« 弥七沢ノ頭 | トップページ | 檜洞沢 »

2010/05/08

ゴジラの背尾根~丸渕~樋嵐沢

Tizu10505

5月5日

連休最後の日の山歩きは、『未踏のゴジラの背尾根を歩いて丸渕へ行ってみよう』という趣向です。この日は、M-Kさん達も丸渕を目指して歩かれるはずなので、うまくいったらお会いできるなァ・・という目論みもありまして。

1055_003

本厚木から宮ヶ瀬行きの1番バスに乗って、三叉路バス停に着いたのが7時40分。湖岸沿いの県道を南へ向かって歩く。吹風トンネルの駐車場でイガイガ師範の車を発見。「今日はどこを歩いているのだろう」などと考えながら歩く。早朝の湖の空気はなんだか気持ちが良いネ。

1055_007

湖尻の橋を渡ったら、目の前の尾根がゴジラの背尾根だ。取り付けそうな場所を探しながら、しばらく歩いて、擁壁の切れ目から山腹に取り付く。

植林の急斜面を 這い上がると、ほどなく尾根に乗っかる。明瞭なヤセ尾根だ。

1055_019_2

こんな感じのヤセ尾根がズーっと続く。

1055_020

こんな危なっかしい尾根ですが、西丹沢のヤセ尾根に比べてそれほど危険は感じない。西丹沢のようなザレ尾根じゃなくて、地面が固いせいでしょうか。

1055_028

鍋嵐(ナベワラシ)の直下がとんでもない急斜面だ。木の根っこを掴みながら這い上がる。

1055_030

で。

鍋嵐に到着です。取り付きから2時間ちょい。けっこうキツイ尾根だった。

この日の一つめの課題、ゴジラの背尾根をクリアです。

ここから進路を東へ。能ノ爪を経て物見峠に向かいます。

1055_043

物見峠からは、二つめの課題。廃道になっている物見沢の旧経路を歩きます。地形図には、破線で登山道の表記がありますが、数年前に廃道になっている道です。昨秋に黒岩から丸渕まで旧経路の探索をしたので、今度は物見峠から丸渕まで歩いて、線を繋げるのが目的。丸太の通せんぼをまたいで旧経路に入ります。

1055_047

その前に・・・。この日の秘密兵器、長靴の装着だ! 先日のニカニカでaibouさんが長靴で沢を歩いている話を聞いて、試してみようと担いできました。ヤマビル対策でもあります。

それにしても、けっこう重かった・・・長靴かついで尾根を歩いてくるのは。「この重さは考え物だナ・・」と思った。

1055_052

物見沢に下りるとすぐに、経路跡がわからなくなる。廃道になってから、そんなに長い年月は経っていないはずですが、もう完全に崩壊しています。

1055_053

とにかく沢沿いをあるいていると、こんな朽ちた木橋や道標が現れますから、旧経路が沢沿いにつけられていた事は間違いありません。

1055_065

この日は長靴ですから、何のためらいも無く水の中をジャブジャブと歩きます。こりゃ楽だね。

1055_080

12時半頃。物見峠から45分ほどで丸渕に到着です。

1055_078

そこにはM-Kさん、AYさん、ミックスナッツさん、そしてなんと、イガイガさんが水遊びの真っ最中。私も水遊びに混ぜてもらいます。これがまた、けっこう楽しい。

 

さて・・・。

私としては、課題二つをクリアしたし、M-K師匠達ともお会いできたし。

帰りはM-K師匠達の後ろにくっついて行く事にしました。

1055_089

林道と登山道で帰るのかと思いきや・・・。沢に入って行きます。やっぱり、普通の道を歩けない男達・・・。

ここは樋嵐沢(トヨアラシ沢)というんだって。

1055_100

なんだか危ない匂いがしてきたヨ・・・。でも今日は達人3人の後をくっついているから安心だ。

1055_108

チョロチョロ滝の横を、AYさんがよじ登ります。危ないよォ・・・。

1055_109

横を見ると、ミックスナッツさんは崖を登っています。なんて危ない人達だ・・・。

オイラは良い子だから真似しない。(というか、真似できない) で、手前から山腹を巻き巻きだ。ところが、滝の上が切り立っていて、トラバースできない。どんどん上へ登ってしまって、気が付くと皆さんより20mくらい上に。下でM-Kさんから声が・・・「shiroさん、上がりすぎ! 降りてきて!」 ヤベ・・・叱られた。崖斜面を、木に掴まってひやひやトラバース。結局、一番アホなのは私でした・・・。トホホ・・・。

1055_110

さあ・・・沢の源頭に近づいてきました。下から崩れ始めている石積み堰堤もなんだか興味深いなァ。

沢からP700の東の鞍部に上がって、三峰の登山道へと出ました。

1055_115

そのまま登山道を横切って、八丁径路へ。

トトト・・・と尾根を下って、途中から水の尻沢へと降ります。沢沿いの径路はヒルヒル地帯だ。自然と足が早くなります。それでもズボンに1匹くっついていました。AYさんにも1匹。M-Kさんには4匹。ミックスナッツさんはゼロでした(お見事!)。

1055_132

平成の森駐車場に到着です。

お疲れ様でした~!

この日は盛り沢山で内容の濃い山歩きができました。

満足・・・・

 

この後、M-KさんAYさんと厚木のラーメン屋で反省会。(なんの反省もしないけどね)

お二人の行きつけらしきこのラーメン屋が、またビックリだ。無色透明のスープのタンメンが美味い美味い。

これまた満足なのでした。

|

« 弥七沢ノ頭 | トップページ | 檜洞沢 »

コメント

shiroさん
お疲れ様でした~!いやはや・・いろいろあって
楽しかったですね。腰痛になりませんでしたか?
水遊びも楽ではありませんね!
今度やるとき(もし参加でしたら)は水パン着用で
来て下さい。暑い日でしたら「ドッブ~ン!」は
無理ですがポチャポチャ・・は出来る筈ですから!
最初は「チメテ~ッ!」ですが、直ぐに慣れて
気持ちイイ~ッになります。その後の冷涼感は
とっても爽やかで~す。

投稿: M-K | 2010/05/10 08:43

M-Kさん、こんばんは。
水の中でバチャバチャとやるのは、童心に戻れて、なんだか楽しいです。
次は水着着用ですか!? 
気持ち良さそうだけど・・・ヒルがこわいなァ・・・。(汗)
だいぶ、ヤマビル恐怖症も克服してきましたが、やっぱりダメです。
駐車場で、ズボンに1匹たかっているのを発見した時には、軽くクラっときました。〈笑)
 
タンメンもとても美味しかったです。隠れた名店ですね!
いろいろとありがとうございました。とても楽しい1日でした。

投稿: shiro | 2010/05/10 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/48307238

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラの背尾根~丸渕~樋嵐沢:

» ヤマビル被害相次ぐ(群馬) [ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道]
最近、ヤマビルに吸血される被害が観光客に相次ぎ、自治体や観光業者の頭痛の種になっているようです。ヤマビル(ヤマヒル、山蛭)とは、日本本土では唯一の陸生吸血ヒルで、ニホンヤマビルとの呼称もあります。元来は、山奥の森林、特に湿潤な場所を好んで生息するヒルだったようですが、近年になって人里にも出没するようになりました。体長は約30mm前後で、伸び縮みが激しく丈夫で弾力性があり、踏んでもつぶれないほど。茶�... [続きを読む]

受信: 2010/05/21 18:01

« 弥七沢ノ頭 | トップページ | 檜洞沢 »