« 宮ヶ瀬尾根 | トップページ | 市原新道~蛭ヶ岳~白馬尾根 »

2010/04/29

矢倉岳周辺

数日前、HPの掲示板にハッピーさんから「エンレイソウを見つけた」とカキコミを頂きました。写真を見たら、けっこう群生している。見ているうちに、なんだかムズムズしてきました。こりゃ、自分でも見たい。私、野生のエンレイソウをまだ見た事がないんです。

ハッピーさんのカキコミには場所は書かれていませんでした。貴重な野草を見つけても、ネット上には詳しい場所を書かないのが、野草好きの常識ですから。

自分の考えでは、矢倉岳の北側の山域には生えているんじゃないかなあ・・と。なんとなくですけど。

なんて思いついたものですから。さっそく行ってきました。

4月29日

Tizu10429_2

朝7時45分 地蔵堂に車を止めて歩き出す。この矢倉岳に向かう登山道は、もう何度も歩いている道だ。が、一つ目の沢を渡る時にビックリした。いつもの3倍以上は増水している。いつも飛び石3歩で渡る沢だが、とてもじゃないけど渡れない。一昨日の夜からの豪雨のせいだろう。少しでも浅い場所を探して、それでもくるぶしの上まで水に浸かりながらジャブジャブ渡る。幸いにもスパッツを着けていたおかげで、靴の中への浸水はまぬがれた。それだけじゃない。登るにつれだんだん雲行きが怪しくなってきた。1時間ほどかけて、山伏平に到着した時には、とうとうポツポツと降り始めた。

でも、もうここまで来てしまったんだ。先へ進もう。

が、10分も歩かないうちに、本降りになる。しかも物凄い風だ。横殴りの雨だ。

出発前にザックの中はチェックしなかったけど、雨具はいつも入っているはずだ。が、入れていたのはレインスーツだったかなあ。それともポンチョの方だったかなあ。などと考えながら歩く。どっちにしても雨具を着るのは好きじゃないんだ。ザックにだけレインカバーをつけて、自分はウィンドブレーカーを着て先へ進む。

エンレイソウは見つからない。が、やっぱりここの山域は野草が多い。鹿が生息していないせいだろうと思う。沢山のスミレが咲いている。

10417_076

マルバスミレだ。雨に打たれて縮こまっている。

10417_041

アカネスミレだ。好きなんだ、このスミレ。鮮やかな色合いが良いでしょう!

なんて、よせばいいのに雨の中で写真を撮りながら歩く。しかも、スミレの写真を撮ろうと思ったら、地面に這いつくばらなくてはならないんだ。

何やってんだか・・・・雨の中。

10417_094

おっと。ミヤマカタバミを見っけ! こいつは晴れの日にしか花を開かないはず。事実、全ての花が閉じている中、一輪だけうつむきながら開いていました。

どの世界にも、こういう天邪鬼は必ずいる。「お前もか・・・」 なにか親近感を覚える。

そうこうしながら、なんとか鷹落場に到着。 雨足はますます強くなる。エンレイソウは見つからない。雨宿りできるような場所も無い。

チラッと三角点の石を眺めてから、東側の尾根を下降する。

10417_083

コブシだ。こんな山奥にもコブシが咲いているんだ。などと、妙な感心をする。

エンレイソウは見つからない。

程なく滝沢へ降り立った。沢は轟々と音を立てて流れている。その姿を見て、心が折れた・・・。

計画では、ここから沢を下って、鳥手山の東尾根を登り返すつもりだったのだ。でも、こんな激流の沢は、とてもじゃないけど下れない。

帰ろう・・・。今日はもう帰ろう。ビショビショに濡れたシャツとズボンで、身体の芯まで冷えてきた。

沢の向こう側の山腹をよじ登れば、登山道に出るはずだ。

そして、激流の滝沢を慎重に渡る。今日2度目のジャブジャブ渡渉だ。さすがに2度目ともなると、靴の中に水が染みこんでくる。濡れた靴下ほど、履き心地が悪い物は無い。折れた心に追い討ちがかかって、萎え萎えだ。もう急いで帰るだけだ。と、登山道を早足で歩く。

結局エンレイソウを見つける事はできなかった。それはいいさ。野草との出合なんてそんなもんだ。

12時頃。山を降りて地蔵堂に戻ってきた頃。雨が上がって太陽が顔を出し始める。

まあ・・・

こんな日も有るさ。

|

« 宮ヶ瀬尾根 | トップページ | 市原新道~蛭ヶ岳~白馬尾根 »

コメント

shiroさん
雨の中の探索お疲れ様でした!

見つからなかったんですか・・・
雨で見つけにくかったのでしょうか。
それとも、2週間たっているので植物も
変わっているのでしょうか。

う~ん、でも花はなくても、葉っぱくらいは
あってもいいですよね。
エイザンスミレはありましたか?
私が歩いた時は、けっこう見られましたが。

ここには書けませんので、
今度のニカニカで場所をご説明いたしますね。

投稿: ハッピー | 2010/05/03 08:26

ハッピーさん、こんにちは。
エンレイソウ、見つける事ができませんでした・・・。
山伏平~鷹落場を歩いている時は、物凄い横殴りの雨だったんです。稜線上では雨宿りできる場所も無いし・・。トホホ・・・な状態でした。(笑)
エンレイソウは、私が歩いたルート上には無かったのか、それとも注意力が足りなかったのか。
見つけられなかった事は、あまり気にしていません。きっと、“探す”行為自体が楽しいのだと思います。また今度、あるいは来年、探しに行きます。
でも・・・
今度お会いした時、場所を教えてくださいネ。こっそりと。
スミレは、他にもエイザンやナガバノスミレサイシン、ニオイタチツボなどが咲いていました。雨の中で、良い写真が撮れませんでしたが。

投稿: shiro | 2010/05/04 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73531/48218225

この記事へのトラックバック一覧です: 矢倉岳周辺:

« 宮ヶ瀬尾根 | トップページ | 市原新道~蛭ヶ岳~白馬尾根 »