一時いなくなるが、しばらくするとまた集まってくる。

10725_124

標高1350m付近で、ようやく緩斜面になる。大好きな草原状の尾根じゃないか。もう少し頑張ろう。あと一息で稜線に出る。きっと稜線上ではクーラーみたいな風が吹いているはずさ。

10725_134

フーフー言いながら、稜線に飛び出した。不動の峰休憩所の少し丹沢山よりの場所だ。

楽しみにしていた稜線の涼風は・・・無い。全く無風。ただ蒸し暑いだけ。オマケにガスガス。

ガックリとくる。疲れた・・・。ひたすら疲れた。

一番早い下山ルートは、白馬尾根か・・・と、鬼ヶ岩に向かって歩く。

10725_126

大好きな花、シモツケソウが咲いていた。疲れた気持ちが癒される。

10725_181

これも大好きなヤマオダマキ。

稜線上では数々の夏の花が咲いていました。そしてさっきまで「こんなクソ暑い日に登るんじゃなかった」なんて思っていた事はすっかり忘れる。「やっぱり山はいいね」なんて。

下山は白馬尾根。尾根の東側に有るという『魔法のロープ』を探してみようか・・・なんて思いもチラリとはよぎったが、とてもそんな余力は残っていなかった。

猛暑の中での登山は、倍くらいの体力は消耗するよね。魚止橋に戻りついた時にはフラフラでした。

でも、気持ちは満足。今日はたくさんの収穫がありました。早戸大滝にも魅せられました。そして、数々の野草に出会えました。初めての野草や、珍しい野草。

あまりにもたくさんの野草の写真を撮ってきたので、まだ未整理状態で・・・。野草の写真はまた後日・・・。

|

« 夏の遠足 ~グルっと世附~ | トップページ | 手沢右岸尾根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/48983286

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い時は滝見物だね ~早戸大滝~:

« 夏の遠足 ~グルっと世附~ | トップページ | 手沢右岸尾根 »